ギター

障子ヶ岳からなかなか山へ行けません。
そんな時に、ニール・ヤングの70年のクレージーホースとのフィルモア・イースト・ライブと、71年のマッセイホールでのソロライブ(アーカイブシリーズ)を立て続けに聴きました。
イイですね。近作のプレーリー・ウインドと比べても遜色のない素晴しさです。いや、逆にプレーリー・ウインドの方が、歳を感じさせずに瑞々しい感性を持ち続けているということなんでしょうね。
昔からエレクトリックでのニール・ヤングの溜めて溜めてその後感情のほとばしるギターソロが大好きなので、フィルモア・イーストでのプレイは最高です。でも、マッセイホールでのソロも一曲一曲が胸に突き刺さるようで素晴しく、初めてニールヤングの音楽に接した時を思い出させてくれます。
あぁー、音楽っていいですね。

といった時に、とある食事の席で、かねてより懸案事項だった「バンドやろうぜ」が現実化しそうです。
久しぶりにスタジオで大きな音を出せます。楽しみですが指は動くのでしょうか?
e0137200_2242870.jpg

とりあえず65年ストラトで練習です。

でも、今週は朝日へ小屋泊まり山行なので練習できません。うーんツライ(でも本当は朝日へ行ける方がウレシイですけど)。
by morino1200tb | 2008-08-06 22:57 | 音楽関連 | Comments(0)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb