カテゴリ:音楽関連( 42 )

7月26日(木)
ラリー・カールトン仙台公演へ行ってきました。
何せ、ギター小僧を夢中にさせた最大のヒット作 "Larry Carlton"と"Strikes Twice"、 "Sleepwalk"からの曲を演奏するというのですから、こりゃ見逃せませぬ。
しかもメンツがグレッグ・マシソン、エイブラハム・ラボリエルというおなじみのアルバム参加メンバー。
e0137200_11502918.jpg

10年前に早池峰から帰ってきた足で観た、多賀城文化センターでのFOUR PLAY以来のラリー・カールトンでした。
ご一緒したのは山仲間のSONEさん、taku-o君とtaku-o君の素敵な奥様asukaさん。
席も前のほうでバッチリね。(^^)
e0137200_21275598.jpg

で、ラリー・カールトンのギターソロから始まったステージはDon't Give It Up、Rio Samba、It Was Only Yesterday、Sendai Blues、10:00PM・・・などなど。
そして、アンコールにSleepwalkとRoom335。
いやー、大満足。
御大ラリー・カールトンはもちろんですが、グレッグ・マシソンの熱演やエイブラハム・ラボリエルのファンキーでユーモラスな動きながら凄い音とテクニックを目の当たりにしてのけぞってしまいました。また、ドラムのキース・カーロックはステーィーリー・ダンなどのサポートをするだけあって、その素晴らしい演奏にも驚愕でした。
ちなみにこの日はラリー・カールトンのトレードマークであるギブソンES335TDブロックポジション後付テールピース少し後ろモデルとフェンダー・ストラトキャスター62年モデルを使用。良い音です。

公演が終わり、興奮が冷めやらぬまま中華料理店へ。
みんなでビールと料理をガンガン食べながら大盛り上がり!
乾杯の写真を撮る余裕もないほどでした。(^^)

おまけ
e0137200_21284198.jpg

演奏前のステージに置かれたギター。これを弾きました。たぶん昔使っていたオリジナルではなくシグネイチャーモデルだと思いますが、うーん、Mr.335と刻印されているトラスロッドカバーが引っ掛かりますが本物っぽくも見えますなー。
by morino1200tb | 2012-07-27 21:19 | 音楽関連 | Comments(12)
3連休はどうも天気が悪いらしいと思って山をあきらめた途端に、日曜日に少し仕事が入り、月曜日はたまっていた仕事を片付けるというシルバーウイークの始まりでした。
こんな時はDVDで気分転換ということで見たのがこれ。
e0137200_22174191.jpg

ジョージ・ハリスン&フレンズ コンサート・フォー・バングラデシュ

独立戦争(第三次印パ戦争)で疲弊したバングラデシュ(旧東パキスタン)の人々のためにジョージ・ハリスンが1971年に行ったベネフィットコンサートです。
リンゴ・スター、ボブ・ディラン、レオン・ラッセル、エリック・クラブトン、ジェシ・エド・デイビス、ジム・ケルトトナーほか多士済々が集まったコンサートで、のちのロック、ポップス系のベネフィットコンサートの先駆けといえるでしょう。
演奏曲はマイ・スウィート・ロード、ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス、ジャンピン・ジャック・フラッシュ、風に吹かれて、ヒア・カム・ザ・サン、サムシング…などなど。
昔映画で見ていて(映画館がどこだったか思い出せないT.T)印象深いものがあったのですが、たまたまアマゾンで安い輸入盤を見つけてポチっと。値段の割には立派なセットです。
本棚に震災で処分したとばかりl思っていた映画のパンフレットが残っていました。
e0137200_22243485.jpg

DVDは映像・音声をリマスターしたとのことですが、40年も前のものなので近年のデジタル収録したものとは比べようもありません。しかし、こうしたものは見られるだけで満足です。

演奏は素晴らしいの一言。終始ジョージ・ハリスンがイニシアチブを取っています。
ジョージ・ハリスンの溌剌とした姿に反して、エリック・クラプトンはドラッグでの沈滞期のため精彩を欠いています(この後ピート・タウンゼントの助けによるレインボーコンサートなどを経て461 オーシャン・ブールヴァードで復活)。
ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープスでは元気の無いほぼレコード通りの演奏に対して、ジョージ・ハリスンはクラプトンに気合を入れるかのようなソロを弾いています。

ジョージ・ハリスンが亡くなり、エリック・クラプトンがジョージ・ハリスン・トリビュート・コンサート(このライブDVDは素晴らしい!)を開いたり、自らのドラッグの反省からクロスロード・ギター・フェスティバル(このDVDは4枚出ていますが全部楽しめます)を開催しているのをみると感慨深いものがあります。

このDVDは安い輸入ものでリージョンコードは1です。一般のDVDプレーヤーでは見られませんのでご注意下さい。

さて、シルバーウイーク後半戦は山へ行けるかな?いや、行くぞー!
by morino1200tb | 2011-09-21 22:37 | 音楽関連 | Comments(2)

ジャズフェス

9月10日(土)
朝から緊急の仕事が発生。業者さんと一緒に行って午前中に一件落着。
前夜の飲み会の影響(二日酔いとも言いますが)もあってボーとしてたら、山仲間のmaronnさんから「ジャズフェスにいるよー」とメールが。
というわけでジャズフェスへ行ってきました。
地下勾灯台当台公園駅を出ると、音楽と共にものすごい数の人が目に入ってきます。
これはやっぱりお祭りですね。
竹中工務店のビルでは大船渡のSand Pipers Orchertra(津波被害に遭ったメンバーもいます)が演奏していました。久しぶりにビッグバンドならではの音圧を楽しみます。
e0137200_14395360.jpg

ぶらぶらしながら勾当台公園へ行くとブルースをやっています。
かなりタイトで太い音を出しているので、プログラムを見てみるとKunio Kishida Trioでした。
ギター好きならご存知の彼はビンテージギターショップ"ナンシー"のオーナーでもあります。
この日のギターも目の玉が飛び出るような値段のレス・ポールだったのでしょう。いい音です。いやいや、それ以上にいい演奏でした。
e0137200_14471871.jpg

待ち合わせ場所の三越前では福島のKaua Nishimakiがウクレレ一本でディストーションやワウ、ループなどのエフェクターを使って楽しいウクレレパフォーマンスをやっていました。
e0137200_1456417.jpg

仕事仲間の山ガールMさんが通りかかって話をしていると、会社のFさんがお母さんと歩いてきました。
半ズボンにザックを背負い、首にタオルを巻いてカメラをぶら下げている私の姿(山と一緒みたいですけど)を見てお母さんは何と思われたことやら・・・。まぁ、お祭りですから。

maronnさんがやってきて再び勾当台公園へ。
お祭りにはやっぱりこれです。
e0137200_1535285.jpg

ビールのお供に玉コンニャクを頬張りながらYuka & Hot BrothersのセクシーなYuka姐さんを見て、
e0137200_15121528.jpg

野外音楽堂ではポップで楽しいRompin'Stompin'のキュートなSekirikaちゃんを見ました。
e0137200_15141393.jpg

もう一度滝前へ行くと福島のSuper Dimensionが演奏中。
e0137200_15174322.jpg

ブルースだけではなくドゥービーなんかもやりましたが、なかなか上手なバンドです。
手前のシェクター製ストラトのクランチトーンが気持ちよかったですよ。
錦町公園の日本酒コーナーへ行ったら知り合いだけでなくお客さんまでいました。
当然お付き合いで一杯です。
珍しいモズライトの64年モデルを使っている末松をみて、
e0137200_15252818.jpg

派手な衣装のオトコとオンナ(ランジェリーズ)の昭和歌謡を楽しみました。
e0137200_15271273.jpg

ワンちゃんもいましたが「もう飽きたよー。」というところでしょうか。
e0137200_1529128.jpg

ここでマー君と斉藤佑樹の投げあいを見にKスタへ行っていた山仲間のichicoさんと知人のKさんと連絡が取れ、仙台駅で落ち合うことに。
夜の帳が降りる頃、
e0137200_15371494.jpg

みんなで飲んで騒いでいたのでした。(笑)
e0137200_15383899.jpg

コースタイム
13:50勾当台公園駅-17:30仙台駅-17:50東口白木屋-不明(笑)
by morino1200tb | 2011-09-11 15:52 | 音楽関連 | Comments(14)
今週こそは泊まりの山と思っていたら急ぎの仕事で土日がつぶれることに。
台風で山はダメだったので良かったのですけどね。

震災後LPレコードを大量に整理したのですが、その中で気になっていたものの1枚がフィービ・スノウの1stアルバム"PHOEBE SNOW"でした。
アマゾったらCDが安く出ていたのでポチッと購入。
e0137200_2136197.jpg

ブルージーでジャジーなサウンドにハスキーな声が素晴らしい。久しぶりに聴きましたがこのところの愛聴盤となっています。
74年のこのアルバムは1曲目のGOOD TIMES からHARPO'S BLUES、POETRY MAN~と続いていく曲の流れも最高。
バックは錚々たるミュージシャンたちで曲を盛り上げていますが、それ以上にフィービ・スノウの唄と素晴らしいアコースティックギターに魅了されます。
CDでは89年の"SOMETHING REAL"も何年か前に手に入れて聞いていましたが、やはりこの1stが最高かな。その内2枚目、3枚目もポチッとしてしまいそうです。

フィービ・スノウはポール・サイモンとも係わりがあったなーと思ってアマゾったら何とサイモン&ガーファンクルのライブ版が出ているじゃありませんか。知らなかった。
DVDで81年のセントラルパークでのライブと03年の再結成ツアーライブは見ていて楽しんでいましたが、こんなのが出ていたとは。
当然ポチッと。
"Live From New York City,1967"
e0137200_21365468.jpg

素晴らしい!

"Live 1969"
e0137200_21372685.jpg

素晴らしい!

2枚とも素晴らしい!以外に言葉が見つかりません。
ウーン、音楽ってやっぱりいいなー。
by morino1200tb | 2011-09-04 21:41 | 音楽関連 | Comments(8)

ゲットしました

ネットでギターを見ていたら、懐かしいギターがあったので思わずポチっとしてしまいました。
MORRISの縦ロゴ。
e0137200_1748502.jpg

アバロンのヘキサゴンインレイ。
e0137200_17492057.jpg

と言えば、これです。モーリスW-50。
e0137200_1751197.jpg

マーチンD-41のコピーです。
1978年頃のカタログモデルなのでジャパニーズ・ヴィンテージと言えるかもしれません。
ハンドメイドを売り物にしたTFシリーズの1本。
後ろを見ると、
e0137200_17573658.jpg

おいおい、D-41は2ピースじゃないのか?
というツッコミは措いといて、バックは貴重なハカランダとメイプルの3ピース。ただし合板。
トップはスプルースの合板。サイドはローズウッドかな。
全部合板ですが、弾いてみるとなかなか良い音ですよ。
ネックは太めの三角ネック。慣れるしかないですね。
フラットトップギターにありがちなトップ浮きはありませんし、傷もほとんど無く、フレットの減りもあまり無い30年ものとは思えない美品。
愛知県の楽器屋さんから購入しましたが、きれいな艶出し仕上げとしっかりと弦高調整が行われ、3ヶ月保証もついていました。

手持ちのハードケースに入れるとピッタリ。
e0137200_1893631.jpg

山へ行かない時はフォークソングでも歌おうかな。(笑)
by morino1200tb | 2011-08-10 18:18 | 音楽関連 | Comments(6)

ダイレクトカッティング

ダイレクトカッティング盤というものをご存知でしょうか?
これはアナログディスク時代のもので、簡単に言うと、通常は演奏をテープに録音し、各楽器をミックス編集してマスターテープを作り、カッティングマシンでラッカー盤に刻み(マザー)、それからプレス用の型を作ってプレスしてレコードの出来上がりでした。
テープでのダビング・編集による音質劣化を防ぐために演奏をそのままカッティングマシンに記録してしまう。というのがダイレクトカッティングだったのです。
70年代に高音質をうたい文句にいろいろと出ていました。
わが家にあったのがこれです。
e0137200_21581388.jpg

Dave GrusinのDiscovered Again
ロン・カーター、リー・リトナー、ハーヴィー・メイソン、ラリー・バンカーとやっています。
緊張感溢れる素晴らしい演奏です。
シェフィールド・ラボというところから出ていて、4,800円もした記憶があります。
そしてその頃はデイブ・グルーシン、リー・リトナーはクロスオーバー界を牽引していたのですが、
日本のレコード会社(JVC)もクロスオーバー&高音質のレコードに乗っかって作りました。
Gentle Thoughts
e0137200_2292945.jpg

Lee Ritenour Frendship
e0137200_22102251.jpg

Lee Ritenour /On The Line
e0137200_22121295.jpg

FrendshipとOn The Lineの間にはSugar Loaf Expressがあって、当然購入したのですが、どこかへ行ってしまったようです。
またGentle Thoughtsにはテイク違いの盤もありましたがお金がなくて買えませんでした。
ちなみに1枚3,000円。
演奏内容は全て素晴らしいものです。
これらはCDになっていると思いますが、ひょっとすると廃盤かもしれませんね。
ダイレクトカッティング…、アナログ時代の夢を感じさせる言葉の一つです。

*追記/CDでもダイレクトカッティングがあったようです。アナログとデジタルの混在期でしょうか。
by morino1200tb | 2011-04-23 22:28 | 音楽関連 | Comments(10)

珍しいアルバム

アナログディスクとレーザーディスクを処分するため仕分けをしていたら、こんなものが出てきました。
e0137200_19174644.jpg

マイケル・フランクスのファーストです。
2枚目のアート・オブ・ティーで注目を集め、3枚目のスリーピング・ジプシーでブレークしたのですが、このファーストは日本未発売だったと思います。当然輸入版です。
ソフト&メロウ(こんな言葉がありましたね。懐かしいというか恥ずかしいというか…。)で名を馳せる前で、フォークソングぽさがあったような記憶があります。
CDにはなっていません。アメリカではかろうじてMP3でのダウンロード販売をしているようです。

そして、ラリー・カールトン。
e0137200_19263240.jpg

これはソロ2枚目です。
この次のアルバム「ラリー・カールトン(日本タイトル 夜の彷徨)」でフュージョン界のトップアーティストになったのはご存知の通りです。
これもCDにはなっていません。内容は次のアルバムが素晴しすぎたので、ちょっとねー、というところでしょうか。
写真を見て下さい。左上に穴が開いていますね。
これはカットアウト盤と言って、アメリカ(他の国もかな)では廃盤になったものをこのように穴を開けたり、端っこを切ったりしてディスカウントして売ります。
この手のものは輸入盤セールの時に売られたりしました。今は昔の懐かしい話ですね。

ほかにも未CD化のものや珍しいものがありましたけどそのうちご紹介したいと思います。でもその前に処分かな。(汗)
by morino1200tb | 2011-04-17 19:55 | 音楽関連 | Comments(12)

クロスロード2010

昨日は強風、今日は穏やか。
でも用事ありの二日間で山へは行けません。(泣)
そんな時はDVDです。(笑)
日本発売前に届きました。エリック・クラプトン・クロスロード・ギター・フェスティバル2010。
e0137200_23232345.jpg

日本盤だとアマゾンで4,251円。輸入版だと2,130円。安いー!
早い、安い、とどこかのファーストフードみたいですが、リージョンフリーなので問題なく見られます。
99年、2004年、2007年に続いて4回目のフェスティバルです。
常連のメンバーに加えて、バート・ヤンシュやステファン・グロスマン、アール・クルー、ジェームス・バートンが参加していたのには驚き。もちろん楽しめました。
はじめて見るジョー・ボナマッサ他ブルースをメインとした多くの参加者の演奏はもちろんですが、ヴィンス・ギルのカントリーフレーバー溢れる曲や、ZZトップの格好よさ、ジェフ・ベックの緊張感あるプレイ、体育会系的な体つきながら魅力的なシェリル・クロウなど何度見ても飽きないと思います。
ブルースがメインなので、ギターを弾いている人なら見ながら一緒にペンタトニックスケールで弾きたくなる様なDVDかもしれませんね。
by morino1200tb | 2010-12-05 23:24 | 音楽関連 | Comments(4)

CDと…

先々週から週末に仕事が入っていて、山へ行けません。
きのうは午前中は山へ行けそうな天気でしたが夕方まで会社でデスクワーク。
今日は自宅でパソコン打ち込み。
山へもJazz Fesへも行けない二日間でした。
自宅で仕事をする時はBGMを聞きながらというのは当たり前です。
今日はこれ。
e0137200_21432577.jpg

上の2枚はジョー・ベック、左下はエリック・アレキサンダー。右下はピーター・バーンスタイン。
ここでお気付きの人はJazz通ですね。
そう、4枚ともヴィーナスレコードです。
最近、限定で紙ジャケ1500円になったので時々買っています。
でも上のジョー・ベックはBGM用ですね。以前買った"Girl Talk"が良かったので期待したのですがイマイチでした。
これが結構良かった"Girl Talk"
e0137200_2155932.jpg

オルガンにジョーイ・デフランチェスコを起用しているせいか、ブルージーで私好みです。
そして左下のエリック・アレキサンダーはいつものエリック・アレキサンダー節で気持ちよくブロウしています。
まさにヴィーナスの音といったところでしょうか。
彼のCDでお勧めはこれ。
e0137200_224979.jpg

"Gentle Ballads"です。
コルトレーンの影響を隠さずに表現するところもありますが気持ちよく聴ける作品です。
最後のピーター・バーンスタインは、いろいろな人のサイドをつとめているギタリストです。
リーダー作もいいんだけど、サイドの時が光る人かもしれませんね。

なんて聴きながら仕事をしていると、ピンポーンとチャイムが。
昨日アマゾンに注文したDVDが届きました。
e0137200_22165332.jpg

ウェス・モンゴメリーのTWISTED BLUESです。
予感はあったものの、見てみるとやっぱり。
レーザーディスク(DVDに保存していますが)で持っていた1965年のBBCスタジオライブとベルギーでのスタジオライブを一緒にしてダブった曲をカットしたものでした。
画質は少し良いようですが、致命的なことに映像と音がほんの少しずれています。
楽器をやっている方なら(じゃ無くても)、たぶん気持ち悪くなるかもしれません。
ウェス・モンゴメリーは私には神様なのですが、これはチョットねー。
教訓です。酔った勢いでのネット通販はやめましょう。(苦笑)
by morino1200tb | 2010-09-12 22:29 | 音楽関連 | Comments(12)

パット・メセニー

昨日はいい天気。
山へ行かれた方は満足の山となったことでしょう。
私は仕事。今日も自宅で少し仕事。こんな時もあります。

先日、パット・メセニーのWE LIVE HERE Live in Japan のDVDを入手しました。
随分昔にレーザーディスクで見てはいたのでしたが、アマゾンでDVDを探してみたら廃盤になっていてものすごい高価になっていました。レーザーもプレミアムがついて高価でした。驚いちゃいますね。レーザー売ろうかな。
そんな中に安いものがあったので、レーザーからダビングするよりも画質も良いだろうと思い購入。
再生すると、エーこんな画質(モチロン正規盤ですよ)とガッカリするような画質。レーザーと全く同じマスターのようで、DVDにする時にリマスターなんてしていないようです。

でも、素晴しいです。
画質の悪さなんてそのうち気にならなくなって画面に見入ってしまいます。
パットメセニーのDVDはMORE TRAVELSやSPEAKING OF NOW LIVE、IMAGINARY DAY LIVEなども持っていますが、ひょっとすると、この95年の日本でのライブが一番かもしれないと思うぐらいです。次にいいのはIMAGINARY DAY LIVEかな。
e0137200_21265685.jpg

右にあるのが今回ゲットしたDVD。左がCD。
トールサイズのケースにしなれりゃ見分けがつかないよねー。

パットメセニーのDVDといえば、忘れてならないのがこのDVDです。
e0137200_21375744.jpg

これまた素晴しいものです。
ジョニ・ミッチェルの79年のライブです。
ジョニ・ミッチェルが良いのはモチロンですが、バックの演奏がスゴイ。
パット・メセニーはじめジャコ・パストリアス、マイケル・ブレッカー、ドン・アライアス、ライル・メイズというメンバーです。
画質はイマイチですが、そんなこと関係無しに楽しめる1枚です。
こうしてみると、パフォーマンスが一番で画質はその次だということが良くわかります。

とは言え、最近はハイビジョンが当たり前で、きれいな映像は気持ちよいものです。
そして、昔よくあった変な(サイケデリック)効果や、演奏のわからないディレクター(カメラマン)によるとんでもない映像(ソロを演奏しているミュージシャンではなく、見た目派手な人を撮っているなど)が無くなったことだけでもストレスがなくなりましたね。

さと、仕事とDVDの日になってしまいましたが、来週は山へ行きたいものです。
湯殿も、月山も行きたいし、あっ船形行かなくちゃ!晴れてくれー!
by morino1200tb | 2010-04-11 22:22 | 音楽関連 | Comments(6)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb