<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2月26日(日)
刈田岳へ樹氷を見に行こうと思っていましたが、この日も悪天模様。
マロ7さんから「のんびりスノーシュ―歩き」の提案があって二口に決定。
maronnさんと一緒にビジターセンターへ行ったら、マロ7さん、おっ家内さんとマロⅡちゃんがいました。
マロⅡちゃん、いきなりmaronnさんと私の顔をペロペロ舐めます。うーん、めんこい。

ビジターセンター少し先の駐車場で準備をする間も、マロⅡちゃんは初めての場所を珍しがってか走り回ります。
e0137200_20333485.jpg

大東岳登山でしょうか、この駐車場には関東ナンバーの車とテントが張っていました。
出発準備をしているともう1台車が到着。こちらのソロも林道歩きとのことです。
準備完了で出発です。
e0137200_20342320.jpg

マロⅡちゃん先頭を行きます。
e0137200_203526.jpg

林道には今朝のものらしいスキー跡があるだけ。
e0137200_20352792.jpg

姉滝手前でマロ7さんのスノーシュ―に異変が。クランポンを繋いでいるところが取れてしまいました。
e0137200_20354572.jpg

マロⅡちゃんも「父ちゃん大丈夫?」と心配顔。
e0137200_20361149.jpg

妹滝です。(姉滝は怖くて撮れません。)
e0137200_20363633.jpg

みんなで見物。
e0137200_20365975.jpg

マロⅡちゃんも滝見物。
e0137200_20371794.jpg

スノーシュ―を応急処置しているとソロの方がスキーでパスしていきました。
周りの景色を見ながら歩いて行くと時おり吹雪かれますが、こんなことも楽しいものです。
e0137200_203816.jpg

薄日が差したり、
e0137200_20382570.jpg

カーブミラーで撮影したり、
e0137200_2039132.jpg

と、のんびり歩いて行くと水場に到着。先行のソロスキーの方も休んでいました。
e0137200_20394073.jpg

ここで昼食休憩。
マロ7さん特製うどんと焼肉、甘酒、餡子たっぷりのどら焼きなどなど。ごちそうさまでした。
e0137200_20395721.jpg

お腹いっぱいになったら記念撮影。
e0137200_20413534.jpg

右岸の岩山を見てのんびり歩いて行くと、
e0137200_20421781.jpg

マロⅡちゃん「君たち遅いよ!」と先頭で言っています。
e0137200_2042432.jpg

往路ではよく見えなかった磐司岩も晴れ間に見ると大迫力です。
e0137200_2043952.jpg

マロⅡちゃんもこの風景に感心していましたよ。
e0137200_2043508.jpg

三方倉山、
e0137200_20444288.jpg

磐司岩の氷爆
e0137200_20451463.jpg

を見ながら楽しく歩いて行くと、
e0137200_20473616.jpg

maronnさん、突然雪へダイビング!元気が余っていますね。
e0137200_20475995.jpg

青空があると林道歩きも楽しいものです。
e0137200_20483617.jpg

マロⅡちゃんも気持ちよさそう。
e0137200_20485176.jpg

なんて言っているうちに突風で雪まみれにもなります。
e0137200_20493162.jpg

まだ残っていたツルウメモドキの鮮やかな色を楽しんで、
e0137200_20512328.jpg

駐車場到着です。
e0137200_20514590.jpg

コースタイム
10:50駐車場-11:30姉滝11:55-12:45水場(昼食休憩)13:40-15:05駐車場

山を登らない初めてのスノーシュ―ウォーキングは、大人しくて可愛いマロⅡちゃんと久しぶりのおっ家内さんの参加もあり、とても楽しいものでした。
当然のことながら途中で見られる二口の景色の素晴らしさは冬ならでは。
雪の林道歩きも楽しいものです。桑沼あたりも面白いかもしれませんね。
by morino1200tb | 2012-02-28 21:09 | 12年登山 | Comments(10)

買っちゃった。

なかなか行きたい山へ行けないと、ついつい山道具を買ってしまいます。
モンベルのツオロミを夏山用に昨年購入して何度か山へ行ったのですが足に合いません。
レーシングをしっかりしたり、インソールを変えたり、靴下の厚さを変えたりしてもつま先にあたってしまいます。
たまたま仙台東部のアウトドアショップのバーゲン靴コーナーで見つけたのがこれ。
e0137200_22171643.jpg

メレルのスイッチバック。
カタログ落ちとはいえ軽いことと足にフィットで購入。
革が薄いので冬は履きませんが、春からが楽しみです。

ROC'TERYX の8環。
e0137200_2217351.jpg

万が一の確保用及び下降用。25knなので無茶なところ(そんなところ行きません)でなければ大丈夫でしょう。(ロープとハーネス代わりのスリング忘れなければね ^.^)

ブラックダイアモンドのデュプロイ3。
e0137200_221853.jpg

遭難時の雪洞堀り用?
いいえ、お昼のテーブル作り用です。(笑)
by morino1200tb | 2012-02-25 22:21 | 山関係 | Comments(14)

蕃山周回‐里山彷徨?

2月18日(土)
そろそろ樹氷を見に刈田へと思っていましたが、脊梁山脈は厳しい模様なので近くの蕃山をマロ7さんと歩いてきました。
蕃山周回って、2台の車で縦走じゃないかと思われるかもしれませんが、マロ7さんならではのほとんど歩かれないだろう周回コースだったのですよ。

まずは大梅寺から出発です。
e0137200_19151646.jpg

階段を上ってすぐに羅漢さんたちがお出迎え。
一体一体が個性あふれる表情をしています。
e0137200_19161330.jpg

雪に残る大小の足跡に沿って登って行きます。
e0137200_19165143.jpg

樹間に太白山を見て、電波反射板を過ぎると朝日に光る太平洋が見えます。
e0137200_19171539.jpg

すぐに開山堂のある蕃山山頂です。
e0137200_19175141.jpg

さらに歩いて無線中継所に来ると、
e0137200_19183088.jpg

西風蕃山山頂です。
e0137200_19185974.jpg

少し戻って、萱ヶ崎山へ向かいますが、右側の楽なコースを選択。
大きなモミの木の樹林帯を歩いて行くと、
e0137200_19193278.jpg

反射板のある萱ヶ崎山です。
e0137200_19202251.jpg

少し行くと秋保の大倉山、川崎の泣面山などの山並みが見られます。
e0137200_19205038.jpg

太白山のビューポイントで一休み。
e0137200_19212719.jpg

アップダウンを繰り返して馬越石トンネルの上に出ました。
数えきれないほど何度も下の道路は走りましたが上から見るのは初めて。
e0137200_19224250.jpg

トンネルの上を渡ると今回の核心部「太白山裏街道(named by マロ7)」へと続きます。
ここからは昨年部分的にマロ7さんが歩いていましたが、今回のコースの最初と最後は未踏です。
右側が崖になっているので、東北生活文化大学のグラウンド脇を歩かせてもらって、
e0137200_19233490.jpg

藪へ突っ込みます。
e0137200_19283127.jpg

藪をこいで尾根へ上がると作業道発見。
こりゃ楽チンと作業道を歩きます。
e0137200_19291199.jpg

暫く歩いて行くと下って行く様子なので離れて植林帯を登って行きます。
e0137200_19295892.jpg

地図とGPSで確認しながら植林帯の上り下りを繰り返して前林山山頂205.6mへ到着。
e0137200_19304563.jpg

ここからは尾根伝いに歩いて行きます。
e0137200_193614100.jpg

ささじゅ山と言われている一帯の212.3mピークに来ました。
e0137200_1937104.jpg

下って行くと沢と出会います。
e0137200_19374746.jpg

沢を歩こうと足を入れると右足に水が浸入。
ありゃりゃ、愛用の1980円のスパ長がついに破れてしまいました。
スパイクもだいぶ抜けていましたので寿命ですね。スパ長クン、約2年間ご苦労さまでした。
沢を歩くのはあきらめて、沢沿いに進んでいくと左岸からもう一つの沢と出会い、ここを渡ってすぐに人家が見えました。
e0137200_19401310.jpg

クマ捕獲の檻を見て、イノシシ除けの電気柵を越えて、
e0137200_19404076.jpg

駐車地点へ到着です。
e0137200_1941103.jpg

コースタイム
8:20大梅寺下駐車地点-9:15開山堂・蕃山-9:40西風蕃山-10:05萱ヶ崎山-10:55馬越石トンネル-11:40前林山-12:05さんじゅ山212.3mピーク-12:40大梅寺下駐車地点
e0137200_1942195.jpg

この後、「折久」へ行ったら当然ながら行列。
愛子駅前通りの「こうしゅう」で少し待って、
e0137200_19432374.jpg

にらなんばんラーメンです。美味い!大盛りでもよかったかも。
e0137200_19435314.jpg

初めて歩いた蕃山は、時折吹く強風もありましたが、ずっと日差しがあり歩き易い良いルートです。
そして太白山裏街道は藪漕ぎあり、ルートファインディングありのプチ彷徨を楽しむことができました。
距離10.5km、累積標高差780mのわっばか満足登山。マロ7さん、ありがとうございました。
by morino1200tb | 2012-02-19 19:47 | 12年登山 | Comments(21)

山寺経由で新年会

2月11日(祝)
山形の山友さんたちと山形市内で新年会を行うことに。
夕方に新年会へ行くだけではもったいないので山寺へ寄ってから行くことにしました。
この日は山形班がみいらさんあかねずみさん。宮城班がマロ7さん、おっ家内さん、SONEさん、maronnさん、私の合計7名です。
宮城女子班は一足早く山形へ行って豪勢な女子会をするので別行動。
12:45仙台駅発の電車で私とマロ7さんが出発です。
e0137200_20113127.jpg

北仙台駅からSONEさんが合流。
あれこれ話をしていると面白山トンネルへ。
お二人は運転席の窓からの景色を撮っています。
e0137200_20125138.jpg

山寺へ着いて山門からスタート。
e0137200_201565.jpg

e0137200_20213033.jpg

雪で滑りやすい階段を登って行くと、日本人の観光客に交じってアメリカ人とイギリス人の仙台在住の女性英語教師2人組がいました。
面白山や泉ヶ岳に登ったこともあるという登山好きな方々でした。
さらに行くと今度はロシアの男女3人組が。ふざけて雪合戦をして我々もとばっちりを受けました。まぁ面白かったけど。
五大堂手前から先日購入のワンタッチ滑り止めを着用。効果ばっちりでしたよ。
墨絵のような五大堂からの風景です。
e0137200_20251950.jpg

記念撮影。
e0137200_20272912.jpg

良い風景を見ながら下山です。
e0137200_20285048.jpg

下に降りたら英語教師の2人組も同じタイミングでした。
e0137200_20301734.jpg

宝珠橋のたもとの「かどや青果店」で買い物して店のおばちゃんからお茶と漬物をご馳走に。粕漬けやたくあんなど絶品でした。
e0137200_20354741.jpg

山寺駅から山形へ向かいます。
e0137200_20375392.jpg

新年会まで時間があるのでマロ7さんと二人で「山形まるごと館 紅の蔵」へ。SONEさんは霞城公園へ写真撮影です。
高木酒造の「朝日鷹」と、何にでも合うという「万能からし」を購入。
e0137200_20393061.jpg

そして定刻の17時に新年会会場の人気居酒屋「伝七」へ到着。
e0137200_20404068.jpg

みいらさんとSONEさんが先に着いていました。
間もなくおっ家内さんとmaronnさんも到着。
地元のあかねずみさんが迷って到着でカンパーイです。
e0137200_20414723.jpg

写真の真鱈(寒鱈)の刺身と米沢牛のたたき他美味しいものがたくさん。
e0137200_20423036.jpg

上喜元、稲穂の光、あら玉、裏雅山流ほか美味しいお酒ももたくさんあって、山の話題で大盛り上がり。
e0137200_2044212.jpg

あかねずみさん、身振りを交えてマロ7さんへいろいろ説明しています。
e0137200_20454463.jpg

用事があるため当初予定の時間でSONEさんが帰った後も談論風発。
さすがにシェー!はしませんでしたけど、皆で記念撮影。
e0137200_2046496.jpg

そして山形駅でみいらさん、あかねずみさんとお別れです。
お世話様でした。
e0137200_20475186.jpg

コースタイム
17:00伝七21:30‐21:45山形駅発最終電車
by morino1200tb | 2012-02-12 20:54 | 山関係 | Comments(16)

月山で雪遊び。

2月5日(日)
山仲間のあかねずみさんの案内で月山の麓の自然博物園界隈を歩いてきました。「道の駅にしかわ」で待ち合わせて、あかねずみさんの車で一路志津へ。
エコプロのスノートレッキンググループが出発した後にコースを決めずにとりあえず出発。
e0137200_20102097.jpg

雪質が重いのでキャット(雪上車)のトレースを利用して歩くことになりました。
急こう配でもラッセルなしの楽チン歩きをしていると雪上車がありましたよ。デカッ。
e0137200_2011458.jpg

少し下って緩やかな登りになり、美しい木々を見ながら歩いて行きます。
e0137200_20132813.jpg

e0137200_20144323.jpg

e0137200_2016744.jpg

あかねずみさんから小枝を受け取り齧ってみると、口の中に何やら柑橘系の味が広がりました。少し苦味もあります。胃薬の原料になるキハダ(黄檗)とのことです。
このほか木や鳥についてレクチャーを受けながら歩いて行くと大きな雪庇がありましたよ。
e0137200_20171134.jpg

その先の1082mピークあたりからのコースもあるということですが、あかねずみさん思案中です。
e0137200_20192649.jpg

天気も良さそうなので姥沢まで行くことに。
風のないところで昼食休憩。
山仲間へ写メールを入れると「ラッセルがんばってね」と返信。
へへへ、ラッセルはなかったのですよ、みいらさん。(笑)

休憩後少し歩くと姥沢小屋が見えるようになってきました。
e0137200_20205215.jpg

西風の影響で深い窪みと2階屋根までの雪という姥沢の建物です。
e0137200_2022546.jpg

この日はあまり入山者がいないと思っていたらスキーヤーとボーダーのグループが我々とは違うコースでハイクアップしてきました。
e0137200_2023697.jpg

姥沢からは大門海沼コースへ。
ここからはさすがにラッセルで太いブナ林を進みます。
e0137200_2024533.jpg

e0137200_20262118.jpg

熊棚が落ちています。「こういうところにはありますよ。」と言ってあかねずみさん見つけました。
爪痕です。
e0137200_2028862.jpg

下って行くと周海沼もあと少し。
e0137200_20285117.jpg

周海沼です。
e0137200_20295457.jpg

少し休憩していたらスキーヤーが二人下ってきました。
e0137200_20302751.jpg

「大トチの木」のところであかねずみさん「ちびうさ」作製。
ちびうさ作りのノウハウしっかり見ましたよ。(笑)
e0137200_203178.jpg

途中ヤマブドウを見つけて口の中へ。美味い。
なんてやっているうちに自然博物園へ到着です。
屋根へ上って二人でシェー!
e0137200_20324173.jpg

志津へ下る途中でビックリ。
「なんじゃこりゃー?」の積雪です。
e0137200_203422.jpg

駐車地点に戻ってスノーシューやら片づけていたら、スキーヤーが下山してきました。
幅広スキーと見たことのないビンディングなので話をすると以前コメントをいただいたこともあるファーマー佐藤さんと判明。いやはや世間(山)は狭いですねー。

帰路にあかねずみさんご推薦の「蛙の子」で山そばを。
e0137200_2035699.jpg

キノコたっぷりで美味ーい!
e0137200_2036514.jpg

コースタイム
9:45志津駐車地点-11:45昼食休憩-12:15-12:40姥沢-13:50周海沼-15:10自然博物園-15:50志津駐車地点
e0137200_2039996.jpg

天気も崩れずにあかねずみさんのおかげで楽しく歩き回ることができました。
この辺りは魅力がいっぱいで、あかねずみさんがよく訪れる理由がわかるような気がします。
あかねずみさん、ご案内ありがとうございました。大満足でしたよ。
次回は久しぶりの湯殿かなー。
by morino1200tb | 2012-02-06 20:50 | 12年登山 | Comments(20)

ワンタッチすべり止め

アマゾンから届きました。
e0137200_2352950.jpg

山では使えませんが、街でいざという時(酔って帰宅する時?)には便利かも。(笑)
来週プチ旅行があるので保険代わりに購入です。
同じものがエバニューはじめいろいろなところから出ていますが、これはキャプテンスタッグの「滑らんぞースタンダード」。
ちなみに送料無料で1,268円。
by morino1200tb | 2012-02-02 23:13 | あれこれ | Comments(10)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb