障子ヶ岳(天狗小屋泊まり)

7月19日(土)・20日(日)に天狗小屋泊まりで障子ヶ岳へ行ってきました。
今回は仲間のマロンさんの小屋泊まりデビューの山行です。
歩行時間はそんなに長くないので、前回の縦走と違い、しっかり睡眠時間をとって仙台を出発。
南俣沢出合の駐車場から重いザックを背負って出発です。
e0137200_16204633.jpg

風もなく暑い日差しの中、肩に食い込むザックを背に樹林帯の急坂を登ります。
ミヤマカラマツソウ、リュウキンカなどが登山道脇に咲いています。水場にはまだ水芭蕉がありました。

リュウキンカ
e0137200_16301730.jpg

しばらく歩いて雨量観測所に近づくと障子ヶ岳が見えます。この日は霞でクッキリというわけには行きませんでしたが、マロンさんは初めて間近で見ることができてここまでの疲れも飛んだようでした。
e0137200_16401075.jpg

ここから粟畑へ向かう道は石が敷き詰められています。こんな花が咲いていました。
ラン科の花のようですがセッコクでしょうか?トキソウでした。エビヤンさん、ありがとうございました。
e0137200_16481641.jpg

そして、待望のヒメサユリです。
e0137200_1649188.jpg

道路わきに並んで咲いています。
e0137200_16575584.jpg

天狗小屋が見えてきました。暑さで水が少なくなっていたのでほっとします。
e0137200_1652439.jpg

小屋には管理人の山田さんの代わりに、臨時で西川町山岳会の菊池さんがいて、美味しいお茶で出迎えていただきました。
そしてもちろん、天狗もお出迎え。
e0137200_1742547.jpg

凍らせて持ってきたビール(3本)。まだがっちり冷えています。後ろは粟畑。
e0137200_1783844.jpg

この日の泊まりは、古川どっぽ山の会の3名、松島からの1名と我々2名の6名。全員宮城県でした。古川どっぽ山の会の方々と話していると、一緒に来て別行動(出合川渡渉点で簡易幕営?)の沢登りの2名は、私が去年の夏に天狗小屋で同宿した方々と判明。年に一度の天狗小屋でこんなことがあるなんて何とも面白いことです。
大朝日小屋が70名。竜門小屋が50名、狐穴小屋が13名の泊まりだそうで、マロンさんの小屋泊まりデビューには天狗小屋で正解でしたね。
その晩は管理人さんも加わり、楽しい山の話で大盛り上がりでしたが、ちょっと(?)飲みすぎです。
e0137200_17243566.jpg


7月20日(日)ちょっぴり朝焼け。
e0137200_17422219.jpg

古川どっぽ山の会の方々は早い持間に狐穴目指して出発。この日は以東岳往復だそうです。我々は松島の方が出た後にノンビリと出発です。
小屋の近くのヒメサユリ。
e0137200_17474539.jpg

天狗角力取場から障子ヶ岳。
e0137200_17504615.jpg

粟畑から以東岳。
e0137200_17514518.jpg

同じく障子ヶ岳。
e0137200_1754432.jpg

お約束の障子池と障子ヶ岳。残念ながら次第に天気が悪くなってきました。
e0137200_1803362.jpg

障子ヶ岳への登山道右側斜面には昨日のヒメサユリに変わってニッコウキスゲが咲いています。
e0137200_1894599.jpg

障子ヶ岳山頂から稜線を振り返って。段々ガスってきました。
e0137200_1813143.jpg

山頂過ぎの西側の雪渓にカモシカ君がいました。山で遭った動物は猿、オコジョ、熊に次いで4番目です。
e0137200_18173723.jpg

アップダウンを繰り返しながら紫ナデへ到着。ここからは長い下りになるので休憩です。
相変わらずガスってますが、切れ間に障子ヶ岳の山頂が見えました。
e0137200_18252778.jpg

長く急な下りを終えて林道終点登山口へ到着です。
マロンさんお疲れ様でした。初めての小屋泊まり山行はいかがでしたか。
e0137200_1754455.jpg

眺望には恵まれなかった山行でしたが、ヒメサユリ、ニッコウキスゲなどの花を楽しみ、そして何とカモシカまで見ることができました。
狙い通りとは言え、贅沢なほどの余裕を持って泊まれたことや、同宿の皆さんと楽しい山の話ができたことはうれしい限りです。皆さんありがとうございました。
そして、標高は高くはありませんが、急坂や難所が幾つかあるこの山に初めて小屋泊まりの重い装備でチャレンジしたマロンさんに拍手です。
コースタイム
1日目 11:10南俣沢出合-14:55雨量測候所-12:55粟畑-15:40天狗小屋
2日目 7:05天狗小屋-7:25粟畑-7:55障子池-8:55障子ヶ岳9:10-10:10
     紫ナデ10:30-12:35林道終点登山口-13:00南俣沢出合
Commented by マロン at 2008-07-21 20:22 x
重荷を背負っての秀峰登山、「ヤッター!」です。ザックを下ろすたびに、再び背負うのに四苦八苦(笑)小屋での酒盛りでほろ酔い加減の山男達・・翌朝疲れもなく以東岳から吹いてくる心地良い風を左半身に受けながら快適稜線歩きで障子ヶ岳登頂でしたね。すばらしい体験をさせて頂き有難うございました。懲りずに又ヨロシクね~
Commented by morino1200tb at 2008-07-21 20:55
マロンさん 頑張りましたね。眺望はなかなか取れませんでしたが、カモシカ君にも遭えて好い山行になったと思います。今度は朝日主稜線?それとも飯豊? 同宿の皆さんのように、お互いにがんばりましょう。
Commented by numa at 2008-07-22 17:47 x
morinoさん、お疲れさまでした。
マロンさん、念願のお泊り登山、最高でしたね。
‘満天の星’はどうだったのかな?
自分もこの連休中、水引入道から見た、屏風岳から不忘山にかけての大パノラマを「お気に入り」に追加しました。
Commented by morino1200tb at 2008-07-23 10:49
numaさん 水引入道からの景色は素晴しかったでしょうね。天気がいいと屏風の右側に鳥海山が見えますよ。今度はどこかにご一緒しましょう。

Commented by 凡ジョビ at 2008-07-23 20:59 x
小屋泊まり。
私は山では酒を飲まないという少数派ですが、一人、小屋の外で今日の残照を最後の最後まで眺め、そして月と星。
静かなり、静かなり、下界では得ることのできない時間、こういう時はコーヒーが似合うんだねえ。
これがまたいいんだぞお。(理解者があまり居ないけど)
ともかく、小屋泊まりデビューおめでとう。
Commented by morino1200tb at 2008-07-24 07:58
凡ジョビさん 私も普段の山では飲まないけれど、小屋で飲むお酒は格別ですよ。それはさておき、20日の凡ジョビさんが登った田代山・帝釈山は花が一杯で、まさに雲上の楽園だったでしょうね。私もそのうち登りたいと思っています。でも今年は日暮沢-狐穴小屋泊まり-以東往復・竜門小屋泊まり-大朝日・ハナヌキ峰経由日暮沢の2泊3日に行きたいなぁー。あ、飯豊もね。
Commented by ebiyan at 2008-07-24 18:59 x
障子ヶ岳は私も去年ヒメサユリを見に出かけたので懐かしく拝見させていただきました。
以前狐穴に上がったときに天狗小屋に寄りましたが、よい小屋ですよね。
そのうち私も一泊してみたいです。
間違ったらごめんなさい、での花の謎ときですが
今回のピンクの花はトキソウのように見えますが、いかがでしょう?
私の時も咲いていました。
前回の火打の手前で見かけたラン科の花はショウキランというのに似ているように思えますが?
Commented by morino1200tb at 2008-07-24 21:36
ebiyanさん ありがとうございます。早速図鑑とネットで調べました。確かにトキソウとショウキランです。
山ではいろいろな花を見るのですが、名前が判らず帰宅してから図鑑を相手に四苦八苦、ということがしょっちゅうです。その挙句にわからないということも。
不明の花(ebiyanさんにはあきれられるかもしれませんが)もアップしていきますので、ご面倒でもご教示お願いします。
by morino1200tb | 2008-07-21 18:57 | 08年登山 | Comments(8)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb