山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
17年登山
16年登山
15年登山
14年登山
13年登山
12年登山
11年登山
10年登山
09年登山
08年登山
07年登山
山関係
音楽関連
あれこれ
震災
特別版

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

お山遊び
点描2
ebiyanの南東北 山...
ソロで生きる
バリ太郎とゴロゴロ
マロのページⅡ
Estrellas y ...
Mountain Rose
船形山からブナの便り(ブ...

リンク

最新のコメント

SONEさん お世話様で..
by morino1200tb at 07:00
周囲24kmもある島です..
by SONE at 23:12
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 19:35
utinopetika2..
by morino1200tb at 19:31
これは塩味だけで食べるの..
by SONE at 18:00
魚津で食した事がありまし..
by utinopetika2 at 17:18
とーますさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 20:56
morinoさんが積雪期..
by とーます at 08:45
utinopetika2..
by morino1200tb at 23:10
ウメさんパワフルですね。..
by utinopetika2 at 22:59

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧

検索

ファン

最新のトラックバック

石跳川から月山周回(平成..
from HITOIKI Blog

小春日和に里山三昧

1月7日(土)
白沢五山の南側の境野五山を歩いてきました。
色彩に乏しいこの季節、こんな赤い実があると嬉しくなりますね。
e0137200_1923141.jpg

メンバーはSONEさん、maronnさん、ツキダテさんと私の4名です。



愛宕山の登山口になっている向泉寺から愛宕山へ向かいます。
e0137200_115676.jpg

イノシシ避けの柵を通り、
e0137200_11561989.jpg

急坂を登れば、
e0137200_11562911.jpg

すぐに小さな社のある愛宕山の山頂です。
e0137200_11564088.jpg

お参りして中を見ると、馬に乗った像が安置されていました。どんな由緒があるのやら。
e0137200_11565197.jpg

山頂からは雲がかかっていますが蔵王方面や、
e0137200_1157069.jpg

近くの大東岳が見られます。
e0137200_1157967.jpg

少し藪を過ぎると歩きやすい道となり、
e0137200_115738100.jpg

鞍部から急斜面を登って、
e0137200_11575466.jpg

小さな祠のある大旗山です。
e0137200_1158956.jpg

ここからは赤テープがベタ貼りされた道になります。赤いビニール紐も随所にあります。
e0137200_11582370.jpg

左手に戸神山を見ながら歩いて、
e0137200_11583466.jpg

奥大旗山に到着。
e0137200_11584655.jpg

さぁ、いよいよ藪漕ぎだと思ったら、大旗山北コースのテープがあり、整備された道がありました。
e0137200_1201878.jpg

こちらを行ってみようということになり、急坂を下ります。
e0137200_1205083.jpg

この小さなのはリスの足跡?
e0137200_1205894.jpg

ゴルフボールを滑り止めにしたロープで急坂を下ります。このゴルフボール仕様は小森山と大森山でも見ています。
e0137200_1214219.jpg

急坂が終わったところで道をロスト。
GPSと地図を見て藪を過ごして大堤とニノ輪山を繋ぐ道に復帰。
西に少し進むと大旗山北コース入り口のテープがありました。急坂過ぎから西へトラバースするのが正解だったのですね。
e0137200_124871.jpg

北に進んで白沢下堤からの道と合いますが、この西側の道はだいぶ荒れ気味です。
そしてニノ輪山へ向かう沢沿いの道も倒木などで荒れています。
e0137200_1242915.jpg

水源かん養保安林の看板のあるところから北に道を分けて、
e0137200_1245214.jpg

小沢を超えるとはっきりとした道形になります。
しかし、途中適当に山頂を目指して薄藪を登り、登山道に復帰して急坂を登れば、
e0137200_1254034.jpg

ニノ輪山山頂到着です。
e0137200_126028.jpg

ひと休みして下ると本来の分岐に出ました。
e0137200_1262188.jpg

雪の残っている坂を登り、気持ち良い尾根道を進み、
e0137200_1263775.jpg

ゴロ山に到着です。
e0137200_1265055.jpg

後白髪山、
e0137200_1273570.jpg

泉ヶ岳、
e0137200_1274510.jpg

権現森などの展望を楽しみます。
e0137200_1275777.jpg

少し下った風のないところで軽く昼食休憩し、少し進むと五郎峠。
e0137200_1281561.jpg

岩垂山には寄りません。
e0137200_1282997.jpg

青空の下を気持ちよく進んで行くと、
e0137200_1284324.jpg

いつしか藪っぽい道となります。
e0137200_121015.jpg

ベコ尾根頭に来て、この日進もうと思っていたヒバ森への分岐を見過ごしていたのに気付きます。
戻るのも面倒なので、このまま上堤へ向かうことに。
e0137200_12135888.jpg

こんなところもありますが、比較的歩きやすい道を通り、
e0137200_12144516.jpg

赤い実を見て進んで行くと、
e0137200_1215384.jpg

しっかりした道標があり、
e0137200_12152954.jpg

堰堤が見えてきました。
e0137200_12162229.jpg

林道に降り立ち、北へ進んで大堤に出て一休み。
e0137200_12164411.jpg

ここから西へやけ山へ向かいますが、道は荒れ気味。
その上、頭上には熊棚。
e0137200_1217986.jpg

目の前には爪痕。
e0137200_12172195.jpg

進む先には沢山の熊棚。
どうやらこの辺りは熊の巣のようです。
e0137200_12173529.jpg

そんなところを通って大畑山との分岐に着いたら、南側の急坂を登って、
e0137200_12181713.jpg

この日最後の山、やけ山に到着。
e0137200_12183198.jpg

ここからは白沢五山の岩垂山、小森山、大森山や、
e0137200_1219874.jpg

坪沼の愛宕山、
e0137200_12192121.jpg

そしてオボコンベも見られました。
e0137200_12193478.jpg

やけ山からは大旗山分岐まで戻り、整備された道を下り、
e0137200_12194811.jpg

イノシシ避けの柵を通って、
e0137200_1220348.jpg

車道に出れば、
e0137200_1220169.jpg

少し歩いて出発した向泉寺に到着です。
e0137200_12204017.jpg

コースタイム
8:00愛宕山登山口(向泉寺)-8:15愛宕山-8:40大旗山-8:45奥大旗山-9:40二ノ輪山9:50-10:15ゴロ山10:55-11:25ベコ尾根頭-11:45境野大堤12:00-12:40やけ山-13:00やけ山登山口-13:10愛宕山登山口(向泉寺)
e0137200_1220542.jpg

白沢五山は何度か歩いていましたが、南側の秋保町境野の山は未踏で、山仲間のebiyanさんの記録を覚えていた程度でした。
少し入り組んだ周回コースを楽しく歩くことができましたが、今回も里山の楽しさと難しさを感じました。
簡単に登れる半面、縦走や周回しようと思うと、あまり人が歩いていないところは、入り組んだ道、作業道跡、荒れた道、道形らしきものへの誘惑など、しっかりとルーファイ出来ないと400m程度の山とは言え、難易度がとても高くなります。
しかし、山頂にある祠に生活と信仰を感じたり、そこからの展望や、途中で見る素敵な風景などは里山歩きならではの歓びがあります。
初めての境野五山はとても魅力的なところでした。同行の皆さんありがとうございました。
そして、白沢五山をはじめこのエリアを整備していただいた方(源兵衛さんかな?)に感謝です。

帰路、落合の「おり久」で「赤みそ野菜ラーメン」を。
e0137200_12215620.jpg

山もラーメンも満足まんぞく(^^)
by morino1200tb | 2017-01-07 19:11 | 17年登山 | Comments(14)
Commented by とーます at 2017-01-09 09:24 x
境野五山?
初耳です。
面白そうですねぇ。
詳細レポートお待ちしてます。
Commented by maronn at 2017-01-09 13:53 x
ホント!里山恐るべし!ですよね。
簡単そうで難しい。案内できないなぁ・・・
馬に乗った像も珍しかったね。
干支の山たくさん里山的にあるけど、迷ちゃうかな~
適度な疲れもあって面白かったね。
お世話様でした。
Commented by morino1200tb at 2017-01-09 15:37
とーますさん こんにちは。
白沢五山と繋がっているエリアです。
もっと歩かれても良いところでした。
Commented by morino1200tb at 2017-01-09 15:39
maronnさん お世話様でした。
地形が頭に入っていないと難しいところですが、里山の面白さが凝縮しているところでしたね。
干支の山はどこにしましょうかね。
こちらも楽しみです。
Commented by maro7 at 2017-01-09 20:28 x
ここ、3年前の12月に訪れましたな。
文献上、最初に「里山」という単語が現れるのは1759年6月に尾張藩が作成した「木曽 御材木方」という文書においてだそうであります。これによると里山とは「村里家居近き山をさして 里山と申候」と定義されるものであるとか…。
何処かでみたことがある武将、確か川崎の北山にも同じような武将がいました。
愛宕山信仰かな。
Commented by utinopetika2 at 2017-01-09 21:35
足を踏み入れた事すらありません。
この時期はこのような山歩きが良いのかもしれませんね。
新しい発見もありそうです。
Commented by lc4adv at 2017-01-09 22:36
旧白沢峠周辺は何度かコジ君と徘徊していますが、廃道のラビリンス状態で
未だ全容がつかめておりません。
大旗山周辺が熊の巣になったとは・・・もう少し雪が降ったら探索してみようかな。
一度迷いかけたことがあり、踏み跡が残る冬メインのエリアになっています。
Commented by ツキダテ at 2017-01-09 22:42 x
ご一緒させていただきありがとうございました。
ちょうど白沢五山に行こうとしていた所で、
さらにレベルの高い所へ連れて行ってもらえて
とても感激でした!近いうちに本家の5山も
探検したいと思います。
(特にこのエリアは)熊や猪に注意します!
Commented by SONE at 2017-01-09 22:49 x
以前より藪化が進み、難易度が高くなって逆に面白かったです。
基本的に藪を漕いだら何処でも歩けますが、イノシシ避けの柵が山域全土を囲んでるので、下手に下山すると山から出られなくなるリスクがありますね。
今年も最初からマニアック路線を突き進みそうです。
Commented by morino1200tb at 2017-01-10 21:09
マロ7さん 今晩は。
社にあったのは勝軍地蔵のようですね。
愛宕信仰はアチコチあるのかな?
里山歩きの楽しみがまた増えました。
Commented by morino1200tb at 2017-01-10 21:12
utinopetika2さん 今晩は。
主脈荒天の時は里山歩きが一番かも。
意外と手ごわいルーファイがあったりして楽しいですよ(^^;)
今度ご一緒しましょう。

Commented by morino1200tb at 2017-01-10 21:18
lc4advさん 今晩は。
白沢は道が入り組んでいて迷いやすいですね。
白沢下堤からの道や大畑山の東側はだいぶ荒れています。
でも、コジ君と一緒なら大丈夫でしょう。
Commented by morino1200tb at 2017-01-10 21:20
ツキダテさん お世話様でした。
ワイルドなところも少しあって楽しめましたね。
天候の安定しないこの時期は里山が面白いと思います。
またご一緒しましょう。
Commented by morino1200tb at 2017-01-10 21:29
SONEさん お世話様でした。
藪漕ぎ前提で行きましたが、激藪が無くて楽しかったです。
しかし、里山は少し荒れただけで難易度が高くなりますね。心して歩かねば。