カテゴリ:10年登山( 49 )

4月18日(日)
SONEさんマスさんのブログを見て花と渓谷を楽しもうと野手上山へ。
同行はマロ7さん、おっ家内さん、maronnさんです。
山元町役場で待ち合わせて一路野手上山へ。
野手神山神社前の駐車スペースには宮城ナンバーの車が1台だけ停まっていました。
天気がいいのに登山者が少ないのは、うつくしま百名山ながら雪のせいでしょう。
野手上山の説明看板。さすがに神社は野手"神"山なんですね。
e0137200_20552236.jpg

コースいろいろ遊歩道案内板。
e0137200_20581795.jpg

この日は、野手上山コース~サワグルミの森コース~新田川コース~比曽川コースの周回です。
鳥居をくぐってスタートです。
e0137200_2115100.jpg

雪に残っている2人分の足跡を追っかけて登ります。意外と急で次第に汗が・・・。
e0137200_2173482.jpg

でもすぐに山頂です。
山頂には足跡のご夫婦がいて、ビールと早い昼食を楽しんでいました。聞けば泉市にお住まいとのこと。今日は宮城県の貸切日のようです。
スパイク長靴4人組の記念撮影。おっ、3人お揃いのスパ長ですよ。
e0137200_21131414.jpg

山頂の祠の隣りの大きなアセビの木は満開です。
e0137200_21173838.jpg

急坂を下って行くと分岐です。分岐ごとにこんな標識があるので安心です。
e0137200_2311715.jpg

先ほどのご夫婦はケヤキの森コースで下山。
我々はサワグルミの森を目指します。
あれれ、何の足跡だ? カモシカ?イノシシ?
e0137200_21283774.jpg

サワグルミの森コースを歩いていたら、雪の中にカタクリが顔を出していました。
e0137200_21311890.jpg

少し歩くとイワウチワ(雪のせいか下を向いています)も咲いています。
e0137200_21324613.jpg

花はあきらめていたので、みんな大喜び。
雪が無ければなー、なんて言ってもしょうがない。見られるだけで幸せというものです。

期待していたサワグルミの木は予告編でもお分かりの通り、本当に大きなものでした。辺りにも沢山の大きな木があり、まさにサワグルミの森です。
e0137200_21413163.jpg

ナラの森コースにもカタクリ(開いていないけど)とイワウチワが沢山あります。この山は花の山ようです。

新田川コースは思った以上に素晴しい渓谷を見ながらの歩きになります。
e0137200_2205960.jpg

e0137200_221509.jpg

道沿いにはイワウチワが沢山咲いています。
「この山はイワウチワ山だー。」なんて、さっきの感激を忘れて勝手なことを言ってしまいます。(反省)
e0137200_226968.jpg

ヒトリシズカも咲いています。
e0137200_22282216.jpg

トンネルを過ぎて歩いて行くと、カモシカ君がいました。
e0137200_2210431.jpg

かわいいー!
なかなか逃げません。みんなで大喜び!
カモシカ君とお別れしたら、道路を占拠して、大宴会(嘘です)のスタートです。
この日のメインは焼肉と
e0137200_2217979.jpg

鮭ハラミのソテー。
e0137200_22181143.jpg

途中で採ったフキノトウも一緒に炒めます。ちょっと苦くて春の味を楽めました。
比曽川コースの分岐を左に少し行けば糸滝だったのですが、気がつかずに比曽川コースへ。
新田川コースに比べると渓谷美はありませんが、
キブシ
e0137200_22321585.jpg

ミヤマスミレ(?)
e0137200_22331523.jpg

エイザンスミレ
e0137200_22342853.jpg

などを楽しみながら野手神山神社へ戻ってきました。
e0137200_22363147.jpg

みんなニコニコ記念撮影。
e0137200_2384486.jpg

コースタイム
9:45野手神山神社(登山口)-10:30山頂10:45-11:40サワグルミ巨木-12:10新田川渓谷-13:20大宴会(嘘)14:10-14:20比曽川コース分岐-15:40野手神山神社
トラックログ(クリックしてください)
e0137200_22484860.jpg

雪で花はあきらめていましたが、こんなに見られるとは思いませんでした。それにカモシカ君にも会えるなんてね。1日満喫の山行でした。皆さんありがとうございました。
やっぱり山は行って見なくちゃ判らない。そして、行けばいいことがありますね(たぶん^^)。
by morino1200tb | 2010-04-20 23:26 | 10年登山 | Comments(14)
今日は花を楽しみに行ったのですが、昨日の雪で冬に逆戻りみたい。
でも、思わぬ光景も楽しめた山行になりました。
こんな巨木もありましたよ。
e0137200_2115860.jpg

お楽しみは明日の心だぁー。(って大丈夫かな?)
by morino1200tb | 2010-04-18 21:04 | 10年登山 | Comments(4)

絶景の山、軍沢岳。

4月4日(日)
マロ7さんK4さんが土曜日に行く予定だった軍沢岳が、日曜日に変更と連絡があったので、これを逃したら行けなくなると同行させてもらいました。
この山はほぼ宮城・山形・秋田の境界線上にある山で、積雪期だけ登れるマイナーな山。しかし360度の展望は素晴しい山のようです。
池月の道の駅で待ち合わせ。マロ7さんとおっ家内さん、K4さんと奥様が待っていました。
108号線を雄勝目指して車を走らせ(予告編の写真は鬼首で撮った禿岳でした。)、鬼首トンネル過ぎの駐車場に車を停めます。
ここから歩いて宮城県側に戻り、カモシカ橋南側のフェンスを乗り越えて軍沢岳を目指します。
e0137200_21333920.jpg

フェンスを乗り越えたらスノーシュー(マロ7さんはアルミワカン)を履いて、少し見え隠れするトレースを追いながら尾根に沿って登って行きます。
尾根の途中に、こんな大きなネズコ(クロベ)が現れました。
ネットで見た東北で2番目のものではないでしょうが、このあたりには大きなネズコが沢山あります。
e0137200_21514017.jpg

次第に急になってきた狭い尾根を快調に登るK4さん。
e0137200_21563637.jpg

暑くなってきたので、ちょっと休憩です。
マロ7さんは美人達を撮影。
e0137200_2275666.jpg

K4さんは見えてきた虎毛山を撮影です。
e0137200_2295459.jpg

次第に痩せ尾根になってきて、地肌も露出するようになったため私とマロ7さん以外はツボ足になります。
こんなところですが、私はクランポンの力で半ば強引に登ります。
e0137200_22145553.jpg

この痩せ尾根急坂を過ぎるとタップリの雪堤になり、スノーシューで気持ちよく登れるようになります。
e0137200_2221144.jpg

でも、雪庇に注意です。
e0137200_22313712.jpg

このあたりでソロの山スキーヤーに追い越されます。「やっぱりスキーは早いなー。」とK4さんと羨ましがります。K4さんは"山スキー欲しい欲しい症候群"のようです。
この途中、樹間に鳥海山が見えました。いつ見てもいい山ですね。
秋田と山形の県境尾根に着いて北へ向かうともうすぐ山頂です。
虎毛山を背中に山頂目指します。
e0137200_2258648.jpg

もうすぐ山頂。まーるいピークはまるで鏡餅。それとも肉饅?
e0137200_22595432.jpg

素晴しいものが見えてきました。
山頂手前から神室山と前神室山の稜線です。
e0137200_23133510.jpg

こんな凄いものが見られるとは・・・。
皆さん大喜び。
e0137200_23432792.jpg

で、記念写真です。
e0137200_2315225.jpg

ここは本当に360度のパノラマ。素晴しい展望の地です。
小又山、天狗森、神室山。
e0137200_23203417.jpg

山伏岳と高松岳。
e0137200_2322298.jpg

虎毛山と左に栗駒山。
e0137200_23241762.jpg

おまけに神室のアップ。
e0137200_23272815.jpg

まさに絶景の山です。あー、こんなに素晴しいもの見られるのならデジイチと三脚持って来るんだった。(泣)
e0137200_233132.jpg

K4さんスコップで食事の場所作りしてくれました。ありがとうございます。
スコップがあると便利(本当はエマージェンシー時にも必要)なので、私とマロ7さん近々購入しそうです。
快晴の下、風を避けたところで「絶景」を堪能しながらお昼を食べてノンビリ。
おっ家内さんからいただいた金華サバの味噌煮(缶詰)が絶品でした。今度買おう。
いつまでも居たい素晴しいところですが、そろそろ下山です。
名残惜しそうに歩きはじめるマロ7さんとおっ家内さん。
e0137200_23465814.jpg

そうは言っても、あっという間に下ってしまいますが、ブナ林も気持ちよく皆さん満足そうに歩いていきます。
まじめに降りるK4さん。
e0137200_23552654.jpg

尻セード不発のマロ7さん(写真ありません)。
今日の核心部、急坂痩せ尾根に来ました。
e0137200_23585745.jpg

ここでアイゼンにチェンジです。マロ7さんはワカンのままだったかな?
e0137200_04258.jpg

温度が上がったせいもあり、途中何度も踏み抜いて苦労しながら登り口へ着きました。
アレレ、ストックのバスケットが無いぞ。腐れ雪に持っていかれてしまった。
e0137200_0113843.jpg

ガイドブックにも無い初めての山。皆さん満面の笑みで無事下山です。
えっ、フェンス越えるのが一番大変だったって?
e0137200_0161523.jpg

コースタイム(アバウト)
9:40駐車場-9:50登山口-12:35山頂13:30-14:10アイゼンへチェンジ-14:50登山口-15:10駐車場
e0137200_0295747.jpg

最高の天気に最高の展望。こんなことがあると、ますます山はやめられませんねー。
同行させていただいた皆さん、おかげさまで素晴しい山行となりました。ありがとうございました。
今度はどこですかー。
by morino1200tb | 2010-04-06 00:34 | 10年登山 | Comments(12)

スゴイ展望の山でした

今日は県境の山へ。
県境といっても宮城県からちょっとだけ離れた所。
実質は3県にまたがった山域かもしれません。
これがまぁー、スゴイ展望でした。
冬しか行けないのが残念。
e0137200_1926289.jpg

登った山はこの山の向こう側です。
お楽しみは、明日の心ダー(本当にアップできるかな?少し心配)!
久しぶりに、乞う、ご期待!(笑)
by morino1200tb | 2010-04-04 19:31 | 10年登山 | Comments(4)

戸神山で陽だまりハイク

3月27日(土)
maronnさん、ichicoさんと久しぶりの戸神山へ行ってきました。
1年前ebiyanさんと歩いて以来です。
ゆっくりだったので、もっと停まっているかと思っていたら停まっていたのは2台だけ。
天気も上々、静かな里山歩きを楽しもうとスタートです。
e0137200_1325205.jpg

分岐の手前から目指す戸神山が見えました。
e0137200_13281335.jpg

分岐から表コースへ向かいます。
マンサクや樹間に雁戸山を見ながら歩き、杉林を少しショートカットして戸神林道との分岐に到着。
maronnさんスパ長が似合ってきましたね。
e0137200_13365843.jpg

少し勾配の増した雪混じりの杉林を登って行くと、青々としたカタクリの葉を見つけました。
e0137200_1415085.jpg

もうすこしで一面にカタクリの花が咲くのでしょう。楽しみです。
鞍部に着いてほっと一息。
e0137200_13553544.jpg

男戸神山の山頂へは中途半端に雪の残った滑りやすい急斜面になります。
e0137200_13435199.jpg

山頂に着いたら女性1人と男性2人のグループがいました。
このうちの女性が、何と先日maronnさんとebiyanさんが行った白沢五山で出会っていた方でした。山は狭いですね。
山頂からは素晴しい展望が得られます。
船形方面。
e0137200_13584713.jpg

面白山。
e0137200_13591115.jpg

大東岳。
e0137200_13593740.jpg

雲がかかってきた南蔵王方面。
e0137200_1403070.jpg

そして記念撮影。この日は私もスパ長でした。里山歩きにピッタリです。
e0137200_1356142.jpg

鞍部へ降りてほんのひと登りで女戸神山です。
e0137200_1481690.jpg

展望が取れないのですぐに林道へ向かいます。
おやっ、もうすぐ開きそうなショウジョウバカマです。
e0137200_14201051.jpg

林道に着いたら仙台ハイランド方向への足跡が有りました。
この林道を左に行って今度は黒森山を目指します。
フキノトウがありました。
e0137200_14235527.jpg

そしてマンサクが沢山咲いています。
e0137200_14245326.jpg

e0137200_14251159.jpg

写真を撮っていたら、男性5人グループが林道を戻って通り過ぎていきました。
黒森山分岐に着いたら先ほどのグループがいます。
話をすると、黒森山分岐を見つけられずに通り越してずって歩いて行って、戻ってきたとのこと。
さっきの足跡に納得です。
ルートを教えたら、我々の後を追いかけてきました。
分岐からは(涸れ)沢沿いに赤テープがあります。
e0137200_14325740.jpg

小さな沢を渡ったら杉林の急勾配となります。ここにも所々テープがありますが、歩きやすいところを探せばそこにテープがあるという感じです。
ichicoさんもうすぐ尾根道ですよ。
e0137200_14362574.jpg

尾根を少し行くと山頂です。
e0137200_14393852.jpg

ここから尾根に沿って少し歩いて、急勾配の林の中を下って行きます。
e0137200_14511679.jpg

赤テープは途中でなくなってしまいますが降りれば沢と出会います。
沢を渡って戸神山目指して歩きます。
e0137200_1455453.jpg

おやおや、花が咲いていました。
ミスミソウです。
e0137200_14581083.jpg

いよいよ春の訪れですね。
裏コースに出たら、のんびり歩いて登山口へ到着です。
e0137200_1543385.jpg

コースタイム
10:00登山口-10:50男戸神山11:10-11:20女戸神山-11:45黒森山分岐-12:10黒森山-12:30裏コース-13:00登山口
e0137200_1592538.jpg

この地図は国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用しています。

下山時には天気予報通り雪が舞い始め、風も強さを増してきました。高い山は強風と雪になっていたかも知れません。この日は花も見られたこともあり、里山大正解のハナマルの日になりました。
これからは残雪と花の両方楽しめる一番良い季節かもしれません。
今度はどこでどんなものを見られるのでしょう。楽しみ楽しみ!
e0137200_1529214.jpg

下山後、昼食はラーメンにしようと折立の「折久」へ。しかし満員の上並んでいる人も・・・(泣)。
仕方ないので栗生の「鬼がらし」で味噌ラーメンを。
小辛・・・maronnさん、中辛・・・ichicoさん、大辛・・・morino
左が大辛。右が小辛です。辛いけど美味しかった。(^^;)
by morino1200tb | 2010-03-28 15:41 | 10年登山 | Comments(14)

馬ノ神岳ぐるっと一回り

3月20日(土)
宮城、福島は土曜日だけ何とかなりそうなので、何処へ行こうかと思っていたらSONEさんからお誘いが。
マロ7さんにも声をかけて初めての馬ノ神岳登山です。
待ち合わせの白石スキー場へ着いたらマスさんもいらっしゃいました。
日差しはあるものの、時に雪煙をあげている不忘山を背中に4人で神嶺林道を歩いて行きます。
e0137200_15575262.jpg

マンサクの花が所々咲いています。
e0137200_1694970.jpg

途中カーブミラーを見つけて恒例(?)の記念撮影。
e0137200_1641176.jpg

しばらく歩いて白萩林道北側の尾根へ入っていきます。
e0137200_1655942.jpg

はじめは少し藪っぽい感じですが、しばらく登って行くとブナのある気持ちよい斜面になってきます。
e0137200_16143936.jpg

e0137200_1615244.jpg

e0137200_16155531.jpg

上空でビュービューと強風の音がする中、ブナ林を抜けて急斜面を登ると馬ノ神岳へ続く稜線へ出ます。
e0137200_16215822.jpg

やはり時おり強風が吹きつけてきますが、目の前に後烏帽子と前烏帽子が見えると嬉しくなってしまいます。
e0137200_16231581.jpg

登って行くと山頂方向左に不忘山と水引き入道が見えてきました。
e0137200_16263668.jpg

そして屏風です。
e0137200_16301919.jpg

振り返るとマロ7さんがゆっくりと登ってきました。
e0137200_16354818.jpg

正面のピークを越えれば山頂です。
e0137200_16425838.jpg

山頂へ着くと目の前に屏風が聳えていて圧倒されます。
e0137200_1639315.jpg

水引き入道の後ろに不忘山。そして南屏風の稜線です。
e0137200_1641153.jpg

山頂で記念撮影。
e0137200_16495243.jpg

山頂は風が強いのでさっさと下山。今度は南側の尾根を下ります。
少し下った所から水引き入道を見入る3人。
e0137200_16574872.jpg

風の無い所へと下りて行くと、ユーターンしたスノーシューの跡を発見。
さらに下るとご夫婦がいました。少し話をするとSONEさんのブログにコメントを寄せているK4さんご夫妻と判明。山は狭いですね。
記念撮影です。
e0137200_1722739.jpg

風を避けられるところまで下りて昼食休憩。
暖かな日差しが心地よく感じられます。
しばしノンビリした後、尻セードを楽しんで下山です。
次第に腐れ雪になって、SONEさん足をとられてスッテンコロリン。山の達人も油断しちゃいましたかね。
e0137200_17121342.jpg

白萩林道をショートカットしながら神嶺林道に到着して周回コース完了です。

コースタイム
8:40スキー場駐車場-9:35尾根登り口-11:10稜線-12:20山頂-13:00K4さんご夫妻と出会う-13:20昼食休憩13:55-14:50神嶺林道-15:30スキー場駐車場
e0137200_17214395.jpg

ずっと行きたいと思っていた馬ノ神岳ですが、SONEさんの名ガイドで周回することができました。
また、今回初めてご一緒したマスさんは「のろのろ山行記」というブログをやっていらっしゃいますが、のろのろなんてとんでもない。4人の中で一番ではないか?というスピードでした。「すたすた山行記」にタイトル変更ですね。
いつも楽しいマロ7さん、達人SONEさん、チャーミングなマスさん。おかげさまで楽しい山歩きができました。またよろしくお願いします。
by morino1200tb | 2010-03-21 17:37 | 10年登山 | Comments(18)

巨石イッパイ花塚山

3月14日(日)
maronnさんとichicoさんと3人で福島県の花塚山へ行ってきました。
カーナビが無いので何度か迷ってようやく花塚の里駐車場へ。
e0137200_21122078.jpg

駐車場には7台の車とバスが停まっていました。
「へー、人気があるんだー。」と言いながら登り口へ向かいます。
e0137200_21315221.jpg

滑り台やブランコを見ながら放鹿神社へ。ちょっとお参りして、ここからいよいよ登山道です。
e0137200_21182023.jpg

里山をなめてはいけません。意外に急で、はなから汗をかかされます。
そうそう、この日はおニューの靴です。
ジャーン!スパイク長靴デビュー。
e0137200_21354341.jpg

日陰の凍ったところもOKの優れものです。
「結構しんどいねー。」なんて言って登って行くと、団体さんに追いつきました。
e0137200_21244249.jpg

東京からの方々で20名、この山の前に鹿狼山に登ってきたとのこと。この後は岳温泉へ行くと言っていました。
パスさせてもらって歩いて行くと巨岩、奇岩のオンパレードです。
e0137200_21432324.jpg

e0137200_21435078.jpg

これらを楽しみながら山頂へ到着。
e0137200_2146589.jpg

山頂には3グループほど居ましたが、私たちは写真を撮っただけで花塚台へ向かいます。
先ほどの団体さんの3人とスライド。他の人たちはやってきません。
花塚台へ着くと、花塚岩の脇や隣りの東屋に団体さんが昼食休憩中。
maronnさん胎内くぐり?に入っていきました。
e0137200_2235343.jpg

ichicoさんも続きます。
e0137200_2242990.jpg

ichicoさんは花塚岩にも登ってしまいました。
e0137200_226263.jpg

団体さんが居なくなった東屋で昼食。
おにぎりに冬の定番おでんです。
e0137200_2220928.jpg

ここから素晴しい眺望が得られます。この日安達太良は残念ながら雲がかかっていました。
e0137200_22241613.jpg

ゆっくり休んで、北峰を目指します。フカフカ雪の下りは気持ちがいいですが、鞍部からの登り返しはお腹イッパイの体には厳しいですね。
北峰にも変わった形の岩があります。
e0137200_22315949.jpg

途中スライドした3人のトレースと地図、GPSを確認して、滑りやすい急斜面に苦労しながら堅岩へ着きました。
e0137200_22402823.jpg

「何じゃこりゃ?」ですね。トーテムポールみたいです。
この写真はmaronnさんから送ってもらったものです。大きさが実感できますね。
携帯で撮影中の2人。
e0137200_22444577.jpg

この後トレースを手がかりに、雪が少ないためズリズリの急斜面を下りて、アップダウンを繰り返し、分岐を確認しながら歩いていきます。
途中はこんなに気持ちの良いフカフカ雪歩きもありましたよ。
e0137200_22521674.jpg

再び放鹿神社へ着いて周回コース完了です。
そして駐車場に着いたら残っていたのは私たちの車だけでした。
e0137200_22554793.jpg

コースタイム
11:00駐車場-11:50分岐-12:00花塚山山頂-12:20花塚台13:10-13:30北峰-13:45堅岩-14:45駐車場
e0137200_22592668.jpg

この地図は国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用しています。

名前の付いている岩が沢山あるらしいのですが、雪に覆われていて、特徴のある岩を見つけるのが難しかったのが残念です。
帰りは道の駅川俣「オアシスinシルクロード」で買い物です。ここでダチョウの卵にビックリも有りの楽しい1日でした。
さあ今度は雪山へ行くぞー!晴れてくれー
by morino1200tb | 2010-03-15 23:24 | 10年登山 | Comments(10)

新しい靴でした。

3月14日(日)
脊梁山脈は強風と雪崩だろうと思い、陽だまりハイクへ。
新しい靴で楽しんで来ました。
こんな奇石がイッパイ。
e0137200_2171850.jpg

レポートは明日の心だー・・・。(明後日かも^.^;)
by morino1200tb | 2010-03-14 21:09 | 10年登山 | Comments(0)

湯殿山(でも途中まで)

2月28日(日)
湯殿山神社経由で月山へ行ったことはあったのですが、湯殿山へ登るのは初めてです。
工事で通行止めになっている駐車スペースへ車を置いて登山口となる博物園へ向かいます。
e0137200_18113543.jpg

博物園までは意外と遠く、早くも体が火照ってきます。
到着です。
e0137200_18133750.jpg

結構堅雪なので少しツボ足で歩いてからスノーシューへ。
地図とGPSで時々確認してトレースを追いかけて行くと、次第に素晴しいブナ林になっていきます。
こんな色っぽいブナもありました。
e0137200_18173470.jpg

姥ヶ岳が見えます。雪が少ないようです。
e0137200_18303486.jpg

斜度がアップしてもまだまだブナ林。
e0137200_1826498.jpg

男性山スキーヤー、テレマーカー、女性ボーダーに追いつきました。
ここへはよく来ているようです。
e0137200_1829856.jpg

さらに斜度アップの上に雪がカリカリになってきたのでスノーシューからアイゼンへチェンジ。
ピッケルも欲しくなってきます。
先行する3人は慣れた感じで稜線へハイクアップです。
e0137200_18332382.jpg

稜線から少し上がると3人はここからドロップとのこと。
上に見えるピークが湯殿山かと登っていきましたが、ガーンまだまだ先。風は強いし、足元はガリガリだしで、パキンと音を立てて心が折れてしまいました。
無理しないのが私のモットーですのでここで撤退です。
e0137200_18382472.jpg

下を見ると滑降準備中の3人が見えます。
e0137200_18393577.jpg

斜面を慎重に降りて下山です。
急なところを過ぎても堅雪なのでしばらくアイゼンで行きます。
晴れていれば素晴しい景色でしょうね。
e0137200_18441679.jpg

途中からスノーシューへ。何人かとスライドしてブナ林を楽しみながら博物園到着です。
e0137200_1850258.jpg

コースタイム
8:50駐車スペース-9:10博物園-10:45 1362m地点-11:50博物園-12:10駐車スペース
途中敗退でしたがブナ林満喫の楽しめたコースでした。今度は晴れた日ですね。でもガリガリ稜線はパスね。

帰りに志津温泉の雪旅籠まつりを覗いてきました。
e0137200_18571347.jpg

e0137200_18574229.jpg

夜だったら雰囲気あるんでしょうね。夜に見られず残念。
by morino1200tb | 2010-02-28 19:01 | 10年登山 | Comments(9)

南三陸の山「翁倉山」

2月21日(日)
maronnさん、ichicoさんと翁倉山へ行ってきました。
好天の下、ノンビリ陽だまりハイクです。
e0137200_22333847.jpg

林道を少し行くと標識があり、左手のロープ急坂を登ります。前日に歩いた人のトレースが
往復分あります。
e0137200_22361636.jpg

雪があるので滑らないように注意しながら登ります。ノンビリのつもりだったのに結構な急坂です。
とは言え、すぐに尾根道に出て赤松の樹林帯の気持ちの良い登山道が続きます。
e0137200_22441672.jpg

所々雪道になりますが緩やかな尾根道でまさに陽だまりハイク。
e0137200_22472678.jpg

この山はイヌワシの生息域。1月は繁殖期ということなので2月後半になってから来ましたが、簡単には見られませんね。その代わり鳥の声はたくさん楽しめました。
こんな鳥がいました。
e0137200_2359886.jpg

左右に走る尾根に突き当たり、右(北東)へ向かいます。
「ここを登れば山頂かな」なんて思っていたら、また急坂です。
e0137200_0375711.jpg

残雪タップリ登山道でアップダウンを繰り返します。雪の上のウサギや小動物の足跡を見ながら、足ズボズボの楽しい歩きです。
e0137200_22591375.jpg

山頂に着いて記念撮影。
e0137200_2354668.jpg

風も無くゆっくり昼食休憩。山頂からは期待していた通り志津川湾が見えます。
山から海を見るなんていいですねー。
e0137200_23145438.jpg

お昼は今日も美味しい「おでん」です。ちょっとマンネリぎみですが簡単で美味しいしねー。
e0137200_231759100.jpg

今日は貸切と思っていたら、ソロの男性がやってきました。
水沢から来られたとのこと。
ちょうど「亀の子せんべい」(奥州市名物?)を食べていたところだったので、そんな話題でプチ盛り上がりでした。
SONEさんのブログに周回が取れるとあったので、南下する尾根に沿って下山です。
ガイドブックに書いていない初めての道ですが、SONEさんの記事を見て地図にルートを記していましたし、GPSもあるし、不明なら戻ればいいということで下山開始。
山頂から東へ行って急降下。尾根筋を行くのですが、こちらは誰も歩いた跡は無くウサギやら何やらの足跡が見事にルート通りにあります。やっぱり歩きやすい所を行くのでしょうね。面白いものです。
こんな鳥の足跡もありました。
e0137200_23323815.jpg

このルートには赤布のマークがたくさん有り迷うことはありません。SONEさんのブログコメントを見ると“ユキワリウバザクラさん”という方が付けたとのこと。ユキワリウバザクラさん、ありがとうございました。
e0137200_2346654.jpg

登ってくる途中に見た「まつたけ採取厳禁」の看板がこちらにもありました。
ここらはマツタケの宝庫?のようです。
e0137200_23513796.jpg

確かに赤松は多いのですが、立ち枯れも随分見られます。松くい虫のせいでしょうか?
尾根に沿ってしばらく行くと作業道が現れました。このあたりは随分と伐採されています。石巻から三陸の松くい虫被害は大変なようですので、ここでも被害木を伐採したのかも知れません。
ここから作業道を降りて行きます。
e0137200_083942.jpg

予想通り駐車スペースの北側に下りました。おや、車が増えていますね。
e0137200_0121466.jpg

ガイドブックには書かれていない周回コースを楽しめた陽だまりハイクとなりました。
500mちょっとの山ですが、山頂からの眺めや、急坂有り、ノンビリ歩きあり、適度な緊張感有りの山の面白さが十分味わえる山でした。
コースタイム
9:35駐車スペース-11:00山頂11:45-12:50作業道-13:15駐車スペース
e0137200_0265944.jpg

by morino1200tb | 2010-02-23 00:40 | 10年登山 | Comments(10)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb