山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
17年登山
16年登山
15年登山
14年登山
13年登山
12年登山
11年登山
10年登山
09年登山
08年登山
07年登山
山関係
音楽関連
あれこれ
震災
特別版

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

フォロー中のブログ

お山遊び
点描2
ebiyanの南東北 山...
ソロで生きる
バリ太郎とゴロゴロ
マロのページⅡ
Estrellas y ...
Mountain Rose
船形山からブナの便り(ブ...

リンク

最新のコメント

SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 22:10
宣伝じゃないですが、やは..
by SONE at 22:56
lc4advさん 今晩は..
by morino1200tb at 22:13
腰は微妙ですからね~。注..
by lc4adv at 19:50
utinopetika2..
by morino1200tb at 21:47
休みですと、安息日でもジ..
by utinopetika2 at 20:33
シゲちゃん お疲れ様でし..
by morino1200tb at 19:15
雪山ブナ回廊天気良くて ..
by sige at 08:22
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:48
とーますさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:40

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧

検索

ファン

最新のトラックバック

石跳川から月山周回(平成..
from HITOIKI Blog

鳥海山

昨日9月14日(日)に鳥海山へ行ってきました。
何年か前、滝ノ小屋-心字雪渓経由で登った時は、山頂は霧雨で何も見えなかった思い出があります。
鉾立登山口の駐車場には多くの車が停められていました。さすが100名山。
しかし、雲で山が見えません。
e0137200_15455415.jpg

登山道はコンクリートと石畳になっていて、これも有名な山ならではのオーバーユース対策かと思うと、風情がないのもしょうがないのでしょう。
歩いていくとエゾリンドウが見られました。
e0137200_15532776.jpg

賽の河原過ぎの北側では草紅葉の始まりです。
e0137200_164694.jpg

御浜小屋の南側には、たくさんの登山者が鳥海湖を見ながら休んでいました。
e0137200_1559678.jpg

このあたりからガスが取れはじめてきました。期待しましょう。
e0137200_16124930.jpg

御田ヶ原分岐からは岩だらけの登山道です。
e0137200_16155463.jpg

七五三掛から千蛇谷へ降りて雪渓を渡ります。日差しが出てきました。
e0137200_16184126.jpg

何の花でしょうか、赤く色づいています。
e0137200_16202452.jpg

大物忌神社にはやはりたくさんの登山者が休んでいました。
残念ながらうっすらとガスがかかっています。
e0137200_16271292.jpg

新山目指して岩だらけの斜面を登ります。
がんばるマロンさん。
e0137200_16303710.jpg

こんなところも通ります。
e0137200_16313578.jpg

狭い山頂には3グループほど陣取っていました。
若者達は昼食タイム。無線愛好の2人連れは大きなアンテナを置いていろいろ交信していました。
次から次に人がやってくる、狭く足場が悪い山頂に長居するのはいかがなものでしょうか。山は譲り合いがいいですよね。
山頂からうっすら外輪山。
e0137200_1638473.jpg

大物忌神社に下りると少しガスが晴れて日本海が見られました。
神社にお参りして昼食です。風が強く吹いていて寒く感じます、そろそろ秋のウェアですね。

千蛇谷経由で下山。七五三掛から仁賀保高原の風力発電の風車を見ることができました。
e0137200_16511214.jpg

御田ヶ原分岐から鳥海湖を一周です。ガスも取れて山頂がはっきり見えるようになりました。
撮影中のマロンさん。
e0137200_16552961.jpg

鳥海湖と御浜小屋
e0137200_1711142.jpg

鳥海湖と山頂。
e0137200_1722395.jpg

すっかりガスが取れた新山と外輪山です。
e0137200_17123936.jpg

御浜小屋で少し休んで下山開始。
硬い石の登山道に辟易していると草紅葉と稲倉岳が姿を見せてくれました。紅葉が進めば素晴しい景色を見せてくれそうです。
e0137200_17225462.jpg

久しぶりの鳥海山は天候に恵まれ、スケールの大きさを目の当たりにできて大変楽しい山となりました。
又、本当に多くの老若男女が登っていて、影鳥海を見るためでしょうか下山時にたくさんの方とスライドしたのには驚きました。軽装あり(食事付き利用?)、重装備あり(素泊まり・シュラフ持参?)大きな三脚を持った人もいました。手軽に来れるいい山ですね。
次回登るときはどのコースで登りましょうか、楽しみです。

駐車場の売店で地元のお酒を買いました。山に登った時の地元への僅かなお礼のつもりです。
値札には「辛口鳥海山」とあったので、土産に最適と思い包装されたまま買いましたが、帰宅後箱を開けると「あきたこまち」でした。おいおい、間違えないでちょうだい。まぁ、いいけどね。
e0137200_17412961.jpg

コースタイム
7:30鉾立登山口-8:50御浜小屋-9:35七五三掛(千蛇谷経由)-10:55大物忌神社-11:20新山山頂-11:35大物忌神社12:10-13:35(千蛇谷経由)御田ヶ原分岐-14:30(鳥海湖一周)御浜小屋-15:50鉾立登山口
by morino1200tb | 2008-09-15 17:54 | 08年登山 | Comments(8)
Commented by マロン at 2008-09-15 18:54 x
久々の山で気分は晴ればれ生き返りました。それにしても写真で見る秀麗な姿とは程遠いゴツゴツ荒々しくどっしりした山でしたね。日本海の水平線は霞んでいたけど沿岸線は見られたし、広大な草紅葉もベニバナイチゴの実も甘ずっぱく、爽やかな秋風が体中の細胞に働き元気になれたよ!morinoさん、長距離運転ありがとうございました。帰路はきれいな月(十五夜)を愛でながらhappyな一日でした。仕方のないことですが、足に負担がかかる登山道でしたね。
Commented by morino1200tb at 2008-09-15 21:08
マロンさん お疲れ様でした。固い登山道で、思った以上に脚に負担がかかりましたね。1ヶ月ぶりの登山のせいもあり、翌日は結構辛かったですよ。そうそう、新しい登山靴は靴擦れもなく問題無しでした。
これからの山は紅葉を楽しめそうですね。以東?飯豊?どこへ行きましょうか。
Commented by abi at 2008-09-16 22:53 x
こんにちは!鳥海山お疲れ様でした。天気も回復してよかったですね!
先月はじめに登った時には、キンコウカの群生が見事でしたが、もうあの場所は草紅葉が始まっているんですね~。ブログの写真を見ながら、1カ月前の鳥海山登山を反芻しました。次はどこに行くのかな? ロングドライブ付山行なら、会津駒ガ岳ぜひお薦めです!
Commented by morino1200tb at 2008-09-16 23:32
abiさん 今晩は。
あまりロングドライブはしたくないのですけど、山のためならしょうがないですね。
今月末から朝日連峰は紅葉シーズンらしいので、27日28日に以東岳へ行こうかと思っています。
10月初旬に飯豊にも行きたいのですが、どうなることやら。
会津駒は桧枝岐泊まりで来年ですかね。
近いうちに旗坂キャンプ場から船形山へ行って見ませんか。紅葉のブナ林を楽しみましょう。
Commented by miyagi1305 at 2008-09-17 14:37
morinoさんこんにちは。
赤く紅葉している花なんでしょうね?形から想像力を働かせてみようとしていますが、思い浮かびません。それにしてもあんなに鮮やかに紅葉する花って結構めずらしいですよね。
鳥海山は花を目当てに夏にしか登ってなくて、いつか紅葉の季節に千畳ヶ原や月山森を歩いてみたいと思いながらまだ果たせていません。
見事な草紅葉が見られるのは間もなくですね。
Commented by morino1200tb at 2008-09-17 20:50
miyagi1305さん 今晩は。
赤くなった花はホソバイワベンケイのようです。赤くなる前でしょうか黄色いものもありました。
おっしゃるとおり、鳥海は花の山そして紅葉も見事な山のようです。
御田ヶ原分岐から千畳ヶ原方面へ向かった時に見たボサ森、月山森方向は大きく開けて、紅葉の盛りの折には素晴しい景色が見られるのでしょうね。
もう一度鳥海というわけにはいきませんが、何度か紅葉の山を楽しみたいと思っています。
Commented by MK at 2013-08-24 01:24 x
>鳥海湖と山頂。

私も昔登った際ここと同じ角度から山頂を見ましたが
実際にこの場で見ると写真とは比較にならない
ほど迫力がありすごい景色でした。
Commented by morino1200tb at 2013-08-24 21:38
MKさん 今晩は。
コメントありがとうございます。
やはり自分の目で見る景色は最高ですよね。
その記憶があるから何度も訪れるのだと思います。
そして、山は季節によって千変万化。
いつ行っても良いものです。