山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
17年登山
16年登山
15年登山
14年登山
13年登山
12年登山
11年登山
10年登山
09年登山
08年登山
07年登山
山関係
音楽関連
あれこれ
震災
特別版

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

フォロー中のブログ

お山遊び
点描2
ebiyanの南東北 山...
ソロで生きる
バリ太郎とゴロゴロ
マロのページⅡ
Estrellas y ...
Mountain Rose
船形山からブナの便り(ブ...

リンク

最新のコメント

SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 22:10
宣伝じゃないですが、やは..
by SONE at 22:56
lc4advさん 今晩は..
by morino1200tb at 22:13
腰は微妙ですからね~。注..
by lc4adv at 19:50
utinopetika2..
by morino1200tb at 21:47
休みですと、安息日でもジ..
by utinopetika2 at 20:33
シゲちゃん お疲れ様でし..
by morino1200tb at 19:15
雪山ブナ回廊天気良くて ..
by sige at 08:22
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:48
とーますさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:40

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧

検索

ファン

最新のトラックバック

石跳川から月山周回(平成..
from HITOIKI Blog

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

仙台神室。偶然のオジサン珍道中!

7月24日(土)
この日は雁戸山を予定していたのですが、同行予定者が行けなくなったため何年かぶりの神室へ予定変更。
前日のマロ7さんからのメールに「神室の稜線から日の出を見る。」とあったので、登りの途中で下山のマロ7さんと会えるかも知れないと思った訳です。
駐車場へ着いたら、アレレ、マロ7さんこれから出発?
e0137200_10394736.jpg

どうやら早起き失敗だったようです。
と言うわけで久しぶりのオジサン珍道中スタートです。
風があるため幾分涼しさも感じられます。でも風があると花の写真は撮りにくいんだなー。
登り始めてすぐに花、花、花です。2人で「こんなに花のある山だったのかなー?」とビックリ。
白い(色あせた?)ホタルブクロ
e0137200_10585416.jpg

クガイソウ
e0137200_10591426.jpg

コバギボウシ
e0137200_10593797.jpg

カワラナデシコ
e0137200_110397.jpg

ハクサンフウロ
e0137200_1112462.jpg

そんな花々と周りの景色を楽しみながら高度を上げていきます。
ハマグリ山から蔵王方面
e0137200_115179.jpg

トンガリ山過ぎから仙台神室方面
e0137200_1194921.jpg

途中パスしていった方が山形神室で休んでいます。
最近宮城県に転勤で来ていろいろ登っているそうです。
この日はここで戻るとのこと。今度は仙台神室まで行って下さいね。

山形神室過ぎから仙台神室です。久しぶりの急登でワクワクします。
e0137200_11125575.jpg

急坂を下ってダンゴ平。仙人沢コースはあまり歩かれていないようです。
汗をかきゝ、木の枝をつかみながら急坂を登って山頂へ到着。
おんつぁんコンビで記念撮影です。
e0137200_11182757.jpg

お昼というには早すぎるので軽く食べながら休憩。
最近定番のパイナップルにマロ7さんからのシャーベット。美味ーい。
e0137200_11233630.jpg

山頂から山形神室へ続く稜線と蔵王方面。
e0137200_11525831.jpg

そして面白山方面
e0137200_11532689.jpg

しばらくして山頂へやってきたソロの男性と少し話をして下山開始。
マロ7さん、仙人沢コースの登山口にバイクを置いてきたとのことでしたが、次回にしましょうということでピストンに決定。
山形神室への急坂を登り返して行くと、山ガール2人と遭遇。
最近登山を始め、面白くていろいろ登っているそうです。今度は水引入道行きたいと言っていました。
「これから行くなら紅葉の時期が素晴らしいよ。」とおんつぁん達ベテランのふりしてアドバイスしちゃいましたよ。
素敵な山ガール達Mさん(右)とTさん(左)。
e0137200_11395140.jpg

風があるとは言え、強い日差しで暑い中を笹谷峠目指して歩いて行きます。
クルマユリ
e0137200_122058100.jpg

タテヤマウツボグサ
e0137200_122930.jpg

ノハラアザミ
e0137200_123476.jpg

オカトラノオ
e0137200_1692133.jpg

沢山の花が風にそよいでいる中を下山。
随分と車が増えた駐車場に到着です。
e0137200_12483068.jpg

コースタイム
6:40駐車場-7:25ハマグリ山-7:55トンガリ山-8:20山形神室-9:00仙台神室9:30-10:20山形神室-10:40トンガリ山-11:00ハマグリ山-11:30駐車場

思いもかけずにオジサン珍道中になった今回の山は驚くほどの花の山でした。
そして天候に恵まれ、話も弾んだ楽しい山でした。マロ7さんありがとうございました。
今度は仙人沢周回行きますよ。
by morino1200tb | 2010-07-25 13:01 | 10年登山 | Comments(14)

和賀岳、奥深い魅力的な山。

7月19日(海の日)
K4さんが和賀岳へ行くと言うのでichicoさんと一緒に同行させてもらいました。こんなチャンスが無いと中々行けない遠くて深い山です。
駐車スペースからほんの少し戻って高下登山口からスタートです。
オット、その前にK4さんが登山届けを記入。
e0137200_239141.jpg

すぐに急坂です。樹間から注ぐ日差しとあいまって汗がポタポタと落ちてきます。
小さなツルアリドオシに慰められながら、ひたすら登って高下岳分岐へ。GPSを見ると分岐の位置が地図とずれています。
e0137200_23172417.jpg

ここから和賀川の渡渉点までどんどん降りていきますが、暑さと帰路の登り返しを思うとちょっとゲンナリ。
石伝いに渡れないかと思っていたのですが、スライドした人の言うとおりで水は膝まであります。ビーチサンダルを履いて渡渉です。
気持ちいい冷たいヒェー痺れるー(泣)
e0137200_2334888.jpg

冷たい水で顔を洗ってクールダウン。この川の水も美味しかったですよ。
そして又辛い急登です。おまけに虫も出てきました。
太いブナのある気持ちよい樹林帯もあります。
e0137200_2340990.jpg

上空ではすごい風の音が聞こえます。時おり吹き込む風は気持ちよいのですが、山頂はいったいどうなのやら。
ソロの女性とスライド。「上は寒いよ。」
ウーン、行けるとこまで行きましょう。
そしてようやくコケ平へ着いたら、やっぱりガスと強風!寒い!
ichicoさん飛ばされそう (な振りをしています)。
e0137200_2346645.jpg

雨具を着て山頂目指します。
e0137200_2348555.jpg

周りにはトウゲブキやハクサンフウロ、ニッコウキスゲなどが咲いていて、山頂に近づくにつれて増えていく感じです。
もうすぐ山頂。
e0137200_2352124.jpg

そして山頂へ着きました。
e0137200_018367.jpg

寒いので風を避けられるところまで下って昼食にします。
山頂がお花畑なんて初めて。晴れてたらなー・・・。愚痴は言うまい。
e0137200_042494.jpg

とりあえず少しだけ花の写真です。強風で花どころか体まで揺れますので難しいですね。
トウゲブキ。
e0137200_072587.jpg

ハクサンフウロ。
e0137200_075115.jpg

クルマユリ。
e0137200_082074.jpg

結局、和賀川渡渉点まで降りてしまいました。
ここで昼食。
今日のデザートです。キウイ、スイカ、パイナップルを凍らせて持ってきました。美味い。ビールは無いけどおつまみもね。
e0137200_0101969.jpg

実はここで古い熊さんの落し物を発見。そりゃあいますよね。
又ビーチサンダルを履いて渡渉です。
e0137200_0152393.jpg

やっぱりここからの登りは急。その上ポツリポツリと雨が降ってきました。
幸い濡れることも無く登山口へ到着です。
e0137200_022155.jpg

コースタイム
7:45登山口-8:40高下岳分岐-9:15和賀川徒渉点-11:05こけ平-11:50和賀岳山頂12:00-12:20こけ平-13:25和賀川徒渉点(昼食)13:50-15:10登山口
e0137200_0434583.jpg

下山後、沢内銀河高原ホテルへ行って、
e0137200_0541023.jpg

立派なお風呂(露天風呂)で汗を落として、
e0137200_0553238.jpg

無事帰宅しました。

初めての和賀岳はガスと強風でしたが、コケ平からのお花畑にビックリです。
これは又行かなくちゃと思うものの、あの急坂がねー。
今度は秋田県側からチャレンジですね。 たぶん。
by morino1200tb | 2010-07-22 01:05 | 10年登山 | Comments(16)

エーデルワイス♪♪

7月17日(土)
何かと用事があり山へ行けませんでしたが、ようやく早池峰へ花を楽しみに行ってきました。
同行はichicoさんです。
岳駐車場へ8時に着いたらすでに沢山の車が停まっていました。
青空も見え、朝から強い日差しです。
e0137200_23617.jpg

シャトルバスで河原坊へ。ここから山頂目指します。
でも山頂はガス。大丈夫かー。
e0137200_2362921.jpg

何度か渡渉してコメガモリ沢伝いに登り、
センジュガンピや
e0137200_222111.jpg

タマガワホトトギスを見ながら歩いて
e0137200_2225739.jpg

頭垢離で一休み。薬師岳にもガスがかかっています。
e0137200_21464033.jpg

ここからは露岩帯となり、ドンドン高度を上げていきます。でも暑い。
e0137200_21485690.jpg

ロープ場を楽しそうに登るichicoさん。
e0137200_21583218.jpg

打石が見えてきました。いつ見ても犬の頭のようです。
e0137200_2157218.jpg

クサリ場です。
e0137200_21594151.jpg

ナンブトウチソウ
e0137200_2262515.jpg

ナンブトラノオ
e0137200_2265960.jpg

など固有種を楽しみもうすぐ山頂。青空も見えてきました。
e0137200_2284547.jpg

山頂には大勢の登山者がいます。さすが100名山。
e0137200_22103814.jpg

記念撮影が終わったら昼食休憩ですが、その前にichicoさんへ早池峰の名前の由来の池を教えます。
e0137200_2212114.jpg

ちょうど監視員の方が来て、「誰も見に来ませんねー。」と言うと「わがんねんだべ。飲まんねしな。荒さんねくていんだ。」とおっしゃっていました。
池のそばで昼食。デザートは忘れませんよ。
e0137200_22144883.jpg

ノンビリしたら小田越へ向かって下山。
山頂直下から気持ちよく広がっている北西方面です。
e0137200_22193081.jpg

チングルマがまだ咲いていました。
e0137200_2220167.jpg

沢山咲いていたヨツバシオガマ。
e0137200_22221877.jpg

そしてハヤチネウスユキソウです。(クリックすると大きく見られます)
e0137200_22262625.jpg

ichicoさんも撮影。
e0137200_22294456.jpg

高所恐怖症には辛い(それは私です)下りのハシゴ場です。
e0137200_22314479.jpg

ミヤマアズマギク
e0137200_2233459.jpg

タテヤマウツボグサ(蜂がメインですけど)
e0137200_22354332.jpg

オダマキ
e0137200_22364190.jpg

などを見ながら下りて行くと立派なハヤチネウスユキソウを見つけました。
e0137200_22423633.jpg

薬師岳のガスも取れ、素晴らしい景色が見られるようになりました。
e0137200_22541835.jpg

監視員の人たちが何かを指差していたので聞いてみると、絶滅危惧種のカトウハコベだそうです。
e0137200_22451296.jpg

近くには似たようなホソバツメクサがあります。(葉の形が違うのですが言われなければ判りません。)
e0137200_22485915.jpg

沢山の花を楽しんで小田越へ到着です。
e0137200_22554436.jpg

コースタイム
8:50河原坊-9:50頭垢離-11:30山頂12:15-12:50ハシゴ場-14:35小田越
e0137200_2305338.jpg

今がシーズンのハヤチネウスユキソウから絶滅危惧種のカトウハコベまで、多くの花を楽しめて満足満足の山行でした。
山頂から周囲の山々が見られればもっと良かったのでしょうが、それはこの次のお楽しみ。
来年は鶏頭山縦走か、薬師岳のヒカリゴケか・・・、ここも魅力イッパイの山域ですね。
by morino1200tb | 2010-07-18 23:07 | 10年登山 | Comments(16)