山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
17年登山
16年登山
15年登山
14年登山
13年登山
12年登山
11年登山
10年登山
09年登山
08年登山
07年登山
山関係
音楽関連
あれこれ
震災
特別版

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

お気に入りブログ

お山遊び
点描2
ebiyanの南東北 山...
ソロで生きる
バリ太郎とゴロゴロ
マロのページⅡ
Estrellas y ...
Mountain Rose
船形山からブナの便り(ブ...

リンク

最新のコメント

lc4advさん 今晩は..
by morino1200tb at 22:13
腰は微妙ですからね~。注..
by lc4adv at 19:50
utinopetika2..
by morino1200tb at 21:47
休みですと、安息日でもジ..
by utinopetika2 at 20:33
シゲちゃん お疲れ様でし..
by morino1200tb at 19:15
雪山ブナ回廊天気良くて ..
by sige at 08:22
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:48
とーますさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:40
天気の良い三連休は写真展..
by SONE at 18:47
うわー、ブナ回廊気持ち良..
by とーます at 15:21

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧

検索

ファン

最新のトラックバック

石跳川から月山周回(平成..
from HITOIKI Blog

買ってしまいました。

今週は山はお休み。
こんな本を読んだり、
e0137200_20423443.jpg

e0137200_2042505.jpg

これは読みかけ。もう少しで読了予定。
e0137200_2043246.jpg

こんなものを聴いたりしてノンビリしていました。
e0137200_20432659.jpg


そろそろ小屋泊り山行の予定が入ってきました。
小屋泊まり用の物で気になっていたのがマット。
寝ているとマットとシュラフがずれてしまうので、サーマレストZライト・ソルならどうだろう?それに軽いし、と山道具屋さんへ。
店員さん(今風にいうとショップスタッフね ^^: )に聞くと、今使っているモンベルのアルパインマットと変わりないだろうとのこと。
なんだ、せっかく買い物できると思ったのに。と思いながら靴コーナーへ。

で、買ってしまいました。
e0137200_20441843.jpg

実はミッドカットの靴を探していたのですが、これは軽くて、後ろが低いのでミッドカットのような感じです。安かったしね(笑)
ソールは固いし、トゥー部もしっかりしているので、これからしばらく活躍しそうです。
by morino1200tb | 2015-08-02 20:53 | 山関係 | Comments(6)
Commented by utinopetika2 at 2015-08-02 21:04
お、新しい山靴いいですねぇ~
モチベーション上がります。
でも・・・暑過ぎですね。
Commented by morino1200tb at 2015-08-02 22:03
utinopetikaさん 今晩は。
近々泊りがあるのでマットを買いに行ったのですけれどね。
その前に来週あたり履いてみます。
問題なければ泊りの山もこの靴で行ってみますよ。
Commented by SONE at 2015-08-03 23:00 x
結局日曜日は氷上山に登ってきましたが、暑さに慣れてきたせいか大丈夫でしたよ。
この靴ってmaronnさんのと同じみたいですね。
造りは良さそうですが、私はAKUは合わないのですよ。
Commented by morino1200tb at 2015-08-04 12:39
SONEさん こんにちは。
この靴で今週どこか歩いてみます。
通気性の良い素材らしいので、夏場に良い靴のようです。
サーマレスト、やっぱり買いそうです(^^;)
Commented by maro7 at 2015-08-04 16:07 x
ラスト・マタギはいかがでしたか。
本一冊を読むのは苦痛なんであとで要約して教えてください。(笑)
それにしても、靴がかなり増えたような…。
Commented by morino1200tb at 2015-08-04 20:57
マロ7さん 今晩は。
「朝日連峰の狩人」とかぶる部分もありますが、朝日連峰、特に障子ヶ岳、天狗の相撲取山、以東岳あたりの描写が興味深く感じられました。
これも楽しく読めるので機会がありましたらどうぞ。