山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
17年登山
16年登山
15年登山
14年登山
13年登山
12年登山
11年登山
10年登山
09年登山
08年登山
07年登山
山関係
音楽関連
あれこれ
震災
特別版

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

お気に入りブログ

お山遊び
点描2
ebiyanの南東北 山...
ソロで生きる
バリ太郎とゴロゴロ
マロのページⅡ
Estrellas y ...
Mountain Rose
船形山からブナの便り(ブ...

リンク

最新のコメント

SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:48
とーますさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:40
天気の良い三連休は写真展..
by SONE at 18:47
うわー、ブナ回廊気持ち良..
by とーます at 15:21
okusanさん こんに..
by morino1200tb at 12:47
こんにちは。山形のoku..
by okusan at 09:18
lc4advさん 今晩は..
by morino1200tb at 21:26
やはり今シーズンのファイ..
by lc4adv at 19:30
ナカシィさん こんばんは..
by morino1200tb at 21:35
写真展へお越しいただきあ..
by nakacy at 13:10

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧

検索

ファン

最新のトラックバック

石跳川から月山周回(平成..
from HITOIKI Blog

<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ソウルチヂミ

5月30日(水)

土曜日曜と良い天気だったのですが、用事があり山へは行けませんでした。
なので昨日飲みに行ってきました。(コラコラ)
山仲間で高校の後輩のTAKU-O君と会社のF嬢の3人です。

お店は南町通りのチヂミの専門店「ソウルチヂミ」。です。
でもソウルチヂミって、仙台でいえば仙台牛タンをそのまま店名にしている感じですね。
e0137200_1258484.jpg

早速生マッコリで乾杯。ヤカンに入ってやってきました。旨い。
e0137200_12591131.jpg

はじめてマッコリを飲みましたが、少しだけ酸味があり微炭酸で飲みやすいです。酔いも早そう。

トローリチーズ入りキムチチヂミ、デジカルビ、いか辛炒め他をいただきましたが、なかなか美味しいです。特にチヂミはお勧め。海鮮チヂミも美味かったですよ。
e0137200_130484.jpg

濃厚でくせになりそうな黒豆マッコリを飲んで、〆はアサリクッパ、ユッケジャンクッパに冷麺。
こっちも旨~い。(笑)
e0137200_130183.jpg

この後Jazz inn Relaxin’へ。
e0137200_1303142.jpg

アナログ盤(とウイスキー)を楽しみながら夜は更けて行ったのでした。

コースタイム
19:00ソウルチヂミ-21:30(頃)Jazz inn Relaxin’-不明
by morino1200tb | 2012-05-31 13:03 | あれこれ | Comments(10)

北石橋から糸岳。念願のコースを歩く。

5月20日(日)
なかなか行けなかった北石橋へ行ってきました。
メンバーはマロ7さん 、maronnさん、ichicoさんの4人です。
morino車をデポするため白糸の滝へ向かうと青空にそそり立つ磐司岩が見えました。
e0137200_21561414.jpg

マロ7車で大東岳駐車場へ戻り、淡い新緑と降り注ぐ雨滝を見て
e0137200_21593733.jpg

ニリンソウロードを樋の沢避難小屋方面へ歩いて行きます。
e0137200_2204942.jpg

e0137200_221752.jpg

途中スライドした男性ソロはキャンプ場から二口峠-小東峠-本小屋の周回とのこと。凄い人です。

裏磐司が見えるベンチで一休み。
e0137200_221252.jpg

北石橋分岐です。
e0137200_2213742.jpg

ここから大行沢を渡渉して北石橋へ。
e0137200_2214980.jpg

かなりの急坂を登り
e0137200_2221770.jpg

山ツツジに慰められて
e0137200_2251878.jpg

楢の老木がある姥楢へ来ました。
e0137200_2253523.jpg

この後も出てくる道標は仙台山想会で建てたものなのですね。ご苦労様でした。
e0137200_2255785.jpg

美しい新緑のブナ林を歩いて
e0137200_2263548.jpg

踏み跡の不明瞭な谷を下って行くと目的の北石橋です。素晴らしい造形!
e0137200_2273962.jpg

記念撮影。
e0137200_2275936.jpg

上流から。
e0137200_2281324.jpg

暫しこの奇形を楽しんで石橋峠分岐へ向かいますが、倒木と雪解けで道形が消失しています。
シラネアオイが群生する石橋峠分岐には通行止めの看板が。
e0137200_2284029.jpg

当初より行く予定はありませんので素直に糸岳分岐へ向かいます。
が、急登です。
e0137200_228571.jpg

やはり所々道形不明瞭でルートファインディングしながらの登りとなり、938mの標識のある尾根へ着くと大東岳がその特徴的な姿を現すようになります。
e0137200_2291180.jpg

しかし道形不明瞭部分は続きます。
e0137200_22112346.jpg

ようやく糸岳分岐に出て、少し登って展望の取れるところで一休み。相の峰~仙台神室と奥に蔵王連峰です。
e0137200_22115347.jpg

下ってきた男性ソロとスライド。今度は本小屋-小東峠-糸岳-白糸の滝-本小屋の周回。本日の凄い人二人目です。

糸岳山頂に着いてまずは乾杯。美味い!疲れた体に泡が染みわたります。
e0137200_22171465.jpg

遅い昼食を食べながらノンビリ休んだら、お約束のシェー!
e0137200_22174058.jpg

そして糸岳を後に下山です。
e0137200_22174834.jpg

望洋平、風鳴平と下ってきて臨潭(のぞき)から恐々覗きます。
e0137200_2218751.jpg

皆さんやっぱり覗きます。
e0137200_22181512.jpg

シロヤシオや
e0137200_22183224.jpg

イワカガミの咲く急坂を下って
e0137200_2218431.jpg

白糸の滝のある沢を渡ると
e0137200_22185812.jpg

白糸の滝登山口到着です。お疲れ様でした。
e0137200_2219585.jpg

コースタイム
8:20本小屋-10:40北石橋分岐-11:40北石橋12:05-12:20石橋峠分岐-13:45糸岳分岐-14:10糸岳14:50-16:10白糸の滝登山口  
e0137200_22201468.jpg

行きたいと思っていた北石橋へようやく行けました。実物を目の当たりにすると自然の造形に圧倒されます。当たり前のことながら、自分の足で行かなければ見られないこうしたものを見ると、山をやっていて良かったと実感します。
途中ルーファイに神経をつかったとはいえ急登もあった結構辛いコースでした。しかし、珍しいものを見ることができ、いつも通り面白話をしながら楽しく歩くことができて大満足です。みなさんありがとうございました。
さてオジ山オバ姐山道中。次回はどこへ行くのやら。お楽しみ。
by morino1200tb | 2012-05-20 20:40 | 12年登山 | Comments(26)

瀧山。西から、東から。

5月13日(日)
山仲間のみいらさんから山部山行の瀧山に誘われて行ってきました。
メンバーは山形がみいらさん、山部のMBさんとSIさん、あかねずみさん。宮城がマロ7さんナカシィさん、私の合計7名パーティー。
瀧山は昨年11月に前滝コース~乳母神コースを楽しく歩いて、再訪したいと思っていた山です。
今回は前回のコースにプラスした、みいらさんならではのルートとなりました。

実はあかねずみさんが参加するのは皆さんには内緒で、突然現れてびっくりさせようとしていたのですが、出発時間が早まり「ちょっと待ってねー」と言って不審がられていたところへあかねずみさんが到着。100%ではありませんでしたが何とかドッキリ成功です。

まずは西蔵王放牧場の駐車場から前滝コースでスタート。
e0137200_22111854.jpg

放牧場の有名な大山桜は終盤になっていて、わずかに残ったいくつかの桜を見ながら歩いて行きます。
e0137200_22115863.jpg

垢離かけ場、姥地蔵、わらじぬぎ石まで来て、分岐を北東に進むと杉林の中に趣のある龍山神社を見ることができます。
e0137200_22121533.jpg

分岐へ戻って少し歩くと龍山川源流。
e0137200_22122969.jpg

ここからのワイルドな道を進むと、駐車場で会った仙台からの先行グループに追いつきました。
e0137200_22131119.jpg

急坂を登り、
e0137200_22132819.jpg

先行グループをパスさせてもらい、今回の核心部ともいえるトラバース部を過ごします。
e0137200_22142036.jpg

この後は急坂の連続。手足総動員でよじ登ります。
e0137200_22143382.jpg

e0137200_2214506.jpg

e0137200_2215592.jpg

天狗岩で景色を堪能しながら小休止。朝日連峰が一望です。
e0137200_22152096.jpg

まだ急坂は続いて、
e0137200_22153312.jpg

マンサクや
e0137200_22154285.jpg

ショウジョウバカマを見ながら登って、
e0137200_2215555.jpg

ヘラハギ山へ着くと今度は目の前に蔵王が。
e0137200_22162246.jpg

そして雁戸山。
e0137200_22163565.jpg

暫し展望を楽しみ、竜山ゲレンデを目指して下って行くと、キクザキイチゲです。
e0137200_22181654.jpg

e0137200_22183418.jpg

沢筋を下って行くと、
e0137200_22185256.jpg

カモシカ君がいました。(トリミング)
e0137200_2219797.jpg

途中で葉わさびを採ってゲレンデ到着。
e0137200_22192832.jpg

歩いている時は暑かったのですが風が強くなってきて皆さん上着を追加して昼食休憩です。
あれこれ話しながら休んだ後はゲレンデの桜を見て、西側のルートを瀧山山頂目指して登り返します。
e0137200_2220439.jpg

蔵王の山並みを見ながら、
e0137200_22202175.jpg

汗を掻きかき山頂到着。
e0137200_22203888.jpg

周りの景色を楽しんで下山にかかります。
急斜面を下って乳母神地蔵に着き、
e0137200_22205828.jpg

鉄の階段(?)を下ると、
e0137200_22211656.jpg

緩やかな道になって、目映い新緑や
e0137200_2221303.jpg

オオカメノキの花を楽しみ
e0137200_22214895.jpg

乳母神コースの登山口のうがい場へ到着。
e0137200_22221878.jpg

そして放牧場に咲いている桜を見て
e0137200_22223458.jpg

駐車場へ到着です。お疲れ様でした。
e0137200_2222475.jpg

コースタイム
9:00西蔵王放牧場駐車場-10:00龍山川源流-11:35ヘラハギ山-12:20竜山ゲレンデ12:50-13:50瀧山14:15-15:25うがい場-15:50西蔵王放牧場駐車場

赤が往路、青が復路です。
e0137200_22245278.jpg

読んでお分かりと思いますが、タイトルの「西から東から」は山形(西)と宮城(東)の人間が一緒に登るのではなく、瀧山へ西からと東から登るという意味なのです。
みいらさん曰く「往復びんたの山行」とはまさしくその通り。Mな登山愛好家にはピッタリなルート設定ですね。(笑)
あかねずみさんと企んだ飛び入りドッキリ企画はタイミングが合えば最高だったので次回に期待です。(って、もうだれも驚かないでしょうけどね。)

帰路、山形の有名店「つる福」で肉そば大盛りを。昼食時には満員になるというのも頷ける美味さでした。満足、満腹。
e0137200_22231483.jpg

by morino1200tb | 2012-05-14 22:30 | 12年登山 | Comments(18)

レジでビックリ!

昨日、塩釜へ仕事に行った帰りに夏用のシャツを1枚買おうと、三井アウトレットパークのモンベルへ。
アウトレットコーナーで速乾のロールアップできるシャツを見つけてゲット。
e0137200_22311382.jpg

6,200円が4,900円と価格も魅力的。
e0137200_22314182.jpg

ところがレジでバーコードをスキャンしたら、何と3,720円に。う、うれしい!
e0137200_22405240.jpg

何かの間違いかと確認したら、アウトレットの中にはさらに値下げになっていることがあるとかで、嬉しいビックリでした。
仕事をサボって行った甲斐があるというものです。(コラコラ)
by morino1200tb | 2012-05-09 22:38 | 山関係 | Comments(14)

こんなところにもいるんだね。

ゴールデンウイーク後半は天気が悪そうなので沈殿。
土曜日にDVD-RとBD-Rを買いに自宅から歩いてパソコンショップへ行き、帰りにバイパスの橋を歩いていたら橋の下に何やら動くものが。
e0137200_18342613.jpg

トリミングすると、
e0137200_18343992.jpg

そうです。雉です。
何やら餌を食べているようです。
写真を撮ると橋の下に行ってしまいました。
その後、対岸の土手を歩いていたら、ケーン(一般的な表現ですね)と鳴く声が聞こえました。
近くには住宅やロードサイドショップがあり、橋はかなりの交通量です。
それでも橋の下は危険が少ないと思い、どこからか飛んできたのでしょうか。それとも住み着いている?
見られたことは嬉しいけれど、ちょっと複雑な心境です。
でも、がんばれ雉!
by morino1200tb | 2012-05-06 18:37 | あれこれ | Comments(15)

大地森は栗駒の特等席。

4月30日(振休)
SONEさんのお誘いで マロ7さんと大地森へ行ってきました。
世界谷地から栗駒山へ登る大地森コースはあるものの、それは山頂を踏まずに西側を巻いて行くコースです。今回はSONEさんのご案内で夏道の無い残雪期限定の山を楽しんできました。

築館インターを降りて車を走らせていると栗駒山が姿を現しました。黄砂のせいか靄っています。
e0137200_21464417.jpg

雪の溶けた世界谷地の駐車場からスタート。でも売店、トイレはまだクローズです。
e0137200_21472538.jpg

第二湿原に来ると僅かばかりですが水芭蕉がお出迎え。
e0137200_21474122.jpg

まだ雪のある第二湿原から目指す大地森と右奥に栗駒山。
e0137200_21483540.jpg

変則十字路(温湯・湯浜分岐)過ぎまでは比較的平坦なブナやミズナラなどの広葉樹林帯で、スノーシューでの散策にもいい場所です。
太いブナの木がありました。SONEさんが腕で太さを測りますが5~6メートルといったところでしょうか。
e0137200_21485674.jpg

しばらく歩くと次第に急勾配になってきます。
e0137200_21491222.jpg

南尾根を登って行くと、
e0137200_21492591.jpg

虎毛山(右)-須金岳(左)や、
e0137200_21494143.jpg

禿岳が見えてきました。
e0137200_2149563.jpg

急斜面が終わると緩やかな頂陵となります。
e0137200_2150968.jpg

右の雪庇に注意して歩いて行くと、
e0137200_21513547.jpg

山頂到着です。
e0137200_21523277.jpg

最高点から北側へ少し降りると栗駒山が一望に!
e0137200_2153043.jpg

栗駒山山頂目指して稜線を多くの登山者が登っています。
e0137200_2154148.jpg

そして、お約束のシェー!
e0137200_21541885.jpg

昼食を食べながら展望を堪能したら下山にかかります。雪庇に気を付けましょう。
e0137200_21543654.jpg

梢の途切れたところから高松岳が見えました。
e0137200_2155244.jpg

急斜面を滑るように降りていきます。実は調子に乗って私が本当に滑り落ちてしまったのはここだけの秘密です。
e0137200_21554339.jpg

広葉樹林帯を歩いて、
e0137200_2157691.jpg

変則十字路で少し休憩。
e0137200_21572797.jpg

第二湿原で振り返り、
e0137200_21574820.jpg

腰を下ろして大地森と栗駒山の名残を惜しみます。決して「帰りはどこでラーメンを食べようか?」などと話しているわけではありません。
e0137200_2158666.jpg

そして、まだ花の気配がない第一湿原を通って駐車場到着です。
e0137200_21582398.jpg

コースタイム
7:45世界谷地駐車場-8:10第二湿原-8:55変則十字路付近-10:30山頂11:30-12:10変則十字路-12:40第二湿原-13:30世界谷地駐車場

赤が往路。青が復路です。
e0137200_21585671.jpg

残念ながら青空というわけではありませんでしたが、前衛峰からの素晴らしい栗駒山のパノラマを見ることができて大満足です。カモシカやウサギも見られましたしね。
ご一緒させていただいたSONEさん、マロ7さん、ありがとうございました。

帰路、築館の人気店「みよし」で
e0137200_221570.jpg

中華そば大盛りを。
e0137200_221757.jpg

あっさりスープに細麺、厚いチャーシューがとっても美味しかったです。(笑)
by morino1200tb | 2012-05-01 22:05 | 12年登山 | Comments(22)