<   2012年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

先週は急ぎの気の抜けない仕事があったせいか少しお疲れ。
特に予定もなかったので山は休んで買い物やら用事を済ますことに。
そして以前購入したものや届いたばかりのCD、DVD、ブルーレイ三昧の日々でした。
e0137200_20385431.jpg

今もウイスキー飲みながら写真右上のウェス・モンゴメリーを見ていますが最高としか言えません。
やっぱり彼は私にとってギターの神様です。
by morino1200tb | 2012-10-28 20:41 | 音楽関連 | Comments(12)

黄葉の夕日沢コース

10月21日(日)
紅葉の山歩き第3弾。夕日沢コースで前船形山まで行ってきました。
メンバーはマロ7さん、おっ家内さん、maronnさん、ichicoさんと私。久々のオジ山・オバ 姐山グループです。

天気予報では山形が雨。県境なので影響はあるだろうと思いながら、荒沢自然館過ぎから左折して長い長い林道を登山口まで走ります。
日差しはあるものの細かい雨が落ちてくる中、登山口過ぎの駐車スペースから出発。
e0137200_19363233.jpg

ほんの少し戻って登山口。
e0137200_19401017.jpg

刈り払いされて歩き易かった登山道も成長した笹で藪漕ぎ状態になるところも出てきます。
紅葉前のブナ林を歩いて行きます。
e0137200_19401418.jpg

ブナハリダケとナメコ(少しだけ))を採りながら高度を上げていくと樹間に紅葉した前船形山が見られるようになりました。
e0137200_19405083.jpg

そしてブナ林の見事な黄葉が続きます。
e0137200_2052182.jpg

e0137200_19405790.jpg

e0137200_19411432.jpg

こんな美しい黄葉を見ながら歩いて行くと、熊に壊された標柱のある前船形山分岐に到着。
e0137200_19423552.jpg

急坂の尾根を歩いて行くと船形山中腹の紅葉がガスの切れ目に見えました。
e0137200_19424890.jpg

藪を漕いで
e0137200_19433578.jpg

ガスの立ち込める山頂手前で女神様たち。
e0137200_19435752.jpg

藪を突いてマロ7さんは以前設置した山名板を確認に行きましたが、熊に壊されたか雪や風でどうかなってしまった様で見当たらなかったとのことです。残念。
山頂手前で4人をパチリ。
e0137200_19443092.jpg

風が強く寒いので写真を撮ったらさっさと降りて鏡池へ向かいます。
池の手前でこんなものが。イモリ?サンショウウオ?
e0137200_19444785.jpg

霧に煙る鏡ヶ池。
e0137200_19452882.jpg

ここで記念撮影です。
e0137200_19454219.jpg

下山しようと歩き出すとヘルメットを被ったソロ男性が来ました。大滝キャンプ場から来たとのことで、駐車場には20台ぐらい停まっていたとか。こんな天気なのに結構来ているものです。
鏡ヶ池を後にすると雨は上がり、薄くガスに覆われたブナ林を歩いて行きます。
e0137200_19462399.jpg

歩いて行くと遠くに滝が見られました。皆さんは往路に見ていたそうですがブナ林の美しさに気を取られて気付きませんでした。写真では分かり難いですが見ごたえのある滝です。
e0137200_19463642.jpg

おっ、ブナハリダケ発見!小さなムキタケもゲットです。
e0137200_19464944.jpg

所々にある紅葉も見事でした。
e0137200_1947359.jpg

大きなブナもたくさんあります。
e0137200_19471554.jpg

古い爪痕も。
e0137200_19472687.jpg

途中キノコ採りのご夫婦と、同じくソロ男性とスライド。
ブナの葉が緑色になってくるともうすぐ登山口です。
e0137200_19474157.jpg

そして駐車スペースに到着。
皆さんお疲れ様でした。
e0137200_19475427.jpg

コースタイム
8:10夕日沢コース登山口-9:35前船形山分岐-10:00前船形山-10:25鏡ヶ池-10:45前船形山分岐-11:50夕日沢コース登山口
e0137200_19481077.jpg

初めての夕日沢コース。そして初めての前船形山。
天気はイマイチでしたがさほど酷いわけではなく、登山道も難しいところは無く美しいブナ林の黄葉を楽しむことができ、また少しだけですがキノコも採れて満足の山行です。
皆さんありがとうございました。

