6月28日 竜門

2008年6月28日(土)
山形方面が晴れそうだったのでマロンさんと竜門往復してきました。
7時30分過ぎに日暮沢小屋へ着いた時には、林道脇にクルマが並んでおり、小屋の前では団体さんが出発準備をしていました。

日暮沢小屋です。
e0137200_2132175.jpg

小屋の脇を少し行った左手から急な登りが始まりました。
少し登ると、先ほどの15人ぐらいの団体さんをパス。しばらくして10人ぐらいの団体さんをパス。皆さん竜門小屋泊まりです。
こちらは軽い装備なのでパスするのは当たり前です。
この後狐穴泊まりのソロにパスされ、仙台からの竜門往復3人組に追いつき離されという感じで、照りつける日差しの中、急な登山道をひたすら登りました。
辛い登りの途中にはギンリョウソウ、マイヅルソウ、サラサドウダン、タニウツギ、チゴユリなど多くの花に慰められました。

リュウキンカ
e0137200_2213297.jpg

ムラサキヤシオ
e0137200_2223235.jpg

サンカヨウ
e0137200_2245278.jpg

ショウジョウバカマ
e0137200_226470.jpg

ノウゴウイチゴ
e0137200_2281614.jpg

まだタムシバが綺麗に咲いていました。
e0137200_22103743.jpg


樹林帯の急坂が終わり朝日連峰主稜線がはっきりと見えてきました。それまで山頂あたりを覆っていたガスも次第に上がっていきます。

清太岩山手前から大朝日方面
e0137200_22322070.jpg

清太岩山で下山の福島の方とスライド。休んでいると以東岳のガスも上がって行きました。
e0137200_22423238.jpg


ユウフン山へ向かう途中にはハクサンチドリがありました。
e0137200_2215214.jpg


ユウフン山を過ぎるとイワハゼが歓迎してくれます。
e0137200_22514683.jpg

そして今日のハイライト、ヒメサユリです。
これを見に来たのですよ。
e0137200_22534729.jpg

e0137200_22541541.jpg


ここまで来たら竜門分岐まではもうすぐ。
雪渓を登るマロンさん。
e0137200_2305847.jpg


分岐から竜門小屋へ降りる途中の寒江山-以東岳方面。最高ですね。
e0137200_038785.jpg


竜門小屋で昼食。周りの景色を見ていると自然に笑みがこぼれてきます。
マロンさんも「いいねぇ。いいねぇ」としか言葉が出てきません。
小屋の周りはハクサンイチゲとウスユキソウの見事な群生がありました。

ウスユキソウ
e0137200_23224676.jpg


後ろ髪を引かれる思いをしながら下山開始です。
さようなら竜門小屋。今度は泊まりに来るからね。
e0137200_23254083.jpg

すっかりガスが晴れた以東岳方面。画面左に竜門小屋が見えます。
e0137200_23515642.jpg

大朝日方面
e0137200_0414735.jpg

元気なマロンさん。今度は泊まり決定ですね。
e0137200_18152198.jpg

ユウフン山から竜門山。 又来ます。
e0137200_0324910.jpg


朝日の素晴しい景色を見ながら下山。清太岩山過ぎからは樹林帯の急な道となりましたが、前述したもの以外にもミズバショウやイワカガミ、ツバメオモト、シャクナゲなどもあり、春と夏の花が一度に楽しめた花の山でした。
今回、好い天気に恵まれた山行でしたが、翌日は雨のようでしたので、日帰りで正解だったのでしょう。仕事もあったし・・・。

コースタイム
7:50日暮沢小屋-9:10ゴロビツ水場-10:15清太岩山-10:55ユーフン山-
11:40竜門分岐-11:55竜門小屋12:30-13:30ユーフン山-14:00清太岩山
14:15-15:00ゴロビツ水場-16:00日暮沢小屋
Commented by numa at 2008-07-04 09:21 x
numaです。l
残雪の稜線がダイナミックに連なるいい山々ですねえ。
梅雨のさなかにもかかわらず、最高の条件で最高の山行、
悔しいけれど、本当によかったですね。
機会があったら、また自分もご一緒させてください。
Commented by morino1200tb at 2008-07-04 10:08
numaさん いつでもOKですよ。シュラフがあれば小屋泊まりで素晴らしい景色をたっぷりと堪能できます。ぜひご一緒しましょう。
Commented by マロン at 2008-07-04 23:50 x
前週登った祝瓶山からの大朝日の雰囲気とはまた違って雪渓の量、迫力ある山襞・稜線すっかり魅了された山行でした。下山がとっても勿体無かった。以東岳にも行きたくなった1日でした。頂まで引き上げてくれたmorinoさんありがとうございました。泊まりの荷物担いでいけるか心配ですが、今度はミルキーウェイ、サンライズ、サンセット目にしたいと欲張りになっています。
Commented by morino1200tb at 2008-07-05 06:02
マロンさん お疲れ様でした。本当にいつまでも居たかったですね。今度は泊まりで行きましょう。
Commented by abi at 2008-07-06 11:30 x
改めましてabiです。わかりますよね?
好天の朝日うらやましいです。良かったね!あの日私はガスガスの泉ガ岳、以東くん目指してジミーに訓練中。どちらが先にいけるでしょうか?!
Commented by 凡ジョビ at 2008-07-06 11:45 x
携帯GPSの件、飯豊の井上さんのHPにも載っています。
私とはちがう方法ですが圏外でも拾えるところは井上方式の方が優れているようです。
プリント地図に事前に基準点をいくつか設定しておけば、かなりの精度で現在位置が特定できますので雪山で有効かな?そのうちご披露します。
ところで、こちらは、ここのところ、どこに行ってもガスばかり。
morinoさんの晴れ男ぶり、羨ましいですなあ。
Commented by morino1200tb at 2008-07-06 13:17
abiさん こんにちわ。以東岳イイですね。泡滝から1泊2日か、日暮沢or南俣沢出合から2泊3日か、行ってみたいです。
Commented by morino1200tb at 2008-07-06 13:25
凡ジョビさん ガスの中の笹雁新道ご苦労様でした。携帯GPSは井上さんのHPをみてチャレンジしましたが、携帯会社が違うためか緯度・経度情報が出ませんでした。又情報を集めてみます。
それはそれとして、天候を見て7月中に朝日連峰へ泊まりで行く予定です。凡ジョビさんのご予定はいかがですか。
by morino1200tb | 2008-07-04 00:43 | 08年登山 | Comments(8)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb