山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
17年登山
16年登山
15年登山
14年登山
13年登山
12年登山
11年登山
10年登山
09年登山
08年登山
07年登山
山関係
音楽関連
あれこれ
震災
特別版

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

フォロー中のブログ

お山遊び
点描2
ebiyanの南東北 山...
ソロで生きる
バリ太郎とゴロゴロ
マロのページⅡ
Estrellas y ...
Mountain Rose
船形山からブナの便り(ブ...

リンク

最新のコメント

やまぼうしさん 今晩は。..
by morino1200tb at 20:34
男体山のてっぺんに立った..
by やまぼうし at 01:35
SONEさん お世話様で..
by morino1200tb at 22:23
アカヤシオは新田川付近が..
by SONE at 19:52
ナカシィさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 20:43
恐縮です~m(_ _)m
by nakacy at 22:06
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 22:40
立ち読みでしたが、私もガ..
by SONE at 13:59
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:31
ツアーメンバーが変わると..
by SONE at 22:59

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧

検索

ファン

最新のトラックバック

石跳川から月山周回(平成..
from HITOIKI Blog

<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

湯殿山(でも途中まで)

2月28日(日)
湯殿山神社経由で月山へ行ったことはあったのですが、湯殿山へ登るのは初めてです。
工事で通行止めになっている駐車スペースへ車を置いて登山口となる博物園へ向かいます。
e0137200_18113543.jpg

博物園までは意外と遠く、早くも体が火照ってきます。
到着です。
e0137200_18133750.jpg

結構堅雪なので少しツボ足で歩いてからスノーシューへ。
地図とGPSで時々確認してトレースを追いかけて行くと、次第に素晴しいブナ林になっていきます。
こんな色っぽいブナもありました。
e0137200_18173470.jpg

姥ヶ岳が見えます。雪が少ないようです。
e0137200_18303486.jpg

斜度がアップしてもまだまだブナ林。
e0137200_1826498.jpg

男性山スキーヤー、テレマーカー、女性ボーダーに追いつきました。
ここへはよく来ているようです。
e0137200_1829856.jpg

さらに斜度アップの上に雪がカリカリになってきたのでスノーシューからアイゼンへチェンジ。
ピッケルも欲しくなってきます。
先行する3人は慣れた感じで稜線へハイクアップです。
e0137200_18332382.jpg

稜線から少し上がると3人はここからドロップとのこと。
上に見えるピークが湯殿山かと登っていきましたが、ガーンまだまだ先。風は強いし、足元はガリガリだしで、パキンと音を立てて心が折れてしまいました。
無理しないのが私のモットーですのでここで撤退です。
e0137200_18382472.jpg

下を見ると滑降準備中の3人が見えます。
e0137200_18393577.jpg

斜面を慎重に降りて下山です。
急なところを過ぎても堅雪なのでしばらくアイゼンで行きます。
晴れていれば素晴しい景色でしょうね。
e0137200_18441679.jpg

途中からスノーシューへ。何人かとスライドしてブナ林を楽しみながら博物園到着です。
e0137200_1850258.jpg

コースタイム
8:50駐車スペース-9:10博物園-10:45 1362m地点-11:50博物園-12:10駐車スペース
途中敗退でしたがブナ林満喫の楽しめたコースでした。今度は晴れた日ですね。でもガリガリ稜線はパスね。

帰りに志津温泉の雪旅籠まつりを覗いてきました。
e0137200_18571347.jpg

e0137200_18574229.jpg

夜だったら雰囲気あるんでしょうね。夜に見られず残念。
by morino1200tb | 2010-02-28 19:01 | 10年登山 | Comments(9)

南三陸の山「翁倉山」

2月21日(日)
maronnさん、ichicoさんと翁倉山へ行ってきました。
好天の下、ノンビリ陽だまりハイクです。
e0137200_22333847.jpg

林道を少し行くと標識があり、左手のロープ急坂を登ります。前日に歩いた人のトレースが
往復分あります。
e0137200_22361636.jpg

雪があるので滑らないように注意しながら登ります。ノンビリのつもりだったのに結構な急坂です。
とは言え、すぐに尾根道に出て赤松の樹林帯の気持ちの良い登山道が続きます。
e0137200_22441672.jpg

所々雪道になりますが緩やかな尾根道でまさに陽だまりハイク。
e0137200_22472678.jpg

この山はイヌワシの生息域。1月は繁殖期ということなので2月後半になってから来ましたが、簡単には見られませんね。その代わり鳥の声はたくさん楽しめました。
こんな鳥がいました。
e0137200_2359886.jpg

左右に走る尾根に突き当たり、右(北東)へ向かいます。
「ここを登れば山頂かな」なんて思っていたら、また急坂です。
e0137200_0375711.jpg

残雪タップリ登山道でアップダウンを繰り返します。雪の上のウサギや小動物の足跡を見ながら、足ズボズボの楽しい歩きです。
e0137200_22591375.jpg

山頂に着いて記念撮影。
e0137200_2354668.jpg

風も無くゆっくり昼食休憩。山頂からは期待していた通り志津川湾が見えます。
山から海を見るなんていいですねー。
e0137200_23145438.jpg

お昼は今日も美味しい「おでん」です。ちょっとマンネリぎみですが簡単で美味しいしねー。
e0137200_231759100.jpg

今日は貸切と思っていたら、ソロの男性がやってきました。
水沢から来られたとのこと。
ちょうど「亀の子せんべい」(奥州市名物?)を食べていたところだったので、そんな話題でプチ盛り上がりでした。
SONEさんのブログに周回が取れるとあったので、南下する尾根に沿って下山です。
ガイドブックに書いていない初めての道ですが、SONEさんの記事を見て地図にルートを記していましたし、GPSもあるし、不明なら戻ればいいということで下山開始。
山頂から東へ行って急降下。尾根筋を行くのですが、こちらは誰も歩いた跡は無くウサギやら何やらの足跡が見事にルート通りにあります。やっぱり歩きやすい所を行くのでしょうね。面白いものです。
こんな鳥の足跡もありました。
e0137200_23323815.jpg

このルートには赤布のマークがたくさん有り迷うことはありません。SONEさんのブログコメントを見ると“ユキワリウバザクラさん”という方が付けたとのこと。ユキワリウバザクラさん、ありがとうございました。
e0137200_2346654.jpg

登ってくる途中に見た「まつたけ採取厳禁」の看板がこちらにもありました。
ここらはマツタケの宝庫?のようです。
e0137200_23513796.jpg

確かに赤松は多いのですが、立ち枯れも随分見られます。松くい虫のせいでしょうか?
尾根に沿ってしばらく行くと作業道が現れました。このあたりは随分と伐採されています。石巻から三陸の松くい虫被害は大変なようですので、ここでも被害木を伐採したのかも知れません。
ここから作業道を降りて行きます。
e0137200_083942.jpg

予想通り駐車スペースの北側に下りました。おや、車が増えていますね。
e0137200_0121466.jpg

ガイドブックには書かれていない周回コースを楽しめた陽だまりハイクとなりました。
500mちょっとの山ですが、山頂からの眺めや、急坂有り、ノンビリ歩きあり、適度な緊張感有りの山の面白さが十分味わえる山でした。
コースタイム
9:35駐車スペース-11:00山頂11:45-12:50作業道-13:15駐車スペース
e0137200_0265944.jpg

by morino1200tb | 2010-02-23 00:40 | 10年登山 | Comments(10)

南三陸の山

2月21日(日)
今日は山頂から海を見たくて南三陸の山へ。
ゆっくりだったのに登山口駐車場には1台もいません。今日は貸切かな。
e0137200_2003595.jpg


続きは明日。乞うご期待。
by morino1200tb | 2010-02-21 20:02 | 10年登山 | Comments(2)

泉ヶ岳 表コースから周回

2月14日(日)
今日は不忘山でもと思っていましたが起きた時間が遅かったため、おらいの山(誰かさんの真似)の泉ヶ岳へ。
SONEさんebiyanさんを参考にスプリングバレースキー場の先から北泉ヶ岳へ行こうと思い車を走らせますが、何とスキー場は満車!
ということで久しぶりに表コースから泉ヶ岳へ登ることに。
表コース駐車場には登山者2人組の車が1台と小さな子供2人を連れたお父さんの車があるだけ。
e0137200_1854536.jpg

先行の2人組のラッセルを借りながらスノーシューで歩いて行くといよいよ急斜面。
ここで2人組に追いつき、スノーシューをはずしてツボ足歩きで先行します。
e0137200_18181645.jpg

昨日とその前らしいトレースが2つほどあり、それに助けられながらキックステップで登って胎内くぐりに着きました。
e0137200_18215512.jpg

この後の痩せ尾根急斜面ではさすがにアイゼン着用です。
e0137200_1824557.jpg

急斜面を嫌がって帰ったのでしょうか、振り返ると先ほどの2人が登ってきません。
ようやくドウダン林へ着いてほっと一息。ここからスノーシューで比較的ゆるくなった尾根を歩いていきます。
e0137200_18305482.jpg

スプリングバレーからの音楽が聞こえて来る中、時々バーンという音も。雪崩にしては高い音です。
風の強い山頂に着くと、水神から登ってきた方と下山する方の2人だけしかいません。いい天気なのにね。
e0137200_18343939.jpg

お昼ですが昼食休憩せずに、山頂の祠にお賽銭をあげて下山です。表コースの痩せ尾根急斜面を下るのは嫌なので水神コースを使います。
賽の河原から船形方面。袖泉にはトレースが見られませんね。
e0137200_18422463.jpg

水神で山頂から先に下りた方と少し話をしたら、さっきのバーンという音は鉄砲の音だろうとのこと。
ここから三叉路へ行く途中のお花畑や、北泉ヶ岳山頂にも熊の足跡があったことなども教えてくれました。
ウーン、冬でも大きい音の鈴を使うしかないかなー。
穏やかな天候の中、歩きなれた水神コースを下って泉ヶ岳スキー場の大駐車場へ。
そして車道を歩いて車が増えた表コース登山口へ着きました。少し雪が降ってきたので、いいタイミングでの到着です。
e0137200_1954881.jpg

コースタイム
10:00表コース登山口-10:30胎内くぐり-10:50ドウダン林-11:40泉ヶ岳山頂-12:15水神-12:45水神コース登山口-13:20表コース登山口
e0137200_1910356.jpg

晴れたり曇ったりでしたが、山頂以外は風も無く穏やかな天候で山を楽しめました。水神でお話させていただいた方は栗原にお住まいで、GWから登れるらしい栗駒山についてもいろいろ教えてもらいました。
こんなひと時の触れ合いが山を歩いていると嬉しいものです。
by morino1200tb | 2010-02-14 19:28 | 10年登山 | Comments(10)

一徒歩登山者の手記

昨日、今日と沈殿の日々。
先日古書店で見つけた面白い本を紹介します。
伊澤信平著「一徒歩登山者の手記」
e0137200_21382480.jpg

著者の伊澤さんは仙台出身で、地銀に勤められながら、本来志向していた短歌の傍ら精力的に登山に励んでいた方です。
昭和8年の「雁戸紀行」から始まる山行記とエッセイ、短歌にまつわる話などが記されています。
手にとって惹きつけられたのが「泉ヶ岳の山小屋物語」の章。
私のホームゲレンデ泉ヶ岳の隣りの黒鼻山(恥ずかしながら未登)が放牧場だったり、今は無い野外活動センターあたりに小屋があったり、他にも・・・。へぇー、そうだったのかー、と驚いて購入した次第です。
まだ拾い読みですが、雁戸、面白山(帰りは駒新道のように思われます?)、飯豊など地図を見ながら自分の歩いたところを読んでいると、先人達の大変な苦労と歓びが胸に迫ってきます。
雁戸、船形の山名に関する考察など貴重なことも記されています。
著者の伊澤さんは明治40年生まれ。昭和50年山形の山麓発行所の発行です。
たぶん絶版でしょうが、機会があればご一読を。
by morino1200tb | 2010-02-07 22:10 | 山関係 | Comments(6)

刈田岳で樹氷見物

1月31日(日)
樹氷を楽しみに刈田岳へ行ってきました。
メンバーはTaku-Oさん、ikeさん。
高速道路からはモチロン、一般道に降りてからも蔵王連峰は見えません。
ガスガスと強風でなければ御の字だと言いながら車(ikeさん運転ありがとうございました。)を進めます。
エコーラインに入るとガスが濃くなりフロントウインドーには細かな水滴も・・・。
しかし、高度が上がるにつれ薄日が差し、ついに雲間に青空が見え始めました。
すみかわスキー場に着くといい天気です。これも日ごろの行いが・・・。(笑)
e0137200_2275376.jpg

まずはリフトを3本乗ってゲレンデトップへ向かいます。Taku-Oさんです。
e0137200_22101762.jpg

私とTaku-Oさんはスノーシュー。ikeさんはテレマークです。
ゲレンデトップから雪上車道を歩いて行くと、樹氷鑑賞の観光客を乗せた雪上車が次から次へと下ってきました。
e0137200_22171161.jpg

途中から中央コースへ入リますが、ほんの少しトレースがあるだけ。
振り返ると霧氷をまとった木々の向こうに雲海が広がっています。
e0137200_22355212.jpg

シールを持ってこなかったikeさんは雪上車道を行くことになり山頂で合流することに。
時おり強い風が吹いたり、雲がかかったりはしますが、日差しもあって暑いくらいです。
右手を見ると北蔵王へきれいな稜線が見えてきました。あのトンガリはロバの耳?
e0137200_22465456.jpg

山スキーヤーグループをパスして、最後の急坂を登ると避難小屋。相変わらずここらは強風です。
いつもは緑色のお釜も白い雪を被っています。奥の雁戸山のアルペン的な山容が際立って見えますね。
e0137200_22572173.jpg

刈田峰神社へお参りしたり、写真を撮ったり、あまりの寒さにウェアを追加したりなんてしているとikeさん山頂へやってきました。ikeさんとTaku-Oさん。
e0137200_231581.jpg

後烏帽子と屏風を見るTaku-Oさん。
e0137200_2382223.jpg

寒いので昼食は少し下ってからということにして、樹氷を見ながら下山です。
樹氷です。
e0137200_23135237.jpg

e0137200_23155984.jpg

e0137200_23183367.jpg

e0137200_23194432.jpg

今年は暖かいせいか小ぶりのようですが、久しぶりに見るといいものです。
雪上車道をショートカットして足跡のないフカフカ雪を下るのは気持良くなります。
スキーだったらもっと面白いだろうなと思ってしまいます。テレマークの誘惑が・・・。
天気が良いため雪上車道歩きも楽しいものです。
e0137200_2332529.jpg

おやおや、ホシガラスがいましたよ。
e0137200_23374339.jpg

休憩した後、再び中央コースを歩いてゲレンデトップと合流し、そこからはゲレンデ歩き。
楽しそうに滑っているボーダーたちを見ながら駐車場へ到着です。(下山届けは出しましたよ。)

コースタイム
9:45駐車場-10:30ゲレンデトップ-11:50刈田岳山頂12:30-13:10昼食休憩13:40-14:15ゲレンデトップ-14:40駐車場

帰路に「みんな野」に寄ってお買い物。
やっぱりこれですね。
e0137200_23485724.jpg


天気は期待しないで行った刈田岳は思いのほかの好天に恵まれました。
こんなことがあるから山はやめられませんね。
Taku-Oさん、ikeさん ありがとうございました。
e0137200_12574541.jpg

by morino1200tb | 2010-02-01 23:55 | 10年登山 | Comments(10)