<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ジェフ・ベック

いやー、最高です。
ついに出たジェフ・ベックのオフィシャルDVD「ライブ・アット・ロニー・スコッツ・クラブ」は感涙ものです。
e0137200_2203027.jpg

このDVDは正座して見なくてはいけません(笑い)。というぐらい素晴しい演奏です。ちなみに正座して見たのはウェス・モンゴメリーのレーザーディスク2枚の時です。

今まで画質の悪いブートレッグDVD何枚かと99年の日本ライブ(テレビでオンエアしたものをVHS→DVDで保存。この時はジェニファー・バトンがセカンドギター)や、クラプトンのクロスロード・フェスティバルでしか見られなかったものが、しっかりした映像で見られるんですから本当に嬉しい限りです。

全ての演奏が素晴しいので、あそこまでやるんだという精緻なアーミングとボリューム操作にはビックリ。全曲を通して緊張感あふれる素晴しい演奏ですが、ギターミュージックのカッコ良さをアピールできるのは、やはり永遠のギター小僧ジェフ・ベックだといまさらながら感じさせてくれます。

そんな緊張感のある中でベースのタル・ウィルケンフェルドがサドゥスキーのジャズベースモデル(Dチューナー付き?)をニコニコと楽しそうに弾いていました。大好きな「悲しみの恋人達」では素晴しいベースソロを披露。クラプトンのクロスロード・フェスティバルDVDで初めて見てビックリしましたが、こんなに可愛くて上手いなんて本当に驚きです。
ドラムのヴィニー・カリウタはメチャクチャ上手いし、キーボードのジェイソン・リべロもすごい。素晴しいグループの出せるメンバー達です。
タル(孫)を見守るように演奏するジェフ(お爺ちゃん)とヴィニー(お父さん)、ジェイソン(お兄ちゃん)といったファミリーを思ってしまうのは私だけでしょうか。

CDには入っていなかったゲストの女性ボーカルの時のバッキングも楽しめます。もちろん御大エリック・クラプトンとの2曲は素晴しく、二人の資質の違いが良く判ります。

私はアマゾンで日本版を予約して買いましたが、安い輸入版(リージョンフリーのようです)でOKだと思います。
by morino1200tb | 2009-04-29 23:12 | 音楽関連 | Comments(2)

大東岳

e0137200_22533275.jpg

4月19日(日)大東岳へmaronnさんと行ってきました。
駐車場には6~7台の車が停まっていました。我々が停めた後にもすぐにもう1台。
e0137200_2354719.jpg

うっそうとした杉林を歩いて行くと、広葉樹のあるあたりにはたくさんの熊棚が見られました。
e0137200_2393091.jpg

熊に会わないことを祈りながら歩を進めます。
登山道の沿って花がたくさん見られました。

カタクリ
e0137200_2312634.jpg

キクザキイチゲ
e0137200_23125169.jpg

2時間ほど汗をかきかき登って、1019メートル地点から雪の痩せ尾根が見えてきました。ヒャー、雪庇が怖いよー。
e0137200_2319471.jpg

でも左側に夏道が出ていて一安心。

東清水過ぎからは雪道です。
そして鼻こすり前の急坂もタップリの雪。ここはしっかり蹴りこんで登って行きます。
e0137200_23253984.jpg

鼻こすりを過ぎ山頂が近づくにつれて素晴しい景色を見られるようになりました。でも雪庇が怖い。
e0137200_23322094.jpg

そして山頂へ着くと
e0137200_23353688.jpg

鳥海山が迎えてくれました。
早い時間から登っていれば、もっとクッキリとした姿が見られたかもしれませんが、これだけ見えれば幸せです。優美な姿だからでしょうか、どの山へ登っても鳥海山が見えると幸せな気分になってしまいます。
山頂からは月山をはじめ船形方面を楽しむことができました。
e0137200_23445437.jpg

e0137200_23451721.jpg

思ったより風の無い山頂は快適で、景色とともに途中パスされたソロの方との話も楽しめました。
e0137200_23533379.jpg

下りは大分ゆるくなった雪を楽しみながらの歩きです。夏道のゴツゴツした感じと違い、足に負担がかからずに歩けるので大好きです。
e0137200_0307.jpg

痩せ尾根も雪の上を歩いて行きます。
e0137200_031087.jpg

しかし、途中クラックが入っていたため夏道へ逃げました。
この後は夏道をひたすら下りましたが、今年初の花と出会えてうれしくなりました。
特に登山道脇にカタクリがたくさん咲いていて、カタクリロードの趣でした。

イワウチワ。
e0137200_085143.jpg

ショウジョウバカマ。
e0137200_095824.jpg

エンレイソウ。
e0137200_01146.jpg

コミヤマカタバミ。
e0137200_0115572.jpg

そして、おっかないハシリドコロがたくさんありました。
e0137200_011488.jpg

もちろん、今が見頃のニリンソウ。
e0137200_0153695.jpg

カタクリ撮影中のmaronnさん。
e0137200_017384.jpg


この日の大東岳は、登りの時にパスされたソロ1人とスライドしたソロ2人とご夫婦1組の合計5人に会っただけの静かな山でした。皆さん釣りと山菜だったのでしょうか。
雪を楽しめ、花を楽しめ、そして景色を楽しめた、久しぶりの大東岳は大満足の山でした。たくさんの花を見ることができる残雪期の山はいいですね。

コースタイム
9:10登山口-12:10山頂12:55-15:10登山口

駐車場を出て少し走った橋の上に小さな動物がノロノロ歩いていました。
最初狸かなと思ったのですが、近づくとハクビシンでした。
e0137200_0411856.jpg

e0137200_0414054.jpg

熊に会わずに(会いたくないけど)外来種のハクビシンに会うとは・・・。ペットとして飼っていたものを捨ててしまったのだと思いますが、大東岳の野生動物の代表がハクビシンなんてことにならないことを願います。
by morino1200tb | 2009-04-22 00:54 | 09年登山 | Comments(4)

今日は大東岳

4月19日(日)
大東岳へ行ってきました。
久しぶりの大東岳、疲れました。
今日はカタクリの写真で勘弁してね。後日アップいたします。乞うご期待(かな?)。
e0137200_2136555.jpg

by morino1200tb | 2009-04-19 21:35 | 09年登山 | Comments(4)
4月16日(木)
出張で福島へ。仕事が早く終わったので夕方に有名な花見山へ行ってきました。
桜の見ごろは過ぎたようでしたが、まだ残っている桜や梅、レンギョウ、そのほかたくさんの花が咲いていました。
e0137200_18325565.jpg

帰り際に池を覗いてビックリ。
ギョ、ギョ、人面魚だー。
e0137200_18385250.jpg

ずいぶん前にテレビや週刊誌で騒がれ(山形が最初だったと思いますが)ましたが、最近話題にならないと思っていたら、こんなところにいるとは。
人面魚と言うよりは猫面魚か犬面魚という感じもします。この手の鯉はどこにでもいるんでしょうね。
by morino1200tb | 2009-04-18 18:46 | あれこれ | Comments(4)

雄勝峠から上品山

4月11日(土)
「雪山へ行くぞー」と言ったのですが、石巻の里山「上品山」へ行ってきました。
メンバーはmaronnさんとichicoさんです。「我々にぴったりな上品な山だね」と笑いながらの山行です。本当は「じょうぼんさん」なんですけど。

登山口の近くの雄勝峠に車を停めて出発です。こんな所です。
e0137200_21221885.jpg

e0137200_21224444.jpg

上の写真の行きあたりが登山口。石巻ハイキングロードです。
e0137200_21261720.jpg

手入れの行き届いた歩きやすい道です。
アップダウンを繰り返して水沼山ツツジ園駐車場へ到着。
ツツジ園とハイキングロードの看板がありました。
e0137200_21413798.jpg

e0137200_21423321.jpg

水沼山は伐採された後のように見えますが、ここはツツジ園。もうすぐツツジに覆われた山になるのでしょう。
e0137200_21451865.jpg

いろいろな企業、団体がツツジの植樹をしていました。
山頂手前からは、来る途中にやっていた北上川の葦焼きの煙が見られました。
e0137200_2205411.jpg

山頂です。
e0137200_2154027.jpg

これから向かう上品山方面。
e0137200_221479.jpg

北上川も見えます。
e0137200_2213962.jpg

山頂から急坂を降りて、林道(作業道?)に沿って歩きます。
e0137200_22161261.jpg

歩いていくと山桜が咲いていました。
e0137200_22184744.jpg

e0137200_22233431.jpg

途中から折れた枝だけが咲いていました。自分の生を全うしようというのでしょうか、けなげな姿に思わず涙が出そうになります(誰も涙を流しませんでしたけど)。

林道から快適な登山道に入リますが、水沼山を過ぎてからは風がなく汗をかきながらの歩きです。
e0137200_22385722.jpg

ようやくエンレイソウを見ることができました。山の花らしいのはこれだけでした。
e0137200_22413212.jpg

水沼西登山コースの分岐をすぎて登っていくと、いよいよ上品山です。
でも、着いたところはコンクリート舗装の道。左に歩いてレーダードームの奥の三角点目指して歩きます。
e0137200_22535698.jpg

三角点へタッチして、草原になっているところで昼食。霞んでいるため遠くは見えませんでしたが、石巻や北上川を見ながらノンビリできました。
e0137200_22581298.jpg

帰りは往路を戻ります。アップダウンの高低差が結構あって疲れます。水沼山へは直登したため気付かなかったのですが、咲いているものがありました。
e0137200_2355031.jpg

結局誰とも会わずに登山口へ戻りました。今日は3人の貸切登山でした。
帰りに、道の駅上品の郷へ寄って産直の美味しそうなものをそれぞれ買って帰路へ。

上品の郷から上品山です。
e0137200_23262796.jpg

里山だと侮ってはいけませんね。このコースは結構大変です。ただ着いたところが舗装路で、上品山へ(水沼山も)車で来れるところだというところがガッカリでしたが、それでも歩いたところはちゃんと登山路でしたし、1000m超の山の登山にも負けない内容だと思います。

コースタイム
9:35登山口―10:25水沼山―12:00上品山12:40―13:50水沼山―14:30登山口

この後、硯上山を考えていたのですが思った以上の疲労のためパスしました。今度機会があれば登ります。
さぁ、今度こそ雪山へ行くぞ(本当か?)
by morino1200tb | 2009-04-11 23:34 | 09年登山 | Comments(6)

散歩

4月5日(日)
昨日は仕事。今日はどうも疲れと花粉症で体調がイマイチなので山はお休み。
それでも昼近くになると体も次第に良くなり、体を動かしたくなって来ました。
そこで、いつもは車で行くパソコンの店へ歩いて行くついでに七北田川を散歩することにしました。

七北田川の鴨です。近づくと逃げていきます。
e0137200_18134715.jpg

堤防の上で動かずにいると無視して自由に動いてくれます。
e0137200_18145090.jpg

e0137200_18153424.jpg

河川敷の公園では、あちらこちらに親子連れ、ご夫婦、ワンちゃん、釣りをする少年などを見受けることができ、みんな春の日差しを楽しんでいるようでした。
e0137200_18235975.jpg

帰宅してテレビを見てビックリ。散歩している時にミサイルが発射されていたんですね。

昼食後に台原森林公園へ足を伸ばしてみました。あわよくば花の写真でもと思いましたが、何もありませんでした。
ここの鴨(白鳥も)は人なれしているのか(餌付け?)近づくと寄ってきます。七北田川とは違いました。
公園は人がイッパイ。散歩(人も犬も)、ジョギング、芝生の上でお花見(?)、大きい三脚とカメラを持っている人もいました。いい公園です。
e0137200_18323260.jpg

七北田川でも台原森林公園でも、歩いている途中で鼻がムズムズ、ハックション! まだまだ花粉症の季節です。
来週は雪山行くぞー!
by morino1200tb | 2009-04-05 18:41 | あれこれ | Comments(6)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb