カテゴリ:12年登山( 45 )

和賀岳、花の尾根歩き。

7月22日(日)
土曜日は仕事。
仕事の合間に(コラコラ)日曜日の天気を見ると晴れは秋田と岩手。
ということで和賀岳へ行ってきました。
同行はマロ7さんとmaronnさん。先週に引き続きオジ山、オバ姐山珍道中です。
2010年に岩手県側の高下登山口から登った時は残念ながら山頂はガス。
今回は秋田県側から登ります。
歩いて来た方の「満杯なので、ここらに止めて。」との言葉に従い、駐車場手前の広いところから歩き出します。
何やら見覚えのある車を見て、駐車場へ着くと言葉通り多くの車が停まっていました。
e0137200_21532398.jpg

林道を進み甘露水口から急登の始まりです。
e0137200_21533959.jpg

杉林からブナ林に変わり、比較的歩き易い登山道を汗をかきかき登って行くと
e0137200_21545842.jpg

滝倉沢に着き、冷たくて美味しい水を飲んで一息入れます。
e0137200_2155243.jpg

滝倉避難小屋跡を過ぎて倉方へ出ると、ここからは薬師岳が見えてきます。
e0137200_2155468.jpg

ハクサンフウロや
e0137200_21555031.jpg

ヨツバヒヨドリなどを見ながら
e0137200_21561970.jpg

こんな岩場(少しだけ)を過ごして
e0137200_21562190.jpg

薬師岳へ到着して一休み。
e0137200_21564990.jpg

尾根に連なる大小のピークの奥に目指す和賀岳が見られるようになります。
素晴らしい尾根歩きが堪能できそうですが、「ゲッ、あんなに歩くのか。」と思ったのは自分だけだったのでしょうか?(^^;)
e0137200_21565575.jpg

そんな思いも薬師岳から薬師平に足を進めると
トウゲブキ、
e0137200_21574755.jpg

クガイソウ、
e0137200_21574847.jpg

イブキトラノオ、
e0137200_21582078.jpg

そしてニッコウキスゲなど多くの花々が咲いていて、
e0137200_21582232.jpg

歩く足にも力が入ります。
e0137200_21591111.jpg

腰までの笹薮をかき分け稜線を進んで小鷲倉へやって来て、
e0137200_2159275.jpg

もう少し歩くと山頂だと思っていると、朝に見た車の主がやってきました。
山仲間のSONEさんとマスさんです。ヤッホー。
e0137200_21594185.jpg

「もうすぐだよ!」と激励されて登って行くと山頂手前から一面真っ黄色。
ニッコウキスゲの群落です。こりゃ凄い!みんな喜色満面です。
e0137200_220244.jpg

山頂からは稜線伝いに行ける(残雪期のみ)ピラミダルな山容の羽後朝日岳と奥に岩手山が見られました。
e0137200_2203639.jpg

記念撮影したら
e0137200_2204877.jpg

素晴らしい景色にカンパーイです。
e0137200_2211475.jpg

山頂にいたスノーボードスクールの校長先生に近辺の山々を教えてもらったら、お礼にマロ7さんがシェーをレクチャーしましたよ。証拠写真はこの方のブログをどうぞ。
遠くに早池峰を見たり写真を撮ったりとノンビリしていたら次第にガスが出てきたので、
e0137200_2211757.jpg

ニッコウキスゲにお別れして下山にかかります。
e0137200_222465.jpg

トウゲブキや
e0137200_222343.jpg

花期の終わったチングルマを見ながら下り、笹薮の海を泳いで薬師岳へ向かいます。
e0137200_2223287.jpg

もうすぐ薬師岳。ここでニッコウキスゲともお別れ。
e0137200_2225223.jpg

薬師岳で小休止。マロ7さんからシャーベットをいただきましたよ。
冷たくて美味い。けど頭がイテテテテ(T_T)
e0137200_2232877.jpg

広葉樹林帯を下り、滝倉沢でウイスキーの水割り用の水を詰めて、
e0137200_2241756.jpg

登山口から林道を歩いて無事到着です。いやー、満足!満足!
e0137200_2243085.jpg

コースタイム
8:15駐車地点-8:35甘露登山口-8:55ブナ台-9:20滝倉沢-10:50薬師岳-12:05小鷲倉-12:50和賀岳13:45-15:15薬師岳-16:20滝倉沢-17:00甘露登山口-17:15駐車地点
e0137200_2252233.jpg

暑さと急坂、そして笹薮漕ぎもあった和賀岳でしたが、こんなに素晴らしい花と景色を見られれば何も言うことはありません。ガスと強風の山頂から2年目でようやく借りを返せた感じです。
急な提案にもかかわらず同行していただいたマロ7さん、maronnさん、ありがとうございました。
by morino1200tb | 2012-07-22 23:57 | 12年登山 | Comments(20)
7月16日(祝)
今日はコマクサに逢いに歩いて来ました。
でも、ちょっとワイルドだったぜぇ。(笑)

雨模様の土日でしたが、3連休最終日は晴れマーク。
コマクサを見ようとマロ7さん、maronnさんと蔵王へ行ってきました。
大黒点へマロ7車を置いて、賽の河原から出発です。
といえばお分かりの通りカモシカ温泉-ロバの耳-五色岳のコースです。
e0137200_2050318.jpg

舗装路が終わり、カモシカ温泉で利用していたケーブル跡からは濁川への急降下です。
e0137200_20501883.jpg

ここからは振子滝がよく見えます。
e0137200_20503379.jpg

たくさんのオダマキが咲く急坂を下って濁川の渡渉点へ。
去年と違って立派な橋が架かっていて楽に渡れました。整備された方々に感謝です。
e0137200_20515749.jpg

濁川から小半時ほど歩いてカモシカ温泉跡に着き、新噴気孔手前から急坂に取り付きます。
e0137200_20523989.jpg

e0137200_2053320.jpg

最初の急坂を登ると目指すロバの耳岩が見えてきました。
e0137200_20531683.jpg

下を覗きこむと新噴気孔が見えます。青色の部分が野湯。
e0137200_20532967.jpg

北側に尖った岩が見えました。マロ7さんによれば、あれが「ロバの耳」と対をなすという「ネコの耳」だそうです。
e0137200_20535230.jpg

この後は樹林帯を抜けて崖の上へ行かなければいけません。
e0137200_20545764.jpg

岩場の取り付きまでは藪漕ぎだったなー、と思っていたら、
マロ7さんから「おー、凄い!」と声が。
コマクサです。ここにあったとは・・・。こんなに見られればもう満足です。
e0137200_20551414.jpg

e0137200_20552914.jpg

去年と違って藪漕ぎだったところがスンナリと通れました。
そして岩場を登ります。
e0137200_205691.jpg

ロバの耳岩へ向かって歩いて行くと、ありました。ありました。またコマクサです。
五色岳とコマクサ。
e0137200_20562969.jpg

アップで。
e0137200_20564482.jpg

そしてロバの耳岩到着です。
e0137200_20565817.jpg

風が強いので少し休んで名号峰分岐への稜線を歩くと、たくさんコマクサの他にオノエランが咲いていました。
maronnさん大喜び。コマクサも見たかったけどオノエランも見たかったそうです。
e0137200_20571842.jpg

稜線途中から五色岳へ向かうと、お釜が見えてきました。
e0137200_2057448.jpg

降りていくと、お釜の西側に一人と北側に2人連れ、五色岳の縁を歩いているソロを見ることができ、当然のことながら馬の背には沢山の人人人です。
五色岳の縁に着いてパチリ。まさにお釜という色合い。
e0137200_2058013.jpg

五色岳からロバの耳岩方面。
e0137200_20581316.jpg

強風の中ぐるっと周って降りていくと、何と、またまたコマクサです。こんなに見られていいのだろうか?というほどの咲きようです。
e0137200_2058524.jpg

去年は馬の背から大黒天へ行ったのですが、硬い階段状の登山道はいやだなー。ということで濁川へ降りて行きます。
e0137200_20592862.jpg

思ったほど水量もなく、何度か渡渉を繰り返して沢ならではの景色を楽しむことができました。
e0137200_20594760.jpg

e0137200_210925.jpg

e0137200_2103280.jpg

北の崖にマーキングされており、ソロが歩いていました。こんなルートがあるとは初耳です。
e0137200_2105143.jpg

もうすぐ大黒天への分岐。
e0137200_211630.jpg

ここを登って、
e0137200_2113915.jpg

大黒天到着。あー、面白かった!
e0137200_21207.jpg

コマクサを見に行ったとは言え、こんなに次々と見られるとは思いませんでした。本当に満足です。
そして暑い中、新噴気孔からの急坂登りや強風での痩せ尾根・五色岳周回そして濁川歩きと少しはワイルドなのですが、何と言っても食いしん坊の3人が昼食抜き(特に泡抜き)で歩いたなんて「ワイルドだぜぇ!」の山行だったのでした。(笑)

※このコースはガイドブックや地図に載っている正規ルートではありませんので、歩かれる方はあくまでも自己責任でお願いします。

塩釜港祭りへ参加のため急ぐマロ7さんと賽の河原で別れ、遠刈田の梅の家で昼食を。懐かしい味の冷やし中華は美味しくボリューム満点で満腹でしたよ。
e0137200_2125341.jpg

by morino1200tb | 2012-07-16 20:59 | 12年登山 | Comments(20)

楽園へ再び

6月30日(日)
先週に引き続き月山へ行ってきました。
目的は去年見つけられなかったキヌガサソウを見ること。
同行はマロ7さん、maronnさん、ichicoさんです。
無料になった姥沢の駐車場から少し歩き、リフトに乗って出発。
e0137200_18553717.jpg

強い陽射しを浴びながら姥ヶ岳へ向かいます。
e0137200_18554820.jpg

左には朝日連峰が雲から顔を出しています。
e0137200_18555890.jpg

姥ヶ岳から朝日連峰。上のコンデジとは色調が違いますね。
e0137200_1856827.jpg

そして月山。
e0137200_18561778.jpg

姥ヶ岳には先週あまり見られなかったチングルマがたくさん咲いていました。
e0137200_18562939.jpg

マロ7さんが「見たことあるなー。」と大きなカメラを持った方と金姥で挨拶したら、なんと「お山遊び」のlc4advさんでした。
lc4advさんをお誘いしてキヌガサソウを見に装束場へ向かいます。
シラネアオイが咲いていました。
e0137200_18564992.jpg

途中で3月に刈田岳で遇ったご夫婦とスライド。この日は奇遇が多そう。
先週ご一緒したあかねずみさんに教えてもらった場所へ来たら、
ありました。ありました。
e0137200_1857611.jpg

貴婦人ですねー。あかねずみさん、ありがとうございました。
e0137200_18572131.jpg

e0137200_1857336.jpg

キヌガサソウは新庄神室で見て以来。
しばし楽しんで金姥へ登り返し、山頂めざします。歩いている方がlc4advさんです。
e0137200_1859142.jpg

登山道に咲く花を見て歩いて行くと、楽しそうに歩いている4歳と5歳の元気な姉妹がいました。思わず微笑んでしまいますね。
おや、パパは先に行っちゃったみたいだよ。
e0137200_18595772.jpg

先週は雲の中だった鳥海山と会えました。
e0137200_1901377.jpg

鍛冶小屋跡から振り返ると雄大な風景が広がっています。奥には朝日連峰。
e0137200_1902884.jpg

山頂はやっぱり花の楽園です。
e0137200_1904470.jpg

そしてクロユリが満開。
e0137200_191663.jpg

e0137200_1916516.jpg

昼食休憩しようと思ったら、見たことのある人が。
山仲間のSONEさんとマスさんです。まさかここで遇えるとは。
e0137200_1914840.jpg

で、乾杯です。(笑)
e0137200_1922785.jpg

軽く食べて記念撮影。
e0137200_1932569.jpg

下りは当然のことながら雪渓で尻滑りを楽しみます。
マロ7さんが滑ります。
e0137200_193462.jpg

maronnさんも滑ります。
e0137200_194154.jpg

雪融け跡に可憐なヒナザクラが咲いていました。
e0137200_1941769.jpg

雪渓をトラバースして、
e0137200_1942957.jpg

名残を惜しんで、
e0137200_1944332.jpg

リフトで下山です。
e0137200_1945541.jpg

帰路にこのところの定番「蛙の子」へ寄って
e0137200_1951011.jpg

冷し鴨そば(大盛り)とざるそばをいただきました。ここは安くておいしい店ですねー。
e0137200_195225.jpg

晴天に美しい花々、雄大な景色、そして出会い・・・
この日は山の面白さがたっぷりの一日となりました。
同行の皆さん、出会った皆さん、ありがとうございました。
by morino1200tb | 2012-06-30 21:35 | 12年登山 | Comments(23)

月山は楽園

6月24日(日)
朝にライブカメラを見るとガス模様。何とかなるだろうと月山へ行ってきました。
月山荘向かいの駐車場に1台置いて姥沢へ。
少し歩いてスキーヤー、ボーダーに交じりリフトに乗って出発。
e0137200_2361120.jpg

リフトを降りてまずは姥ヶ岳へ。
e0137200_2364030.jpg

少し斜度はあるものの硬い雪ではないためアイゼンなしで登って行きます。
e0137200_17432764.jpg

姥ヶ岳からはこの冬に登った湯殿山や、
e0137200_237296.jpg

未踏に終わった品倉尾根が見えました。
e0137200_2374081.jpg

晴れていれば雄大な景色が見られるのですが、残念ながらこの日は山頂方面は雲で覆われています。
e0137200_17482014.jpg

下って金姥に来るとハクサンイチゲが一面に咲いていて、
e0137200_2375697.jpg

いよいよ花尾根のスタートとなります。
e0137200_238838.jpg

ハクサンイチゲをはじめ
e0137200_238227.jpg

ウスユキソウや
e0137200_238324.jpg

ミヤマキンポウゲ
e0137200_2384398.jpg

ウズラバハクサンチドリ
e0137200_2385764.jpg

などを見ながら歩いて行くと、同行のあかねずみさんがクロユリを発見。
山頂以外にもあるんだとビックリ。
e0137200_2391198.jpg

雪渓を歩いて登山道に戻るといろいろ教えてもらいました。
ミヤマハタザオ、
e0137200_239358.jpg

ヒメイワショウブ、
e0137200_18302177.jpg

コヨウラクツツジ、
e0137200_2394526.jpg

エゾノツガザクラなどなど
e0137200_23103637.jpg

途中で一緒になった、あかねずみさんのお知り合いのSYさんやKMさん親子と山頂稜線へ到着。
そこは見渡す限りハクサンイチゲの大群落。まさに楽園。
e0137200_23105766.jpg

そしてクロユリが咲いていました。
e0137200_23122448.jpg

あちらこちらにクロユリの蕾が見られます。来週あたりが見頃でしょうか。
e0137200_23124989.jpg

ハクサンイチゲ
e0137200_2313056.jpg

のほかにも
アオノツガザクラや
e0137200_23134892.jpg

イワウメなども咲いています。
e0137200_2314060.jpg

霧に煙る山頂の楽園を楽しんで
e0137200_23142023.jpg

記念撮影。
e0137200_23142870.jpg

多くの登山者とスライドしながら下って、
e0137200_23145059.jpg

雪渓に来たら尻滑りスタート!交互に楽しみますが、さすがに尻滑りのオーソリティー。あっという間に下って行きます。
e0137200_23151961.jpg

下で見ている人たちは「ありゃなんだ?」と驚いていたかもしれません。(笑)
トラバース気味に登り返して振り返りますがやはりガスで山頂は隠れています。
e0137200_23152887.jpg

リフト上駅へ下って、
e0137200_23161969.jpg

リフトで降りて駐車場到着です。
e0137200_23164091.jpg

天気は思わしくなかったものの、たくさんの花々を見ることができました。
山頂の一面のハクサンイチゲには驚かされました。まさに楽園という言葉がふさわしいように思われます。
そしてクロユリにも遇えたことは望外の歓びでした。
博覧強記のあかねずみさんには花や鳥などいろいろと教えていただいて感謝です。お知り合いが沢山いたのにも驚きました。
アップした花以外にもシラネアオイ、チングルマほかたくさん咲いていました。
もうすぐキヌガサソウも見られそうで月山は花で大賑わい。やっぱり楽園ですね。
e0137200_21475277.jpg

by morino1200tb | 2012-06-24 18:55 | 12年登山 | Comments(22)

屏風はやっぱり花園

6月17日(日)
天気は思わしくないものの屏風岳へ行ってきました。
同行はmaronnさん。
一部の天気予報では次第に良くなりそうなので、当初予定よりも遅くに出発。
しかし、刈田峠はやっぱりガスでした。それでも多くの車が停まっています。
そういえば3年前もこんな感じでした。
e0137200_6475432.jpg

登山口から少し歩くとチングルマがたくさん咲いていて、芝草平への期待が高まります。
e0137200_648634.jpg

白いショウジョウバカマや
e0137200_6481766.jpg

ミネザクラ、
e0137200_6482739.jpg

イワカガミ、
e0137200_6485657.jpg

ミヤマハンショウヅル(登山道脇にたくさんありました)、
e0137200_649410.jpg

ミツバオウレンなどを見ながら、
e0137200_6494131.jpg

芝草平へやってきました。
チングルマが満開で思わず歓声を上げてしまいます。
e0137200_6495466.jpg

アップで。
e0137200_6501828.jpg

芝草平を後にして
シャクナゲ、
e0137200_6502832.jpg

ミネズオウなどを楽しんで
e0137200_6503982.jpg

屏風岳到着。途中で福島の団体ほか沢山の登山者と遇いましたが、ここにもたくさんの方々が休んでいました。
ガスと強風のためこの日はここまで。少し休んで戻ります。
e0137200_651268.jpg

帰りもやはり芝草平のお花畑を楽しみました。
e0137200_6512046.jpg

イワイチョウ。
e0137200_6513624.jpg

ヒナザクラ。
e0137200_6514879.jpg

強風から時折暴風になる中、
鮮やかな色のカエル君や、
e0137200_652038.jpg

ウソ(たぶん)を見て、
e0137200_6521172.jpg

登山口到着です。
e0137200_6522380.jpg

当初予定では不忘山ピストンだったのですが、遅い出発とガスと強風のため屏風までとなりました。
そんな天気でも驚くほどのたくさんの花を見ることができて大満足。
次回はハクサンイチゲを見に行きたいものです。

帰路、コマクサ平へ寄るとコマクサが咲き始めていました。これも見に行かなければ。
e0137200_6524332.jpg

少し遅い昼食は遠刈田のらーめん家でチャーシューメン。チャーシュー激旨。
e0137200_6525722.jpg

by morino1200tb | 2012-06-17 20:06 | 12年登山 | Comments(14)

仙人沢から仙台神室周回

6月3日(日)
山仲間のみいらさんの業界の山部山行に入らせてもらって、仙人沢コースから仙台神室を周回してきました。
今回はみいらさん、湯殿でご一緒したHDさん、はじめてお目にかかるKZさんとSNさんの5人です。
この日は2月に買った登山靴のデビューでした。
e0137200_22353644.jpg

仙人沢コース登山口から出発。
e0137200_22363155.jpg

しばらく歩いて渡渉を繰り返し、
e0137200_22365268.jpg

e0137200_2237692.jpg

仙人大滝分岐でザックを置いて滝へ向かいます。
見えてきました。
e0137200_22371978.jpg

残雪に苦労しながら近づいて、
e0137200_22373286.jpg

オーバーハングしている岩から流れ落ちてくる仙人大滝です。
e0137200_22374144.jpg

滝を楽しんだ後は分岐から急坂を登り、檜の尾根からいったん下って崖を巻いて行きます。
慎重にトラバース。
e0137200_22375751.jpg

そして岩場から急坂の連続。
e0137200_22383428.jpg

1022mの尾根に出るとシャクナゲや
e0137200_22384972.jpg

シロヤシオを見ながらの快適な歩きとなります。
e0137200_2239367.jpg

ムジナ森石橋(そのうち行きたいものです)分岐を右に見て進むと、
e0137200_22402745.jpg

霧が濃くなってきました。でもこういう雰囲気は大好きです。
e0137200_22403778.jpg

シラネアオイが咲いている小沢を渡り、
e0137200_2240576.jpg

まだまだ元気なショウジョウバカマを見て登って行きます。
e0137200_2241542.jpg

小雪渓をキックステップで登って過ごすとすぐにダンゴ平。
ここから仙台神室へ歩を進めるとツバメオモトが咲いていました。
e0137200_2241237.jpg

それまで誰とも遭わなかったのですが、さすがにここで2人組とスライド。
急坂を攀じ登って神室岳(仙台神室)へ到着です。
e0137200_22413578.jpg

記念撮影して、
e0137200_22415540.jpg

カンパーイ!
e0137200_2242326.jpg

山頂には1組昼食中。後から何組か到着です。
みいらさんと私の今後の予定を話していたら、なんと後から来た方が某山小屋で一緒になる予定ということが判明。こりゃお酒をいっぱい持っていかなくちゃ。(コラコラ)
山頂近くから青空が見えるようになり、部分的にガスが取れて蔵王、山形神室、二口峠を時々見ることができました。

山頂でノンビリした後は急坂を下って登って山形神室岳です。
左がHDさん。右がKZさん。
e0137200_2243369.jpg

ここで少し休憩し、ミヤマキンバイ、イワカガミ、チゴユリ、マイヅルソウや
サンカヨウ
e0137200_2244798.jpg

などたくさんの花々が咲いている登山道を下り、トンガリ山、ハマグリ山を通って
アズマギクに見送られて
e0137200_22464770.jpg

笹谷峠登山口へ到着です。皆さんお疲れ様でした。
e0137200_2247210.jpg

コースタイム
7:20仙人沢コース登山口-8:25仙人大滝-9:00旧道分岐-9:25 1022m尾根-10:20ダンゴ平-10:50仙台神室11:30-12:35山形神室-13:10トンガリ山-13:40ハマグリ山-14:20笹谷峠駐車場
e0137200_22474870.jpg

ガスで展望が取れない日でしたが、その分温度も上がらず、心配していた虫もおらず、渡渉、滝、急坂、雪渓、花とたっぷり楽しめた一日になりました。
山頂付近だけでも青空と多少の展望が取れたのは本当にラッキー。(これも日ごろの行いが… 笑)
by morino1200tb | 2012-06-04 22:55 | 12年登山 | Comments(16)
5月20日(日)
なかなか行けなかった北石橋へ行ってきました。
メンバーはマロ7さん 、maronnさん、ichicoさんの4人です。
morino車をデポするため白糸の滝へ向かうと青空にそそり立つ磐司岩が見えました。
e0137200_21561414.jpg

マロ7車で大東岳駐車場へ戻り、淡い新緑と降り注ぐ雨滝を見て
e0137200_21593733.jpg

ニリンソウロードを樋の沢避難小屋方面へ歩いて行きます。
e0137200_2204942.jpg

e0137200_221752.jpg

途中スライドした男性ソロはキャンプ場から二口峠-小東峠-本小屋の周回とのこと。凄い人です。

裏磐司が見えるベンチで一休み。
e0137200_221252.jpg

北石橋分岐です。
e0137200_2213742.jpg

ここから大行沢を渡渉して北石橋へ。
e0137200_2214980.jpg

かなりの急坂を登り
e0137200_2221770.jpg

山ツツジに慰められて
e0137200_2251878.jpg

楢の老木がある姥楢へ来ました。
e0137200_2253523.jpg

この後も出てくる道標は仙台山想会で建てたものなのですね。ご苦労様でした。
e0137200_2255785.jpg

美しい新緑のブナ林を歩いて
e0137200_2263548.jpg

踏み跡の不明瞭な谷を下って行くと目的の北石橋です。素晴らしい造形!
e0137200_2273962.jpg

記念撮影。
e0137200_2275936.jpg

上流から。
e0137200_2281324.jpg

暫しこの奇形を楽しんで石橋峠分岐へ向かいますが、倒木と雪解けで道形が消失しています。
シラネアオイが群生する石橋峠分岐には通行止めの看板が。
e0137200_2284029.jpg

当初より行く予定はありませんので素直に糸岳分岐へ向かいます。
が、急登です。
e0137200_228571.jpg

やはり所々道形不明瞭でルートファインディングしながらの登りとなり、938mの標識のある尾根へ着くと大東岳がその特徴的な姿を現すようになります。
e0137200_2291180.jpg

しかし道形不明瞭部分は続きます。
e0137200_22112346.jpg

ようやく糸岳分岐に出て、少し登って展望の取れるところで一休み。相の峰~仙台神室と奥に蔵王連峰です。
e0137200_22115347.jpg

下ってきた男性ソロとスライド。今度は本小屋-小東峠-糸岳-白糸の滝-本小屋の周回。本日の凄い人二人目です。

糸岳山頂に着いてまずは乾杯。美味い!疲れた体に泡が染みわたります。
e0137200_22171465.jpg

遅い昼食を食べながらノンビリ休んだら、お約束のシェー!
e0137200_22174058.jpg

そして糸岳を後に下山です。
e0137200_22174834.jpg

望洋平、風鳴平と下ってきて臨潭(のぞき)から恐々覗きます。
e0137200_2218751.jpg

皆さんやっぱり覗きます。
e0137200_22181512.jpg

シロヤシオや
e0137200_22183224.jpg

イワカガミの咲く急坂を下って
e0137200_2218431.jpg

白糸の滝のある沢を渡ると
e0137200_22185812.jpg

白糸の滝登山口到着です。お疲れ様でした。
e0137200_2219585.jpg

コースタイム
8:20本小屋-10:40北石橋分岐-11:40北石橋12:05-12:20石橋峠分岐-13:45糸岳分岐-14:10糸岳14:50-16:10白糸の滝登山口  
e0137200_22201468.jpg

行きたいと思っていた北石橋へようやく行けました。実物を目の当たりにすると自然の造形に圧倒されます。当たり前のことながら、自分の足で行かなければ見られないこうしたものを見ると、山をやっていて良かったと実感します。
途中ルーファイに神経をつかったとはいえ急登もあった結構辛いコースでした。しかし、珍しいものを見ることができ、いつも通り面白話をしながら楽しく歩くことができて大満足です。みなさんありがとうございました。
さてオジ山オバ姐山道中。次回はどこへ行くのやら。お楽しみ。
by morino1200tb | 2012-05-20 20:40 | 12年登山 | Comments(26)

瀧山。西から、東から。

5月13日(日)
山仲間のみいらさんから山部山行の瀧山に誘われて行ってきました。
メンバーは山形がみいらさん、山部のMBさんとSIさん、あかねずみさん。宮城がマロ7さんナカシィさん、私の合計7名パーティー。
瀧山は昨年11月に前滝コース~乳母神コースを楽しく歩いて、再訪したいと思っていた山です。
今回は前回のコースにプラスした、みいらさんならではのルートとなりました。

実はあかねずみさんが参加するのは皆さんには内緒で、突然現れてびっくりさせようとしていたのですが、出発時間が早まり「ちょっと待ってねー」と言って不審がられていたところへあかねずみさんが到着。100%ではありませんでしたが何とかドッキリ成功です。

まずは西蔵王放牧場の駐車場から前滝コースでスタート。
e0137200_22111854.jpg

放牧場の有名な大山桜は終盤になっていて、わずかに残ったいくつかの桜を見ながら歩いて行きます。
e0137200_22115863.jpg

垢離かけ場、姥地蔵、わらじぬぎ石まで来て、分岐を北東に進むと杉林の中に趣のある龍山神社を見ることができます。
e0137200_22121533.jpg

分岐へ戻って少し歩くと龍山川源流。
e0137200_22122969.jpg

ここからのワイルドな道を進むと、駐車場で会った仙台からの先行グループに追いつきました。
e0137200_22131119.jpg

急坂を登り、
e0137200_22132819.jpg

先行グループをパスさせてもらい、今回の核心部ともいえるトラバース部を過ごします。
e0137200_22142036.jpg

この後は急坂の連続。手足総動員でよじ登ります。
e0137200_22143382.jpg

e0137200_2214506.jpg

e0137200_2215592.jpg

天狗岩で景色を堪能しながら小休止。朝日連峰が一望です。
e0137200_22152096.jpg

まだ急坂は続いて、
e0137200_22153312.jpg

マンサクや
e0137200_22154285.jpg

ショウジョウバカマを見ながら登って、
e0137200_2215555.jpg

ヘラハギ山へ着くと今度は目の前に蔵王が。
e0137200_22162246.jpg

そして雁戸山。
e0137200_22163565.jpg

暫し展望を楽しみ、竜山ゲレンデを目指して下って行くと、キクザキイチゲです。
e0137200_22181654.jpg

e0137200_22183418.jpg

沢筋を下って行くと、
e0137200_22185256.jpg

カモシカ君がいました。(トリミング)
e0137200_2219797.jpg

途中で葉わさびを採ってゲレンデ到着。
e0137200_22192832.jpg

歩いている時は暑かったのですが風が強くなってきて皆さん上着を追加して昼食休憩です。
あれこれ話しながら休んだ後はゲレンデの桜を見て、西側のルートを瀧山山頂目指して登り返します。
e0137200_2220439.jpg

蔵王の山並みを見ながら、
e0137200_22202175.jpg

汗を掻きかき山頂到着。
e0137200_22203888.jpg

周りの景色を楽しんで下山にかかります。
急斜面を下って乳母神地蔵に着き、
e0137200_22205828.jpg

鉄の階段(?)を下ると、
e0137200_22211656.jpg

緩やかな道になって、目映い新緑や
e0137200_2221303.jpg

オオカメノキの花を楽しみ
e0137200_22214895.jpg

乳母神コースの登山口のうがい場へ到着。
e0137200_22221878.jpg

そして放牧場に咲いている桜を見て
e0137200_22223458.jpg

駐車場へ到着です。お疲れ様でした。
e0137200_2222475.jpg

コースタイム
9:00西蔵王放牧場駐車場-10:00龍山川源流-11:35ヘラハギ山-12:20竜山ゲレンデ12:50-13:50瀧山14:15-15:25うがい場-15:50西蔵王放牧場駐車場

赤が往路、青が復路です。
e0137200_22245278.jpg

読んでお分かりと思いますが、タイトルの「西から東から」は山形(西)と宮城(東)の人間が一緒に登るのではなく、瀧山へ西からと東から登るという意味なのです。
みいらさん曰く「往復びんたの山行」とはまさしくその通り。Mな登山愛好家にはピッタリなルート設定ですね。(笑)
あかねずみさんと企んだ飛び入りドッキリ企画はタイミングが合えば最高だったので次回に期待です。(って、もうだれも驚かないでしょうけどね。)

帰路、山形の有名店「つる福」で肉そば大盛りを。昼食時には満員になるというのも頷ける美味さでした。満足、満腹。
e0137200_22231483.jpg

by morino1200tb | 2012-05-14 22:30 | 12年登山 | Comments(18)

大地森は栗駒の特等席。

4月30日(振休)
SONEさんのお誘いで マロ7さんと大地森へ行ってきました。
世界谷地から栗駒山へ登る大地森コースはあるものの、それは山頂を踏まずに西側を巻いて行くコースです。今回はSONEさんのご案内で夏道の無い残雪期限定の山を楽しんできました。

築館インターを降りて車を走らせていると栗駒山が姿を現しました。黄砂のせいか靄っています。
e0137200_21464417.jpg

雪の溶けた世界谷地の駐車場からスタート。でも売店、トイレはまだクローズです。
e0137200_21472538.jpg

第二湿原に来ると僅かばかりですが水芭蕉がお出迎え。
e0137200_21474122.jpg

まだ雪のある第二湿原から目指す大地森と右奥に栗駒山。
e0137200_21483540.jpg

変則十字路(温湯・湯浜分岐)過ぎまでは比較的平坦なブナやミズナラなどの広葉樹林帯で、スノーシューでの散策にもいい場所です。
太いブナの木がありました。SONEさんが腕で太さを測りますが5~6メートルといったところでしょうか。
e0137200_21485674.jpg

しばらく歩くと次第に急勾配になってきます。
e0137200_21491222.jpg

南尾根を登って行くと、
e0137200_21492591.jpg

虎毛山(右)-須金岳(左)や、
e0137200_21494143.jpg

禿岳が見えてきました。
e0137200_2149563.jpg

急斜面が終わると緩やかな頂陵となります。
e0137200_2150968.jpg

右の雪庇に注意して歩いて行くと、
e0137200_21513547.jpg

山頂到着です。
e0137200_21523277.jpg

最高点から北側へ少し降りると栗駒山が一望に!
e0137200_2153043.jpg

栗駒山山頂目指して稜線を多くの登山者が登っています。
e0137200_2154148.jpg

そして、お約束のシェー!
e0137200_21541885.jpg

昼食を食べながら展望を堪能したら下山にかかります。雪庇に気を付けましょう。
e0137200_21543654.jpg

梢の途切れたところから高松岳が見えました。
e0137200_2155244.jpg

急斜面を滑るように降りていきます。実は調子に乗って私が本当に滑り落ちてしまったのはここだけの秘密です。
e0137200_21554339.jpg

広葉樹林帯を歩いて、
e0137200_2157691.jpg

変則十字路で少し休憩。
e0137200_21572797.jpg

第二湿原で振り返り、
e0137200_21574820.jpg

腰を下ろして大地森と栗駒山の名残を惜しみます。決して「帰りはどこでラーメンを食べようか?」などと話しているわけではありません。
e0137200_2158666.jpg

そして、まだ花の気配がない第一湿原を通って駐車場到着です。
e0137200_21582398.jpg

コースタイム
7:45世界谷地駐車場-8:10第二湿原-8:55変則十字路付近-10:30山頂11:30-12:10変則十字路-12:40第二湿原-13:30世界谷地駐車場

赤が往路。青が復路です。
e0137200_21585671.jpg

残念ながら青空というわけではありませんでしたが、前衛峰からの素晴らしい栗駒山のパノラマを見ることができて大満足です。カモシカやウサギも見られましたしね。
ご一緒させていただいたSONEさん、マロ7さん、ありがとうございました。

帰路、築館の人気店「みよし」で
e0137200_221570.jpg

中華そば大盛りを。
e0137200_221757.jpg

あっさりスープに細麺、厚いチャーシューがとっても美味しかったです。(笑)
by morino1200tb | 2012-05-01 22:05 | 12年登山 | Comments(22)
4月28日(土)
かねて歩きたいと思っていた摩耶山地の湯ノ沢岳-母狩山の縦走にSONEさんと行ってきました。
母狩山の登山口へ行く除雪終点(積雪のため登山口のずっと手前)にSONE車をデポして、私の車で湯ノ沢岳登山口へ向かうことに。
途中でこれから歩く山の稜線が一望できました。
左のピークが湯ノ沢岳。長い稜線を歩いて右のピークが母狩山。
e0137200_2282019.jpg

湯ノ沢岳も当然のことながら積雪のため登山口へは行けません。ずっと手前の除雪終点へ駐車して出発です。
が、少し歩いたところで携帯電話を車に忘れたことに気付いて戻り時間ロス。SONEさんすみませんでした。(汗)
しばらく歩くとダム下の登山口です。
e0137200_2292198.jpg

植林帯との境の雪道を歩き、雪の消えた尾根に取り付くと急登の開始です。
e0137200_2293318.jpg

そしてそこはカタクリロードでもありました。
e0137200_2294169.jpg

ブナの尾根になり、
e0137200_2295496.jpg

湯ノ沢岳が見えるようになると今度はイワウチワロードになります。
e0137200_22101420.jpg

右手には鳥海山が秀麗な姿を現しました。
e0137200_22102397.jpg

するとここからは雪道に。
e0137200_22103431.jpg

落石も見られた湯ノ沢岳のスラブ。
e0137200_22111185.jpg

鳥海山の左側に母狩山が見えてきました。
e0137200_22112997.jpg

痩せ尾根の雪道。幸いナイフリッジにはなっていませんでした。
e0137200_22114666.jpg

しかし、ここを過ぎた後は雪の急坂登り。
SONEさんがキックステップで足場を作り、私はピッケルを出して登ります。
写真では高度感がありませんが、振り返ると怖いので写真なんか撮れません。
e0137200_2212659.jpg

分岐を過ぎると斜度はあっても広い尾根になります。(ホッ)
もうすぐ山頂。
e0137200_22122033.jpg

山頂から月山。
e0137200_2213988.jpg

朝日連峰。
e0137200_22132217.jpg

粟島。
e0137200_22133632.jpg

母狩山と鳥海山。日本海も見えています。
e0137200_22134627.jpg

月山を背景に記念撮影。
e0137200_2214596.jpg

母狩山への稜線はずっとブナ林が続きます。
太いものはありませんが雪や風のためか変わった形のブナがたくさん見られます。
e0137200_22142794.jpg

e0137200_22144824.jpg

e0137200_22145953.jpg

e0137200_22151167.jpg

アップダウンを繰り返して行くと、今度は右手に月山が見られる展望が開けた尾根になります。
景色は良いのですが実はバテ気味。雪を口に入れてクールダウンしながらの歩きです。
e0137200_2215291.jpg

もう少しで山頂。
e0137200_22154614.jpg

振り返ると湯ノ沢岳がはるか遠くに聳えています。ずいぶんと歩いたものです。
e0137200_2216483.jpg

そして山頂ではSONEさんの山友のたたみ屋光逸さんが迎えてくれました。
3人で記念撮影。
e0137200_2216324.jpg

そしてここからも月山が大きく見られます。
e0137200_22164631.jpg

少し休んだ後は下山開始です。
雪道と夏道が交互に出てくる急坂を下って、
e0137200_2217212.jpg

途中きれいな美人ブナを見て、
e0137200_22171551.jpg

大きなイワウチワがたくさん咲いている尾根道を降りると、登山口の堰堤へ。
e0137200_22173869.jpg

雪の林道を歩いてデポ地へ到着です。
e0137200_22175195.jpg

コースタイム
8:05湯ノ沢岳駐車地点-8:35登山口-11:10分岐-11:40湯ノ沢岳12:15-13:35三ノ俣山-15:00母狩山15:15-16:20登山口-16:40母狩山駐車地点
e0137200_22312855.jpg

初めて歩いた湯ノ沢岳-母狩山。とても1,000メートル未満の山とは思えないところです。
痩せ尾根・急坂とその辛い登りに応えて素晴らしい展望を見せてくれるところは、まるで飯豊か神室かと感じました。
累積標高差約1,300m。距離約15.4km。行程約8時間半。その展望、花々、緑の若葉、そして白い雪とブナの木々。辛い急坂も含めて全てに大満足の山行でした。
こんなに素晴らしいところをご案内していただいたSONEさんと母狩山で迎えていただいた たたみ屋光逸さんに感謝です。
by morino1200tb | 2012-04-29 22:38 | 12年登山 | Comments(16)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb