山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
17年登山
16年登山
15年登山
14年登山
13年登山
12年登山
11年登山
10年登山
09年登山
08年登山
07年登山
山関係
音楽関連
あれこれ
震災
特別版

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

フォロー中のブログ

お山遊び
点描2
ebiyanの南東北 山...
ソロで生きる
バリ太郎とゴロゴロ
マロのページⅡ
Estrellas y ...
Mountain Rose
船形山からブナの便り(ブ...

リンク

最新のコメント

SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 22:10
宣伝じゃないですが、やは..
by SONE at 22:56
lc4advさん 今晩は..
by morino1200tb at 22:13
腰は微妙ですからね~。注..
by lc4adv at 19:50
utinopetika2..
by morino1200tb at 21:47
休みですと、安息日でもジ..
by utinopetika2 at 20:33
シゲちゃん お疲れ様でし..
by morino1200tb at 19:15
雪山ブナ回廊天気良くて ..
by sige at 08:22
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:48
とーますさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:40

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧

検索

ファン

最新のトラックバック

石跳川から月山周回(平成..
from HITOIKI Blog

<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2011年の山

未曽有の震災があったこの年もあと数時間で新年を迎えます。
3月11日のあの時から、なにか時間の感覚や季節の感覚が鈍ってしまったような、あっという間の1年でした。

恒例の元旦泉ヶ岳登山で始まった今年の山行は、地震による約2ヵ月のブランクがあったとはいえ全部で38回。例年並みのペースで山へ行けました。ありがたいことです。

この38回の山行はそれぞれ思い出深いものですが、地震の後に登った蘭山で、久しぶりに元気な山仲間の顔を見られたことが一番かもしれません。

行けなかった山、行きたくなった山がまた増えました。山を歩いていればしょうがないですね。来年も頑張って登りましょう。

そして、山はもちろん、今年ご一緒した方々、山で出会えた多くの方々に感謝です。

お気楽山日記マウンテン・ソング・ブック、こんな調子で続けますので来年もよろしくお願いいたします。
皆様 良いお年をお迎えください。
by morino1200tb | 2011-12-31 17:39 | 11年登山 | Comments(14)

クリスマスは名取丘陵で陽だまり縦走

12月25日(日)
クリスマス登山は近場の名取丘陵へ。
同行はマロ7さん、maronnさんです。
当初、樽水ダム近くから周回コースでと思っていましたが、マロ7さんの提案で縦走することに決定。
樽水ダム河畔公園駐車場にマロ7さんの車をデポし、私の車で県道25号岩沼蔵王線の大師温泉跡から大滝コース登山口へ向かいました。しかし、途中に倒木があり断念。
さらに西の尾根から行くことにして車を進め、馬場との分岐になっている峠から通行止めになっている幅の広い道路を歩いて行きます。
e0137200_20364613.jpg

すぐに右に折れて、この朝のものらしい往復の足跡が付いている道を登っていきますが、途中で道が下って行くのを嫌い、薄藪を漕いで群境尾根へ取り付きます。
スポーツランドSUGOのサーキットを見ながらの陽だまりの尾根歩きを楽しみます。
e0137200_20385890.jpg

尾根はSUGOのホテル跡近くの追分へと続いていました。
e0137200_20395224.jpg

さらに尾根へ登ると志賀高原ハイキングコースの本道を歩くようになります。
エンデューロコースと隣接する途中に石碑を見て
e0137200_20403914.jpg

西大森を過ぎると大滝コースと出会う牛道峠です。
e0137200_20412471.jpg

そして通信塔が見えると(写真は通り過ぎてからのもの)、
e0137200_2041577.jpg

岩沼、名取、村田の境界が接している三方塚です。
e0137200_20424154.jpg

ここからは25,000図には書かれていない尾根道を外山へ向かいます。
よく整備されたハイウェイのような道です。
e0137200_20433577.jpg

30分ほどで外山到着。
e0137200_20442499.jpg

小高くなっているところから東の太平洋側が見渡せますが、その清々しくも見える光景が津波被害の大きさを物語っているようです。
e0137200_20444967.jpg

次にきつい階段のアップ・ダウン(本当はダウン・アップ)を繰り返して
e0137200_20464354.jpg

六つの石祠がある五社山です。
e0137200_20472654.jpg

それぞれにお賽銭を入れて参拝したらシェー!
e0137200_20481461.jpg

ここでゆっくり休憩。
maronnさんからクリスマスケーキのプレゼントですよ。ご馳走様でした。
e0137200_20484752.jpg

この後は樽水ダム西側へ下山するのですが、相変わらず立派な道が続いています。
動物の足跡のほかに自転車(MTB?)の轍もあります。
e0137200_20492524.jpg

分岐を中ノ沢方面へ間違えてしまい、GPSで確認して藪漕ぎで復帰。
少し藪っぽい道を歩いて行きます。
e0137200_20501877.jpg

また分岐で悩んでいると、この日は入山者がいないと思っていたところにソロ男性が歩いてきました。
長畑山から歩いてきた様で、下山路分岐まで教えていただきました。ありがとうございました。
この山域は地籍調査の道や作業道、巡視路などがあちらこちらにあるので、分岐を確認しながらの歩きでした。
最後の分岐。(直進すると長畑山経由那智が丘)
e0137200_20511963.jpg

北に降りていくとすぐに樽水ダム側登山口到着です。
e0137200_20521938.jpg

そして舗装路を迂回するのを嫌って増田川を渡り、
e0137200_20532860.jpg

駐車場到着です。
e0137200_20541352.jpg

コースタイム
9:00志賀峠-9:40追分-10:25三方塚-11:00外山-11:35五社山12:00-13:15樽水ダム河畔公園駐車場
e0137200_2102898.jpg

この後は内装のオシャレなイタリアンレストランのような金大楼でお昼です。
e0137200_20581244.jpg

人気ナンバーワン「石焼こくまろカレー湯麺」(morino)、ツー「石焼みそ湯麺」(マロ7さん)、スリー「石焼海鮮塩湯麺」(maronnさん)をいただきました。全部美味ーい!
e0137200_2059142.jpg

初めての名取丘陵。面白いところです。何度も歩きたいところです。
コースもいろいろ、道もいろいろ。間違えやすいですがさほど深い山ではないので「どこへ通じる道なのか?」と地図とGPSを持って探検気分で楽しめそうです。
マロ7さん、maronnさんお世話様でした。
先週に引き続き、わっばか山歩きでしたね。(笑)
これが今年最後の山になりそうですが、なにやら、まだ行きたい人がいるようで…。
どうなることやら。
by morino1200tb | 2011-12-26 21:08 | 11年登山 | Comments(16)

白沢五山、わっぱか山歩き。

12月18日(日)
48号線を仙台から作並方面へ向かうと、JR陸前白沢駅の南側にポコポコと並んだ山があります。この山々が白沢五山または五ツ森と呼ばれています。
この白沢五山は今年の3月に小山田新道の講座の後で大森山と小森山を歩いただけで、五山全てを歩いてはいませんでした。
近くの山なのになかなか行けませんでしたが、ようやく行くことができました。
同行のメンバーは先週と同じマロ7さんと久しぶりにtomさん、maronnさんの計4名。
グレート仙台CC手前の送電線巡視路の広いスペース私の車をデポし、水道施設脇の函倉山登山口からスタートです。
e0137200_22312751.jpg

日差しはあるものの風が強く、寒さを感じながら少しばかり雪のある道を歩いて行きます。
e0137200_22321379.jpg

30分もかからずに函倉山の山頂です。
e0137200_22325393.jpg

ここからショートカットしようと藪漕ぎしたら結局遠回りで往路に復帰。
続けて三方別れ分岐手前から少しショートカットして前ノ峰コースに。今朝歩いたと思われるクマの足跡を見ながら前山山頂です。
e0137200_22333558.jpg

三方別れ分岐に出ると、大勢の足跡が五郎峠方面から函倉山へ向かって残っていました。
e0137200_22341230.jpg

岩垂山へ行く途中に五郎山へ寄って、
e0137200_22344766.jpg

長嶺縦走路を通って岩垂山へ登ります。
e0137200_22352679.jpg

岩垂山です。
e0137200_2236662.jpg

小森山へ向かっていると団体さんが歩いてきました。聞けば多賀城山岳会とのこと。
何度か遇ったことのあるtkさんはいらっしゃいませんでした。残念。
e0137200_223819.jpg

ゴルフボールが滑り止めになっているロープのある取り付きから小森(塚)山に向かいます。
e0137200_22433181.jpg

そして山頂。
e0137200_22442248.jpg

急斜面をバタバタと降りて馬ノ神峠です。
e0137200_22451692.jpg

ここからこの日一番の急坂を上ります。
e0137200_2246419.jpg

ひと汗かいて大森山山頂。これで白沢五山完登です。
おっ、今日初めてのシェーですよ。(笑)
e0137200_22474480.jpg

南へ下って板颪峠です。かつてここは秋保と愛子を繋ぐ街道でした。
開発によって僅かな面影しかなくなった姿を見ると、何とはなしに悲しくなってしまいますね。
e0137200_22491593.jpg

ここからは道形らしいものがなく、ゴルフ場とゼオライトの採掘場の間を適当に東に向かいます。
こんな作業小屋跡や、
e0137200_22501226.jpg

採掘場、
e0137200_22504719.jpg

ゴルフ場、
e0137200_2251254.jpg

を見て、送電線巡視路に出ると白沢五山の縦走終了です。
e0137200_22522278.jpg

みなさんお疲れ様でした。
e0137200_234155.jpg

函倉山登山口に戻って、収穫している農家の方に挨拶したら青梗菜を貰ってしまいました。ありがとうございました。
お昼がまだだったので48号線「森の駅」隣の「味よし」でお昼です。
久しぶりの味よし・味噌ラーメン、美味かったですよ。
e0137200_22532521.jpg

行けそうで行けなかった白沢五山にようやく行けました。
心配していた天気も、たまの雪と強風ぐらいで問題なく、青空を見ながら楽しく歩くことが出来ました。
ここは作業道もあるので注意も必要ですが、歩くコースがたくさんあって楽しめそう。
また機会があれば違うコースからも歩いてみたいものです。
熊にも注意ですけどね。
同行していただいたみなさん、ありがとうございました。
maronnさん、ご馳走様でした。

タイトルの「わっぱか」って何?
と思うかもしれませんが、今日のような山歩きは「わっぱか」だとmaronnさんが言っておりました。
さて、なんのことやら…。
by morino1200tb | 2011-12-18 23:07 | 11年登山 | Comments(20)

七薬師掛け

12月11日(日)
久しぶりに七ツ森・七薬師掛けに行ってきました。
一昨年の12月に行った時には驚きの出会いがありましたが、今年もまた出会いがありましたよ。
同行は先日の北泉ヶ岳と同じ、マロ7さんナカシィさんです。
南川ダム北の七ツ森遊歩道駐車場に私の車を置いて、信楽寺跡の駐車場から出発です。
e0137200_1920931.jpg

最初は松倉山へ。
4人グループとソロが先行する急斜面の道を行きます。
e0137200_19214724.jpg

きつい登りを終えて松倉山山頂です。
e0137200_19222291.jpg

グループは高校山岳部の先生と生徒さん達でした。いろいろ話をして撫倉山へ向かいます。
ショートカットして南尾根へ行くと素晴らしい景色が広がっていました。
女川方面。
e0137200_19231576.jpg

光る海が素晴らしい七ヶ浜方面。
e0137200_19234169.jpg

撫倉山山頂からは一昨年と同じように虹が見られました。
e0137200_1924386.jpg

天狗の相撲取り場の岩場からは鎖、ハシゴで下ります。
e0137200_19252552.jpg

その後も気の抜けない下りが続き、
e0137200_1926714.jpg

痩せ尾根で下から元気な声が聞こえてきました。宮城県の山の会の方々です。
e0137200_19265822.jpg

パスして行くとマロ7さんに声がかかり、お話しすると私にも共通の知人がいる、今年1月に三叉路でお会いしたT瀬さんでした。

鞍部に降りて今度は大倉山へ。
ここも急です。
e0137200_19291237.jpg

大倉山へ着きました。
e0137200_1929556.jpg

みかんを食べて休んでいたら早いペースのソロが到着。
マロ7さん「SONEさんと知り合いのYUJIさんではないかな?」と言います。
後でご本人と判明しました。マロ7さん、すごい「感」!

下っていくと朋友会のお二人とスライド。
会のスキーチームは姥ケ岳へ行ったとのこと。ひょっとして暴風雪?想像しただけで寒そう。
yossyさん、bekeさん行ったのかな?
ここも下りはやっぱり急です。
e0137200_19305519.jpg

ムラサキシキブを見て
e0137200_19312080.jpg

蜂倉山へ到着すると、またまたにぎやかな声が。
なんと、一昨年も会った塩釜のNさん御一行でした。
あれれ、みんなシェーしちゃいましたよ。伝染?
e0137200_19321082.jpg

岩場のトラバースを過ごして
e0137200_1933485.jpg

鎌倉山との鞍部で風を避けてお昼です。
何はともあれ、まずはこれ!
e0137200_19333987.jpg

そして、マロ7さんの特製やきそば&焼肉にmorinoオデンとナカシィ・ロールケーキ…。
e0137200_19341272.jpg

満腹での急坂登りは大変。
e0137200_19351191.jpg

何とか鎌倉山へ着きました。
e0137200_19355579.jpg

そしてつづら折りの道を登って遂倉山へ。
ナカシィさん鉄塔へ上がってしまいました。
e0137200_19371630.jpg

つられて高所恐怖症の私も登ってパチリ。さすがに絶景ですが足はブルブルなのね。
e0137200_19374731.jpg

急斜面を下って登って、7番目の山 たがら森 に着きました。
e0137200_19393100.jpg

当然ここからの下りも急。その上落ち葉の吹き溜まりもあって滑る滑る。
二人で木の葉の舞い!
e0137200_19394924.jpg

こんな岩場も下って、
e0137200_19404167.jpg

下山しました。
e0137200_19413725.jpg

次に向かうは笹倉山。
下山時が暗くなるのでヘッドライトを持って登ります。
e0137200_19423090.jpg

七ツ森が見渡せる尾根北端の展望地で、マロ7さんがナカシィさんにレクチャーしています。でも本当は世間話?
e0137200_1943916.jpg

次第に暗くなってきたので急いで山頂へ。
e0137200_19434562.jpg

この日最後のシェー!
e0137200_19443290.jpg

下山時に東屋のある展望台で夜景を堪能。
e0137200_19452442.jpg

ノンビリしていたら真っ暗に。
何やらガサガサ音がするので(熊?)一目散に下りました。
無事下山して七薬師掛け完成です。
e0137200_19455579.jpg

コースタイム
8:30信楽寺登山口-9:00松倉山-9:50撫倉山-10:40大倉山-11:30蜂倉山-12:25昼食13:
05-13:20鎌倉山-13:55遂倉山-14:25たがら森-15:10南川ダム北駐車場

15:40笹倉山登山口-16:30笹倉山-17:05笹倉山登山口

心配していた天気も崩れずに8山を巡ることができ、また、今回もいろいろな方々と出会えた楽しい山行となりました。
ただし暗くなってしまったのは大いに反省。次回は早出にいたします。
by morino1200tb | 2011-12-13 19:50 | 11年登山 | Comments(16)

新しいおもちゃ再び

今使っているコンデジはピント精度がイマイチなのと高感度に弱いのが欠点。
もっとも随分前のものなので仕方ないのですけどね。
ネットで何か手ごろなのはないかと見ていたら、何とミラーレス一眼がコンデジより安くなっているではありませんか。それも14㎜-42㎜の標準ズーム付き。
マウントアダプターを使えば昔のレンズが使えるし、標準ズーム付けときゃコンデシ代わりに山でも使えるなと思ってポチッと。
コンデジよりは大きくてポケットには入れられませんが、さすがにきちんと撮れます。
この前の泉ヶ岳と忘年会はこのカメラでした。
で、キャノンFD50㎜マクロを付けたのがこれ。
e0137200_21193740.jpg

花を撮ってみました。
e0137200_21204720.jpg

大丈夫みたい。
昔のレンズは当然マニュアルフォーカスなのですが、拡大表示を使えば合わせやすいです。
ただし素早く撮るにはファインダー(EVF)が必需品ですね。
でも、このEVFが高い。カメラと同じ位。
FDレンズは28㎜2.8、35㎜2.0、50㎜1.4、135㎜2.8ほかシグマを少し持っています。
これを活かすにはEVFが…。
まあ、メインはEOS60Dなのでそんなに使わないのだろうけれどね。
by morino1200tb | 2011-12-04 21:41 | あれこれ | Comments(12)