帰路に荒沢自然館へ寄って一休み。
登山好きの館長さんからいろいろ教えてもらうことができました。
e0137200_19483713.jpg

熊もお出迎えしてくれましたよ。
e0137200_19485473.jpg

by morino1200tb | 2012-10-21 21:24 | 12年登山 | Comments(24)

コガ沢から不忘山周回

10月14日(日)
毎年歩いていた「南蔵王花街道」のコガ沢周回に今年は歩いていませんでした。
そこで2週連続で紅葉を楽しもうと、久々にコガ沢からの周回に行ってきました。
メンバーは朝日で一緒のmaronnさんとUMEちゃんです。

紅葉が見頃の南蔵王なのにさほど車が停まっていない白石スキー場の駐車場を出発。
e0137200_21163555.jpg

強い陽射しを浴びながらのゲレンデ歩きで早々と汗をかいてしまいます。
水引コースの登山口からは樹林帯なので比較的涼しくなり、キノコに一喜一憂(見つけても食べられない)しながらアップダウンを繰り返して歩いて行きます。
赤く染まった水引き入道が樹間に見えるようになるともうすぐコガ沢。
e0137200_21164632.jpg

最初の沢へ降り、
e0137200_21165942.jpg

回り込んで次の沢を渡ると、
e0137200_2117672.jpg

上部が色づいているコガ沢源頭部が見られます。
e0137200_21172049.jpg

そして長く続く急坂を登って、
e0137200_21172959.jpg

大日向に出ると、目の前には見事な紅葉がひろがっていて、思わず歓声をあげてしまいます。
e0137200_21174225.jpg

南東方面も赤く染まっています。
e0137200_21175241.jpg

指さす先も紅葉かと思ったら、
e0137200_2118794.jpg

七ヶ宿ダムの大噴水でした。
e0137200_21184076.jpg

ゴジラ岩(named by マロ7さん)も錦繍の中。
e0137200_21194242.jpg

大日向からのパノラマ。(クリックで拡大)
e0137200_21195856.jpg

水引入道の山名板(constructed by マロ7さん)は健在でした。
e0137200_2120135.jpg

北西を見ると馬ノ神岳が真っ赤に燃えています。
e0137200_2120251.jpg

水引平へ向かうと見事な紅葉が続いています。
e0137200_21204171.jpg

そして振り返ると錦繍の水引入道。
e0137200_21205428.jpg

水引平から屏風~不忘山の稜線。
e0137200_21211812.jpg

そして水引入道。
e0137200_21213762.jpg

しばらく休憩し、急坂を喘ぎながら登って稜線へ出ると、先週歩いた朝日連峰がお出迎え。
e0137200_21215545.jpg

稜線をのんびり歩いて南屏風へ到着です。
ここで吾妻~飯豊~朝日~月山を見ながら昼食休憩。
風があって、最初のうちの心地よさが次第に寒さに。一枚羽織ってまったりします。
写真を撮ったら不忘山へ。
e0137200_21221748.jpg

稜線から水引入道。燃えています。
e0137200_21223180.jpg

不忘山山頂。
e0137200_21224473.jpg

山頂からのパノラマです。(クリックで拡大)
e0137200_21225442.jpg

不忘の碑の向かい側にあるカエル岩。以前は名前はついていなかったと思うのに、いつからカエル岩になったのだろう?
e0137200_21231174.jpg

紅葉はきれいだけど、相変わらず滑りやすくて歩きにくい登山道を下り、
e0137200_21232233.jpg

弘法清水で一休み。
ここから迂回路へ入ります。
意外と紅葉がきれいでした。
e0137200_2123537.jpg

しかし、すぐに本来の登山道に復帰してスリッピーな道を歩き、まだ残っていたマツムシソウを見ながら駐車場到着で紅葉の山歩き第2弾終了です。
e0137200_21241742.jpg

コースタイム
7:20白石スキー場駐車場-7:40水引コース登山口-9:10コガ沢-10:00大日向-10:50水引平11:05-11:30稜線分岐-12:00南屏風岳12:40-13:10不忘山13:30-15:25白石スキー場駐車場
e0137200_21245456.jpg

多分紅葉の盛りだろうと思って行った水引入道でしたが、まさかこんなに素晴らしい紅葉が見られるとは思いませんでした。
この南蔵王は初夏に見られる百花繚乱の花々と、秋の錦繍の紅葉。この二つは外せませんね。
何度歩いても良いところです。
そして今回も歩いたコガ沢経由の周回コースは変化に富んだ一番のおすすめコースといえます。
それにしても天候に恵まれ2週連続で紅葉を満喫できるとはね。これも日ごろの行いが・・・(コラコラ)
by morino1200tb | 2012-10-14 19:16 | 12年登山 | Comments(24)

朝日稜線

小朝日岳から見た朝日連峰稜線のパノラマ写真です。
クリックで拡大します。
e0137200_11124919.jpg

by morino1200tb | 2012-10-13 11:13 | 12年登山 | Comments(2)
10月8日(祝)

まだ暗い中に小屋から出てみると、かすかな街の明かりの上にオレンジの光と美しいブルーのグラデーションが重なり、濃い藍色の空に星が輝いていました。
e0137200_20533556.jpg

山頂へ上がって日の出を待ちます。
オレンジ色の朝焼けの中、蔵王連峰・雁戸山の左側がひと際輝き出しました。
e0137200_2054466.jpg

そして日の出です。美しいー!
e0137200_20545029.jpg

次第に太陽が上ってくると、月山と鳥海山のシルエットが姿を現しました。
e0137200_20552055.jpg

朝日を浴びて赤く染まる中岳と以東岳。まさにモルゲンロート。
e0137200_20554955.jpg

そして、祝瓶山と飯豊連峰。
e0137200_20562476.jpg

影朝日も見られました。
e0137200_20562020.jpg

日の出がもたらす雄大なショーをたっぷりと楽しんで小屋へ戻る途中、足元には草が霜をまとって白く輝く姿も。
e0137200_20571768.jpg

次々に出発する中、古寺に降りるだけの我々はゆっくりと朝食を頂き、管理人さんと小屋前で記念撮影。お世話になりました。
e0137200_2057201.jpg

名残惜しいけど下山です。
e0137200_20575568.jpg

銀玉水で美味しい水を汲むumeちゃん。
e0137200_20575243.jpg

岩の上で「朝日バンザーイ!」のmaronnさん。
e0137200_20582542.jpg

後ろ髪をひかれる思いで何度も振り返ります。
e0137200_20585188.jpg

次に登る小朝日岳。
e0137200_20593148.jpg

急坂を登って振り返ると美しい大朝日岳。
e0137200_20594836.jpg

あかねずみさんは双眼鏡で何を見ているのかな。
e0137200_210274.jpg

大朝日岳をバックに記念撮影です。
e0137200_210428.jpg

古寺山から小朝日岳と大朝日岳。
e0137200_2121547.jpg

歩いてきた朝日の稜線。
e0137200_2134745.jpg

青空の中の紅葉と月。
e0137200_2142254.jpg

古寺山からは樹林帯の下りになります。
ハナヌキ峰分岐過ぎの一服清水でクールダウンのtaku-o君。
e0137200_2144219.jpg

樹林帯の急坂を下り、赤い屋根が見えたらすぐに古寺鉱泉。
e0137200_2151534.jpg

そして、車がいっぱいの駐車場に到着です。
e0137200_2153717.jpg

みなさんお疲れ様でした。
e0137200_2161496.jpg

コースタイム
7:25大朝日小屋-8:40小朝日巻道分岐-9:10小朝日岳9:35-10:00古寺山10:15-11:00ハナヌキ峰分岐-12:15古寺鉱泉-12:20駐車場

泡滝まで送ってもらえる当初予定が駄目になり、車2台で行って泡滝まで車を取りに戻るのもやむなし と思っていたところ、幸いなことにumeちゃんの御両親に送っていただけることになり大変助かりました。
昔から憧れていた以東から大朝日の縦走がようやく達成できて万感の思いです。
それも素晴らしい紅葉を見ながら美しい稜線を歩けたのですから・・・。3日目には朝のダイナミックな光景を見ることができ、さらに下山時には青空の朝日主稜線を見るという、この上ない贅沢さでした。
気の合う仲間との朝日の3日間は大満足。同行のmaronnさん、あかねずみさん、taku-o君、umeちゃん、そしてumeちゃんのお父さん、お母さん、大変ありがとうございました。
さて、今度はいつ行こうかな。

古寺からの帰路、大井沢のゆったり館で汗を落とし、
e0137200_2171974.jpg

西川の出羽屋で山菜そばを堪能。
e0137200_2174289.jpg

実に楽しい3日間でした。これも私の日頃の行いが・・・(コラコラ)
by morino1200tb | 2012-10-11 21:10 | 12年登山 | Comments(24)
10月7日(日)

夜中の激しい雨は朝に止んだものの、薄いガスで残念ながら朝焼け・日の出は無し。
この日は大朝日までなのでノンビリとご飯を食べて出発前に記念撮影。
e0137200_20305937.jpg

管理人のADさん、お手伝いのSちゃん、お世話さまでした。行ってきまーす。
e0137200_20321842.jpg

遥かな以東岳も「行ってらっしゃい」と見送ってくれました。
e0137200_20321579.jpg

そして向かう三方境から先は見事な紅葉!思わず笑みがこぼれます。
e0137200_2033025.jpg

寒江山への途中何度も振り返り、紅葉を楽しみます。
e0137200_20334818.jpg

寒江山へ着いてひと休み。
e0137200_20335893.jpg

リンドウやクルマバナのほかにタカネマツムシソウが咲いていました。まだ見られて嬉しくなってしまいました。
e0137200_20351526.jpg

アップダウンで竜門小屋へ。
e0137200_20351311.jpg

小屋に入って管理人のEさんからエベレストやK2の話を聞きながら暫しまったりと休憩。
クライマーのEさんです。
e0137200_20354593.jpg

竜門小屋を出て、竜門山へ登ります。見てのとおりの紅葉です。嬉しい!
e0137200_20355048.jpg

日暮沢分岐を過ぎて西朝日へ向かいますが、まさに錦繍の中を歩きます。なんて贅沢なんでしょう。
e0137200_20395675.jpg

みんな大喜びです。
e0137200_20401731.jpg

竜門を振り返って。
e0137200_2041295.jpg

まだまだ続く稜線の紅葉。
e0137200_20414781.jpg

西朝日岳到着。
e0137200_204234.jpg

次に向かう中岳の奥に大朝日岳が見えてきました。
e0137200_2042218.jpg

真っ赤に燃える木々の間を歩いて行きます。
e0137200_20423644.jpg

そして金玉水で水を補給して、
e0137200_20425163.jpg

大朝日小屋へ到着。
e0137200_20433544.jpg

場合によっては鳥原小屋まで足を延ばすことも考えていたのですが、早い時間の到着もあり、比較的良い場所を確保できました。

ガスが無くなってきたのを見て山頂へ。みんなでシェー!(崩れ気味・笑)
e0137200_20443215.jpg

大朝日から小朝日への稜線に光が射しました。素晴らしい景色です。
e0137200_20445226.jpg

小屋に戻ると激混み状態。屋根裏部屋も満員でテントも出動です。
というところで乾杯!
e0137200_20461652.jpg

ソーセージ、ツナのオクラ和え、チャーシュー、油揚げ、干し芋・・・etc
みんな持ちよりの食料はとても食べきれません。
飲んで食べて、素晴らしい紅葉と朝日の稜線の話など盛り上がり1回戦終了。
e0137200_20462927.jpg

そして、チーズやら何やらお土産を持って、あかねずみさん、maronnさんと管理人室へ。
管理人のABさん、息子さん、甥御さん(サマーレスキューの時任三郎そっくり。女性陣ウットリ!)と宴会開始!面白話で夜は更けて行くのでした。
e0137200_20485553.jpg

表に出ると満天の星。明日の朝が楽しみだぞー!
e0137200_2049122.jpg

何かの拍子に途中でGPSがoffになっていました。西朝日-大朝日間は手書きです。狐穴小屋スタートのところも乱れています。
e0137200_20521352.jpg

コースタイム
6:30狐穴小屋-7:25寒江山-8:30竜門小屋9:15-10:35西朝日岳-11:40(頃)中岳-12:20大朝日小屋
by morino1200tb | 2012-10-10 20:57 | 12年登山 | Comments(10)
10月6日(土)から8日(祝)まで朝日縦走へ行ってきました。
泡滝から以東岳に登り、寒江山、竜門山、西朝日岳を経て大朝日から古寺鉱泉へ下りるコースです。
メンバーは山仲間のmaronnさん、あかねずみさん、taku-o君、そして今回初めて御一緒するtaku-o君の会社の後輩umeちゃん。umeちゃんは私とtaku-o君の高校の後輩でもあります。
そして何となんと、嬉しいことにumeちゃんの御両親に古寺から泡滝まで送ってもらえることになったのです。

10月6日(土)

大鳥池まで同行するumeちゃんの御両親と一緒に泡滝からスタートです。
e0137200_20301644.jpg

冷水沢の吊り橋を渡り、
e0137200_20311378.jpg

七ツ沢滝の吊り橋を過ぎると、
e0137200_20312540.jpg

水場が連続する七曲りの坂となります。
e0137200_2031365.jpg

坂道が終わると大鳥小屋(タキタロウ小屋)へ到着。
e0137200_20315630.jpg

ひと休みするとumeちゃんの御両親とはここでお別れです。送っていただきありがとうございました。
e0137200_203281.jpg

直登コースのきつい急坂を登り、
e0137200_20322161.jpg

草原に出て振り返ると、おなじみの熊の敷き皮のような大鳥池が一望に。
e0137200_20323224.jpg

そして草紅葉が目の前に広がっています。
e0137200_20324142.jpg

夏にお世話になった以東小屋で休憩。あかねずみさんは連休の管理人さんと挨拶も。
e0137200_20331538.jpg

山頂から真っ赤な紅葉と以東小屋。
e0137200_20334557.jpg

オツボ峰の方も鮮やかに色づいています。
e0137200_2034855.jpg

記念撮影をしたら、
e0137200_20342593.jpg

狐穴小屋目指して下りますが、ここから紅葉が目立ち始めます。
e0137200_20354675.jpg

松虫岩から朝日連峰の素敵な稜線。残念ながら大朝日岳は雲の中。
e0137200_20355326.jpg

草紅葉の中を歩いていたら、
e0137200_20361846.jpg

まだハクサンイチゲが咲いていました。
e0137200_203624100.jpg

小さな池塘と以東岳。
e0137200_20364478.jpg

中先鋒過ぎの紅葉の中を歩いて、
e0137200_20365497.jpg

狐穴小屋へ到着。
e0137200_20371742.jpg

立地的に空いているだろうと思っていたら結構混雑。さすが秋の3連休です。
小屋には8月の以東小屋泊まりで再開した西川山岳会のKさんがいました。
そしてKさんと同じグループにmaronnさんのお知り合いも。なんとも珍しい偶然です。
で、なにはともあれ乾杯。
e0137200_20372812.jpg

管理人さんから美味しい芋煮の差し入れを頂いたり、Kさんグループからワインを頂いたり、持参のすき焼き風肉豆腐やら何やらで食べたり飲んだり・・・夜は盛り上がるのでした。
e0137200_20375093.jpg

その後、あかねずみさんと管理人室へお邪魔してプチ宴会に参加。
面白話で盛り上がりましたが、その晩は屋根をたたく音で目を覚ますほどの強烈な雨。
明日は大丈夫かー。
e0137200_20394447.jpg

コースタイム
8:00泡滝ダム-10:30大鳥小屋11:00-13:50以東小屋(休憩)-14:30以東岳山頂-15:40中先鋒-16:10狐穴小屋
by morino1200tb | 2012-10-08 19:04 | 12年登山 | Comments(26)

山行打ち合わせ

10月2日(火)
いろいろ用事があって山へ行けませんでしたが、ようやく今週は行けそう。
ということで、昼飯を食べながら山仲間と今週の山の打ち合わせをしました。
e0137200_21325995.jpg

ここの冷やし肉蕎麦もなかなかいけます。
さて、どこの山へ行くのやら。お楽しみ。(^^)
by morino1200tb | 2012-10-02 21:35 | 山関係 | Comments(14)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb