<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

船形山でブナ林を満喫

3月25日(日)
マロ7さんとブナの会の山行に参加してきました。
7時30分にまほろばホールに集合。顔なじみのNさんや前回サブリーダーを務めたutinopetika2さんほか前回参加された方々のお顔があります。といっても前回のように56名という大所帯ではなく今回は38名でした。
内水面試験場で出発準備をして、
e0137200_20373622.jpg

日差しを浴びながら出発です。
e0137200_20375153.jpg

風もなく次第に暑くなり、皆さん薄着になって歩いて行きます。
e0137200_2038442.jpg

しかし、時に吹雪いて服装を戻したりもします。
e0137200_20381854.jpg

小休止の時に周囲の視線がマロ7さんのストックに集中。
グリベルのイーグルですが、ピッケル代わりになる機能性に「これは良い。」とみなさん大賞賛でした。
e0137200_20382523.jpg

日差しが出たり、雪が降ったりと落ち着かない天候の中を歩いて行きます。
スキー組(今回2名)も快調です。
e0137200_20384142.jpg

utinopetika2さん、鳴清水のトラバースコースを嫌って直登コース(積雪期限定)をラッセルです。
e0137200_2038506.jpg

マロ7さんとNさんも続いて登ってきます。
e0137200_2039660.jpg

日が当たってきれいなブナ林を楽しんでいると、
e0137200_20391989.jpg

当初目的の三光の宮からブナ平へ変更の連絡が入り、北西方面へ向かって行きます。
e0137200_20393341.jpg

熊棚を見て、
e0137200_20394897.jpg

太いブナのあるフラットな地形のブナ平へ到着です。
e0137200_20401971.jpg

昼食時は細かい雪が降っていましたが、
e0137200_20403555.jpg

次第に青空が見えるようになり、みなさん思い思いにブナ平を楽しみます。
e0137200_20412013.jpg

e0137200_2041367.jpg

出発前にNさん、マロ7さんとシェー!
e0137200_2041537.jpg

帰路も美しいブナ林を楽しみます。
e0137200_20421180.jpg

e0137200_20423262.jpg

小休止していると「ネズミだ!。」の声が。
可愛いヒメネズミでした。
e0137200_20424151.jpg

みんな集まってネズミ観察(見物)です。ネズミ君、こんなに多くの人間に囲まれたのは初めてでしょうね。許して頂戴。
e0137200_2043106.jpg

下りはバラバラに歩いて、雪の感触を楽しんでいます。
e0137200_20433017.jpg

転んだり、根回り穴に入ってしまってもみなさん笑顔。
e0137200_20434894.jpg

最後はシリセードを楽しんで、
e0137200_2044321.jpg

内水面試験場へ到着です。
e0137200_20442255.jpg

コースタイム
8:40内水面試験場-11:00ブナ平11:40-13:40内水面試験場
e0137200_2045168.jpg

ブナ平は初めて行きましたが、フラットな地形に太いブナがある素敵な場所です。
天気の良い時にここでのんびりしたら気持ち良いこと間違いありません。
久しぶりに船形を歩き、美しいブナ林と白い雪を堪能することができました。
やっぱり船形は良いですね。
ご案内いただいたブナの会の皆さん、ご一緒したみなさん、ありがとうございました。
P.S.今回も小野屋のラーメン食べられませんでした。次回こそ!
by morino1200tb | 2012-03-26 20:48 | 12年登山 | Comments(18)
3月20日(祝)
朝のうち雲に覆われていた北西方面でしたが、次第に日差しが出てきて山も見えるようになってきました。
2週間山へ行っていなかったので、こりゃ行かなければと慌てて泉ヶ岳へ。
今日は、とーますさんのブログにあった、芳の平-定義の「ふるさと緑の道」から黒鼻山へ行くルートで黒鼻山です。前に登った時は急坂の関口からでしたが、さて今回のコースは・・・。

無料になった泉ヶ岳スキー場の駐車場から出発。
e0137200_19441641.jpg

少年自然の家から左手へ入り、クロスカントリースキー用のスキー場を歩いて
e0137200_19443675.jpg

ふるさと緑の道へ出ます。
だいぶ時間の経ったスノーシューのトレースが二人分ありました。
e0137200_1945092.jpg

少し歩いて小沢を渡り右手の作業道へ入ります。
e0137200_19453091.jpg

一般車通行禁止の看板があるところからトレースは左の尾根へ向かっていますが、私は作業道を登って行きます。いずれどこかでトレースと合うだろうと思ったら、案の定15分位で合いました。
九十九折の作業道を登って、
e0137200_19461711.jpg

前方に黒鼻山が見えるようになると、
e0137200_1947212.jpg

ほんの少しで黒鼻山山頂稜線です。
二人のトレースは山頂方向ではなく右手へ向かっていました。
土塁の跡を見て歩いて行くと、
e0137200_19473946.jpg

山頂に着きました。
e0137200_19481596.jpg

残念ながら展望は取れません。
山仲間にメールを送ったりしていたら風が強くなってきたので、水神コースの関口へ降りようと歩いて行きます。
暫く行くと急斜面。この前登った時も急斜面ではあったのですが、尾根を一つ間違えたようです。こんな時は無理をしないで往路を戻ります。
写真ではわかりにくいですが。昔牧場だった時の熊(イノシシ?)除けの土塁跡がこの辺りにも散見されました。
e0137200_194942.jpg

往路に復帰して、
e0137200_19502854.jpg

下って行きますが温度が上がったせいで腐れ雪になってラッセル状態です。それも重い。
カラマツ林と青空を楽しんで、
e0137200_1951698.jpg

トラバース地帯を過ぎて、
e0137200_19512876.jpg

作業道から離れてトレースのついている尾根を下るとすぐに歩いた作業道に合流です。
e0137200_19525333.jpg

朝に歩いたクロカンスキー場をパスして、少し西進して左へ。
クロカンスキー場の奥に黒鼻山が見えました。
e0137200_19534350.jpg

すっかり雪の解けた水神登山口への道からはスノーシューを脱いで、ほんの少しで駐車場へ到着です。
e0137200_1954566.jpg

コースタイム
10:35駐車場-11:05作業道分岐-12:05黒鼻山山頂-12:40急斜面-13:00往路復帰-14:05駐車場
e0137200_19551110.jpg

そのうち歩こうと思っていたこのルートは、作業道に沿って登って行くと山頂稜線に出てしまうお手軽コースでした。以前、関口から黒鼻山へ行った時に途中で合ったスキーの方々は、どこを登ってきたのかと思いましたが、このコースを来られたのですね。納得です。
急斜面からはトラバース気味に降りようかとも思ったのですが、ソロだったことと入山者もいないところなので無理しませんでした。なんといっても「君子危うきに近寄らず」が座右の銘ですから。(笑)
復路の腐れ雪が一番つらかった今回の山でした。
by morino1200tb | 2012-03-20 20:03 | 12年登山 | Comments(12)
写真を撮るときに右が下がる癖があるようです。
私のカメラに電子水準器はあるものの、常時ファインダーに表示されてはいませんのでちょっと面倒。
そこで方眼目盛りの入ったフォーカシングスクリーンに変更。
e0137200_2232792.jpg

少しは水平を意識して撮れるといいのですが・・・。
by morino1200tb | 2012-03-18 22:11 | あれこれ | Comments(6)
わが家でもようやくブルーレイをテレビで見ることが出来るようになりました。
何気なくアマゾンのDVDを見ていたら、サンタナのモントルー2011ライブがあり、なんと100円ほど高いだけでブルーレイが買えるではありませんか。
じゃあ、ブルーレイ買っちゃおうとポチっと。
で、ついでにブルーレイのレコーダーもポチっと。(どっちがついでだと言われそうですが・・・笑)
来たのがこれです。1637円。日本版ブルーレイ発売前に高画質で楽しめました。
e0137200_12311540.jpg

その後デジイチのフォーカシングスクリーンと一緒に買ったのがブレードランナー ファイナル・カット。SF映画の金字塔(B級SFの金字塔と言う人もいるようですけど)です。レーザーディスクで見て、DVD(レンタル)で見て、ブルーレイは買わなければという使命感です。(笑)
e0137200_12313785.jpg

山へ行けなかった土日はブルーレイで楽しんで、まだ段ボールに入れっぱなしのDVDから探して、クリームの2005年再結成ライブと、
e0137200_12315639.jpg

若手ジャズシンガーの中では一番の歌姫ジェーン・モンハイトのライブ(絶版のようです)を久しぶりに楽しみました。
e0137200_12321631.jpg

そして今日2枚届きました。
SF映画の大傑作「2001年宇宙の旅」と大好きなオードリー・ヘップバーンの「マイフェア・レデイ」
e0137200_1232341.jpg

あれ、「マイフェア・レデイ」は今日BSでやるぞ。(泣)
まあ、暇な時に見よう。どうせ今日はこれから飲み会だ。
まだレコーダーのメリットないですな。
by morino1200tb | 2012-03-12 18:58 | あれこれ | Comments(10)
3月4日(日)
なかなか行けなかった刈田岳へ久しぶりに行ってきました。
同行はナカシィさん
山スキーのナカシィさん、スノーシューの私。今回は美女とオンツァンのコンビです。
村田インターを降りて車を走らせていると、雲ひとつ無い蔵王の山並みが姿を現しました。「これはこれは…。」と言葉にもならずに顔がほころびます。
e0137200_2046275.jpg

澄川スノーパークからリフトを3本乗り継いで中央コースへ。
リフト上のナカシィさんはあまりの天気の良さにニコニコです。
e0137200_20472034.jpg

ゲレンデトップから中央コースを歩いて行きますが、踏み固められていてラッセルなしの楽チン歩きです。
e0137200_20474454.jpg

五色岳とロバの耳岩が見えます。
e0137200_2048685.jpg

途中から雪上車のルートを歩き、中央コースへ復帰する時に雪上車軍団が下ってきました。
e0137200_20482380.jpg

青空の下、中央コースを登ります。
e0137200_2048455.jpg

シュカブラを楽しみながら歩いて行くと、
e0137200_2049762.jpg

剣ガ峰あたりでしょうか、お釜が見えるようになってきました。
いつもは強い風が吹いているのですが、ほぼ無風。ナカシィさんずっと笑顔です。
e0137200_20493736.jpg

もう少しで山頂です。斜度がきつくなり、雪面もクラストしていてシールが効き辛くなってきたようです。でもニコニコですね。
e0137200_2050140.jpg

山頂に着きました。お釜がはっきり見えます。
e0137200_2051892.jpg

山友のみいらさんがライザスキー場から登って待っていてくれました。
お待たせー。
e0137200_2053790.jpg

山頂からは吾妻の山々から飯豊連峰、朝日連峰と大パノラマの風景が広がっていました。
寒くも無くこんな絶景が楽しめるとは、これも日ごろの行いが…。(笑)
飯豊連峰と朝日連峰。
e0137200_20532824.jpg

近くにいた方に記念写真を撮ってもらって、
e0137200_20535970.jpg

樹氷のある南西斜面へ降りて行きます。
e0137200_20543549.jpg

樹氷と朝日連峰。
e0137200_20554295.jpg

樹氷と飯豊連峰。
e0137200_20561482.jpg

飯豊連峰と朝日連峰。
e0137200_20565035.jpg

樹氷たち。
e0137200_2057169.jpg

e0137200_20573659.jpg

ナカシィさん、飯豊連峰と朝日連峰をバックに滑ります。なんという贅沢!
e0137200_20575887.jpg

樹氷を楽しんでエコーライン脇で昼食休憩していたら、7歳の女の子がお父さんと山頂めざして歩いて行きました。すごい7歳。
e0137200_20581993.jpg

一休みして下山にかかります。
こういうのを見るとスキーは楽でいいなーと思ってしまいます。
e0137200_20584546.jpg

エコーラインから中央コースを下って行き、
e0137200_20591174.jpg

ゲレンデを歩いて、新型のソリの楽しそうなレース大会を見て無事下山しました。
e0137200_20594342.jpg

コースタイム
9:25ゲレンデトップ-11:00刈田岳山頂-12:20昼食休憩12:40-13:50チケットセンター
e0137200_2111031.jpg

ようやく行けた刈田岳。モンスターたちは少しお疲れ気味になっていましたが、青空、無風、大展望に大満足です。これに文句を言ったら罰が当たるというものですよ。
しかし、スノーシューでの登りはどうということはないのですが、下りはやはりスキーがいいなー、と思ってしまいました。10何年かぶりにスキー復活?いやいや熟考しましょう。(笑)
ご一緒したナカシィさん、下山時は待たせてすみませんでした。
みいらさん、山頂でお待たせしてすみませんでした。
晴天の刈田岳とお2人に感謝です。今度みんなでどこか登りましょうね。
by morino1200tb | 2012-03-05 21:06 | 12年登山 | Comments(24)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb