山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
17年登山
16年登山
15年登山
14年登山
13年登山
12年登山
11年登山
10年登山
09年登山
08年登山
07年登山
山関係
音楽関連
あれこれ
震災
特別版

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

お山遊び
点描2
ebiyanの南東北 山...
ソロで生きる
バリ太郎とゴロゴロ
マロのページⅡ
Estrellas y ...
Mountain Rose
船形山からブナの便り(ブ...

リンク

最新のコメント

SONEさん お世話様で..
by morino1200tb at 07:00
周囲24kmもある島です..
by SONE at 23:12
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 19:35
utinopetika2..
by morino1200tb at 19:31
これは塩味だけで食べるの..
by SONE at 18:00
魚津で食した事がありまし..
by utinopetika2 at 17:18
とーますさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 20:56
morinoさんが積雪期..
by とーます at 08:45
utinopetika2..
by morino1200tb at 23:10
ウメさんパワフルですね。..
by utinopetika2 at 22:59

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧

検索

ファン

最新のトラックバック

石跳川から月山周回(平成..
from HITOIKI Blog

ジェフ・ベック仙台公演・セットリスト付き

1月26日(木)
ジェフ・ベックのコンサート行ってきました。
e0137200_0222618.jpg

それはもう満足のコンサートでしたよ。



メンバーはJeff Beck (G)、Rhonda Smith (B)、Jonathan Joseph (Ds)、と新作Loud Hailerに 起用されたCarmen Vandenberg (G)、Rosie Bones (Vo)。そして、ライブ盤のLive +に参加していたJimmy Hall (Vo)。  

開演時間から少し遅れてステージにメンバーが現れてThe Revolution Will Be Televisedのイントロが始まるとヴォーカルのRosie Bonesちゃんが何と客席から拡声器(Loud Hailerのジャケットのアレです)で歩きながら歌い始めるではないですか。オープニングからナイスな演出です。
2曲目に耳なじみのFreeway Jamでオンちゃんたちはホッとします(^^)
新作からの曲を交えながらステージは進み、10曲目に「待ってました」のCause We've Ended as Loversです。客席はジェフ・ベックの弾くギターの1音をも聞き逃さないように耳をそば立てています(^^)

そんなこんなで新旧織り交ぜたコンサートはインターバルも取らず、次々に演奏が進んで、おなじみSuperstition、新作からのRight Nowで一旦おしまい。
アンコールはGoodbye Pork Pie Hat / Brush With the Blues、 Going Down、A Day in the Lifeの3曲でした。

いやー、御年72歳とは思えぬパワフルな演奏でした。ベースのロンダ・スミス、ドラムのジョナサン・ジョセフもパワフル。そしてカーメン・ヴァンデンバーグとロージー・ボーンズもチャーミング。ジミー・ホールのヴォーカルはちょっと私の趣味ではなかったけれど、大満足のコンサートでした。
ジェフベックは1曲目は普通のジェフベックモデルのストラトキャスター。2曲目からは最近使っているリバースヘッドのストラトキャスター。マディ・ウォーターズのLittle Brown Birdでは曲の途中に赤くて四角い小さい箱型のギター(グレッチのボ・ディドリーモデルを短くして厚みを増したような感じ)に持ち替えてスライドを弾いていました。

セットリスト(たぶんね)
1. The Revolution Will Be Televised
2. Freeway Jam
3. Lonnie on the Move
4. Live in the Dark
5. Thugs Club
6. You Know You Know
7. Morning Dew
8. A Change Is Gonna Come
9. Big Block
10. Cause We've Ended as Lovers
11. O.I.L. (Can't Get Enough of That Sticky)
12. The Ballad of the Jersey Wives
13. Scared for the Children
14. Beck's Bolero
15. Little Brown Bird
16. Superstition
17. Right Now

Encore:
18. Goodbye Pork Pie Hat / Brush With the Blues
19. Going Down
20. A Day in the Life

コンサート終了後、オンちゃんたちは東口の居酒屋へ。
「良かった良かった」とカンパ―イなのです。
e0137200_23275151.jpg

見終わったばかりのジェフ・ベックの話はもちろん、キース・ジャレットから池波正太郎まで話は尽きずに夜は更けて行ったのでした(笑)
by morino1200tb | 2017-01-27 00:25 | 音楽関連 | Comments(4)
Commented by utinopetika2 at 2017-01-27 21:58
血気盛んなころ聞きましたなぁ~
ああ遠い昔を思い出しました。
Commented by morino1200tb at 2017-01-27 23:32
utinopetika2 さん 今晩は。
昔に劣らずパワフルなギターを堪能しました。
ジェフ・ベックは72歳。負けられませんね(笑)
Commented by SONE at 2017-01-28 00:03 x
自分はあまり聴かなかったギタリストですが、生の演奏は迫力満点だったでしょうね。
後の宴会もさぞや盛り上がったと思います。
Commented by morino1200tb at 2017-01-28 19:01
SONEさん 今晩は。
席の関係で音の分離が良くなかったのですが、それはもう大迫力で楽しかったです。
会場を後にして居酒屋へ向かう時から大盛り上がり。おかげで寝不足でした~(笑)