ヒヤヒヤ、ドキドキ、戸隠山から西岳周回

10月10日(土)
北信五岳のひとつ戸隠山へ遠征してきました。
メンバーはSONEさん、maronnさんと私の宮城組に名古屋のSAKAさん。
戸隠神社奥社から戸隠山へ登り牧場へ降りてくる一般周回コースかと思いきや、何と、戸隠山から本院岳、西岳、第一峰経由の破線周回ルートではありませんか?
なので、一昨年の表妙義同様、ガイドの川口さんにお世話になります。

これが噂の蟻の塔渡り。大丈夫か―?
e0137200_20471235.jpg




SONEさんの運転で仙台を10時に出発。戸隠神社奥社入口の駐車場で仮眠を取って(寒いのと近くに止めていた車の防犯装置の誤作動の音でほとんど眠れなかったけれど)、5時に全員集まり、奥社入口から出発です。
e0137200_20482040.jpg

長い参道を歩いて奥社に到着。奥社で遠征山行の無事を祈ります。
e0137200_20483272.jpg

ヘルメットを被り、ハーネスを装着していよいよスタート
e0137200_20484447.jpg

登山道を歩いて行くと、紅葉の中に岩峰群が目に飛び込んできます。
e0137200_20485314.jpg

で、鎖場。
e0137200_20491634.jpg

難なくこなして百間長屋へ。
e0137200_20492599.jpg

そして、本格的な鎖場を登ると、
e0137200_20493448.jpg

本院岳がドカーンと姿を現しました。東北ではなかなか見られない迫力ある岩峰です。
e0137200_20494940.jpg

急斜面の鎖場が続き、
e0137200_2050221.jpg

ここを登れば、
e0137200_205012100.jpg

いよいよ名物?の「蟻の塔渡り」です。
e0137200_2050242.jpg

maronnさんと川口さんはアンザイレンして進みます。後ろの私もね。
アンザイレンしていると言ってもビレイポイントがあるわけでもなく、まぁ気休め?それでも高所恐怖症のオンツァンは少し安心なのですよ。
e0137200_20513650.jpg

ビビリながらも蟻の塔渡りを過ごして振り返ると、SAKAさんが慎重に進んできました。
e0137200_20515224.jpg

次に狭い「剣の刃渡り」を進みます。ここは左側のスタンスを利用しながら進むことが出来ました。
e0137200_2052423.jpg

SONEさんが岩に跨っています。
e0137200_20521426.jpg

川口さんのサポートで無事通過。
e0137200_20522789.jpg

八方睨への途中で過ごした難所を振り返ります。これが一般ルートとは・・・。
e0137200_20524656.jpg

八方睨に着きました。
e0137200_20525855.jpg

北側にある高妻山。日本百名山です。
e0137200_20533822.jpg

本院岳の右肩に白馬岳。
e0137200_20534974.jpg

本院岳と西岳。
e0137200_2054945.jpg

戸隠山へ向かう途中から「蟻の塔渡り」。
e0137200_20542554.jpg

戸隠山で一休みして、
e0137200_20543419.jpg

八方睨みへ戻り、急坂を慎重に降りて本院岳へ向かいます。
e0137200_2054509.jpg

縦走路は遭対協の方々が刈り払いをしたばかりですが、外斜しており、笹竹で滑りやすいのでかなり神経を使います。
e0137200_2055127.jpg

滑りやすいトラバース個所。ロープがあって助かります。
e0137200_20552679.jpg

急坂は辛い。
e0137200_20553759.jpg

蟻の塔渡りを何人も歩いています。まさに蟻のようです。
e0137200_20555182.jpg

偽ピークにガッカリしながら本院岳に到着。
e0137200_205671.jpg

ここからは素晴らしい景色を楽しめました。
左に鹿島槍ヶ岳。右に五竜岳。そして小さく剱岳。手前はこれから向かう西岳。
e0137200_2056312.jpg

東には飯縄山。
e0137200_20565960.jpg

北には戸隠山の奥に黒姫山。
e0137200_20571647.jpg

景色を堪能したら西岳へ向かいますが、絶壁の上を走る縦走路を見ると怖くてお尻がモゾモゾしてしまいます。
e0137200_20573476.jpg

垂直キレットに来ました。
e0137200_20574895.jpg

ガシガシと攀じ登り、
e0137200_2058059.jpg

振り返ると本院岳とダイレクト尾根。飯縄山が一望です。
e0137200_2058196.jpg

西岳到着。
e0137200_20583232.jpg

次に第一峰へ。
e0137200_20584557.jpg

ダイレクト尾根の紅葉が鮮やかです
e0137200_2059129.jpg

アルプスの山々が一望できました。
鹿島槍ヶ岳の右隣に立山。五竜岳の右に剱岳。
e0137200_20592642.jpg

剱岳の右に唐松岳。
e0137200_20594257.jpg

中央に白馬鑓ヶ岳。右に白馬岳。
e0137200_210054.jpg

素晴らしい景色を堪能しながら第一峰へ向かいます。
e0137200_2102196.jpg

第一峰手前の広いところで記念撮影。みなさん笑顔です。
e0137200_2105454.jpg

第一峰からは下りの連続になります。あまりに多くて鎖場1,2カ所写真撮っていません。
e0137200_2112982.jpg

e0137200_2114276.jpg

e0137200_2115820.jpg

e0137200_2121311.jpg

蟻の戸渡りに来ました。こちらは楽勝です。
e0137200_2122994.jpg

不帰ノ嶮と蟻の戸渡り。
e0137200_2124213.jpg

今度は鎖を伝って、
e0137200_2125668.jpg

上に行くとハングしているようなハシゴを登って、トラバースして、
e0137200_2131283.jpg

またまた下って、
e0137200_2132719.jpg

トラバースして、
e0137200_2134343.jpg

e0137200_2135557.jpg

能(熊?)の遊場で一休み。
e0137200_214623.jpg

綺麗な紅葉を楽しみながら歩いて、
e0137200_2142327.jpg

垂直に降りて、
e0137200_2144345.jpg

トラバースして鎖場終了。
余りの鎖場の多さに握力が無くなりそうです。
e0137200_2145920.jpg

急斜面が次第に緩やかになって来て、
e0137200_2151524.jpg

ススキの茂る採草地にやってきました。
振り返ると中央に下ってきた第一峰が見えます。
e0137200_2152843.jpg

これでもうすぐ鏡池かと思ったら、また山道になり、下って渡渉を3回。
e0137200_2154964.jpg

ひたすら登って、
e0137200_216442.jpg

ようやく車道に出て鏡池到着です。
鏡池と八方睨、本院岳。湖面に映るさまは本当に鏡のようです。
e0137200_2161536.jpg

植物園を通って奥社参道に戻り、
e0137200_217317.jpg

長い参道を歩いて暗くなった駐車場到着です。
皆さんお疲れ様でした。
e0137200_2171484.jpg

コースタイム
5:20戸隠神社奥社駐車場-6:00奥社-6:10登山口-7:00百間長屋-7:45蟻の塔渡り・剣の刃渡り-8:00八方睨-8:20戸隠山-11:00本院岳-12:10西岳-12:50第一峰-14:10能の遊場-15:50渡渉-16:45鏡池-17:15参道-17:30戸隠神社奥社駐車場
e0137200_218538.jpg

剱岳、表妙義、裏妙義に続いて鎖場タップリ・高度感たっぷりの山でした。
本当は高度恐怖症なのでこういうのは苦手なのですけれどね。
累積上昇量1500m、距離16.5キロ、約12時間はとてもハード。
しかし、何とか無事歩き通すことが出来ました。それも素晴らしい景色と紅葉のオマケ付きで。スリルと絶景は山歩きの醍醐味でしょうか。皆さんありがとうございました。

ガイドの川口さんにお礼を言って、我々はこの日の宿「戸隠高原の宿・白樺荘」へ。
※写真は翌朝
e0137200_2194940.jpg

お風呂に入ったら、まず乾杯。
e0137200_219581.jpg

maronnさんもやってきて2回目の乾杯。
e0137200_2110762.jpg

美味しい料理で
e0137200_21102866.jpg

e0137200_2110408.jpg

酒も進みます。
e0137200_21105679.jpg

山も宿も満足まんぞく。

さて翌日の山は?
Commented by utinopetika2 at 2015-10-12 21:49
ひゃあ~ハラハラドキドキ、でも楽しそうですね。
一昨日、グレートトラバースで蟻の塔渡りをやってました。
Commented by morino1200tb at 2015-10-12 22:10
utinopetika2さん 今晩は。
八方睨からは破線ルートですが蟻の塔渡りが一般ルートとはねー。
東北の山では考えられない。と言うより、このような岩峰はあまりありませんね。
機会がありましたら是非どうぞ。
Commented by みいら at 2015-10-13 11:13 x
おお、楽しそうなお山ですなあ。腕と胸筋の筋肉痛が治まった頃でしょうか。^^
Commented by SONE at 2015-10-13 16:46 x
お疲れ様でした。
筋肉痛にはならなかったですか。
しかし目いっぱい遊んだ二日間でした。
北信の山の好さを少しは感じていただけた山行だったと想像します。
Commented by やまぼうし at 2015-10-13 20:30 x
すごい山ですね~。ビックリしました。
豊かな経験、カンと度胸の総合力が求められるということでしょうか。
Commented by morino1200tb at 2015-10-13 23:24
みいらさん 今晩は。
東北ではなかなかお目にかかれない山でした。
スリリングなのは摩耶山倉沢コース周回と同じでしょうかね。
Commented by morino1200tb at 2015-10-13 23:27
SONEさん お世話様でした。
筋肉痛はありませんでしたが、さすがに疲労感は残りました。
東北には無いダイナミックな岩峰歩きができて大満足です。
来年の遠征も楽しみですね(^^)
Commented by morino1200tb at 2015-10-13 23:32
やまぼうしさん 今晩は。
たまにこんな山を歩くと、たおやかな東北の山の素晴らしさがよくわかります。
勿論どちらも素晴らしいのですけれどね。
Commented by とーます at 2015-10-15 09:31 x
戸隠山ってかなり難しいらしいですね。
御無事で何よりです。
妙義山とどっちが怖いですか?
怖くない方から行って見ようかな。
Commented by morino1200tb at 2015-10-16 21:17
とーますさん 今晩は。
戸隠山から牧場への周回は蟻の塔渡りに注意するだけですが、西岳への周回は緊張の連続です。
表妙義はさらに緊張ですかね。
鷹戻しの鎖場はスタンス、ホールドがあまりないので鎖便りで膝を使って攀じるように登りました。
岩場に慣れている人なら大丈夫だと思いますよ。
Commented by maro7 at 2015-10-17 21:19 x
もう、高所恐怖はないでしょうネ。
やせ尾根での表情が欲しかった。
Commented by morino1200tb at 2015-10-17 21:48
マロ7さん 今晩は。
ホールドとスタンスがあって高度感がなければOKです。
問題は高度感なのですよ(^^;)
痩せ尾根では怖くて写真は撮れません(T.T)
Commented by maronn at 2015-10-19 11:22 x
集中力切らさないよう緊張感いっぱいの山歩き、
たっぷりでしたね~
徹夜の12時間歩きは充足感満杯でした。
面白かったよ~~
笹刈り跡の急降下道は蟻さんより怖かった。
Commented by morino1200tb at 2015-10-19 23:42
maronnさん お世話様でした。
神経の使うところの連続でしたが、終わってみれば楽しい山でしたね。
来年は神経の使わない山になりそうですよ(^^)
Commented by ナカシィ at 2015-10-27 21:06 x
見てるだけで疲れましたー(^^)
最後のビール、美味しさがおもいきり伝わってきましたー!
Commented by morino1200tb at 2015-10-28 20:44
ナカシィさん 今晩は。
神経使った上に12時間の歩きで疲れました。
もちろんビールは最高でしたよ(^^)
Commented by ファーマー佐藤 at 2015-11-21 21:47 x
 お久しぶりです。数多い写真のおかげで、昔歩いたコースが思い
出されて懐かしかったです。私の場合、どこに行ってもサッサと
登って降りてしまうので、写真も少なく記憶にもあまり残りません。

 なので、蟻の戸渡りも何の緊張感もなく通過しましたが、「アン
ザイレンした」というのにはチョット背筋が寒くなりました。
かえってヤバそう。。。

 それにしても、紅葉が綺麗です。良い時期に行かれましたねー。(^^

 
Commented by morino1200tb at 2015-11-23 19:30
ファーマー佐藤さん 今晩は。
こちらこそご無沙汰しています。
アスリートのファーマー佐藤さんに怖いところは無いのでしょうけど、私は高度感のあるところは苦手なのです(^^;)
忘れっぽいので写真は備忘録代わりですよ。
そろそろパウダーシーズンですね。私はスノーシューかワカンですけれど、月山か湯殿山あたりで又お目にかかれることを願っています(^^)
by morino1200tb | 2015-10-12 21:15 | 15年登山 | Comments(18)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb