07年の登山(GWの山)

5月3日(祝)北面白山

早朝からの仕事の後、山仲間のマロンさんとイチコさんと3人で久しぶりに面白山へ行きました。
この季節当たり前ですが、天童高原キャンプ場から雪の全くない夏道でした。ちょっと前の船形が雪山だったのを思うと面白いものです。
長命水から本格的な登山道ですが、イワウチワが可愛らしく咲いていて、目にした時に「山に来たんだな」と嬉しくなってしまいます。
e0137200_21163986.jpg


三沢山へ来ると展望が開けますが、遅い時間だったため、うっすらと月山、葉山が見える程度でした。
少し休んで出発という時に山頂方面から長靴の若い方が来ました。この方は日帰りでどんな山へでも行かれているそうで、飯豊、朝日当たり前と言うことでした。この方は「朝日の風に吹かれて・・・Lison's Room」というホームページの2007年【朝日鉱泉から大朝日岳周回】に書いてある長靴の方と同じ方と思われます。すごい人ですね。

山頂は前述の通り遠望は利きませんでしたが目の前の大東岳、蔵王連峰、船形連峰などを楽しめました。
山頂のマロンさんとイチコさんです。
e0137200_2150883.jpg


山頂で休んで下山という時に先ほどの長靴青年が登山口から戻ってきました。早い!
そして、ほんの少し下ったところで、私の右目の端に動く黒い点が感じられました。
そうです、熊さんです。
北側の谷間の雪渓が残っているところで少しずつ動いていました。同行の2人は初めての熊さん。
私は3度目でした。最初は船形山で木の上に。2度目は雁戸山の下山時もうすぐ有耶無耶の関跡というところで15~20メートルぐらいの距離。でも今回のように200メートルも離れていればノンビリ観察できますね。
この写真は遭遇時ではありませんが、この谷の雪渓にいました。
e0137200_22104125.jpg

コースタイム
11:15キャンプ場-11:45長命水-12:10三沢山-12:55北面白山13:45-14:10三沢山-15:00キャンプ場


5月5日(祝)寒風山

夕方から仕事のため、その前にまだ登っていない寒風山でもと思い一人行きました。
関山トンネル手前から登りはじめましたが、意外と急坂で展望が取れません。
ようやく稜線に出て面白山が間近に見えはじめると同時にカタクリ、イチゲなどが姿を現し、心和ませてくれました。
e0137200_22302740.jpg
e0137200_22304072.jpg


995mピークで休んでいるご夫婦と少しお話。面白山で熊を見た話をしたら、登山口少し過ぎに小熊を見て帰った登山者がいたそうです。
雪渓と強風の中山頂に向かって少し行くと、寒風山から戻ってきた別のご夫婦とスライド。
写真は995mピーク過ぎから寒風山方面。
e0137200_22402964.jpg


仕事の時間が迫ってきたため、結局1065mピークでターン。
ヤブ漕ぎもありましたが、カタクリ、イチゲの群生があったり、船形山方面の展望も素晴しく、寒風山って意外といい山ですね。今度は山頂まで行きたいものです。
この日会ったどちらかのご夫婦は「マロのページ」というホームページの方です。以前船形山の山頂小屋で旦那様とお話ししましたところHPを教えてもらいました。この時お顔は思い出せませんでしたが、後日HPを拝見したらこの日寒風山に登っていました。偶然ってあるものですね。
コースタイム
12:05登山口-12:55(995m)ピーク-13:20(1065m)ピーク-13:50(995m)ピーク-14:25登山口
# by morino1200tb | 2008-03-02 23:10 | 07年登山 | Comments(9)
4月29日(日)
仕事の都合や風邪ひきなどもあったせいで、不忘山の後は泉ヶ岳や北泉ヶ岳ぐらいにしか登れませんでした。
この日早く起きたら好い天気だったので、強風の予報があったのですが、一人船形山へ向かいました。

写真は升沢吉岡線から見えた船形山。好い天気です。
e0137200_22414498.jpg


旗坂キャンプ場の駐車場にはクルマがイッパイです。
登りはじめるとすぐカタクリやキクザキイチゲが゜咲いていました。
e0137200_22485553.jpg



途中から夏道と雪道が交互になり、三光の宮のしばらく手前から完全に雪山になりました。沢山の人が入っていたためトレースもあり、2時間ぐらいで升沢小屋へ到着。建て替えられた小屋には4人ほど休んでおり、口々に「立派な小屋になった。良かった。」と言って喜んでいました。
確かに以前の薄暗い小屋に比べれば、建てられたばかりのせいもあり木の香も漂う立派な小屋になっていました。でも、山頂小屋と違いストーブがないので冬は厳しいでしょうね。
e0137200_22455283.jpg


升沢小屋からはトレースを追いかけて沢沿いに登りました。
e0137200_22473886.jpg



ほぼ夏道に沿って山頂へ向かいましたが、次第に曇りはじめ、風も強まり、気温も下がってきました。山頂南の尾根はブッシュが邪魔をして歩きにくいコースとなっていました。

山頂は予報どおりの強風。かなりの寒さです。
それでも、目の前に月山、そして朝日連峰、栗駒、神室、うっすらとでしたが鳥海山を見ることができました。

写真は月山です。
e0137200_2250513.jpg


山頂小屋には先客が3人ほど居り、昼食を取っていると4、5人のグループが入ってきてうるさくなったため早めに小屋を出て下山を開始。

写真は山頂小屋と南東斜面を登る登山者。
e0137200_2218246.jpg


船形ならではのブナ林の中を気持ちよく下山。まだ登ってくる人もいました。
e0137200_231207.jpg


山頂は寒くてゆっくりとはできませんでしたが、この季節に船形山山頂に立てたことと、そこから周りの山々を見ることができたことは何よりでした。

コースタイム
8:40旗坂キャンプ場-10:05三光の宮-10:45升沢小屋-11:35山頂11:55-12:20升沢小屋-12:55三光の宮-13:55旗坂キャンプ場
トレースがあり、冬ならではのショートカットがあり、ラッセル無しだったため結構早いタイムになりました。
船形山は好きな山の一つで、年に2~3回は登ります。2008年も又3月~4月に登りたいものです。
# by morino1200tb | 2008-02-28 23:03 | 07年登山 | Comments(0)

蔵王の樹氷

刈田岳樹氷鑑賞会

「ebiyanの南東北 山道さんぽ道」はよく拝見していて、山行記録は登山時の参考にさせていただいておりますが、精力的に歩かれていて、落ち着いた文章ときれいな写真で山の魅力がよく伝わるこのブログは本当に楽しく、今度はどこに行ったのだろうかと毎回楽しみにしております。皆さんもぜひご覧になってください。

私は2006年3月に刈田岳へ行きましたが、残念なことに間近に樹氷を見ることはできませんでした。この記事を読んで、「そうだ、樹氷を見に行こう」と思い、3月早々に何とか行ければと思っております。冬の蔵王はもちろん樹氷ですよね。

06年の刈田岳の樹氷もどき
e0137200_221517.jpg

# by morino1200tb | 2008-02-24 22:16 | 山関係 | Comments(4)

ライブ at リラクシン

2月22日(金)

夕方に知人と「わおん(青葉通りにある美味しい料理とお酒が楽しめる店です)」で会食をした後、一緒にジャズ・バーの「JAZZ inn RELAXIN(一番町サンモール商店街にあります)」へ行きました。

この店は時々お邪魔するところで、最新のものではありませんが、こだわりあるオーディオ機器で素晴しいサウンドを聴かせてくれます。金曜・土曜はライブの日で、この日は「スパイラル」が演奏をしていました。

e0137200_11203995.jpg

店内写真です。アップライトピアノが写っていますが、現在はクラビノーバになっています。

この日のライブではFeel Like Makin' Love 、Cry Me A River、I've Got You Under My Skin(この曲は私のリクエスト)などポップチューンからスタンダードまで楽しませてもらいました。

チャーミングなボーカルの池田さん、この日はポール・デスモンドのような音色が印象的だったアルトサックスの尾崎さん、曲に多彩なアクセントを添えてくれたパーカッションの狩野さん、そして縦横無尽のフィンガリングで的確なバッキングを披露したギター(Godinのエレガット)の鈴木さん、とても楽しかったですよ。ありがとうございました。
# by morino1200tb | 2008-02-24 11:46 | 音楽関連 | Comments(0)

07年の登山(1月不忘山)

1月20日(土)不忘山

ガスと風のある少し心配な天気でした。
白石スキー場のリフトを2本乗り継いで歩き始めます。このスキー場は以前熱心にスキーをしていた時に何度も滑りに来たところです。

私はワカン、同行のジミー平次さんはスノーシューです。
雪が少ないため木立が邪魔で歩きにくいコンディションでした。

木立が邪魔をしてコース取りに苦労するジミー平次さん。
e0137200_2254713.jpg


気温も低く木にはツララが垂れています。
e0137200_22573767.jpg


ゲレンデは賑わっていましたが、この日見た登山者は山スキーの2人組み、ボードを背負ったスノーシュー1人とテレマークの1人だけでした。思ったより人がいないのは天気のせいと厳冬期だからなのでしょうか。
斜度を増すにつれ痩せ尾根になり、ガスと風も強くなりましたがピッケルとアイゼンを使うこともなく山頂を踏むことができました。でも眺望なんてありません。
e0137200_2259433.jpg


下山時から時おり日差しが出てきました。
写真は頂上直下、写真撮影中の同行者。
e0137200_2351017.jpg


水引き入道です。
e0137200_23776.jpg


登り口近くから不忘山と屏風。
e0137200_2392726.jpg


リフト最上部からスキーヤー、ボーダーを避けながら歩いて降りて行きました。ザックにピッケルをくくりつけ、ワカン、スノーシューで歩いている私たちは、彼らの目にはどのように映っていたのでしょう。(でも、そんなの関係ネー!)

コースタイム
9:00スキーセンター(リフト)-9:25リフト最上部-11:55山頂-12:50(1340m近辺で昼食)13:05-13:40リフト最上部-14:00スキーセンター
# by morino1200tb | 2008-02-23 23:27 | 07年登山 | Comments(2)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb