山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
17年登山
16年登山
15年登山
14年登山
13年登山
12年登山
11年登山
10年登山
09年登山
08年登山
07年登山
山関係
音楽関連
あれこれ
震災
特別版

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

フォロー中のブログ

お山遊び
点描2
ebiyanの南東北 山...
ソロで生きる
バリ太郎とゴロゴロ
マロのページⅡ
Estrellas y ...
Mountain Rose
船形山からブナの便り(ブ...

リンク

最新のコメント

やまぼうしさん 今晩は。..
by morino1200tb at 20:34
男体山のてっぺんに立った..
by やまぼうし at 01:35
SONEさん お世話様で..
by morino1200tb at 22:23
アカヤシオは新田川付近が..
by SONE at 19:52
ナカシィさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 20:43
恐縮です~m(_ _)m
by nakacy at 22:06
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 22:40
立ち読みでしたが、私もガ..
by SONE at 13:59
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:31
ツアーメンバーが変わると..
by SONE at 22:59

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧

検索

ファン

最新のトラックバック

石跳川から月山周回(平成..
from HITOIKI Blog

<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

七峰縦走

11月23日(祝)
宮城県と福島県境の七峰(ななうね)縦走をしてきました。
メンバーはマロ7さん、(優しい)おっ家内さん、maronnさん、私とマロちゃんの4人と1匹です。
車1台を鹿狼山登山口の駐車場へおいて小齋峠を目指して行くと、これから登る山々が見えてきました。
七峰です。
e0137200_235363.jpg

小齋峠をちょっと過ぎたところに車3~4台のスペースがあります。
ここから登るのですが、エー、ここからかい?というほどの刈り払いもされていない狭い登山口です。
e0137200_2311485.jpg

少し藪漕ぎっぽく歩きますが、棘のある枝があちこちにあり、痛いしズボン(昨日買ったばかりなのに(T_T)、古いズボンにすりゃ良かった)には引っかかるしで、しょっぱなから「里山をなめたらアキマヘン」の洗礼です。
それでも踏み跡をたどって一つ目の山 金華山へ着きました。
e0137200_23254943.jpg

金華山から音羽森へ向かう道もあまり歩かれてはいないようで、少し歩きにくいところが何度も出てきます。
音羽森です。
e0137200_23415636.jpg

歩いていると、グォーグォー、キキッキキッというような音が時々聞こえてきます。
この音は?猪?と思ったのですが、風で木が擦れて出る音でした。一安心。
とは言え、近くでバタバタと音がして山鳥が飛んで行く時はちょっとビックリです。
そうそう、熊の落し物のようなものもありましたよ。
主義山・音羽森の道標を過ぎると。
e0137200_2358152.jpg

花嫁峠です。
e0137200_074255.jpg

昔、坂元から丸森へあるいは逆に、ここを通って嫁入りしたのかと想像すると、その苦労に思わず涙が・・・なんてことありませんでしたが、大変だったでしょうね。
倒木や棘のある枝など相変わらず歩きにくい道を進んで主義山です。
e0137200_0134397.jpg

主義山でマロちゃんおやつタイムです。
e0137200_0185277.jpg

ここには猪のヌタ場らしいものがありました。
権現森へ向かいます。こんな笹薮のトンネルがあります。
e0137200_0273876.jpg

ここを抜けてテープを探しながら歩いて行ったのですが、間違ったようです。
GPSをみて、山頂目指して藪漕ぎです。
e0137200_0344480.jpg

藪を掻き分け権現森へ到着です。
e0137200_0392318.jpg

e0137200_0423425.jpg

この後、テープを探しながら、左側に杉の植林帯を見ながら歩きます。テープがないと、ついつい歩きやすい植林帯へ入りそうです。
なんて思いながら歩いていたらテープがありません。
尾根に沿って歩いて来たのですが、途中左に入るところを見失ったようです。GPSと地図では尾根に沿って行けば地蔵森なのですが、藪!です。
藪漕ぎ突入したものの、途中イヤになってGPSでチェック。尾根沿いに植林帯を歩いた方が楽そうなので少し転進です。これが正解。地蔵森へ着きました。
e0137200_05729100.jpg

e0137200_121494.jpg

地蔵森神社でノンビリしたら記念撮影です。マロちゃん何探してるのかな?
e0137200_18330.jpg

ここできれいな紅葉に会えました。
e0137200_12648100.jpg

マロちゃん、まだまだ元気です。
e0137200_113439.jpg

林道を歩いて福田峠へ出て、五社壇へ向かいます。こちらもあまり歩いてない道のようです。
e0137200_1324037.jpg

迷うことなく五社壇へ。でも昼食にはあまりいい雰囲気ではありません。
e0137200_1394577.jpg

日当たりの良い林道で昼食。マロ7さん、今日はキムチ鍋です。美味しくて写真を撮るのを忘れてしまいました。ご馳走様でした。
しばらくノンビリして歩き出したら、今日初めて人と会いました。
塩釜のCさんです。なんと電車で来て、駅から歩いてやってきたとのこと。凄いですねー。
鹿狼山へも行くというので、追いついたらマロ7さんが送っていくことになりました。
鈴宇峠には鹿狼山の案内図があります。
e0137200_1503077.jpg

これまでの道とは違ってとても歩きやすい道です。案内表示板も所々にあります。
もうすぐ鹿狼山というところに立派な休憩所がありました。
相馬港が一望できます。
ここで記念撮影。
e0137200_15556100.jpg

おやムラサキシキブです。
e0137200_158179.jpg

ゆっくりしていたらCさんが来ました。いろいろお話しすると大変山のキャリアのある方で、マロ7さんと共通の知人もずいぶんいるようです。
いよいよ最後の山 鹿狼山山頂ですが、直前が凄い急坂です。ロープが疲れた体にありがたいです。
e0137200_255087.jpg

マロちゃんが「君たち遅いぞ!」という感じで見ています。
そして山頂。もう夕陽になってきました。
e0137200_2101133.jpg

見晴らしの良い素晴しい山頂を後に、公園のような道を降りて登山口駐車場へ到着。
これで縦走完了です。
Cさんを交えての記念写真。
e0137200_2134193.jpg

整備された道と聞いていたので甘く見ていたら、とんでもない。ワイルドなアドベンチャー(大げさ)の里山縦走になりました。所々の紅葉やウメモドキなども見られ、また、皆さんとの面白い話もあり、そしてマロちゃんと一緒に歩けて、本当に楽しい縦走でした。
里山の魅力も少しわかりかけ、今年の冬は里山へもアプローチしようと思うこのごろです。
皆さんありがとうございました。
e0137200_2321780.jpg

コースタイム
8:15小齋峠-8:35金華山-9:05音羽森-9:35主義山-10:20権現森-11:30地蔵森-12:50五社壇-13:05昼食14:00-15:30鹿狼山-16:10鹿狼山登山口
*アバウトなのでマロ7さんと少し違ってます。
by morino1200tb | 2009-11-25 02:43 | 09年登山 | Comments(16)

今日は七峰。

今日は七峰を縦走しました。
同行は、
e0137200_21234386.jpg

恥ずかしいからボカシて頂戴といっているワンちゃんほか3人です。

何だこの音は?道どこ?涙が出る?ホー、これはこれは!・・・
話題満載(でも無いけど)約8時間の七峰縦走。
乞う、ご期待!かな?
by morino1200tb | 2009-11-23 21:33 | 09年登山 | Comments(6)

GPS

今日買い物へ行くときにGPSを持って行きました。
泉の西友とブックオフへ行ったのですが、チャンとトレースしています。
自宅付近はカットしていますが、ガソリンを入れことや、ブックオフへ寄ったことまでわかります。
でも2ヶ所変に動いているところがありますね。
e0137200_20403085.jpg

この地図は国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用しています。

衛星補足の精度の問題なんでしょうけど、見てる分には面白いです。
でも雪山でトラックバックを信用したら大変なことになりそう・・・。
当たり前ですが、紙地図と併用ですね。
by morino1200tb | 2009-11-15 20:54 | あれこれ | Comments(8)

最上海道トラックログ

カシミールを入れて、GPSをつないでアレコレやっていたらトラックログが出てきました。
漆沢から自宅まで直線が出ていて消す(編集とも言いますね)のに四苦八苦。
11月8日の最上海道GPSトラックログです。
1/25,000の地図なので分割してます。ちょっと見にくいかもしれませんがご勘弁を。
e0137200_23115443.jpg

e0137200_23122030.jpg

この地図は国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用しています。

e0137200_23283084.jpg

移動距離11.9キロはebiyanさんのデータと400メートル位違うのかな。あちこち動いたことを考えればほぼ同じでしょう。最高速度9.5キロは走った時があったからです。
GPSはおもしろいかも・・・。ちゃんと勉強しなくっちゃね。
by morino1200tb | 2009-11-12 23:36 | 09年登山 | Comments(6)

漆沢から銀山へ。最上海道軽井沢越え。

11月8日(日)
maro7さんからお誘いがあり、最上海道歩きに行ってきました。
メンバーはmaro7さん、(やさしい)おっ家内さん、久しぶりのebiyanさん、山仲間のmaronnさん、そして超人SONEさんという豪華メンバーです。
ブログを拝見していてスゴイ人がいるものだと思っていたのがSONEさんでした。まさかご一緒できるとは思っていなかったのですが、ここで驚愕の真実が・・・!
何と05年9月24日にmaronnさんichicoさんと高松岳へ行ったときに会っていろいろ話していたのです。
山の面白い話や、歩いている(いや、走っているですね)姿が大変印象的で、帰りの車の中で山の神様だねーとmaronnさんが言っていました。
その時の山伏岳山頂の証拠写真です。
e0137200_22382355.jpg

そんな驚きの出会いがありつつ、私とSONEさんの車を上ノ畑の下山口へデポして、漆沢ダム手前の山上神社脇からいよいよ古道最上海道のスタートです。
e0137200_22471657.jpg

曇り空ではあるものの、落ち葉がいっぱいのフカフカした道を気持ちよく歩いていきます。
e0137200_22525036.jpg

すると、「何じゃ、こりゃー?」
e0137200_2255941.jpg

そうです。熊さんのウ〇コです。
歩いて行くと次から次にあります。
こんな出来立てみたいなのもあります。
e0137200_22591820.jpg

上を見ると熊棚もいっぱい。
e0137200_2315425.jpg

6人でよかった。そう思ったのは私だけでしょうか?
そんな熊の巣の中ですが、地元の方々に刈り払いされた歩きやすい道です。
e0137200_2318032.jpg

こんな標識が所々にあります。
e0137200_2334577.jpg

e0137200_23391548.jpg

でも、意味がわからなくて困ります。
みんなで話をしながら歩いて、高畑山近くの高畑大明神とある石碑のところで小休止。
e0137200_23202238.jpg

この後もさほど勾配の無いところを歩いて行くと、SONEさん突然藪の中へ。ムキタケをゲットです。
さらに見つけて藪の中へ。
e0137200_23314550.jpg

長沼林道と合ったら軽トラが停まっていて、中にはワンちゃんが2匹。みんなでワンちゃんを見たからでしょうけど、キャンキャン、グーグー騒がしくしていました。ご主人はキノコ取りでしょうね。
おやウメモドキです。女性陣が大騒ぎ。
e0137200_23514081.jpg

こんな標識がありましたが小屋なんか見当たりません。
e0137200_23594836.jpg

水場でした。昔は小屋があったのかも知れませんね。ここで一休み。
e0137200_002531.jpg

林道分岐です。
e0137200_0212623.jpg

さすがに林道を離れると熊のウ〇コや熊棚が目に付きます。
e0137200_0235113.jpg

湯殿山の石碑がある明月平を過ぎ、しばらくするといよいよ御番所跡ですが、
ムラサキシキブ
e0137200_022897.jpg

マユミ
e0137200_05632.jpg

などが目を楽しませてくれます。
日差しが出てきた御番所跡で昼食休憩です。先ほどゲットしたムキタケを使ってebiyanさんがキノコ汁を作ってくれました。
e0137200_01346.jpg

そしてmaro7さんの蔵王ホルモンです。
e0137200_0141097.jpg

みんなでワイワイ楽しい昼食タイムを過ごしたら記念撮影ですね。
それぞれのカメラを一斉にセルフタイマーで撮影です。目線がバラバラ。
e0137200_019135.jpg

御番所跡には昔あったであろう建物の礎石があったり、神社の鳥居が倒れていたりしました。ここから半森山へ登る道があったのかも知れません。
e0137200_036127.jpg

実はここからがアドベンチャーなのでした。
何ヵ所かの沢は小さく問題ないのですが、道のぬかるみが凄くて歩きにくい。左右に逃げようとすると木が邪魔をする、その上コースが少しわかりにくいところも。とは言えベテラン揃いなので難なくクリアでした。皆さんここは長靴だなーと言ってましたがその通りですね。
天沼を過ぎ、杉の植林帯を過ぎるとあっという間に銀山側の街道口でした。
e0137200_0472144.jpg

最上海道が仙台街道になっています。

SONEさんとの驚きの出会い、熊の巣の道、そして皆さんとの楽しい語らい。本当に面白い、いにしえの街道歩きでした。

コースタイム。
7:55山神神社脇海道入り口-8:45高畑石碑9:00-9:55助小屋・水場休憩-10:55明月平-11:40御番所跡12:40-13:45仙台街道口

この後、漆沢へ向かう途中で美味しい長寿の名水を汲み、薬莱土産センターで買い物をして皆さん無事帰宅。楽しい1日ありがとうございました。

そうそう新兵器はガーミンのetrex VISTA HCx(英語版) でした。
e0137200_1121957.jpg

現在地はしっかり確認できたけど、まだまだ使い方がわかりません(笑)
そのうち覚えますからねー。
by morino1200tb | 2009-11-10 01:21 | 09年登山 | Comments(20)

ビックリ、ドッキリ、今日の山。

今日はビックリ、ドッキリの山でした。
でもすごく楽しかった山です。
こんなのが所々にありました。
e0137200_2131733.jpg

驚愕の真実、新たなツール、そして「何じゃ、こりゃー?」は
あしたの心だー!(たぶん)
by morino1200tb | 2009-11-08 21:37 | 09年登山 | Comments(4)

ジェイムス・テイラーに癒されて

各地で初雪の便りが聞かれました。マイ・ホーム・ゲレンデの泉ヶ岳にも雪が降りましたよ。いよいよ雪山シーズンかと思ったら、又暖かくなるようですね。
今日も山はパスしてグダグダと・・・。いやいやいろいろ用事がありました。
さて、前回予告していたAllmansやSteve Winwood & Eric Claptonはそのうち紹介しますが、
今日はジェイムス・テイラーのビーコンシアターのライブDVDです。
e0137200_21593044.jpg

98年のライブです。昔の写真を知っている方はビックリの変貌ぶり(あえてどこがとは書きません。アッ、ジャケットでわかっちゃいましたねー)ですが、歌声は変わりません。
派手さの無い落ち着いたステージでおなじみのYou Can Close Your Eys、Fire And Rain、You've Got A Friend ほか多くの素晴しい曲を聞かせてくれます。
この後2001年のツアーDVDに「プル・オーバー」があります。
e0137200_22231657.jpg

これもジェイムス・テイラーならではの素晴しいステージを見せてくれますが、この曲が入っていません。
Don't Let Me Be Lonely Tonight です。やっぱりこの曲はいいですねー。
2枚のDVDとも彼はジェイムス・オルソンのエレアコ(カッタウェイ有りと無し)を弾いています。中々お目にかかれないギターですが、ピエゾ特有の音(ライブじゃしょうがないけど)がちょっと残念です。
バックの演奏もしっかりしていてソロも楽しめますし、コーラスにはヴァレリー・カーターがいるみたいです。
どちらもジェイムス・テイラーならではの曲と声で本当に癒されます。お酒を飲みながらだと、ついつい飲み過ぎてしまう様な・・・。
by morino1200tb | 2009-11-03 23:03 | 音楽関連 | Comments(4)

サンタナのブルースもかっこいいぞ!

昨日今日と山はお休み。
久しぶりに最近購入したDVDの一つをご紹介。
e0137200_20372294.jpg

2004年モントルージャズフェスティバルでのDVDです。
CARLOS SANTANA PLAYS BLUES AT MONTREUX とのタイトルどおりほぼ全編ブルースです。
もともとサンタナ・ブルース・バンドでキャリアをスタートした人ですので違和感無く楽しめます。
ただしギターはいつものポール・リード・スミス(ギターブランドです)サンタナ・シグネイチャーモデル。ブルースにこれって、なんか合わないような気がしますけど、サンタナだからしょうがないよねー。いい音出してるし。
個人的にはギブソンかエピフォンの箱物かフェンダーかな。ギルドも渋いか。
で、中身ですが、サンタナが影響を受けたゲイトマウス・ブラウン、ボビーパーカー、バディ・ガイとのセッションです。
ゲイトマウス・ブラウンの渋さには脱帽です。カッコイイー。♪オーキー・ドーキー・ストンプでキーを間違うのはご愛嬌ですね。革のピックガードのギブソン・ファイアー・バード(TP-6付き)もカッコイイです。
ボビー・パーカーさんは時々スケールアウトするのが残念(チューニングのせい?)ですが存在感のあるトーンとボーカルです。
バディ・ガイはさすがの貫禄。いつ見ても素晴しいブルースマンです。名曲ストーミー・マンデー・ブルースは彼ら二人の素晴しい演奏を見せてくれます。
バディ・ガイの水玉ストラトのピックアップはレースセンサーだったのをこのDVDでわかりました。
そして、シックのナイル・ロジャースも出てきます。いつものカッティングではなくソロも弾いてますよ。
最初から最後まで楽しめて、サンタナがエリック・クラプトンと違和感無くお互いのステージに立つのが良く判りるDVDです。
他にもオールマンズのフィルモアライブとか
e0137200_2149986.jpg

ブラインド・フェイスを思い出させるエリック・クラプトン&スティーブ・ウィンウッドとか
e0137200_21493746.jpg

紹介したいDVDはあるのですが、また今度ですね。
by morino1200tb | 2009-11-01 21:50 | 音楽関連 | Comments(7)