日本海の山 日本国

11月22日(日) 2山目

日本国という山名は雑誌やネットで見て大袈裟な名前だなと思った程度でしたが、どこか気になっていたところでした。そんな山へ行こうとSONEさんからお声が掛かり、興味本位で同行させてもらうことになりました。

ところで、この山形と新潟の県境の日本国ですが、その名前の由来は、
①阿部比羅夫(あべのひらふ)の大和朝廷軍が東征の折(※7世紀中頃)、苦戦を重ねながらここまで進行し、この付近の頑強な蝦夷(えみし)勢力の平定に一応成功したことから、だれ言うとなく感慨をこめて、ここまでが「日本国」(日本国と蝦夷地との境)としたことが「日本国」の起源と言われている。
②飛鳥時代のころ、朝廷に追われた蜂子皇子(※出羽三山を開山)が「上隠し小屋」(現在の日本国)に隠れ住み、晩年この高山に登り、故郷大和飛鳥の方向、未申の方位を指差して「これより彼方は日本国」と言ったということから。(※6世紀末)
③江戸時代後期、遠藤太郎次なる若者がこの山の頂で見事な鷹を捕らえ、徳川十代将軍家治(※18世紀後半)に献上、将軍は「これは天下無双の鷹なるをもって、捕れた山を「日本国」と名付けよ」と賞したという言い伝えもある。
など 数々の歴史とロマンを秘めた山が、標高555mの「日本国」なのです。
e0137200_1240367.jpg






日本国へ小俣登山道口からスタートします。
e0137200_12473997.jpg

すぐにラジウム清水。美味いらしい。(飲まなかったのでわかりません)
e0137200_12475754.jpg

日当たりの良い、よく整備された道を進みます。
e0137200_12481824.jpg

山では花を目にすることのないこの季節ですが、ヤマツツジが咲いていました。
e0137200_12482879.jpg

何人かとスライドしながらノンビリ登ります。さすがに2山目は辛いのでゆっくりとしか歩けないのです。(^^;)
e0137200_12551594.jpg

沖見休憩所で一休み。
e0137200_1255255.jpg

粟島が近くに見えます。
e0137200_12553614.jpg

少し進むと東側の展望が開けていました。
左から戸立山、以東岳、化穴山。来年は久しぶりに以東岳へ行きたいものです。
e0137200_12563016.jpg

蛇逃峠を過ぎて鷹待場へ。
e0137200_12564441.jpg

急な痩せ尾根を下って、登って、
e0137200_12565797.jpg

日本国山頂です。
e0137200_125794.jpg

山頂からは霞みながらも粟島が見られます。
e0137200_1258754.jpg

マスさんの和菓子と、みどぽんさんからのパイを美味しくいただきながら暫しノンビリ。
e0137200_125976.jpg

記念写真を撮って、
e0137200_1301095.jpg

パタパタと下って蛇逃峠へ。
e0137200_1311320.jpg

梢越しに摩耶山が見られました。
e0137200_1312878.jpg

落ち葉がイッパイの九十九折の急坂を下って行くと、
e0137200_132343.jpg

後からSONEさんの声がして、何事かと登り返すと、見事なクリタケが生えていました。
e0137200_1322111.jpg

杉林を下り、
e0137200_1323334.jpg

蔵王堂にお参りすると、
e0137200_1324345.jpg

蔵王堂登山道口に到着です。
e0137200_1325669.jpg

SONEさんは、みどぽんさんの奥さんに乗せられて車を取りに行き、
我々はノンビリ車道を歩いて出羽街道小俣宿をほんの少しだけ味わっていると。
SONE車がピックアップにやってきました。
皆さんお疲れ様でした。
e0137200_1332323.jpg

コースタイム
12:40小俣登山道口-13:20沖見休憩所-13:40蛇逃峠-14:00日本国山頂14:30-14:40蛇逃峠-15:30蔵王堂登山道入口-15:40 SONE車ピックアップ
e0137200_1334664.jpg

二つ合わせて距離12.7km、累積上昇量1180m。数字だけでは何ともないのですが、さすがに2山歩くと結構疲れました。おかげで3日間筋肉痛(T.T)
とは言え、なかなか出かけられない日本海の山に登れ、それぞれの持ち味を楽しめた山行でした。
皆さんありがとうございました。

日本国を下山して小俣限定のお酒「吟醸 日本国」を購入。
e0137200_1344611.jpg

日本海に沈む夕陽を楽しんで、寒河江の味蔵で五目タンメンで晩ご飯。
e0137200_135975.jpg

山もこちらも満足まんぞく。
Commented by SONE at 2015-11-28 14:19 x
二山目で標高差が500mあるので、なかなか体力的にきつい山でしたね。
日暮れが早いのであまり休憩を取れなかったのも筋肉痛の原因でしょう。
山頂は東側の木々が伸びて展望が悪くなりました。
でもこの面白い名前の山は、山好きなら登る必定の山ですよね。
Commented by maro7 at 2015-11-28 14:19 x
こちらに蔵王堂があるとは、蔵王信仰があったのでしょうね。
味蔵の五目タンメンとチャーハンは全部たいらげたの~、
Commented by morino1200tb at 2015-11-29 19:52
SONEさん お世話様でした。
さすが2山目は辛かったです。
おかげで3日間筋肉痛でした(T.T)
日本国と言う山名は仰々しいですが、気軽に登れて景色を楽しめる素敵な山でした。
又よろしくお願いします。
Commented by morino1200tb at 2015-11-29 19:57
マロ7さん 今晩は。
蔵王信仰は全国にあるようですね。役小角はどこへでも行けた人なので全国にあるのでしょう。
味蔵は美味しくてボリュームたっぷり。是非どうぞ。
Commented by とーます at 2015-12-01 13:59 x
思わず国土地理院の地形図を探してしまいましたが、地形図にものってる立派な山なのですね。
山名の起源も興味深いですねぇ。
もっと興味深いのは日本酒の方ですが・・・。(^_^;)
お味はいかがでしたか?
Commented by morino1200tb at 2015-12-02 12:49
とーますさん こんにちは。
ね、ビックリする山名ですよね。
お酒は普通に美味しい味でした(笑)
by morino1200tb | 2015-11-28 13:09 | 15年登山 | Comments(6)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb