それぞれの山

昨日、今日と仕事の合間に東北電力グリーンプラザ(仙台市青葉区)で開催されている「東北山岳写真家集団写真展「それぞれの山(Ⅷ)」を見てきました。
飯豊、朝日、鳥海、蔵王ほか身近な山の写真はもちろん素晴しいのですが、全壊した駒の湯から見つかった昭和30年頃の栗駒、今年の地震の爪痕、そして見事な紅葉の山を並べた栗駒のコーナーには深い感銘を覚えました。
栗駒へは何度も行ってますが、高校1年生に学校の行事で駒の湯へ泊まって登ったこと(あまり覚えていませんが)や、登山の帰りに駒の湯の風呂に入ったこと、霙で登るのをあきらめて禿岳へ行ったこと、残雪期のワカン登山、秋の見事な紅葉、そのほか様々なことを思い出しました。来年は宮城側から行けるかどうか分りませんが、どこからか登ってみたいものです。
写真展は7日までです。
# by morino1200tb | 2008-12-05 23:13 | 山関係 | Comments(4)

サンライフ

月曜日の午前中、仙台市北目町の老舗山用品店サンライフの前を通ったら、「閉店セール50%OFF」の張り紙が目にとまりました。近くの仕事先に行った後に店を覗くと、すべて50%OFFで現品処分中。時間が無いのでとりあえず目に付いたウールのシャツと雪山用のグローブを購入。店の人に聞くと、完全に閉店するとのこと。

この店は、初めて山に連れて行ってもらった友人に、登る少し前に連れて行かれて、山の用品についてあれこれレクチャーされた(店の方にも)思い出の店です。その時はザックだけ購入。その後はソックスなど小物を買うぐらいでしたが、閉店と知って一抹の寂しさにとらわれました。
中高年の登山ブームと言われて久しいですが、スポーツ量販店や大型専門店の進出。ネット通販の一般化。旅行会社の登山ツアーの増加といった商業構造の変化が、中小専門店の生き残りを難しくしているのでしょうね。
もっとも、そういう自分も買い物は大型店のセールやアウトレット品の購入、ネット通販などですけど。

今日も仕事の合間に少し買い物。靴下とソフトシェルと目出し帽です。モンベルの3番ぐらいのダウンのシュラフがあればと思っていたのですが、残っていたのはモンベルの7番とイスカの大きなものだけでした。
1月25日(?)の閉店までに値引き率を上げていくということなので、又覗いてみようと思っています。でも欲しい物が残っているかどうか心配です。

昨日今日で購入した品々。
e0137200_2272866.jpg

# by morino1200tb | 2008-12-02 22:35 | 山関係 | Comments(4)

雪の泉ヶ岳

11月22日(土)
仙台にも初雪ということで、いよいよ雪山シーズンイン。
久しぶりにホームゲレンデの泉ヶ岳へ行って来ました。
天気は上々。でも風が強そう。
雪化粧した水神コースの登山口です。
e0137200_181658.jpg

昨日降ったためか思った以上に雪がありました。
e0137200_18192631.jpg

久しぶりの雪の感触を味わいながら空を見上げれば抜けるような青空です。気持ちイイー。
e0137200_18275068.jpg

水神を過ぎると雪も多くなり、風も次第に強くなってきました。
大岩です。
e0137200_18361956.jpg

ここから振り返れば蔵王方面が見えるのですが、青麻山・あけら山に続いて不忘山の稜線が見える程度で、蔵王連峰の山々は残念ながら雲に覆われていました。

山頂に着いたものの、風が強いため昼食は取らずに少し居ただけ。祠にお賽銭を上げて下山です。
今日同行のabeさんです。おーっと、バランス崩さないでね。
e0137200_18452651.jpg

天気は良いのですが風が強く、大岩から上は結構寒いです。
e0137200_18534869.jpg

賽の河原から船形方面。
e0137200_1855265.jpg

水神あたりまで降りてくると風も無く、雪ならではのフカフカ歩きも楽しめました。
水神です。ここから北泉へ行った人はいませんでした。
e0137200_1904216.jpg

水神平を過ぎるとグズッた雪になり、道も次第にぬかるむようになりました。
清水坂近くにありました。名残りの紅葉です。
e0137200_193199.jpg

登りも降りも沢山の人とスライドしました。水神過ぎには外国人3人グループとスライド。泉ヶ岳も国際的になったなぁー(笑)。

abeさんとは以前から一緒に山へ行こうと言っていたのですが、今日初めて登れました。abeさんは雪山が初めてでしたが、楽しんでくれたようでひと安心です。

下山後、麓の産直の店で面白い形の大根と美味しそうな椎茸をゲットしました。
e0137200_19124974.jpg

e0137200_1913352.jpg


コースタイム
9:50駐車場-10:40水神-11:40山頂11:50-12:20水神-13:00駐車場
# by morino1200tb | 2008-11-22 19:25 | 08年登山 | Comments(4)

翁山

11月1日(土)
久しぶりに山之内コースで葉山と思ったのですが、13号線から見ると雲が厚いようなので、翁山へ行ってきました。
翁山への道標に沿って車を進め、林道終点の翁山小屋(ハリマ小屋)へ着きました。しかし、1台も停まっていません。
e0137200_18285061.jpg

大きな音の出る熊鈴をつけてmaronnさんと出発です。
気持ちよいブナ林の登山道を登って行きます。
e0137200_18361321.jpg

急坂では濡れたブナの落ち葉が足場を隠して歩きにくいのですが、それ以外はフカフカでこの季節ならではの気持ちよさが味わえます。
e0137200_18405083.jpg

1時間ほどで山頂です。
山頂手前の祠にお賽銭を上げ山行の無事をお願いします。
e0137200_18443751.jpg

黒倉山目指して山頂を後にすると、ここからは展望の取れる笹原歩きです。
e0137200_1848618.jpg

途中で登山口の翁山小屋が見えました。私らのクルマしかありません。今日の翁山は貸切です。
e0137200_1849502.jpg

小屋分岐を過ぎ、少し登った時に見つけてしまいました。
熊さんの足跡です。幅7~8センチといったところでしょうか。小熊?じゃあ親も?
登山道に沿って何カ所かありました。
e0137200_18581566.jpg

そこから恐々登りましたが、強風で熊鈴も効かない恐れがあるため黒倉山はあきらめてユーターン。

足跡があった稜線から翁山を振り返って。
e0137200_1913121.jpg


分岐から二人で鈴を鳴らしながら小屋目指して下山です。
急坂の下りは濡れた落ち葉で歩きにくかったのですが、平坦なところまで降りるとようやく青空が見え始めました。
e0137200_19172572.jpg

e0137200_19232465.jpg

「不老長寿の泉」で水を飲むmaronnさん
e0137200_19244218.jpg

小さな真赤な実をつけた木を見つけました。何でしょう?
e0137200_19261456.jpg

山頂の祠で無事を祈ったおかげで熊に会わずに無事登山口の翁山小屋へ着きました。
やはり車は増えていませんでした。今日の翁山は私とmaronnさんと熊さん(何頭かは不明ですが)だけでしたね。

帰りは麓の商店でお土産を購入。その名もズバリ「幻酒翁山」。
尾花沢の米と翁山山系の水で作った特別純米酒で限定品とのことです。
私好みの辛口ではないけれど、しっかりした美味しいお酒です。
e0137200_19442547.jpg


昼食は大石田そば街道の「そば処 なんば」で “いたげそセット” です。旨い!。

帰宅して熊に関する本を見たら、どうやら成獣のようです。山は彼らのテリトリーとは言え、お目にかかりたくないものですね。(船形山では大滝キャンプ場手前で車の中から木の上にいるのを、面白山では山頂近くから遠くの雪渓で動いているのを見ました。雁戸山では有耶無耶の関跡近くで18メートル位で遭遇したことがあります。)

コースタイム
9:50登山口-10:50翁山山頂-11:50小屋分岐-12:20登山口
# by morino1200tb | 2008-11-02 20:09 | 08年登山 | Comments(4)

船形山

10月18日(土)
久しぶりに船形山です。同行は先週と同じmaronnさん。
向かう車中からは青空に船形山がクッキリと姿をあらわしています。月山に引き続き眺望の期待大です。
旗坂キャンプ場には10台以上のクルマが停まっていました。
e0137200_14451719.jpg

気持ちよくブナ林の中を登って行くと、一群平過ぎあたりから紅葉が始まりました。
e0137200_14483564.jpg

e0137200_14523252.jpg

山頂小屋に泊まった4人組とスライドして三光の宮へ行くと、2組ほど休んでいました。
e0137200_14554588.jpg

綺麗なブナ林の中、フカフカ落ち葉の登山道を気持ちよく歩いて行きます。
e0137200_1513782.jpg

瓶石沢から蛇ヶ岳へ向かいます。急坂を過ぎると草紅葉の草原地帯。そしてすぐに小湿原です。
e0137200_1551065.jpg

蛇ヶ岳あたりから視界が開けますが、車中で期待したようにはならず、遠くは霞んでいました。残念。でも、これだけの好い天気の中を歩けるのですから満足しましょう。
穏やかな日差しの中をしばらく歩くと山頂です。多くの登山者が休んでいます。
e0137200_15104732.jpg

岳山林道経由(小荒沢林道は土砂崩れで通行禁止)で大滝キャンプ場から登ってきた方々がかなりいました。旗坂からはマイナーのようです。
少し風があるものの暖かく気持ちがよいので、小屋には入らずに黒伏方面を見ながら昼食。
いつものことながら、この景色を見ると本当に気持ちが安らぎ、いつまでもここにいたいと思ってしまいます。

山頂と黒伏方面。
e0137200_15185369.jpg

e0137200_15251930.jpg

下山は升沢コースです。沢沿いの登山道を降りますが、足場が悪く気を抜くことができません。
e0137200_15322061.jpg

升沢小屋へ着いて小休止。小屋の中には泊まりの方たちのザックがデポされていました。
きれいな新しい小屋です。
e0137200_15354415.jpg

瓶石沢からは登ってきた道を、ブナ林を楽しみながら戻ります。
船形の紅葉は一群平過ぎから三光の宮あたりが何とか見られる程度で、そこから上は茶色。ブナの葉もずいぶん落ちていました。それでもその間はきれいな紅葉を楽しむことができました。

船形のブナ林。
e0137200_1542438.jpg

e0137200_15431897.jpg

e0137200_15434173.jpg

e0137200_15441943.jpg

e0137200_15455285.jpg

紅葉は少しでしたが、素晴しいブナ林を堪能でき、久しぶりに船形山を満喫することができました。この日は子供からお年を召した方まで沢山の人で賑わっていた船形山。やはりいい山です。機会があれば山形側からも登ってみたいものです。
帰り道に「風早峠の水」をポットに一ついただきました。甘さを感じさせる軟らかな美味しさでした。
e0137200_16163020.jpg

コースタイム
8:10旗坂キャンプ場-9:40三光の宮-10:15瓶石沢-10:55蛇ヶ岳-11:50船形山山頂12:35-13:20升沢小屋-14:00三光の宮-15:15旗坂キャンプ場
# by morino1200tb | 2008-10-19 16:26 | 08年登山 | Comments(6)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb