国際色豊かに不忘山

10月17日(土)
水引入道から不忘山を歩いてきました。
登山口の白石スキー場へ向かう途中から不忘山と水引入道。
e0137200_22552579.jpg

今回のメンバーはtomさん、シゲちゃん、maronnさん、ichicoさんと私。
そして久しぶりのtaku-o君と某大学研究室のM先生、B先生と院生の方々の総勢13名。ドイツ、ロシア、イラン、中国、イギリスと国際色豊かなパーティーです。




紅葉の盛りが過ぎたせいでしょうか、白石スキー場の駐車場にはあまり車は停まっていません。
e0137200_22572859.jpg

まずはゲレンデを歩いて行きます。歩き始めは寒かったものの、日差しも強く、次第に暑くなり、皆さん羽織っていたシャツやジャケットを脱いでしまいます。
e0137200_22574916.jpg

ようやく登山口。
e0137200_22575763.jpg

強い日差しが遮られ紅葉を楽しみながら歩けるようになります。
e0137200_225884.jpg

樹間に水引入道を見て、
e0137200_22582580.jpg

コガ沢に沿って、アップダウンを繰り返して行きます。
e0137200_2259366.jpg

もう少し歩けばコガ沢渡渉地点というところで、M先生がスリップダウン。メガネを斜面に落としてしまいました。
みんなでメガネを探すもののなかなか見つからずにM先生は登山断念。B先生と院生の3人で引き返すことになりました。

ここを下れば渡渉地点。
e0137200_22593081.jpg

権現沢の崩落場所を慎重に過ごして、
e0137200_22594586.jpg

コガ沢を渡ります。
e0137200_22595485.jpg

そして名物(?)の急坂をヒーヒー言いながら登って、
e0137200_2325731.jpg

ようやく大日向に出てホッとします。
e0137200_2332882.jpg

屏風岳~南屏風岳の稜線。
e0137200_2345173.jpg

ゴジラ岩も健在。
e0137200_2354579.jpg

水引入道。色は薄くなったけれど風格が出て来ましたよ。マロ7さん。
e0137200_236119.jpg

水引平で一休み。駐車場で一緒だった方が不忘山から周って降りて来ました。
e0137200_2361455.jpg

またまたヒーヒー言いながら縦走路分岐へ。
ここからの風景はいつもながら素晴らしいです。今回は逆光でイマイチですけど(^^;)
e0137200_2363133.jpg

軽く食事して緩やかな登山道を進んで南屏風岳到着。
e0137200_23781.jpg

刈田岳・熊野岳方面。ハイラインは車がいっぱい。
e0137200_2372955.jpg

不忘山目指して歩を進めます。
e0137200_237483.jpg

こうしてみると迫力あります。
e0137200_238124.jpg

山頂少し前に鎮魂の碑。
太平洋戦争末期の1945年3月に不忘山周辺にB29が3機相次いで墜落し搭乗員34名全員が死亡。 1番機と2番機が不忘山に、3番機が芝草平に墜落。墜落から70年の節目に墜落場所に地元の有志が鎮魂の碑を建立したもの。
e0137200_2381538.jpg

そして山頂到着。
e0137200_2382819.jpg

山頂から水引入道。
e0137200_2384461.jpg

後は下るだけ。ですが滑りやすい道なので少々難儀します。
e0137200_2385710.jpg

弘法清水から巻き道を行き、
e0137200_2391290.jpg

黄葉とこれから綺麗になるカラマツ林を見て、
e0137200_2395166.jpg

tomさん、シゲちゃんと私は先行する7人と違う迂回路を歩いて、
e0137200_2310356.jpg

ゲレンデに。
e0137200_23101731.jpg

単調で歩きにくいゲレンデを下って駐車場到着です。
皆さんお疲れ様でした。
e0137200_2310316.jpg


コースタイム
7:30白石スキー場駐車場-7:46コガ沢コース登山口-9:00メガネ捜索9:50-10:05コガ沢-11:15水引入道-12:05縦走路分岐12:30-12:50南屏風岳-13:25不忘山-14:20弘法清水-15:20白石スキー場駐車場
e0137200_23105092.jpg

某大学研究室のM先生たちとの1年ぶりの山行は残念ながら途中で3人離脱となってしまいましたが、国際色豊かな楽しい山行でした。
ただし、若い外国の方々のパワーには太刀打ちできません。早いのなんのってオンツァンはついて行けず、ヒーヒー言いながら後塵を拝しているばかり。
よし、トレーニングして今度は負けないぞと思った山行なのでした。(ムリムリ)
Commented by maro7 at 2015-10-20 17:46 x
国際色豊かな登山でしたね。
ギャルは和風だけ…???
水引入道の標識は私みたいにやつれてきましたね。
Commented by SONE at 2015-10-20 22:39 x
スリップして怪我しないで良かったですね。
しかし若い人たちのパワーに押されっぱなしの山みたいで、歳を感じたのではないでしょうか?
Commented by taku-o at 2015-10-21 09:41 x
インターナショナルチームについていくのは大変でした。
若い上に体格もわれわれとは全然違いますもんね!
日本の山の良さを知ってもらえるのは嬉しいですね。
Commented by とーます at 2015-10-21 10:50 x
山でメガネを無くしちゃうのはヤバいですね。
私もメガネがないと何も見えないので・・・。
不忘山の鎮魂碑は見たことないなと思ったら、つい最近建てられたんですね。
Commented by morino1200tb at 2015-10-21 12:40
マロ7さん こんにちは。
水引入道の標識はマロ7さんみたいに風格が出てきましたよ(^^)
まだまだ元気に建っていると思います。
Commented by morino1200tb at 2015-10-21 12:45
SONEさん こんにちは。
滑っても怪我がなくてホッとしました。
外国の人たちは体格からして違うしパワーはあるしで、私のような短身メタボのおんつぁんが彼らのペースに合わせるのは無理ですね(T.T)
でも、東北の山を紹介するのに少し役立ったかと思えばOKです。
Commented by morino1200tb at 2015-10-21 12:48
taku-o君 お世話様でした。
前回は外国と日本の若者たちにヒーヒー言わされて、今年は外国の若者にヒーヒー言わされて、メタボおんつぁんは辛かったです(^^;)
しかし、maronnさんは先頭切って歩いていましたねー。凄い姐さんです。
今度はコースを熟慮しましょう(^^;)
Commented by morino1200tb at 2015-10-21 12:55
とーますさん こんにちは。
眼鏡の方が山へ登るときは予備必携ですね。
私はシニアグラス(なんて格好つけているけれど老眼鏡)、靴の紐、車のキー、電池は必ず予備を持つようにしていますよ。
鎮魂碑は今年建立なので見た人はまだ少ないと思います。でも、これを見ることで歴史を振り返るきっかけになれば良いですね。
Commented by やまぼうし at 2015-10-21 23:51 x
良い天気だったようで羨ましい限りです。
当方は途中で断念してしまいましたので・・・。
やはり善行を積まれる方と独りよがり者(私)とでは、山としての迎え方も違うものなんですね~。
Commented by maronn at 2015-10-22 00:08 x
あのタフさはやはり体格ですかね~ 
下りだけはやや互角だったかも・・・(下り好きの婆としては負けられません 笑)
楽しかったけど、話せたらもっと面白かったかもね~
メガネ見つけられなかったのも悔しかったです。
みんな無事下山良かった。
御世話様でした<m(__)m>
Commented by morino1200tb at 2015-10-22 22:31
やまぼうしさん 今晩は。
天気が良いのはタマタマです。
天気が悪い時は行かないだけですよ(^^;)
Commented by morino1200tb at 2015-10-22 22:34
maronnさん お世話様でした。
若さとあの体格には負けますねー。
今度は先生と飲み会ですよ(笑)
Commented by tom at 2015-10-29 22:53 x
お世話様でした。

プチ筋肉痛で鍛錬不足を痛感しました。
でも乾杯のお酒は旨かったです(笑)
Commented by morino1200tb at 2015-11-01 21:02
tomさん お世話様でした。
年々、急坂が辛くなっています(^^;)
帰宅してからの一杯の美味いこと。
これがあるから登っているようなものです(コラコラ)
又よろしくお願いします。
by morino1200tb | 2015-10-19 23:16 | 15年登山 | Comments(14)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb