山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
17年登山
16年登山
15年登山
14年登山
13年登山
12年登山
11年登山
10年登山
09年登山
08年登山
07年登山
山関係
音楽関連
あれこれ
震災
特別版

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

お気に入りブログ

お山遊び
点描2
ebiyanの南東北 山...
ソロで生きる
バリ太郎とゴロゴロ
マロのページⅡ
Estrellas y ...
Mountain Rose
船形山からブナの便り(ブ...

リンク

最新のコメント

SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:48
とーますさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:40
天気の良い三連休は写真展..
by SONE at 18:47
うわー、ブナ回廊気持ち良..
by とーます at 15:21
okusanさん こんに..
by morino1200tb at 12:47
こんにちは。山形のoku..
by okusan at 09:18
lc4advさん 今晩は..
by morino1200tb at 21:26
やはり今シーズンのファイ..
by lc4adv at 19:30
ナカシィさん こんばんは..
by morino1200tb at 21:35
写真展へお越しいただきあ..
by nakacy at 13:10

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧

検索

ファン

最新のトラックバック

石跳川から月山周回(平成..
from HITOIKI Blog

氾濫源から北泉ヶ岳

2008年4月26日(土)
久しぶりに休みが取れたので、以前から行きたいと思っていた氾濫源へ行ってきました。
山仲間のマロンさんと一緒です。
桑沼から大倉山-氾濫源の周回コースではつまらないので、氾濫源-大倉山-北泉ヶ岳-水神-泉ヶ岳駐車場の縦走です。
桑沼の駐車場には5台停まっていました。
e0137200_2234854.jpg

日差しのある中、林道を約20分歩いて縄文の森遊歩道入り口から登山道となります。
e0137200_22343956.jpg

入り口にはスミレやキクザキイチゲが沢山咲いていました。
e0137200_22413684.jpg

e0137200_2238472.jpg

気持ちよい登山道を歩いて下りに差し掛かるとイワウチワに続いてイチゲとカタクリの群生です。まさにカタクリロードと言っていいような素晴しいところです。
e0137200_22491121.jpg

e0137200_22495062.jpg

おや、エンレイソウまで咲いています。
e0137200_22513637.jpg


少し判りにくい道を歩いていくと、今日の目的地氾濫源です。
地面はフカフカとしていて、水が流れの先にある穴に吸い込まれていきます。
e0137200_2257112.jpg

e0137200_22573154.jpg

e0137200_22584830.jpg

自然の持つシステムを目の当たりにして、感動というと大げさですが、その素晴しさを実感することができました。
ここでは山菜を取っているご夫婦や氾濫源に何回も来ているご夫婦に会いました。
写真は同行のマロンさんです。
e0137200_23131854.jpg

氾濫源からは丸太の次に渡渉点が2度あります。いずれも深く、結局靴を脱ぎ、裸足での渡渉でした。雪解け水は冷たく、流れは速く、川石はコケで滑りやすく、ベテランがスパイクゴム長靴を使うわけがわかります。
写真は渡渉点で冷たいビールを飲んでいるゴム長靴のご夫婦。
e0137200_23202660.jpg

氾濫源を過ぎると急坂の連続です。次第に湿っぽい空気と冷たい風が吹くようになってきた中、一気に高度を稼いで大倉山へ。
大倉山山頂手前の標識が熊さんに壊されていました。
e0137200_2329364.jpg

まあ、彼らのテリトリーですからしょうがありませんね。
ここから北泉に向けて尾根歩きです。
桑沼が見えてきました。
e0137200_2334386.jpg

途中ソロやおじさんグループ、先生と登山部の女子高生(宮城二女高)などとスライド。
雪渓歩きも時々ありました。
e0137200_23375460.jpg

北泉ヶ岳で昼食を取り、泉ヶ岳スキー場駐車場へ向け下山です。
途中花を見ることはなかったのですが、水神の手前でショウジョウバカマのミニ群生があり、心和ませてくれました。
e0137200_23502246.jpg

泉ヶ岳スキー場駐車場には、山開きのせいか9時過ぎには沢山のクルマがいましたが、私たちが駐車場に着いた時には閑散としていました。
マロンさんの車で私の車を回収に桑沼へ走っていたら、パトカー(マツダトリビュート)が後を付いて来ました。多分最近頻発している登山客への車上荒らしの警戒だったのかもしれません。
二人とも人相が悪かったかな?
春山シーズン初回は思った以上の花があり、また、自然のメカニズムありで楽しめました。マロンさんは今年初めての山が約6時間の長丁場でしたが、結構平気で歩いていました。今年は朝日、飯豊の泊まりの山に挑戦しそうです。

コースタイム
9:40桑沼駐車場-10:00縄文の森遊歩道入口-11:00氾濫源-12:25大倉山-13:00桑沼分岐-13:30北泉ヶ岳13:50-14:10三叉路-14:45水神-15:25泉ヶ岳スキー場駐車場
# by morino1200tb | 2008-04-27 00:22 | 08年登山 | Comments(4)

早池峰

相変わらず多忙の日が続き、山へ行くどころかブログの更新もままならない毎日です。
ということで、久しぶりの更新は又々07年の山です。

7月26日 平日ですが久しぶりに早池峰へ行ってきました。
平日なので交通規制もなく、ゆっくり出発した割りに河原坊の駐車場は余裕でした。
天気は晴れ。絶好の登山日和です。

コメガモリ沢沿いの樹林帯を1時間ほど歩き、コウベゴオリからはいよいよ急な岩場となります。
e0137200_20482380.jpg

急な岩場は結構好きで、椎名誠流に表現すれば「ガシガシと登る」といったところでしょうか。一気に高度が稼げるのが面白いところです。
e0137200_20545772.jpg

岩場の途中にありました。ハヤチネウスユキソウ。
e0137200_20573659.jpg

オダマキ
e0137200_20585618.jpg

もうすぐ山頂。急登の連続です。
e0137200_2115026.jpg

e0137200_2122495.jpg

山頂からは遠望は利きませんでしたが、すぐ向かいの薬師岳はもちろん、岩手山などを見ることができました。
e0137200_21205979.jpg

早池峰は3度目ですが薬師岳へ登ったことはありません。薬師岳のヒカリゴケも一度見たいものです。
e0137200_21212918.jpg

小田越へ向けて下山開始するとすぐにチングルマの群生です。
e0137200_21263317.jpg

コバイケイソウもありました。
e0137200_2128274.jpg

下りも岩場が続きます。さらに天狗の滑り岩には急なハシゴも。高所恐怖症の私には苦手なところです。
e0137200_21311398.jpg

早池峰は東北の山にしては珍しい岩稜帯の山(蛇紋岩で下りは滑りやすい)ですね。
e0137200_2141235.jpg

岩場を過ぎ、樹林帯を抜けると小田越へ到着です。
小田越から早池峰。
e0137200_21435986.jpg

小田越へ来たものの、これから約30分の登山靴でのコンクリート道歩きはイヤですね。

ともあれ好天に恵まれた早池峰は素晴しい山でした。
登り、下りで平日の割りに多くの方とスライド・パスしました。挨拶しながら話をすると関東、関西から来た方がずいぶんいらっしゃいました。さすが100名山。でもオーバーユースのことも考えなくてはいけませんね(自分も含めて)。
今度来るときは鶏頭山方面への周回コースを考えています。こちらは素晴しい花の群生が見られると聞いたことがあります。
アッ、薬師岳のヒカリゴケはどうしましょう。山仲間のマロンさんが行きたいと言ってました。迷っちゃいますね。そうか、2回に分けて行けばいいんですね。

コースタイム
9:25河原坊-11:55山頂12:35-14:20小田越-14:45河原坊
# by morino1200tb | 2008-04-20 22:15 | 07年登山 | Comments(0)

安達太良山

2008年3月22日(土)
ようやく山へ行けました。
ジミー平次さんと残雪期の安達太良山です。
この日は日本全国登山日和という感じでした。沢山の方が山へ行ったのでしょうね。

スキー場の駐車場から、ゴンドラの誘惑を振り切って勢至平を目指して歩き始めます。
旧道を登っていると、くろがね小屋宿泊の登山者、スキーヤーとスライドしました。
樹林帯を過ぎると風も無く、強い日差しで暑くなってきました。途中から上着を脱いでの歩きです。
勢至平・くろがね小屋分岐からは目指す安達太良はじめ、鉄山、箕輪山が見えてきました。
分岐のジミー平次さん。
e0137200_19401638.jpg


木立が邪魔をして少し歩き難かったところを過ぎて振り返ると、蔵王連峰が見えました。
e0137200_19533669.jpg


このあたりから風が強くなり、気温も下がってきました。
峰の辻手前から後ろを振り返って鉄山と蔵王連峰
e0137200_204467.jpg


峰の辻でアイゼンを装着しました。
写真は峰の辻
e0137200_2062848.jpg


山頂前から矢筈森
e0137200_2092572.jpg


山頂
e0137200_2010398.jpg


山頂直下はかなりの強風です。この季節安達太良は風が強いですね。
山頂からは目の前の磐梯山をはじめ、飯豊連峰、那須、会津、吾妻の山々が見られました。強風とガスだった前回の冬の安達太良と違い、ジミー平次さんと大喜びです。

山頂から牛の背方面
e0137200_20263628.jpg


強風の中、牛の背を通って矢筈森へ向かいました。
沼の平の向こうに白い秋元湖と飯豊が見えます。
e0137200_20322089.jpg


風の当たらないところで景色を堪能しながら簡単に昼食を取り、峰の辻へ向かって下山開始。
写真は峰の辻から安達太良山山頂。
e0137200_2043186.jpg


ボードであっという間に降りてしまった二人組がいましたが、こんなにいいシチュエーションをゆっくり楽しまないで降りるなんて本当にもったいないですね。

下山途中、大きなザックを担いだ先生と高校生のパーティーなど何人もの登山者とスライド。皆さんくろがね小屋泊まりのようでした。

久しぶりの山は天候に恵まれ、最高の山行となりました。
いつもではないけれど、こんなことがあるから山はやめられないのでしょうね。
次回はどこの山でしょう。近いうちに行きたいものです。

8:15駐車場-9:30勢至平・くろがね小屋分岐-10:35峰の辻-11:15安達太良山頂11:35-12:05矢筈森12:20-13:25勢至平・くろがね小屋分岐-14:10駐車場
# by morino1200tb | 2008-03-23 21:06 | 08年登山 | Comments(4)

07年の登山(黒伏山)

このところ多忙のため山へ行けません。
ということで07年の山です。

6月17日(土)
イチコさん、マロンさんの3人で黒伏山へ行きました。
お二人は初めてです。

駐車場から黒伏山
e0137200_1881647.jpg

登山口から反時計回りで福禄山、銭山、白森経由の周回コースです。
展望の取れない急坂を一時間ほど登ったところで少し展望が開け、黒伏山南壁の奥に朝日連峰が見えてきました。
福禄山からの稜線では沢山の花を見ることができました。

タムシバ
e0137200_18185412.jpg

イワハゼ
e0137200_18213635.jpg

イワカガミの道を歩く二人
e0137200_1823435.jpg

ゴゼンタチバナ
e0137200_18252991.jpg


気持ちのよい稜線を歩きながら白森へ到着。ここで360度の展望を得られます。
雲に隠れながらも鳥海山、月山、朝日連峰そして間近に船形山などを見ることができました。
黒伏山では展望が取れませんので、この山は白森がハイライトと言えますね。

白森から月山
e0137200_18363956.jpg

朝日連峰
e0137200_18424430.jpg


ブナ林で写真を撮るイチコさんとマロンさん
e0137200_22112660.jpg


黒伏山からは全く展望の取れない樹林帯をひたすら降りて登山口へ。
山行中、虫が沢山いたのには閉口しましたが、天候に恵まれて多くの花と景色を楽しめたことは何よりでした。

コースタイム
8:00駐車場-9:40柴倉山分岐-9:55福禄山-10:35銭山-11:10白森11:35-12:10黒伏山-13:00林道分岐-14:10駐車場
# by morino1200tb | 2008-03-16 19:04 | 07年登山 | Comments(2)

07年の登山(GWの山)

5月3日(祝)北面白山

早朝からの仕事の後、山仲間のマロンさんとイチコさんと3人で久しぶりに面白山へ行きました。
この季節当たり前ですが、天童高原キャンプ場から雪の全くない夏道でした。ちょっと前の船形が雪山だったのを思うと面白いものです。
長命水から本格的な登山道ですが、イワウチワが可愛らしく咲いていて、目にした時に「山に来たんだな」と嬉しくなってしまいます。
e0137200_21163986.jpg


三沢山へ来ると展望が開けますが、遅い時間だったため、うっすらと月山、葉山が見える程度でした。
少し休んで出発という時に山頂方面から長靴の若い方が来ました。この方は日帰りでどんな山へでも行かれているそうで、飯豊、朝日当たり前と言うことでした。この方は「朝日の風に吹かれて・・・Lison's Room」というホームページの2007年【朝日鉱泉から大朝日岳周回】に書いてある長靴の方と同じ方と思われます。すごい人ですね。

山頂は前述の通り遠望は利きませんでしたが目の前の大東岳、蔵王連峰、船形連峰などを楽しめました。
山頂のマロンさんとイチコさんです。
e0137200_2150883.jpg


山頂で休んで下山という時に先ほどの長靴青年が登山口から戻ってきました。早い!
そして、ほんの少し下ったところで、私の右目の端に動く黒い点が感じられました。
そうです、熊さんです。
北側の谷間の雪渓が残っているところで少しずつ動いていました。同行の2人は初めての熊さん。
私は3度目でした。最初は船形山で木の上に。2度目は雁戸山の下山時もうすぐ有耶無耶の関跡というところで15~20メートルぐらいの距離。でも今回のように200メートルも離れていればノンビリ観察できますね。
この写真は遭遇時ではありませんが、この谷の雪渓にいました。
e0137200_22104125.jpg

コースタイム
11:15キャンプ場-11:45長命水-12:10三沢山-12:55北面白山13:45-14:10三沢山-15:00キャンプ場


5月5日(祝)寒風山

夕方から仕事のため、その前にまだ登っていない寒風山でもと思い一人行きました。
関山トンネル手前から登りはじめましたが、意外と急坂で展望が取れません。
ようやく稜線に出て面白山が間近に見えはじめると同時にカタクリ、イチゲなどが姿を現し、心和ませてくれました。
e0137200_22302740.jpg
e0137200_22304072.jpg


995mピークで休んでいるご夫婦と少しお話。面白山で熊を見た話をしたら、登山口少し過ぎに小熊を見て帰った登山者がいたそうです。
雪渓と強風の中山頂に向かって少し行くと、寒風山から戻ってきた別のご夫婦とスライド。
写真は995mピーク過ぎから寒風山方面。
e0137200_22402964.jpg


仕事の時間が迫ってきたため、結局1065mピークでターン。
ヤブ漕ぎもありましたが、カタクリ、イチゲの群生があったり、船形山方面の展望も素晴しく、寒風山って意外といい山ですね。今度は山頂まで行きたいものです。
この日会ったどちらかのご夫婦は「マロのページ」というホームページの方です。以前船形山の山頂小屋で旦那様とお話ししましたところHPを教えてもらいました。この時お顔は思い出せませんでしたが、後日HPを拝見したらこの日寒風山に登っていました。偶然ってあるものですね。
コースタイム
12:05登山口-12:55(995m)ピーク-13:20(1065m)ピーク-13:50(995m)ピーク-14:25登山口
# by morino1200tb | 2008-03-02 23:10 | 07年登山 | Comments(9)