日暮沢から狐穴小屋(2日目)

グッスリと寝ていたらマロンさんに「朝焼けだよ」と起こされました。
4時30分 狐穴小屋からのきれいな朝焼けです。
e0137200_231394.jpg

しばらくすると雲海に浮かぶ月山が見られました。
e0137200_2345198.jpg

そして、昨日小屋に着いた時にはガスに隠れていて見えなかった以東岳です。
e0137200_2371594.jpg

小屋から見る以東岳はどっしりと大きく、目の前にあるので、ほんの一登りで行けそうな感じがします。でも地図では往復約5時間なので今回はあきらめ、秋に泡滝から以東小屋泊まりで登るつもりです。

狐穴小屋です。小屋の周りにはニッコウキスゲがたくさん咲いていました。
右側が管理人さん。左側が栃木から来た朝日フリークの方(以前山形勤務で転勤してからも朝日へよく来られる方)で途中から一緒に登ってきました。
e0137200_23194614.jpg

皆さん早い出発でした。我々はゆっくりとご飯を食べてノンビリ出発です。

三方境手前から狐穴小屋と以東岳。
e0137200_23264837.jpg

2日目は昨日とは違って、涼しい風を感じながらの快適な歩きです。というのはマロンさんで、私は昨晩のアルコールが残っていてちょっと辛かったのが本音ですけど。
それでも、北寒江山から見る朝日連峰主稜線はやっぱり素晴しく、「本当に来てよかった。ここにずっといたい。」そんな想いがいつしか昨晩のアルコールを風と共に飛ばしてくれるのでした(本当か?)。
e0137200_2351331.jpg

寒江山から見る相模山。ここへも一度行って見たいものです。
e0137200_23535877.jpg

お花畑から以東岳。
e0137200_23585895.jpg

同じく朝日主稜線と大朝日岳を望んで。
e0137200_05514.jpg

撮影中のマロンさん。
e0137200_074957.jpg

竜門小屋手前から寒江山と少し以東岳。
e0137200_0254760.jpg

竜門小屋で2度目の朝食をとりました。管理人さんに聞いたら、昨日は団体が来なかったので40人の泊まりだったそうです。
小屋でゆっくりした後竜門山経由で下山です。竜門山そのものはこれといった特徴はありませんが、ヤマハハコ、何とかヒヨドリほか何種類かの花を見ることができました。
e0137200_016348.jpg

e0137200_0191277.jpg

竜門山分岐からユーフン山へ歩いていると、5人ぐらいの方々が登ってきました。狭いところだったので通れるように横へ避けて待っていたら、先頭は見たことがある人です。
「井上さんですか?」と声をかけたら、その通りでした。この方はHP「飯豊朝日連峰の登山者情報」を運営している方です。飯豊日帰り当たり前。遭難者救助もしますし、植生保全の取り組みも一生懸命の素晴しい方です。この日は三方境の植生保全の為の緑化ネットの荷揚げだそうです(今日HPを見たら9日10日の二日間やられていました。9日は竜門小屋ですれ違いだったようです)。
少し話をしましたが、ご苦労様ですとしか言えませんでした。本当にこの方の活動には頭が下がります。大きい体でもなく、Tシャツ・短パン・地下足袋で大きな荷物を背負って歩く井上さんは、私みたいな人間にとってはスーパーマンです。
有名人と言っていたので芸能人を期待した方には申し訳ありません。でも山をやる人には有名人なんです。ぜひHPをご覧になってください。特に飯豊を歩く人は必見ですよ。

そんな驚きの後のユーフン山から竜門・西朝日方面。また行きますよ。
e0137200_151962.jpg

清太岩山からは樹林帯の急な下り。ゴロビツ水場で新潟から来られたご夫婦とお話したら、竜門が大人数と聞いたので、日暮沢からハナヌキ峰経由で大朝日小屋泊まりで、今日は竜門から日暮沢の周回コースとのこと。大朝日小屋は30人位だったそうです。

今回は暑かったけれどサプライズがあった楽しい山行でした。こんなこともあるから山はやめられないのでしょうね。
次回はどこへ行けるのでしょうか楽しみです。おや、「飯豊はイイデ」なんて声が聞こえてきました。心惹かれますね。

コースタイム
1日目 7:25日暮沢-10:20清太岩山-11:10ユーフン山-12:30竜門小屋
     13:10-14:10南寒江山-14:25寒江山-15:30狐穴小屋
2日目 6:10狐穴小屋-7:10寒江山-8:10竜門小屋8:55-10:30清太岩山
     -12:30日暮沢
Commented by miyagi1305 at 2008-08-13 11:19
朝日に染まった雲がきれいですね。
雲海に縁取られた手前の山稜と月山の写真もすばらしいです。
狐穴で以東岳を眺めるとそこまで足を伸ばしたくなりますが、私も久しぶりの小屋泊まりだったので今度は泡滝からで歩こうとあきらめました。

井上さんは朝日でも保護シートの荷揚げにも頑張っておられるのですね。
私も去年2月の白太郎山でお世話になり、記念撮影までさせていただきましたが、いつもにこにこでやさしい方ですね。
Commented by morino1200tb at 2008-08-13 12:01
ebiyanさん お褒めいただきありがとうございます。山で見る景色、特に朝・晩は素晴らしいですね。これがあるから泊まりに行くようなものかもしれません。井上さんと記念写真なんてうらやましい限りです。そうそう井上さんと同じようにebiyanさんも私にとってはスーパースターですよ。
Commented by マロン at 2008-08-16 22:07 x
辛さを微塵も出さず、食器片付けのレクチャーをしてくれありがとう(笑)私は爽やかに、足元軽やかに、昨日見られなかった大規模な花畑をジックリ堪能できました。竜門小屋までビールの荷揚げをやっていた若者達の元気なこと。いろんな人との一期一会ならぬ2度の出会いもあったりして、山って本当に楽しいですね。サイナラ、サイナラ・・
Commented by morino1200tb at 2008-08-16 22:30
マロンさんサイナラではありません。又来るからねですよ。
同じ方に会えるサプライズもありますが、いろいろな方と会えるのが山の楽しみですね。それにしても山で会える方々は皆さん良い方です。老若男女皆さん元気に重い荷物を背中に山を楽しんでいますが、こうした方々と会えるだけで元気をもらえます。私からも元気を与えることができるように、笑顔で山歩きを続けたいものです。
by morino1200tb | 2008-08-13 01:27 | 08年登山 | Comments(4)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb