弁慶山地の秘峰へ

5月4日(祝)
かねてより行きたいと思っていた弁慶山地の注連石-鬼のカケハシへ行ってきました。
伝聞や記録のあまりない修験場跡ですが、苦労のし甲斐がある素晴らしいところです。
藪の途中で鳥海山が姿を現してくれました。
e0137200_2125421.jpg

メンバーはSONEさんマスさんmonkieさん、犬猫馬さん、すばるぅさん野村ツアーさんと私の7名。





羽前豊里駅に集合し、上神社前の駐車場から車2台で344号線を左折して白玉川に沿って進みます、
すると344号から約2キロの地点に倒木があり、手前の広い場所に車を停めて出発。ここから大禿沢林道終点まで約5キロの歩きです(トホホ)
e0137200_22512722.jpg

これが倒木。
e0137200_22521977.jpg

土砂崩れもあります。
e0137200_22524940.jpg

蛙がノンビリしていました。
e0137200_2253059.jpg

前方に注連石の稜線が見えてくると、
e0137200_22532786.jpg

ようやく林道終点へ。
e0137200_22533818.jpg

ここから大禿沢へ降りて遡行します。
e0137200_22534941.jpg

水量は少なくスパ長で大丈夫。
e0137200_22535977.jpg

二又の沢に挟まれた尾根を登ります。
e0137200_22541360.jpg

薄藪ですが大変な急坂です。
e0137200_22542941.jpg

いつまでも急です(T.T)
e0137200_2254428.jpg

途中で鳥海山が見えて急坂で疲れた体に力が戻ります。
e0137200_22551178.jpg

650m辺りで一休み。
少し下りますが今度は激薮。
e0137200_22552357.jpg

雪堤に逃げて登って行くと
e0137200_22553714.jpg

鳥海山の全体が見渡せるようになります。
e0137200_22555067.jpg

また藪になって進むと
e0137200_225658.jpg

高度感のある蟻の戸渡り。慎重に進みます。
e0137200_22562037.jpg

少し藪を進むと突端の岩峰に錆びた宝剣があります。ここが注連石。
e0137200_22563459.jpg

そして目を転じると鳥海山が大きな姿を現していました。
e0137200_2257380.jpg

2年前に周回した丁岳も見えました。
e0137200_22571395.jpg

景色を堪能したら往路を一旦戻ります。
e0137200_22573157.jpg

途中で咲いていたシラネアオイ。
e0137200_22574229.jpg

沢の合流点に戻り昼食休憩。
マスさん特製プルーン入りのケーキ。いつもの美味しさです。
e0137200_22575232.jpg

私は前日同様イチゴ。
e0137200_2258315.jpg

ここで暫しノンビリ。
e0137200_22581550.jpg

次にトイシ沢を詰めて鬼のカケハシを目指します。
e0137200_22582884.jpg

何度も渡渉しながら進み、地震や大雨で崩れたと思われる荒れたところを過ごして行くと、
e0137200_22584271.jpg

見事な柱状節理が見えてきました。
e0137200_22585225.jpg

そしてさらに進むと分厚い残雪に滝が落ち込むゴルジュに到達。ここが鬼のカケハシ。
e0137200_2259305.jpg

左右に滝があり、特に右側の滝は落差50メートルはあろうかという大きなもの。
落ちてきた水は残雪の下を流れて行きます。
e0137200_22595054.jpg

ここで暫し滝見物。
犬猫馬さんは大きなカメラとレンズで滝を激写。
e0137200_230746.jpg

少しノンビリしたら戻ります。
e0137200_2302075.jpg

もちろん山菜を採りながらです。私は葉ワサビ。
e0137200_2303265.jpg

また何度も渡渉して林道へ到着。
e0137200_2304497.jpg

そこかしこに咲いているニリンソウを見ながら林道を歩いて
e0137200_231370.jpg

駐車スペースへ到着です。皆さんお疲れ様でした。
e0137200_2311415.jpg

コースタイム
6:20林道途中駐車地点-7:30林道終点-8:05尾根取付き-9:45注連石10:05-11:00トイシ沢・昼食休憩11:30-12:25鬼のカケハシ12:50-14:05林道-15:10林道途中駐車地点
e0137200_232168.jpg

急坂、藪漕ぎ、プチ沢歩きに林道歩きと何でもありの17キロのロングコース。2日連続の山ということもあり疲れました。しかし、注連石、鬼のカケハシの名の謎と共に奇勝ともいえる景色を味わえ、心配していた天気も下山するまで崩れずに待望の鳥海山まではっきり見ることも出来て満足です。同行の皆さんとの歩きながらの話も楽しかったことは言うまでもありません。
残念だったのは前日も含めて虫に10カ所以上刺されてしまったこと。これも日ごろの・・・(T.T)

帰路、温泉に入ろうと「ゆりんこ」へ行ったら、山友のみどぽんさんと遭遇。世間は狭い。
e0137200_232336.jpg

そして新庄市の一茶庵支店で「もつラーメン」大盛りを。
e0137200_23245100.jpg

山も温泉もラーメンも満足の1日でした。沢で採った山菜もね。
Commented by みいら at 2015-05-08 11:33 x
私も6日に行ってきましたが、いやぁ~林道歩きが半端なく長かった。あんな手前で止められるとは。初めて行った時は終点まで行けたんだけどね。
もう整備しないようですなあ。
Commented by morino1200tb at 2015-05-08 12:53
みいらさん こんにちは。
林道歩きがなければもう少し楽ですが、苦労したからこそ出会えた景色に感動できるのでしょう。
葉山葵大量ゲット?(^^)
Commented by SONE at 2015-05-08 20:02 x
犬猫馬さんのリクエストもあって、念願かなって注連石に登れて良かったですね。
当初の天気予報では鳥海山は見えないものと諦めていましたが、ど~んと見えたのは日ごろの・・・でしょうかね。
Commented by maro7 at 2015-05-08 20:10 x
注連石から延びる旧道ルートに目を注がれますが、もう激ヤブですね。
何てったって、鳥海が見えれば言うことなし。
Commented by とーます at 2015-05-08 21:16 x
こりゃごっつい難路!
でも鳥海山がどーんと見えたり、素晴らしい滝が見れたり魅力的ですね。
私にはとても無理ですが・・・。(^^;
Commented by utinopetika2 at 2015-05-08 21:28
マニアックですねぇ~しかもけっこうデンジャラス。
ロングコースも仲間がいると、楽しいですね。
Commented by みどぽん at 2015-05-08 21:44 x
まさか、ゆりんこで会えるとは。露天風呂でSONEさんから声をかけられてビックリでした。
今年は雪が少ないので、スキーは今月で終わりのような気がしています。
そのあとは、登山や沢でご一緒できることを楽しみにしています。
Commented by morino1200tb at 2015-05-08 22:36
SONEさん お世話様でした。
おかげさまで念願かなって行けました。
苦労して行った注連石と鬼のカケハシは素晴らしく、もっともっとゆっくりしていたい場所でした。
鳥海を見られて幸福感が増しました。
ありがとうございました。
Commented by morino1200tb at 2015-05-08 22:46
マロ7さん 今晩は。
注連石からの鬼のカケハシルートは厳しいようですね。
いろいろ楽しめて大満足でした。
Commented by morino1200tb at 2015-05-08 22:49
とーますさん 今晩は。
藪漕ぎありの難ルートですが、修験者たちの息吹を感じることのできた素敵なところでしたよ。
Commented by morino1200tb at 2015-05-08 22:52
utinopetika2さん 今晩は。
たまには古の修験道に思いを馳せるのも良いものですね。
自然の恵みもありましたしね(^^)
Commented by morino1200tb at 2015-05-08 22:54
みどぽんさん 今晩は。
まさかお目にかかれるとは。
今年は雪融けが早くてテレマーカーのみどぽんさんには辛い年ですね。
私ももう少し残雪歩きが楽しめると思っていたのですが、そろそろ夏モードになりそうです。
今度はどこかご一緒いたしましょう。
by morino1200tb | 2015-05-04 21:27 | 15年登山 | Comments(12)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb