みちのくのアルプスへ

8月16日(日)
砂利押沢から火打岳へ行ってきました。
何度か歩いている神室連峰ですが砂利押沢からは初めて。
メンバーはSONEさんマスさんと私の3人です。

写真は砂利押沢と流れ込む小滝。
e0137200_1956297.jpg




秋田ナンバーと宮城ナンバーの車が停まっていた富貴新道登山口からスタートです。
e0137200_2061637.jpg

林道を歩くと神室山登山口の銅板葺きの看板がありました。立派です。
e0137200_2073719.jpg

30分ほどで砂利押沢登山口へ。
e0137200_2074789.jpg

そしてすぐに靴を脱いで土内川の渡渉です。冷たい!
e0137200_2075617.jpg

杉林を過ぎて、トラバースしながら高巻いて行きます。
でも、登山道は崩落気味。ロープがあって助かりました。
e0137200_2084489.jpg

そして、ようやく砂利押沢へ。倒木が目立ちます。
e0137200_20113021.jpg

沢に沿って歩いて、
e0137200_20114648.jpg

高巻いて、
e0137200_20115895.jpg

火打沢を右に見て進みます。
e0137200_20121275.jpg

樹林に覆われた沢筋なので直射日光がさほど無く、時折吹く風が心地よく感じられます。とは言え、歩けば汗が噴き出すのはやはり夏山なのです。
疲れたところで、マスさんのケーキで一休み。
サクサクのパイ生地とカスタードクリームがベストマッチ。とても美味しくいただきました。
e0137200_2013460.jpg

暫く沢を歩いて、
e0137200_20131684.jpg

ここから尾根まで急登の始まり。
e0137200_20135538.jpg

まるで、瀧山の前滝コース並み!(ちょっとオオゲサ)
e0137200_20141112.jpg

e0137200_20142268.jpg

途中、マスさんがチチタケを見つけました。
何でも栃木県では高額で取引されているとか。
e0137200_20201077.jpg

神室山西の又沢コースの窓くぐりのようなところを出ると、
e0137200_20202599.jpg

神室連峰縦走路に出ました。気持ちイイー。
e0137200_2022061.jpg

ここで小休止して、稜線を火打岳目指して進みます。
手前は火打岳北峰(1160m)。奥の火打岳山頂に人影が見えました。
e0137200_20235778.jpg

北峰手前から振り返って、神室山へ至る縦走路。
連峰最高峰(1367m)の小又山がどっしりと聳えています。
e0137200_20241583.jpg

登山道脇にはハクサンフウロがたくさん咲いています。
e0137200_20244415.jpg

もうすぐ山頂。
e0137200_2025860.jpg

三角点はお花畑の中にありました。
e0137200_20253074.jpg

誰もいない山頂で周りの景色を堪能しながら昼食休憩。何とも贅沢。
そして記念撮影。
e0137200_20273236.jpg

西火打岳の奥に鳥海山。残念ながら頭は雲の中。
e0137200_20275590.jpg

縦走路南側には杢蔵山。
e0137200_20281086.jpg

北側は小又山から神室山へ連なる山並み。
やはりこの眺めは絶品ですね。
1367mの小又山を最高峰とするこの連峰は、急峻な山容を持ち、その低さを感じさせないどころか高度感に富んだ、正に「みちのくのアルプス」です。
e0137200_20283358.jpg

景色を堪能したら富貴新道経由で下山です。
e0137200_20284950.jpg

ガレた道を一旦下って、火打岳を振り返ります。
e0137200_2029113.jpg

少し登った西火打岳からは歩きやすい道が続きます。
しかし、暑さは相変わらずで、汗がとめどなく流れます。
e0137200_20294815.jpg

e0137200_20305566.jpg

ブナの道からヒメコマツとヒノキの道になり、
e0137200_2031974.jpg

突然現れる大きなブナを見て進むと、
e0137200_20312275.jpg

急坂の長い下りです。
e0137200_20313640.jpg

急降下が終わると杉林になり、
e0137200_20315222.jpg

橋を渡って、
e0137200_20321024.jpg

富貴新道登山口到着です。
お疲れ様でした。

コースタイム
7:05富貴新道登山口-7:35砂利押沢登山口-7:45渡渉-10:25キャンプ場-10:45縦走路10:55-11:45火打岳12:20-13:15五合目-14:30富貴新道登山口
e0137200_20333171.jpg

初めての砂利押沢口コースは最初の靴を脱いでの渡渉や沢沿いの歩きは問題ありませんでした。しかし、このコースはしばらく歩かれていないようで踏み跡もなく、ルーファイに気を遣うコースでした。当初沢靴で沢通しで歩く考えもあったのですが、倒木が多くかえって時間がかかったように思えます。
沢から離れての急登にも汗を絞られましたが、稜線歩き、山頂からの展望はやはり神室連峰ならではの素晴らしさでした。

帰路、鮎のモニュメントが目を引く、
e0137200_20352478.jpg

舟形若あゆ温泉で汗を落とします。
e0137200_20353559.jpg

大浴場、露天風呂、サウナもあって350円。入浴後はノンアルコールビールをグビッと。
山もお風呂も満足まんぞく。
Commented by SONE at 2015-08-18 00:23 x
お疲れ様でした。
砂利押沢ルートは先頭でアイコを叩き倒す作業と、露払いに追われて写真がほとんど撮れませんでした。
あれだけ藪を払ったので、次に歩く人は歩きやすいでしょうね(笑)
鳥海山は雲がかかっている様に見えましたが、この日は天気が良かったようです、
概ね日本海側の山は展望が利いたようですね。
Commented by morino1200tb at 2015-08-18 22:54
soneさん お世話様でした。
先導していただいたおかげで歩きやすかったです。とは言え、後ろでも結構濡れたり、チクチクと痛かったですけど(^^;)
面白いコースなのに歩かれていなかったですね。もったいない。
久しぶりの神室連峰に満足でした。
Commented by NYAA at 2015-08-18 23:49 x
稜線は涼しかったのでしょうか?7時出発なんて、絶対無理!自分なら、5時出発にしますね。
Commented by モンキィ at 2015-08-19 00:13 x
神室連峰の縦走路を火打岳から見るって、とってもいい風景ですね。折角踏みつけてもらった道が戻らないうちに行ってみたくなりました(^^)
Commented by みどぽん at 2015-08-19 12:58 x
気持ちの良い稜線歩きですね。行ってみたいコースですが、単独では道迷いが怖そうです(汗)4997
Commented by morino1200tb at 2015-08-19 21:31
NYAAさん 今晩は。
さすがに稜線は少し風があり、景色と相まって気持ちよく歩けましたよ。
山頂は座ると風を感じられなくなりました。
5時スタートだと仙台2時出発ですね(T.T)
Commented by morino1200tb at 2015-08-19 21:38
モンキィさん 今晩は。
神室連峰はいつ行っても素晴らしい山ですよね。
今なら楽に歩けますよ(^^)
秋も楽しそうなコースです。
Commented by morino1200tb at 2015-08-19 21:41
みどぽんさん 今晩は。
前日は残念でしたね。
神室連峰はハードですが満足感が得られる素晴らしいところです。
来年は縦走しましょう。
Commented by とーます at 2015-08-20 09:45 x
火打岳北峰手前からの写真がすごく良くてしばらく見とれてしまいました。
いつかは神室連峰縦走したいです。
Commented by morino1200tb at 2015-08-20 21:43
とーますさん 今晩は。
神室は標高は低くても急峻な山容を持つ素晴らしいところです。
縦走、良いですねー。
Commented by みいら at 2015-08-23 05:00 x
今の時期だと草が繁茂して大変だったでしょうね。
砂利押口からほんの少し歩いて火打北峰が現れた時の感動はこのルートの価値を高めてますね。(^_-)-☆
Commented by morino1200tb at 2015-08-23 18:37
みいらさん 今晩は。
夏の神室はいつも厳しいですが、砂利押沢登山口から急登までの間が歩かれていないため稜線に出るまでが大変でした。
稜線に出てからは最高のルート。北峰は印象的ですね
by morino1200tb | 2015-08-17 20:38 | 15年登山 | Comments(12)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb