山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
17年登山
16年登山
15年登山
14年登山
13年登山
12年登山
11年登山
10年登山
09年登山
08年登山
07年登山
山関係
音楽関連
あれこれ
震災
特別版

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

フォロー中のブログ

お山遊び
点描2
ebiyanの南東北 山...
ソロで生きる
バリ太郎とゴロゴロ
マロのページⅡ
Estrellas y ...
Mountain Rose
船形山からブナの便り(ブ...

リンク

最新のコメント

SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 22:10
宣伝じゃないですが、やは..
by SONE at 22:56
lc4advさん 今晩は..
by morino1200tb at 22:13
腰は微妙ですからね~。注..
by lc4adv at 19:50
utinopetika2..
by morino1200tb at 21:47
休みですと、安息日でもジ..
by utinopetika2 at 20:33
シゲちゃん お疲れ様でし..
by morino1200tb at 19:15
雪山ブナ回廊天気良くて ..
by sige at 08:22
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:48
とーますさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:40

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧

検索

ファン

最新のトラックバック

石跳川から月山周回(平成..
from HITOIKI Blog

カテゴリ:13年登山( 37 )

紅葉の三ツ石馬蹄縦走

2013年9月22日(日)
この日は北上山地縦走を予定していましたが、天気予報を見て晴れの確率の高い裏岩手へ。
おなじみ山仲間のSONEさん、マスさん、ナカシィさん、shihoちゃんと一緒です。

SONEさんの運転で登山口の松川温泉へ。車から降りると温泉の匂いに包まれます。
駐車場から林道を少し歩くと登山口。ここから三ツ石馬蹄縦走コースのスタートです。
e0137200_22154110.jpg

歩きやすい樹林帯を進んでいくとSONEさんの茸レーダーが反応。
時期を過ぎたナラタケでしたが、マスさんがのブナハリタケを発見。収穫です。
e0137200_22155917.jpg

橋が雨で流された小沢を渡りると
e0137200_22161819.jpg

青空が見え始めました。
e0137200_2217633.jpg

水場で冷たく美味しい水で喉を潤し、
e0137200_22172356.jpg

マスさん特製の羊羹をいただきます。甘すぎずに美味ーい。
e0137200_22173535.jpg

樹林帯を過ぎてもうすぐ草原地帯。
e0137200_22175367.jpg

振り返るとガスが取れてきた岩手山が姿を現しました。
e0137200_2218642.jpg


続きはこちら
by morino1200tb | 2013-09-22 21:04 | 13年登山 | Comments(18)

仙人沢から仙台神室

8月25日(日)
昨年に続いて仙人沢から仙台神室を周回してきました。
今回は、仙人沢コースは初めてというmaronnさんとichicoさんと一緒です。
ichico車を笹谷峠駐車場に停めて、私の車で仙人沢登山口へ。
e0137200_1956159.jpg

私たち以外には誰も歩いていないので大きな音の熊鈴を付けて、木漏れ日の登山道を歩いて行きます。
e0137200_19564369.jpg

小滝を見たり、
e0137200_1956571.jpg

何度か沢を渡って仙人大滝分岐へ到着。
e0137200_195795.jpg


続きはこちら
by morino1200tb | 2013-08-25 19:11 | 13年登山 | Comments(14)

避暑は稜線で

8月18日(日)
連日の暑さを逃れようと水引入道から不忘山の周回コースへ行ってきました。
メンバーはSONEさん、マスさん、maronnさんと私の4人。
珍しくガラガラの白石スキー場駐車場からスタートして歩いて行くと、ゲレンデはギボウシのお花畑。
e0137200_20545241.jpg

水引コース登山口からは整備された登山道になり、樹林帯のため日差しも遮られて快調に進みます。
e0137200_2055536.jpg

樹間に水引入道が見えました。
e0137200_20551542.jpg


続きはこちら
by morino1200tb | 2013-08-18 19:53 | 13年登山 | Comments(8)

立山へ

8月11日<3日目>
最終日は午前だけの行動となります。
立山三山を回る方々は早々に出発。
我々雄山組はゆっくりと朝食をいただいてから出発です。
朝食はバイキング。写真の他にもたくさんのおかずがありました。
e0137200_180984.jpg

ガスがかかっている山を見ながら出発準備。
e0137200_1802238.jpg

日差しが出て来て出発です。
e0137200_1803460.jpg

初日に気付かなかったクロトウヒレンがありました。
e0137200_1804881.jpg


続きはこちら
by morino1200tb | 2013-08-14 18:27 | 13年登山 | Comments(10)

剱岳へ

8月10日(土) <2日目>
ゴーゴーという風の音に目を覚まし、外を見れば濃いガス。
これでは剣岳アタックは無理だろうとガッカリしていたところ、6時の状況で行くかどうかを決定することに。
昨夜のうちに用意してもらった朝食弁当を食べていると、
e0137200_18544733.jpg

同宿の登山者が次々と出発して行きます。
えっ大丈夫?と外を見ると風が収まりガスも薄くなってきました。
幕営組もやってきて、我々もスタートです。
e0137200_1855136.jpg

剣山荘の裏側を歩いて行くとすぐに鎖場。
e0137200_18553143.jpg

岩場、
e0137200_18554430.jpg

ガレ場、
e0137200_18555634.jpg

鎖場のオンパレードです。
e0137200_18561660.jpg


続きはこちら
by morino1200tb | 2013-08-13 19:22 | 13年登山 | Comments(10)

アルプスへ

8月9日(金) <1日目>
年に何度か参加している東法田山愛好会(最上町)の山行ですが、遠征山行が「今年は剱岳!」と山仲間のmaronnさんから聞き、昨年の燧ヶ岳に続いて一も二もなくご一緒することに。
同じく山仲間のマロ7さんも参加です。
東法田山愛好会のSJさんをリーダーに総員25名の剱岳山行は私にとって人生初の日本アルプスとなりました。

8日の21時45分に蔵王パーキングでmaronnさん、マロ7さんと私の仙台組をピックアップしてもらい、二本松で東法田山愛好会いわき支部の3人をピックアップして一路立山へ。
早朝5時に立山駅へ到着。立山有料道路のゲートオープンまでに朝食を済ませます。
e0137200_0161674.jpg

業務用のトラックとバスだけが走れる立山有料道路に入り、
e0137200_0164295.jpg

途中見られる立山杉などに驚きながら約1時間で室堂ターミナルへ。
e0137200_016503.jpg

「さぁ行くぞ!」と室堂平でポーズする仙台3人組。
e0137200_0171026.jpg


続きはこちら
by morino1200tb | 2013-08-11 22:39 | 13年登山 | Comments(10)

ちょっと泉ヶ岳へ

8月4日(日)
さぁ、梅雨明けだー。でも山の天気はイマイチ。
と言うことで遠くの山はやめて、近くの泉ヶ岳へ行ってきました。
メンバーはmaronnさん、ichicoさんと私の3人。
ichico 車を下山口の泉ヶ岳スキー場駐車場(たくさんの車でイッパイ)に置き、morino車で表コース登山口へ。ここにもたくさんの車が停まっていました。
e0137200_239572.jpg

梅雨明けに敬意を表して(蒸し暑いだけですけど)私は久しぶりに半袖Tシャツで出発。
e0137200_23101613.jpg


続きはこちら
by morino1200tb | 2013-08-04 20:44 | 13年登山 | Comments(10)

月山。姥沢から本道寺へ。

7月20日(土)
月山へ行ってきました。
メンバーはSONEさん、マスさんと私の3人。
SONE車を下山口の本道寺駐車場に置いてmorino車で姥沢へ向かいますが、112号線が土砂崩れで通行禁止になったために西川インターへ戻り山形自動車道・月山インター経由となりました。
スキーシーズンも終盤のせいか駐車場は意外と空いています。
でも月山方面にはガスが…。大丈夫か―。
e0137200_22592046.jpg

先月初めの激混みと違ってスムーズにリフトに乗り、リフト下のニッコウキスゲを見ながらゲレンデトップへ。
木道を歩いて行くとまだまだタップリの雪渓が残っています。
涼しい風を受けながらも急斜面の雪渓を登るとやっぱり汗だく。
e0137200_22595489.jpg

夏道には当たり年のコバイケイソウや
e0137200_22594652.jpg

ウサギギク、
e0137200_2301338.jpg

今年初のニッコウキスゲなどが咲いています。
e0137200_230187.jpg

牛首過ぎから振り返って。ガスはなかなか取れませんが陽が差しています。
e0137200_2303189.jpg

小さなコウジオウレン、
e0137200_2302143.jpg

チングルマ、
e0137200_2304760.jpg

ハクサンフウロが咲いています。他にもいろいろ。
e0137200_2303899.jpg

この日は何組か登拝の人たちと行きあいましたが、鍛冶小屋跡では月山登拝の若い女性たちが降りてきました。
e0137200_23111100.jpg

風を避けて神社手前西側で軽く食べながら休憩。
いい年をした男性が進入禁止のロープを越えて歩き回っていました。まだこんなことをする人がいるとは…困ったものだ。
e0137200_2311516.jpg

少し休んで本道寺へ向かいます。
e0137200_2314797.jpg

こちら側にもまだまだ花がいっぱい。
ヒナザクラも咲いています。
e0137200_2314193.jpg

クジャクチョウもいました。
e0137200_2322090.jpg

胎内岩(マスさんが通ってくるのをSONEさんが撮影中)あたりは
e0137200_2321697.jpg

ハクサンイチゲのお花畑。
e0137200_232529.jpg

大雪城に来るとガスが立ち込めています。
e0137200_2324899.jpg

道標のロープも雪の下です。
e0137200_2332766.jpg

清川行人小屋へ寄ろうとしたのですが、分岐を見つけられずに本道寺へ向かいました。
e0137200_2332387.jpg

雪渓歩きを終えて急斜面へ行く手前でマスさんのケーキタイム。
今回は洋ナシのタルト。いつもながら美味い。大したものです。
e0137200_2335456.jpg

そしてこの辺りにもたくさんのチングルマが。
e0137200_2334661.jpg

休んでいると、下からソロ男性が歩いて来ました。
本道寺に停まっていた車の持ち主で、本道寺-山頂のピストンとのこと。超ロングにビックリ。

急斜面を下って行くと眼下に清川行人小屋が見えます。そのうち行ってみたいものです。
e0137200_2344653.jpg

頭の位置に枝が覆い被り歩きにくい灌木帯を過ぎて、
e0137200_2344092.jpg

清川行人小屋分岐へ来ました。
e0137200_2351296.jpg

雪渓も出てきます。
e0137200_235661.jpg

でも、花もいっぱい。
サンカヨウ、
e0137200_2353797.jpg

センジュガンピ、
e0137200_2353052.jpg

クルマユリなどなど。
e0137200_2355947.jpg

朝日連峰が姿を現しました。この大雨で登山口への林道は軒並み通行禁止。はて、今年登れるのだろうか?
e0137200_236228.jpg

湿原には水芭蕉や
e0137200_2363562.jpg

ミツガシワが咲いていました。
e0137200_236285.jpg

休んでいると、大きなザックを背負ったご夫婦がやってきました。清川行人小屋泊まりとのことで、管理のお手伝いをされているようです。

開けていて、月山を見られるところへやってきました。ずいぶん歩いてきたものです。でも、本道寺まではまだまだ。
e0137200_237993.jpg

沢山のギンリョウソウが見えてきたら、
e0137200_237457.jpg

地蔵森山分岐に到着。
e0137200_2373657.jpg

ここからは刈り払いされたばかりの歩き易い道となります。
e0137200_2373124.jpg

雪渓も出ますが。
e0137200_238126.jpg

ずーと歩き易い道が続きます。
e0137200_2375534.jpg

湧き水が音を立てて流れているところにやってきました。
一口飲んでみると美味い。ガブガブ飲んでしまいます。当然水割り用の水もゲット。
e0137200_2382695.jpg

そして、すぐに本道寺コース登山口へ出ました。
e0137200_2382013.jpg

しかし、ここからは林道を延々歩いてようやく本道寺へ到着です。皆さんお疲れ様でした。
e0137200_2395075.jpg

コースタイム
8:45姥沢駐車場-9:15リフトトップ-10:50山頂(休憩)11:05-11:55大雪城下部(休憩)12:15-12:40清川行人小屋分岐-14:40地蔵森山分岐-16:10林道(本道寺コース登山口)-16:50本道寺駐車場 ⇒姥沢へ
e0137200_2322472.jpg

リフトを含めてですが、姥沢から本道寺まで約20kmのロングコースは結構ハードでした。
しかし、まだまだ咲き誇っている花々を見ながら歩けるのは月山ならでは。また月山の魅力に気づかされました。今度は清川行人小屋へ泊まってみたいものです。
ハードなコースを楽しく歩けたのは何と言っても同行のお二人のおかげ。美味しいケーキとマニアックコースのご案内ありがとうございました。
ロングなのでなるべく軽量化しようと軽いカメラに標準ズームだけだったのは失敗。まだまだ花があったのだからマクロを持っていくべきでした。反省。
しかし、ガスがあったとは言え、日差しを浴びながらの山歩きを楽しめたとは、これも日ごろの…(コラコラ)

まだコマクサが残っていましたよ。
e0137200_23185637.jpg

by morino1200tb | 2013-07-20 21:23 | 13年登山 | Comments(18)

花の秋田駒へ

6月30日(日)
天気予報を見ると近場はどうも芳しくなく、秋田県が何とか晴れそう。
ということで秋田駒ヶ岳へ行ってきました。
実はこの山、初めてなのです。(^^;)
メンバーはSONEさん、マスさん、maronnさんと私の4人。
SONE車で高速を北上するも霧雨が晴れません。
いよいよ私の晴れ伝説(そんなもの無かったか)が終わりかと思ったら、何と仙岩トンネルを抜けると青空が広がっています。

悪路の林道を進んで信仰登山のルートだった中生保内コース登山口へ。
さあ、花の山へのスタートです。
e0137200_2142951.jpg

樹林帯のために陽射しが遮られるのは良いのですが、急坂なのですぐに汗まみれに。
あちらこちらに沢が見られます。
e0137200_2144247.jpg

水場で喉を潤してクールダウン。うまい水です。
e0137200_2151977.jpg

緩やかになったところで振り返ると眼下に田沢湖が姿を現しました。
e0137200_2153923.jpg

火口外輪の御坪分岐に出て少し休憩。
マスさんが作った和菓子です。きれいで美味い。よく作れるものです。
e0137200_2163045.jpg

休んでいると、男岳から下ってきた能代からの二人組から「SONEさんですか?いつも見ていますよ。」と声が。さすが有名人です。

ここから横長根を歩いて国見分岐へ向かいます。
下って鞍部に来ると、男岳が見えてきました。
e0137200_2175950.jpg

登山道には沢山の花々が咲いています。
ツバメオモト、
e0137200_2174334.jpg

シャクナゲ、
e0137200_2183229.jpg

ツクバネソウ、
e0137200_218261.jpg

ゴゼンタチバナ…
e0137200_2185250.jpg

国見分岐からは登山者の数が一度に増えてきます。
みんなと歩いて行くと、ベニサラサドウダンがきれいな色を見せていました。
e0137200_2185880.jpg

第二展望台へ到着。ここで休憩。
ここからは小岳、女岳、横岳、男岳が一望です。
e0137200_2191653.jpg

足元にベニバナイチヤクソウが咲いていました。
e0137200_2192744.jpg

そして大焼砂へと向かって行くと、
e0137200_219562.jpg

待望のコマクサです。
e0137200_2110764.jpg

e0137200_21101723.jpg

でもトラバース道の近くには数株しかありませんでした。
大焼砂の砂礫にはたくさんのコマクサが咲いていますが、これからがシーズンなのでしょうか、密度が薄く道から遠い為ちょっと残念。横岳方面には沢山あるようです。次回のお楽しみです。
e0137200_2111384.jpg

ムーミン谷へ降りて行くと雪渓前に初めて見るムシトリスミレと
e0137200_21111794.jpg

沢山のチングルマが咲いていました。
e0137200_21113070.jpg

こりゃ期待できるぞ!とニコニコしながら雪渓を下って行くと、
e0137200_21114494.jpg

一面のチングルマです。
e0137200_2111566.jpg

蜂も大喜び。(^^)
e0137200_21121044.jpg

ヒナザクラも可憐に咲いています。
e0137200_21122289.jpg

ここでも「SONEさんですね。」と声がかかります。
花に囲まれて軽く昼食休憩を取り、男岳を目指してガレ場を登りますが、ここにも花が。
シラネアオイ、
e0137200_21124563.jpg

ミヤマダイコンソウ、
e0137200_21125714.jpg

エゾツツジ…。ホントに花だらけです。
e0137200_2113963.jpg

横岳からの稜線に着くと目の前には最高峰の男女岳。
e0137200_21133060.jpg

そして阿弥陀池。今回はどちらも行かずに次回のお楽しみに取っておきます。
e0137200_21134661.jpg

今年は当たり年らしいコバイケイソウを見て
e0137200_21143574.jpg

本峰の男岳へ到着。
e0137200_21144736.jpg

山頂からムーミン谷。
e0137200_2115488.jpg

下山方向の外輪部。田沢湖が見えます。
e0137200_21151898.jpg

ここはゆっくり休憩。マスさんから美味しいお菓子の「鮎」をいただきました。
e0137200_5573860.jpg

暫く待っていると岩手山の頭が少し見えました。
e0137200_21153298.jpg

記念写真を撮って、
e0137200_2115449.jpg

下山開始です。
e0137200_2118544.jpg

オノエランがありました。
e0137200_21155620.jpg

ミヤマダイコンソウやミヤマキンバイ、オオバキスミレなど黄色の花を見ながら急坂を下ります。
e0137200_21191197.jpg

コメバツガザクラや
e0137200_2118549.jpg

タカネスミレが見られました。
e0137200_21193313.jpg

溶岩流の痕も生々しい女岳。
e0137200_21192178.jpg

五百羅漢に登っているマスさんをパチリとしているSONEさんをパチリ。(^^)
e0137200_21201140.jpg

maronnさんが見つけました。白いハクサンチドリ。最初はオノエランだと思ってしまいました。スミマセン。(^^;)
e0137200_21202321.jpg

外輪の尾根を歩いて、
e0137200_2122458.jpg

御坪分岐から西へ下り、
e0137200_21224258.jpg

急坂を転げるように下って、こんな奇形杉が出てきたら、
e0137200_21225794.jpg

ほどなく登山口へ到着です。
e0137200_21275590.jpg

コースタイム
8:10中生保内口-9:00御坪分岐-10:00国見温泉分岐-10:25第二展望台-11:20ムーミン谷で休憩11:35-12:25男岳13:00-13:45水沢分岐-14:25御坪分岐-15:00中生保内口
e0137200_20513310.jpg

帰路、繋十文字にある「髭」に立ち寄り盛岡冷麺を。
これが絶品。んまーい!全員完食でした。
e0137200_20513261.jpg

恥ずかしながら秋田駒は初めて。
御坪への急坂が終わると花花花……。花の山とは聞いていたものの、こんなにあるとは…。
※写真以外にもたくさんの花がありました。
あまりの花にのんびり歩きとなり、最高峰の男女岳や阿弥陀池、女岳へは行けませんでしたが大満足です。
むしろ、私なら考えなかったコースを歩けてよかったほど。
仙台からの長距離運転とこのコースを案内していただいたSONEさんに感謝です。
これからはコマクサが満開、そしてニッコウキスゲのシーズンへ向かうとのこと。また行ってみたい山でした。
それにしても、またもや好天とは…、これも私の日ごろの行いが・・・(コラコラ)
by morino1200tb | 2013-06-30 21:18 | 13年登山 | Comments(22)

今年も南蔵王花街道へ

6月23日(日)
マロ7さんSONEさんTKさんのブログを見ると南蔵王は花盛りの様子。
逃がしてなるものか!ということで刈田峠から不忘山へ行ってきました。
今回のメンバーは山を始めたばかりのshihoちゃん、umeちゃんと私の3人です。

少しゆっくり出発したら案の定、車がぎっしり。だいぶ手前の路肩に停めて登山口へ。
shihoちゃん、ここから出発ですよ。
e0137200_20185615.jpg

ぬかるんだ登山道を歩いて行くと早々に沢山のチングルマがお出迎え。この先が楽しみです。(ワクワク)
e0137200_20191969.jpg

e0137200_20195092.jpg

登山道脇にはミヤマハンショウヅルや、
e0137200_2020543.jpg

ツマトリソウなどが咲いています。
e0137200_2020167.jpg

ガスで遠望が利かぬまま、前山、杉ヶ峰を過ぎていよいよ待望の芝草平へ。
手前の湿原にはヒナザクラや
e0137200_20203221.jpg

チングルマのお花畑が広がっています。
e0137200_20204599.jpg

期待の芝草平は残念ながらチングルマの花期は終わりを告げていました。
チングルマの果穂と
e0137200_202141.jpg

ミツガシワが見られました。
e0137200_20211573.jpg

しかし、その先にはまだまだチングルマがいっぱい。
e0137200_20221632.jpg

濡れたチングルマも健気で可愛いものです。
e0137200_20222767.jpg

芝草平からしばらく行ったところで山仲間のナカシィさんとバッタリ。
雲海の展望を期待して朝5時スタートで不忘山まで行ってきたとのことですが、残念ながらガスの中だったそうです。
登山者で一杯の屏風岳を過ぎ、シャクナゲや
e0137200_20224425.jpg

ミツバオウレンを見て、
e0137200_20225517.jpg

本当なら素晴らしい景色が見られる水引平分岐に来ましたが、やっぱりガス。
e0137200_20232497.jpg

めげずに歩いて南屏風岳へ到着。風が吹いて寒いので1枚羽織って昼食休憩です。
e0137200_2023397.jpg

昼食後は南蔵王のハイライト、アイハギの峰-不忘山へ向かいます。
ハクサンチドリや
e0137200_20242930.jpg

ミヤマニガイチゴに応援されて歩いていきます。
e0137200_20244159.jpg

でも、ガスです。
e0137200_2024723.jpg

と、好天を諦めていたら晴れてきました。
e0137200_2028914.jpg

そして、待望のハクサンイチゲが咲き誇っています。
e0137200_20282528.jpg

岩場にはいつも通りミヤマオダマキが咲いていました。
e0137200_20284720.jpg

不忘山山頂で記念撮影。
e0137200_2029376.jpg

shihoちゃん、下りは慎重にね。
e0137200_20292360.jpg

名残を惜しんでハクサンイチゲをパチリ。
e0137200_20294073.jpg

南屏風岳でミネズオウが咲いているのに気が付きました。
e0137200_2030016.jpg

水引平分岐から振り返って不忘山へ伸びる稜線。
e0137200_20305793.jpg

芝草平に近づいたところでチングルマをもう1枚。
e0137200_2032374.jpg

ベタですが、芝草平と南屏風岳。
e0137200_20324649.jpg

陽射しが強まり、虫もうるさくなってきましたが、二人とも頑張って刈田峠に到着です。お疲れ様でした。
e0137200_20325149.jpg

コースタイム
8:10刈田峠登山口-9:25芝草平9:35-10:05屏風岳-10:45南屏風岳11:15-12:00不忘山12::20-13:00南屏風岳-13:45屏風岳-14:15芝草平14:30-15:35刈田峠登山口
e0137200_20342466.jpg

帰りは遠刈田温泉のバーデン家壮鳳で汗を落とし、新楽食堂で美味しい冷かもそばで舌鼓。
e0137200_2033328.jpg

芝草平の大きな湿原(木道が奥まであるところ)ではチングルマは終わっていましたが、それ以外では沢山の花を楽しむことができました。やはり南蔵王縦走路は花街道です。
今度は秋に錦繍の紅葉見物でしょうか。
それにしてもハイライトの南屏風-アイハギの峰-不忘山にかけてから晴れて来るとは…。これも私の日頃の行いが…(コラコラ)
by morino1200tb | 2013-06-23 20:49 | 13年登山 | Comments(16)