月山

10月13日(祝)
北泉ヶ岳に続いて晴天の月山へ行ってきました。
リフトを降りると、見える見える朝日連峰が飯豊が蔵王が・・・。
姥ヶ岳山頂では1ヶ月前に行った鳥海山が雲の上に顔を出していました。
e0137200_23114048.jpg

写真を撮っていると、隣にいたご夫婦から「あの山なんだろう」という声が。
「あれは鳥海山ですよ」と教えると、「ひょっとしてmorinoさんですか」と言われました。
なんと、時々お邪魔する美味しい料理とお酒のお店「わおん」ゆかりのABさんご夫妻でした。
山で知り合いに会うなんてなかなか無いこと。ましてお二人はこの時が初めての登山。
こんなサプライズは本当に嬉しいですね。
この日は1日晴天に恵まれましたので、お二人にとって素晴しい初登山になったことでしょう。

姥ヶ岳山頂での素敵なABさんご夫妻
e0137200_1812457.jpg

鍛冶小屋手前から朝日連峰を望んで。
e0137200_2335513.jpg

山頂から西側の品倉尾根方面。
e0137200_23493165.jpg

山頂に着いたものの、昼食には早いので仏生池小屋まで行って見ましたが、小屋は閉まっており、風も強いのでオモワシ山下部まで戻って草紅葉を見ながら昼食です。
オモワシ原の草紅葉。
e0137200_23533339.jpg

山頂から下る時もたくさんの人とスライド。中には小さい子を背負って、さらに手を引いてというご家族も。素晴しいですね。
e0137200_022954.jpg

下りはリフトを使わずに姥沢小屋へ向かいます。
周りの草紅葉や振り返ってみる月山も素晴しいのですが、リフト分岐を過ぎてしばらく行くと左側に見える紅葉が次第に見事になってきました。
青空と真赤なナナカマド。
e0137200_010488.jpg

素晴しい紅葉。
e0137200_015364.jpg

e0137200_0162213.jpg

大きなブナとmaronnさん。
e0137200_021693.jpg

途中にはホースから水が出ている風情の無い水場がありましたが、旨いんだな、これが。
ポットに入れて持ち帰り、美味しくウイスキーを楽しむことができました。
e0137200_029174.jpg


1年ぶりの月山は好天に恵まれ、美しい景色、美味しい空気、芳しい香り、そして驚きの出会いまでありました。同行のmaronnさんの心配りにも助けられ本当に楽しい山となりました。次はどの山でどんな楽しみが待っているのでしょう。

さてこの日のお土産は山菜・キノコ系を狙ったのですが見つけられなかったので、全くベタな「銀嶺月山」です(笑)。
e0137200_042371.jpg

コースタイム
9:05リフト上駅-9:25姥ヶ岳-10:45月山山頂-11:45仏生池小屋-12:05昼食12:35-13:10月山山頂-13:55姥ヶ岳分岐-15:15姥沢小屋
# by morino1200tb | 2008-10-16 00:51 | 08年登山 | Comments(10)

北泉ヶ岳-泉ヶ岳

10月12日(日)
午後から用事があったので近くの山へと思い、久しぶりにホームゲレンデの泉ヶ岳へ行ってきました。
好天のせいもあってか、駐車場にはクルマがイッパイ。歩き始めると登山者もイッパイ。
楽しそうに登山口へ向かう人々。
e0137200_1848537.jpg

何組かをパスして水神へ。意外と水量が多いように思えます。
e0137200_18512662.jpg

水神を渡って三叉路へ向かいますが、まだ紅葉の気配は少なく、所々色づいた程度です。

三叉路です。このあたりから色づいてきました。
e0137200_18565189.jpg

北泉ヶ岳の紅葉。
e0137200_1859997.jpg

e0137200_18594886.jpg

e0137200_1902186.jpg

北泉ヶ岳山頂には6人ほど休んでいました。その中のお一人の女性は、昨日升沢小屋泊まり(山頂小屋は人がイッパイだったそうです)で船形山ピストンの下山途中というお話で、一人で船形までの長倉尾根を歩いたなんて尊敬(私は熊が怖くて長倉尾根を一人でなんて歩けません)してしまいます。

小休止して泉ヶ岳へ向かいます。途中で振り返ると船形方面がクッキリと見えました。本当は船形へ行きたかったのですが、旗坂からの時間を考えると今日は無理でした。来週にでも行こうと思います。
e0137200_19174658.jpg

水神過ぎから木立の合間に見えていましたが、ヒザ川源頭部に落ち込む枝尾根が少し綺麗な紅葉になっていました。
e0137200_19255744.jpg

北泉ヶ岳からは多くの人とスライド。泉ヶ岳山頂あたりにははもちろん多くの人がいて、山頂過ぎからも今までに泉ヶ岳では経験したことがない位多くの人とスライドしました。とは言っても鳥海山や磐梯山などの100名山ほどではありませんけどね。

水神で会った年配の女性と話をしてビックリ。なんと79歳。そんな風には見えませんでしたが、来月80歳で、アルプスなど何度も登っていたけれど、地元の泉ヶ岳は初めてだそうです。なんともお元気で素晴しいですね。

残雪期に登って以来の泉ヶ岳。本当に多くの方々が登っていました。小さな子供さんを連れたご家族が目に付きましたが、「ファミリー登山のメッカ 泉ヶ岳」ってやっぱりイイですね。

コースタイム
9:00駐車場-9:40水神-10:20三叉路-10:45北泉ヶ岳山頂10:50-11:10三叉路-11:40泉ヶ岳-12:20水神-12:50駐車場
# by morino1200tb | 2008-10-12 19:49 | 08年登山 | Comments(4)

紅葉の不忘山

10月4日(土)
朝起きて地元紙(河北新報)の1面に「蔵王連峰 紅葉始まる」の見出しと紅葉の水引き入道の写真があり、今日の山は不忘山へ決定。
本当は以東岳へ行きたかったのですが、どうも山形の天気が悪そうなのであきらめ、朝起きてから日帰りでどこかへ行こうと思っていたところでした。
昨晩、出たばかりの諸田玲子著「狐狸の恋」(お鳥見女房シリーズ第4弾)を布団に入ってから読み始めたら面白くて一気に読んだため少し睡眠不足。
というわけで、コガ沢経由の水引き入道-不忘山周回はツライので何年かぶりに白石女子高小屋跡経由の不忘山往復にしました。

広い駐車場には30台ほど駐車しており、私の後からも2台到着しました。
皆さん新聞を読んできたのでしょうか。まさかね。

静かな樹林帯を30分ほど歩き「弘法清水を経て不忘山へ」という道標があるあたりから色づいてきました。
e0137200_18465239.jpg

弘法清水を過ぎると山全体が紅葉に彩られています。
e0137200_18501872.jpg

不忘の碑あたりから風が強くなってきました。日差しがあったり翳ったりと雲も落ち着いてくれません。
山頂近く。
e0137200_19114936.jpg

振り返って
e0137200_19134175.jpg

不忘山と水引き入道の間の支尾根の紅葉。まさに錦秋ですね。
e0137200_19155647.jpg

水引き入道です。少しかすんでいますが山全体紅葉しています。
e0137200_192376.jpg

山頂は人がイッパイ。
e0137200_19243959.jpg

山頂から少し下で風を避け、紅葉を見ながら昼食。いい気持ちです。
e0137200_19375712.jpg

この日は高校山岳部の新人戦とのことで50~60人位の生徒達が歩いていました。中には私の後輩達もいましたよ。ガンバレ。
不忘の碑で休んでいる高校生達。
e0137200_19363749.jpg

下山途中の紅葉です。
e0137200_1940281.jpg

そして下山中の高校生達。紅葉した木々も声援を送っています。
e0137200_19423689.jpg

葉のアップです。
e0137200_19463294.jpg

今日は新聞記事のおかげでたっぷりと紅葉を楽しむことができました。日本に生まれた幸せに感謝です。
さて次回はどこの山で紅葉を愛でることができるのでしょう。

おっと、今日のお土産はお酒ではなく舞茸です。「山のやおや」という産直の店で売っていました。スーパーで売っている物と違って強い香りがします。こちらも楽しみですね。
e0137200_19545264.jpg

コースタイム
9:30白石スキー場駐車場-10:40弘法清水-11:30不忘山山頂12:00-12:40弘法清水-13:40白石スキー場駐車場
# by morino1200tb | 2008-10-04 20:03 | 08年登山 | Comments(8)

一切経山-家形山-鎌沼

9月28日(日)
天気が悪いやら仕事やらで行けなかった山へ、ようやく行けました。
天気予報と朝起きた時の空模様で一切経山へノンビリ行くことに決定。

福島西インターで降りてフルーツラインへ。曇り空が気がかりです。

浄土平には紅葉シーズン前の為でしょうか、以前来た時の満車状態とは違って、乗用車とバスがそこそこという感じで停まっていました。

車から出ると思った以上に寒く、薄手のフリースにソフトシェルで出発。
アプローチの良さと歩きやすさからか、荒涼とした風景の中を老若男女が登っています。
e0137200_2062457.jpg

少し歩くとシラタマノキがあちこちで見られました。
e0137200_20121594.jpg

さすがに歩き続けると暑くなってフリースを脱きましたが、風があるため顔と耳が冷たくフードを着用しました。この山は過去2回とも強風でした。今回は強風ではありませんでしたが、やはり風の山なのでしょうか。

次第にガスはなくなり、薄日が差し始めました。山頂へ行く手前でホシガラスが飛んでいました。
近くに停まったホシガラス。
e0137200_2036195.jpg

山頂北から見える今日の目的五色沼と同行のマロンさんです。
e0137200_23104530.jpg

登山道脇にはリンドウがイッパイ。ちょっぴり秋模様です。
e0137200_20385464.jpg

一切経山から家形山へ岩稜帯を下って行くと、ぬかるんだ普通の登山道になり、なんとなくほっとします。私はやっぱり土の道がいいですね。
鞍部から綺麗な五色沼のアップ。
e0137200_20443697.jpg

家形山下部から五色沼と一切経山。
e0137200_2047275.jpg

家形山には不動沢口から登ってきた方達がいました。
他にも2グループとスライド。不動沢口からも結構来るんですね。来年はチャレンジかな。

家形山から一切経山へ上り返していると次第に天候が悪くなってきました。良い時に登れてラッキーです。
紅葉したゴゼンタチバナ。
e0137200_20585173.jpg

酸ガ平小屋へちょっと寄って鎌沼へ。まだ紅葉の季節ではないので、鮮やかではありませんが、少しだけ紅葉の気配が感じられました。
e0137200_2165564.jpg

e0137200_15195848.jpg

以前の二回は東吾妻へ行きましたので、鎌沼周回は今回が初めて。いいところです。

日差しにも恵まれ、家形山の方から見る五色沼。ノンビリ歩ける鎌沼など楽しめた山でした。
途中で西吾妻を見ることができましたが、浄土平から西吾妻、又はその逆でも縦走したい思いに駆られました。個人では無理なので、どこか旅行会社の企画があれば参加したいものですね。

浄土平のレストハウスで今日のお土産を買いました。

純米酒「吾妻小富士」
あまり力の入ったラベルではありませんが、果たして味はどうでしょうか?楽しみです。
e0137200_15221897.jpg

コースタイム
9:05浄土平-10:00一切経山-10:55家形山11:15-12:00一切経山下部(昼食)12:20-12:45酸ガ平小屋-鎌沼-14:00浄土平
# by morino1200tb | 2008-09-28 21:40 | 08年登山 | Comments(4)

スタジオ

9月26日(木)
夕方から仙台駅前のスタジオで、ベースの真赤トニーさんと私の二人でとりあえず練習です。
曲はビートルズのGET BACKほか。
GET BACKといえばジョンレノンが弾いていたエピフォン・カジノ。ということで引っ張り出してきました。
e0137200_23535573.jpg

久しぶりに大きな音を出して、2時間立ちっぱなしで下手なギターを弾いて、いい汗をかきました。
いい汗かいたら、やっぱりお酒になってしまいますね。
時々お邪魔する「わおん」で美味しいお酒を飲みながら反省会(ただの飲み会ですけど)。

写真はこのとき飲んだお酒のボトル。旨いんだなぁーこれが。
e0137200_013757.jpg

次のスタジオはいつになるのでしょう。楽しみです。
28日は山へ行く予定。こちらも楽しみです。
# by morino1200tb | 2008-09-27 00:10 | 音楽関連 | Comments(0)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb