海抜0メートルからの山旅

7月2日(日)
久しぶりの山は海抜0メートルから登る霞露ヶ岳でした。
e0137200_22131029.jpg

メンバーはSONEさん、マスさん、maronnさんと私の4名です。



SONEさんのお誘いメールに「霞露ヶ岳」とあったのを見た時はいったいどんな山かと思いましたが、分県登山ガイド「岩手県の山」を見ると海抜0メートルから登る山とあり、何と東北100名山にもなっているではないですか。これは行かなきゃ(笑)

仙台から東北自動車道を北上し、花巻ジャンクションから釜石自動車道を通り、遠野、釜石を経由して船越半島の漉磯海岸登山口駐車場へ。
登山口へ行くために海岸へ降りて行くと、
e0137200_215926.jpg

目の前には大海原が広がっていました。
e0137200_2151965.jpg

海の景色をタップリと楽しんで、いよいよ霞露ヶ岳を目指します。
e0137200_2153025.jpg

登山口を少し進むと、何とアヤメが綺麗な色でお出迎え。
e0137200_2154183.jpg

おまけにニッコウキスゲも。
e0137200_2154823.jpg

よく整備された道を歩いて行くと、ところどころに道標があって疲れ気味の体を慰めてくれます。
e0137200_216084.jpg

小半時ほどで海が見えるところに出ました。
e0137200_216106.jpg

海の上を行く船は大洗-苫小牧を運航している「さんふらわあ」です。
e0137200_2164275.jpg

さらに上へ行くと海の青さが堪能できる展望ポイントに出ます。
e0137200_2173031.jpg

美しい海の青さと厳しい表情の波食崖のコントラストが素晴らしく感じられます。
e0137200_2174121.jpg

「さぞやマツタケが沢山採れるのだろうな」(コラコラ)などと思いながら赤松の登山道を進むと、
e0137200_218572.jpg

エメラルドグリーンに輝く海に浮かぶ穴の開いた大岩が見られました。
e0137200_2181871.jpg

そして、北側には赤平金剛の大絶壁の上部がそそり立っています。
e0137200_2184764.jpg

緩やかになったところで一休みしようとしたら、何やら動くものが。
マムシの子供でした(^^;)
e0137200_219014.jpg

逃げて行ったところで一休み。
マスさんからケーキが出てきました。
暑くてへばりかけた体にサクランボの甘酸っぱさが沁みわたります。
e0137200_219127.jpg

急坂が終わり、緩やかになると四等三角点のある408mピーク。
e0137200_2192582.jpg

その先から本州最東端にある「とどヶ崎灯台」を見ることができます・
e0137200_2193654.jpg

稜線をアップダウンを繰り返して進んで霞露ヶ岳山頂に着きました。
e0137200_2194737.jpg

ここで山田湾を見ながら食事休憩。
e0137200_2110121.jpg

下山は参道コースを取ります。
山頂から少し下ったところに霞露ヶ岳神社奥の宮があります。
大きな岩がご神体のようです。
e0137200_21103074.jpg

下って行くと赤松とミズナラの合体の木がありました。ミズナラの方が強いようで、赤松は枯れがかっています。
e0137200_2110436.jpg

さらに下ると山田湾を見下ろせる展望地に着きます。
e0137200_21105655.jpg

参道の鳥居に来ると、
e0137200_2111720.jpg

道が分かれていますが、左のショートカットルートを取ります。
e0137200_21112015.jpg

すると、みちのく潮風トレイルの道標がありました。
e0137200_21113151.jpg

さらに分岐に出て、広い作業道跡の道を進むとこれが間違い。
一旦戻り、道形を探して倒木と藪の道を進みます。
e0137200_21114486.jpg

見るもののない藪道でたった一つのオダマキに慰められて、
e0137200_21115562.jpg

民家脇の社から車道を歩き、
霞露ヶ岳の稜線を正面に見るようになれば、
e0137200_211284.jpg

そこから少しで漉磯海岸登山口駐車場到着です。
皆さんお疲れ様でした。
e0137200_21122048.jpg

駐車場の脇にもアヤメが咲いていました。
e0137200_21122922.jpg

コースタイム
9:30漉磯海岸登山口駐車場-11:00四等三角点-11:45霞露ヶ岳12:15-12:55参道鳥居-13:40民家脇社-14:10漉磯海岸登山口駐車場
e0137200_21124896.jpg

少し体調が悪くてご無沙汰だったのでしたが体調が戻ってきたこともあって暫らくぶりの山となりました。
登山口の海岸からの景色をはじめとして、ところどころで見られる海の美しさを堪能しながらの山歩きは楽しく、高い山はもちろん素晴らしいのですが、こんな海の山もたまには良いものです。
暑い中のリハビリ登山が楽しく完登できたのも同行の皆さんのおかげです。ありがとうございました。そして長距離運転とご案内のSONEさんに感謝です。

帰路、「道の駅やまだ」で地元大槌町の「純米酒 浜娘」(製造は盛岡の復活蔵)を購入。
e0137200_21132929.jpg

そしてシープラザ釜石の
e0137200_21141063.jpg

軽食コーナー「なにわや」で海鮮丼を。
これが旨い。その上安い(980円)。最後にお茶漬けにして食べるのもユニーク。
e0137200_21142458.jpg

海も、山も、酒も、海鮮丼も満足まんぞくなリハビリ登山の一日でした(^^)
Commented by utinopetika2 at 2017-07-05 22:07
いつも良いところに登られていますね。
昨年登った金華山を思い出します。
Commented by SONE at 2017-07-05 23:23 x
新調のカメラ、軽さに驚きました。
前機種より彩度を抑えた感じですね。
秋の紅葉期にまたこの界隈の山に行きたいと考えています。
次は簡単な岩登りありですよ。
Commented by morino1200tb at 2017-07-06 21:49
utinopetika2さん 今晩は。
暑い時に青い海を見て気持ち良かったですよ。
今回もSONEさんのグッドチョイスでした(^^)
Commented by morino1200tb at 2017-07-06 21:53
SONEさん お世話様でした。
そうなんですよ。気持ち色ノリが薄い感じがします。これから微調整を繰り返したいと思います。
それにしても各地に名山がありますねー。
又よろしくお願いします。
Commented by やまぼうし at 2017-07-06 22:37 x
素晴らしい眺望ですね~。
それを楽しめるなんて羨ましい限りです。
(マムシは苦手です。すぐ近くには親もいるんでしょうね?!)
Commented by morino1200tb at 2017-07-07 22:40
やまぼうしさん 今晩は。
海岸沿いの山はきれいな海を見ながら歩けた気持ち良いです。
そして深い山は俗界から離れて、非日常を強く感じながらの気持ち良い歩きができます。
いずれにしても、山って良いですよね(^^)

Commented by maronn at 2017-07-09 17:12 x
波来草なんて素敵な名の花に迎えられて、ゼロメートルからの歩きは面白かったですね。
紺碧の海を眺めつつ汗する山歩きもいいもんだね~
海鮮のお茶漬けも初体験で新鮮でした。
お世話様でした。
Commented by morino1200tb at 2017-07-09 20:46
marronさん お世話様でした。
海と山を同時に楽しめて楽しかったですね。
海鮮丼は安くて美味くて最高でした(笑)
又よろしくお願いします。
by morino1200tb | 2017-07-02 22:13 | 17年登山 | Comments(8)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb