北泉ヶ岳-泉ヶ岳

12月21日(日)
目を覚まして外を見るといい天気。朝食の後ホームゲレンデの泉ヶ岳へ行くことにしました。
向かう車中からは大東岳、面白山がクッキリ。うーん、早起きして面白山もよかったかなぁー。
泉ヶ岳を見ると雪がありません。あれ、冬のウエアできてしまったけどどうしよう。
登山口には1ヶ月前と違って全く雪がありません。
e0137200_18462490.jpg

歩き始めるとさすがに暑くなってきて、途中から上着を脱ぎました。同じようにウインドブレーカーを脱いでザックにしまっている人もいました。

水神に着いても雪は全くありません。
e0137200_18533269.jpg

ここで用意していたペットボトルに美味しい水を入れて北泉ヶ岳へ向かいます。
途中から少し雪が出てきましたが所々といった感じです。
e0137200_1857272.jpg

三叉路です。
e0137200_18582596.jpg

ここからはさすがに雪道になりましたが、かえって歩きやすく、ようやく雪山を楽しめました。

三叉路過ぎの大きな桂の木です。
e0137200_1923116.jpg

北泉ヶ岳山頂にはお一人だけいました。いろいろお話をさせていただきましたが、面白かったのは「やっぱり船形は迷うよね」と意見が一致したことです。
山頂です。
e0137200_1974876.jpg

山頂の兎の足跡です。
e0137200_199540.jpg

残念ながら鳥海山は見られませんでした。写真は栗駒山。280ミリで撮りましたが、おニューのカメラの手ブレ防止が効いてます。
e0137200_191392.jpg

北泉ヶ岳を後にして泉ヶ岳へ向かいます。三叉路から熊笹平へ降りていく途中、10人以上の中?高年の団体とスライド。皆さんお元気です。
泉ヶ岳山頂西肩からは蔵王、船形が見られましたが、本当にうっすらと朝日連峰が見られた程度で、遠くの山は見られませんでした。残念ですが又来ましょう。
泉ヶ岳山頂です。
e0137200_19185361.jpg

山頂からは久しぶりに滑降コースを下りました。大壁の迂回路になっていたところが整備されて歩きやすくなっていました。整備された方々ありがとうございました。

久しぶりの山は好天に恵まれ、いい汗かいて(かきすぎ?)満足です。次に泉ヶ岳へ来るのは恒例の元旦登山ですが、雪があるのかな?
おニューのルミックスTZ5を使ってみての印象は、気楽に取れるのは良いのですが、意図した写真を撮るにはかなりの慣れが必要ですね。それとファインダーで確認しての撮影ができないのがツライところです。まぁ早くなれるように毎日パチパチ撮りましょう。

コースタイム
9:30駐車場-10:10水神-11:00三叉路-11:25北泉ヶ岳11:50-12:05三叉路-12:40泉ヶ岳-13:15お別れ峠-13:20水神平-13:50駐車場
# by morino1200tb | 2008-12-21 19:39 | 08年登山 | Comments(4)

山の本

いろいろ用事があってなかなか山へ行けない日が続いています。
せっかく新しいカメラを買ったのに、今日は消防設備点検と換気扇交換工事のため外出できません。

山が好きになってから、雑誌やガイドブック以外に山の本をいろいろ読むようになりました。
「単独行」、「黄色いテント」、「日本百名山」をはじめ、辻まこと、新田次郎などの数々の著作。登山家をテーマにしたノンフィクション。最近のものでは夢枕獏、谷甲州、熊谷達也から谷村志穂・飛田和緒の「ごちそう山」なんかも読んでます。

そんな中でお勧めなのが、望月英子著「山はみちづれ」です。
仙台市に生まれ、東北大を出て常盤木学園の先生をされていた方で、ご主人と友人の3人で行かれた、飯豊、朝日、須金といった馴染み深い山から日本アルプスそしてイギリスの山まで1966年から2002年までの登山記です。道路が整備されていなかった当時の登山口までの苦労や食事時の様子、山行中の出来事などが興味深くまた面白く読まれました。
この本は私家版「山とわたし」「続・山とわたし」を編集し新編も加えた総集編で、仙台市の“北の杜編集工房”から文庫本で出されています。
著者の望月さんは1937年生まれなので現在71歳。今も元気に山を歩かれているのでしょうね。
e0137200_1416193.jpg

# by morino1200tb | 2008-12-20 14:17 | 山関係 | Comments(4)

コンデジ

仕事先からの帰り道、泉のキタムラでコンデジを購入。
パナソニックのTZ5。キミマロズームです。
いつもはデジイチで撮っているのですが、普段持ち歩くのが必要となり、山でも使える広角レンズが付いている物を探していたところ、ずいぶんと安く出ていたのでゲットしました。
最近のコンデジにしてはちょっと大きめなこととマニュアル露出が無いのが難点ですが、28ミリ付きの10倍ズームでこの値段ならOKです。デジイチはもちろん、以前使っていた320万画素のコンデジ(ペンタックス。デジイチ購入後に知り合いにプレゼント)に比べても小さいですからね。
帰宅後、室内で何カットか撮って見ましたが、なかなかよい感じでした。
デイリーユースのカメラが手に入って、これからの楽しみが増えました。
e0137200_0441477.jpg

# by morino1200tb | 2008-12-18 00:58 | あれこれ | Comments(2)

それぞれの山

昨日、今日と仕事の合間に東北電力グリーンプラザ(仙台市青葉区)で開催されている「東北山岳写真家集団写真展「それぞれの山(Ⅷ)」を見てきました。
飯豊、朝日、鳥海、蔵王ほか身近な山の写真はもちろん素晴しいのですが、全壊した駒の湯から見つかった昭和30年頃の栗駒、今年の地震の爪痕、そして見事な紅葉の山を並べた栗駒のコーナーには深い感銘を覚えました。
栗駒へは何度も行ってますが、高校1年生に学校の行事で駒の湯へ泊まって登ったこと(あまり覚えていませんが)や、登山の帰りに駒の湯の風呂に入ったこと、霙で登るのをあきらめて禿岳へ行ったこと、残雪期のワカン登山、秋の見事な紅葉、そのほか様々なことを思い出しました。来年は宮城側から行けるかどうか分りませんが、どこからか登ってみたいものです。
写真展は7日までです。
# by morino1200tb | 2008-12-05 23:13 | 山関係 | Comments(4)

サンライフ

月曜日の午前中、仙台市北目町の老舗山用品店サンライフの前を通ったら、「閉店セール50%OFF」の張り紙が目にとまりました。近くの仕事先に行った後に店を覗くと、すべて50%OFFで現品処分中。時間が無いのでとりあえず目に付いたウールのシャツと雪山用のグローブを購入。店の人に聞くと、完全に閉店するとのこと。

この店は、初めて山に連れて行ってもらった友人に、登る少し前に連れて行かれて、山の用品についてあれこれレクチャーされた(店の方にも)思い出の店です。その時はザックだけ購入。その後はソックスなど小物を買うぐらいでしたが、閉店と知って一抹の寂しさにとらわれました。
中高年の登山ブームと言われて久しいですが、スポーツ量販店や大型専門店の進出。ネット通販の一般化。旅行会社の登山ツアーの増加といった商業構造の変化が、中小専門店の生き残りを難しくしているのでしょうね。
もっとも、そういう自分も買い物は大型店のセールやアウトレット品の購入、ネット通販などですけど。

今日も仕事の合間に少し買い物。靴下とソフトシェルと目出し帽です。モンベルの3番ぐらいのダウンのシュラフがあればと思っていたのですが、残っていたのはモンベルの7番とイスカの大きなものだけでした。
1月25日(?)の閉店までに値引き率を上げていくということなので、又覗いてみようと思っています。でも欲しい物が残っているかどうか心配です。

昨日今日で購入した品々。
e0137200_2272866.jpg

# by morino1200tb | 2008-12-02 22:35 | 山関係 | Comments(4)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb