山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
17年登山
16年登山
15年登山
14年登山
13年登山
12年登山
11年登山
10年登山
09年登山
08年登山
07年登山
山関係
音楽関連
あれこれ
震災
特別版

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

フォロー中のブログ

お山遊び
点描2
ebiyanの南東北 山...
ソロで生きる
バリ太郎とゴロゴロ
マロのページⅡ
Estrellas y ...
Mountain Rose
船形山からブナの便り(ブ...

リンク

最新のコメント

やまぼうしさん 今晩は。..
by morino1200tb at 20:34
男体山のてっぺんに立った..
by やまぼうし at 01:35
SONEさん お世話様で..
by morino1200tb at 22:23
アカヤシオは新田川付近が..
by SONE at 19:52
ナカシィさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 20:43
恐縮です~m(_ _)m
by nakacy at 22:06
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 22:40
立ち読みでしたが、私もガ..
by SONE at 13:59
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:31
ツアーメンバーが変わると..
by SONE at 22:59

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧

検索

ファン

最新のトラックバック

石跳川から月山周回(平成..
from HITOIKI Blog

<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

マクロレンズ

このところ用事があって、大朝日の後なかなか山へ行けません。
ご訪問いただいていらっしゃるみなさん、ごめんなさい。
山へ行けない代わりに、レンズを買いました(因果関係ありませんけど)。
今までは105mmのマクロで花の写真を撮っていたのですが、APS-Cだと168mm(35㎜換算)になり、ワーキングディスタンスがあるのはいいのですが、むしろそれで引けないことや手ブレのことなどもあり、チョッと撮りにくい感じがしていました。
そこで50㎜~70㎜を検討していた結果。思い切って(清水の舞台から・・・と言う感じですかね)キャノンの60㎜マクロを昨日購入しました。
35㎜換算で96㎜なのでマクロとしては標準的な焦点距離ですし、さすが純正レンズだけありオートフォーカスのスピードが速いです。私はマクロはマニュアルフォーカスなのですが、このレンズはフルタイムマニュアルが使えるのでスゴイ楽です(オートフォーカスしてそのままマニュアルで特定のポイントにピントを合わせることができるので撮りやすい)。
e0137200_22163257.jpg

今日、明日と忙しいので実写は次の山がぶっつけ本番になりそうです。
今度もお泊り予定ですよ。また朝日?それとも飯豊?あるいは・・・。
乞う、ご期待!(笑い)
by morino1200tb | 2009-08-29 22:32 | あれこれ | Comments(8)

日暮沢から大朝日周回(2日目)

8月15日(土)
4時頃にテントから表へ出て東を見ると、次第に空が赤く染まってきました。
遠くには雲海に浮かぶ山々のシルエット。そしてその上に北から雲が流れてきます。
赤い色が刻一刻と空を埋めて行きます。
そしてついにその時が来ました。
圧倒されるほどの朝焼けです。
e0137200_20273028.jpg

あまりの幻想的な光景にその場にいた人たちは一様に立ち尽くしています。
時がゆっくりと過ぎ、そしていよいよ日の出です。
e0137200_20315645.jpg

少し経って、雲海に浮かぶ蔵王連峰です。
e0137200_20412483.jpg

朝食を摂り、テントを整理して(設営のままでOKでした。助かりました)大朝日山頂へ登って景色を楽しみます。
鋭鋒祝瓶山とその奥に雲海に浮かぶ飯豊連峰です。
e0137200_20544352.jpg

そして北に目を転じて月山と鳥海山です。
e0137200_20575454.jpg

山頂からの景色をひとしきり楽しんだ後は、いよいよ主稜線歩きのスタートです。
Yさんは当初の予定通り中ツル尾根を下るとのことでここでお別れしました。

歩き始めると登山道の周りにハクサンイチゲ、ミヤマリンドウ、ヤマハハコ、シラネニンジン、ウサギギクなどたくさんの花が目についてきます。
トモエシオガマ。
e0137200_21143087.jpg

タカネツリガネニンジン(ハクサンシャジン)。
e0137200_21162166.jpg

蜂とコガネギク(タカネアキノキリンソウ)。
e0137200_21194883.jpg

イワショウブがありました。
e0137200_21344917.jpg

ニッコウキスゲもあります。奥は以東岳。
e0137200_21534814.jpg

西朝日岳へ着いて一休み。
e0137200_21373380.jpg

ここからも素晴しい展望が楽しめます。大朝日方面。
e0137200_21455989.jpg

この後もお花畑の連続で、ご一緒した皆さんもお喜びのようです。
e0137200_2142138.jpg

トリカブト。
e0137200_21475229.jpg

気持ちの良い稜線歩きが続きます。
e0137200_21494879.jpg

竜門小屋手前から高松峰と以東岳。
e0137200_21575911.jpg

竜門小屋で一休み。管理人の遠藤さんはヒマラヤから帰って9月から小屋に入るそうです。
水を補給して分岐から日暮沢を目指します。
こちらの稜線も花がイッパイ。
ナンブタカネアザミ。
e0137200_2295653.jpg

ピンクのダイモンジソウ。
e0137200_228250.jpg

タカネマツムシソウ。
e0137200_2243890.jpg

強い日差しの中、清太岩山へ着きました。ここで一休み。
振り返ると大朝日岳が「又来いよ。」といっているようです。モチロン又来ますよ。
e0137200_22143312.jpg

ここからは樹林帯の中をひたすら日暮沢まで降りて行きます。
急斜面の連続でイヤになるけどしょうがない。こんなにいい思いしたんですからね。

コースタイム(2日目)
6:00大朝日小屋-7:30西朝日岳7:50-9:05竜門小屋9:25-11:00清太岩山11:15-12:05ゴロビツ水場-13:45日暮沢

この後Aさんご夫妻とSさんを朝日鉱泉へ送って山行終了でした。
2日間とも良い天気に恵まれ、素晴しい夕日、朝焼け、綺麗な花々、そして雄大な展望を楽しめました。
また、偶然テントで同宿となった皆さんとの楽しいひと時は最高の思い出となることでしょう。
Aさんご夫妻、Sさん、主稜線から日暮沢へのコースはいかがでしたでしょうか。楽しんでいただけたのならば幸いです。
by morino1200tb | 2009-08-17 22:36 | 09年登山 | Comments(15)

日暮沢から大朝日周回(1日目)

8月14日(金)
久しぶりに日暮沢から大朝日の周回コースを歩いてきました。
昨年は日暮沢-狐穴往復になってしまいましたが、今回は時計回りにハナヌキ峰から登るコースです。
日暮沢は相変わらず車がイッパイ。小屋から少し奥の林道に車を停めて出発です。
e0137200_17391847.jpg

林道終点から樹林帯の急登です。ハナヌキ峰へ向かう途中の樹間から少しガスがかかった稜線が見えました。
e0137200_1755920.jpg

まあ、午後には晴れるだろうと登り続けますが、重いザックに急登でタップリ汗を搾られます。
ようやく古寺鉱泉との分岐に着きますが、人気がないのか私の出発が遅いのか、この間誰とも会いませんでした。
左がハナヌキ峰。右が古寺鉱泉。
e0137200_17591651.jpg

さすがにここからはたくさんの人とスライドするようになりました。
三沢清水へ着いて、冷たく美味しい水で一休み。
そして少し歩いて古寺山山頂。ここから朝日連峰が見渡されます。
古寺から小朝日とガスがかかっている大朝日方面。
e0137200_1862519.jpg

ここで昼食休憩していると鳥原小屋泊まりのご夫婦(カップル?)が来ました。昨日(13日)はスゴイ雨だったそうです。団体が向かったので大朝日小屋は満員らしいと言う話を聞かされ、鳥原小屋に泊まるか竜門まで足を伸ばすか悩みながらも、何とかなるだろうと大朝日小屋を目指します。が、小朝日へは登らず巻き道を行くヘタレな私です。
分岐あたりから障子ヶ岳と清太岩山方面。
e0137200_18194110.jpg

巻き道途中から大朝日、中岳とガスのかかった西朝日方面。
e0137200_18225810.jpg

熊越から小朝日岳。
e0137200_18251715.jpg

ガスの取れた大朝日岳が見えてきました。さすがにこの時期にはY 字雪渓の雪も少ないですね。
e0137200_18283198.jpg

ここからは気持ちの良い稜線歩きです。
銀玉水で水を補給。このあたりからニッコウキスゲが咲いていました。
e0137200_18322947.jpg

ハクサンフウロも咲いています。
e0137200_18352918.jpg

小屋の近くのタカネマツムシソウやタカネナデシコを見ながら小屋に着いて、管理人の大場さんに「お世話になります。」と言ったら、「ダメだ、ダメだ。今日はもうイッパイだ。」との返事。
ヒェー、竜門まで歩くかと思っていたら、テントを借りられそうな気配。銀玉水で一緒になったYさん、Aさんご夫妻、Sさんの5人でどうかと交渉して6人用を1張りゲット。
早速設営です。
e0137200_18462446.jpg

設営が終わったら当然これです。朝日にはアサヒなんてね。苦労して持ってきた甲斐がありました。ウマイ!
e0137200_18484736.jpg

陽の当たるところで飲みましょうとSさんが呼んでいます。みんなで集まって飲み始めたら、近くの方が影朝日が見えますよと言います。影朝日?影鳥海なら聞いたことがあるけど、と思って指差された方向を見ると確かに影が。しかしどうにも腑に落ちないので、Yさんと山頂へ。
なんと、本当に影朝日だー!
e0137200_18584995.jpg

中ツル尾根に見事な三角形がかかっています。
さらに見事な雲海を堪能できました。いやー最高。
雲海に浮かぶ飯豊連峰です。
e0137200_192132.jpg

皆さん東京からで昨日たまたま朝日鉱泉で一緒になったそうです。アルプスはじめ精力的に歩かれているベテランの方々でした。Yさんの奥さんのご実家は宮城県の大河原町。同じ県繋がりでなんとなく嬉しくなります。
話を伺うと、今日は朝日鉱泉から鳥原小屋-小朝日-大朝日。明日は中ツル尾根を下るとのこと。
どうして主稜線を歩くコースにしなかったのか伺うと、ガイドブックにはそう書いているとのこと。どうやら交通の便の悪い人向きのコース設定のようでした。
YさんとAさんご夫妻は朝日鉱泉に車を置いており、Sさんは荷物を置いて会員制バスの予約があるとのこと。
ひとしきり周回コースの良さを力説したこともあり、又、せっかく東京から来たのであれば朝日の素晴しさを堪能してもらいたいと思い、言ってしまいました。 「私が送ります。」
ということで、同じテントに泊まるのも何かのご縁。明日は大朝日から西朝日-竜門-ユーフン-日暮沢に決定。
そうこうしている内にトワイライトタイム。
相模山の稜線に沈もうとしている夕日。明日も晴れそうで楽しみです。
e0137200_193111100.jpg

コースタイム1日目
9:00日暮沢-9:20林道終点-11:10古寺鉱泉分岐-11:40-三沢清水-12:10古寺山12:35-12:55巻き道-13:15小朝日分岐-14:50大朝日小屋

夜中にテントから出て空を見れば、煌々と輝く月と満天の星。そして天の川。
夜空を楽しんでいると流れ星が!何をお願いしたかって?ナイショだよ。
by morino1200tb | 2009-08-16 19:50 | 09年登山 | Comments(6)

お泊り山行

14日15日と泊まりの山で、素晴しい景色を堪能することができました。
こんな雲海も見られましたよ。
e0137200_20274158.jpg

さて、どこへ行ったのでしょう?そして待望の朝焼けは?この夏を彩る花々は?そして驚きの出会いとは?
アップは明日予定!乞う ご期待!
by morino1200tb | 2009-08-15 20:34 | 09年登山 | Comments(4)

ホイッスル

8日9日と泊まりで朝日へ行こうと思っていましたが、チョッと天気が思わしくなく断念。
せっかく緊急用に笛を用意したのに。って使うシチュエーションになったら怖いけどね。
まぁ、念のためです。
e0137200_22174415.jpg

ちなみに、右の小さいのはワイルド-1で購入。
首から下げる紐を探しに100円ショップのダイソーへ行ったら左のチョッと大きいのが売っていました。安い!おまけにカラビナまでついてる(T_T)。
ウーン、これからはまずダイソーへ行って、それから専門店かな。
by morino1200tb | 2009-08-10 22:31 | 山関係 | Comments(6)

実写

昨日今日と天気予報が当たらなかったため、山を楽しんだ方々も多いかと思いますが、私は二日間とも家の用事と仕事で山へは行けませんでした。残念。
今日はその合間に台原森林公園でパチリと撮影。
e0137200_22345918.jpg

池にはハスの花がたくさん咲いていましたが、鯉やら亀やらと一緒に鴨もずいぶんとおりました。
e0137200_22401215.jpg

さて、実写のインプレッションですが、高画素と新エンジンのせいか少ーし綺麗かな。ファインダーが見やすくなったので撮りやすくなりましたね。1枚目のハスは35ミリ換算約400ミリで、手持ち・マニュアルフォーカス。手ブレ補正レンズ様々ですね。
液晶モニターは高精細とはいえ直射日光の下ではツライです。今回は時間がないのでライブビューは試しませんでした。
ライブビューだけでなく様々な機能は設定を覚えて次回のお楽しみです。
次回は山で撮影予定。ひょっとして朝焼けなんか見られるかな?乞うご期待!
by morino1200tb | 2009-08-02 23:03 | あれこれ | Comments(10)