山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
17年登山
16年登山
15年登山
14年登山
13年登山
12年登山
11年登山
10年登山
09年登山
08年登山
07年登山
山関係
音楽関連
あれこれ
震災
特別版

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

フォロー中のブログ

お山遊び
点描2
ebiyanの南東北 山...
ソロで生きる
バリ太郎とゴロゴロ
マロのページⅡ
Estrellas y ...
Mountain Rose
船形山からブナの便り(ブ...

リンク

最新のコメント

やまぼうしさん 今晩は。..
by morino1200tb at 20:34
男体山のてっぺんに立った..
by やまぼうし at 01:35
SONEさん お世話様で..
by morino1200tb at 22:23
アカヤシオは新田川付近が..
by SONE at 19:52
ナカシィさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 20:43
恐縮です~m(_ _)m
by nakacy at 22:06
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 22:40
立ち読みでしたが、私もガ..
by SONE at 13:59
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:31
ツアーメンバーが変わると..
by SONE at 22:59

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧

検索

ファン

最新のトラックバック

石跳川から月山周回(平成..
from HITOIKI Blog

大若沢から不忘山縦走

6月19日(日)
白峰会の「50周年記念 不忘山集中登山」へ参加してきました。
刈田峠、白石スキー場、ジャンボリー登山口、硯石登山口、権現沢、大若沢から不忘山を目指すというものです。
当日はなんと総勢130人余りの参加者で大賑わい。50周年を祝うに相応しいイベントとなりました。
参加したのは大若沢の沢登りコース。
e0137200_19491294.jpg

白峰会のSYさん(リーダー)、STさん、KKさん、蔵王山岳会のSMさんをお世話役に、一般参加の平○さん、マロ7さん、おっ家内さん、maronnさんと私の総勢9人パーティーです。





たくさんの車が停まっている白石スキー場の広い駐車場で支度をして、
e0137200_2175252.jpg

センターハウスで受付をしたら、大若沢橋過ぎの駐車スペースへ移動して出発準備。
e0137200_219154.jpg

橋の上から大若沢。
e0137200_219977.jpg

時々ジャブジャブしながら沢沿いを進んで行くと、
e0137200_2192297.jpg

伏流水が湧き出て滝のようになっています。笹雁新道の象ヶ沢噴水をダイナミックにした感じです。
ここで小休止。湧き出す水は冷たくて美味しく飲めました。
e0137200_219346.jpg

この先、次第に水の流れが減少していきます。
e0137200_2194574.jpg

藪をかき分け進むと15m(?)の空滝が出てきました。
e0137200_2195515.jpg

藪の右岸をアッセンダーを使って登ります。
マロ7さんはプルージックです。
e0137200_21101233.jpg

中間部をへつって、ここを過ごせば一安心。
e0137200_21102793.jpg

でも、その先にも大きな段差が。
e0137200_21103958.jpg

ガレ場、ザレ場の足場の悪いところが続きます。
e0137200_21105742.jpg

e0137200_21111017.jpg

ほんの少し流れのある滝に来ました。
e0137200_21111994.jpg

ロープで確保してもらって(お助けロープです)よっこらしょ。
e0137200_21113847.jpg

まだまだ難所は続きます。
e0137200_21115455.jpg

不忘山が見えました。でも、とっても遠く感じます(^^;)
e0137200_211237.jpg

崩れやすいところはステップを切ってもらいます。
e0137200_21121687.jpg

あー、また滝だ。
e0137200_21122999.jpg

ここもお助けロープでセーフ。
e0137200_21124920.jpg

さらに出てきます。
e0137200_2113358.jpg

そして、ようやく最後の難所をクリアします。
e0137200_21131711.jpg

でも、今度はザレ気味の急坂。なるべく草付きのところを登ります。
e0137200_21133082.jpg

ガスで見え隠れする稜線目指して進みますが、ヘルメットを被った頭からは汗が滴り落ちてきます。
e0137200_21134253.jpg

ハクサンチドリを見て息を整え、
e0137200_21135393.jpg

まもなく縦走路。
e0137200_2114518.jpg

すると上から「morinoさーん」の声が。
刈田峠縦走組お世話役の山友utinopetika2さんでした。
疲労困憊の時に知り合いと遇うと嬉しくてそれまでの疲れがなくなるようです。(でも、すぐに戻ってしまいましたけれど ^^;)
e0137200_211441100.jpg

おっ家内さんも稜線へ。
e0137200_2115231.jpg

登山道そばのハクサンイチゲと
e0137200_21151186.jpg

タカネバラが沢チームを出迎えてくれました。
e0137200_21152148.jpg

沢チーム全員で記念撮影。
e0137200_21153091.jpg

花を見ながら歩いて、
e0137200_21154737.jpg

不忘山へ到着です。
e0137200_21164224.jpg

山頂で昼食休憩していたらトラさんがいましたよ。権現沢チームだったのですね。
暫しのんびりしたら下山にかかります。
e0137200_21165489.jpg

途中何人かパスしていったら呼び止められました。
何と知り合いの “めguroさん”でした。会うのは何年ぶりでしょう。お元気そうで何よりでした。
そんな出会いもありつつ、相変わらずのスリッピーな登山道を下り、ショートカット道を通ってスキー場に出れば、ほんの少しでスキー場センターハウスに到着なのでした。
e0137200_21172620.jpg

コースタイム
7:45大若沢橋(入渓)-8:00伏流水湧出点-8:25大滝15m?-12:45縦走路-13:05不忘山13:30-14:20弘法清水-15:20白石スキー場センターハウス
e0137200_21204491.jpg

50周年記念登山だから楽な沢登りだろうと甘く見ていたら、なんのなんの、最初は気持ち良い沢歩き、涸れ沢になってからは藪漕ぎに、ロッククライミング、ガレ場、ザレ場、急坂・・・と山の楽しさを凝縮したような山行でした。
困難なこのコースを無事歩き通せて、この上ない達成感を味わえたのは、この日お世話になったSYさん、STさん、KKさん、SMさんと同行の皆さんのおかげです。
ありがとうございました。
そして、白峰会50周年、おめでとうございます。
今後とも一層のご発展ご躍進されますことを心からお祈りいたします。
by morino1200tb | 2016-06-19 19:49 | 16年登山 | Comments(12)
Commented at 2016-06-19 21:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by utinopetika2 at 2016-06-19 22:20
お疲れ様でした。
とても涼しげですね。
稜線は暑かったです。
Commented by morino1200tb at 2016-06-20 21:15
めguroさん 今晩は。
下山時に声を掛けられて驚きました。何年ぶりでしょうね。
すっかり山に嵌ったようで何よりです(^^)
そのうち"あの店"で遇いましょう。
Commented by morino1200tb at 2016-06-20 21:20
utinopetika2さん お世話様でした。
ヘトヘトになって縦走路に着いた時に声を掛けられて、とても嬉しくなりました。
下山時のアルプス話、行きたいですね(^^)
Commented by maro7 at 2016-06-22 19:34 x
前回のエシコ沢と比較すれば、想定外の沢ではなかったかと…。
今回の沢をとおして自信が沸いたと思います。
同じ沢でも天候状態では相違あります。
今度は水浴びできる沢がいいかな。
Commented by SONE at 2016-06-22 21:24 x
鞍部から見下ろすと、源頭のザレが大変なイメージがありましたが、途中もなかなかハードな沢だったのですね。
しかし総勢130名の参加とは驚きました。
Commented by morino1200tb at 2016-06-22 23:03
マロ7さん お世話様でした。
まさか、こんなにハードとは・・・(^^)
でも、皆さんのおかげで一日たっぷり楽しめました。
とは言いながら、今度は滑がいいなー(コラコラ)
Commented by morino1200tb at 2016-06-22 23:11
SONEさん こんばんは。
以前何回も尾根を歩いた時や、今回改めて地形図を見た時に急峻だとは思いましたが、想像以上の斜度でした。
沢が早々と無くなった後の涸沢の何か所のクライミングが今回の核心と言えますね。
高度感はないものの難所の連続で良い勉強になりましたが、皆さんのおかげでクリアできて、終わってみれば楽しい山行でした。
Commented by maronn at 2016-06-23 13:22 x
沢はちょっとだけでしたが、豊富な伏流水美味しかったこと。
クライミングはロープに助けられ、お初の器具を借りて使い便利さにびっくりでした。
今回は会の皆様のフォローのお陰で、冒険できとっても楽しい1日でした。
Mさんの大したことない言は何だったのか・・・(*_*;
Commented by morino1200tb at 2016-06-23 23:10
maronnさん お世話様でした。
大したことないと思っていたら・・・
苦労したけど、歩き通してしまえば面白かったですね。
今度は楽しい沢に行きたいなー(^^)
Commented by torasan-819 at 2016-06-25 21:35
19日はお疲れ様でした。
十分に楽しまれたようでなによりです(^o^)
こちらのブログ記事にリンクさせて頂きましたのでご了承願います。
Commented by morino1200tb at 2016-06-26 18:46
torasan お疲れ様でした。
すぐに流れがなくなったのは残念でしたが、山の楽しさをたっぷり味わえて良かったですよ。
記事リンクはいつでもOKです。
怪我をした方の搬出作業は大変でしたね。