石投山から黒森山

1月18日(日)
女川町最高峰の石投山へ行ってきました。
登山口へ向かう道路から見えた端正な姿の石投山。
e0137200_19292744.jpg

石投山は山仲間のマロ7さんじゅんさんが歩かれていて、地元の女川ネイチャーガイド協会が整備した周回コースで楽しめところ、とSONEさんからお誘いがあり、主脈荒天時にノンビリ歩くには最適な山だろうとご一緒することに。



SONEさん、マスさんと3人で林道脇の駐車スペースから出発です。
e0137200_21244536.jpg

神社まで行くと言う地元のお2人を抜いて林道を進むと、山神様の大きな石碑がありました。
e0137200_2125117.jpg

山行の無事を祈ったら小沢を渡って尾根へ向かいます。
e0137200_21252362.jpg

でも、里山につきものの急坂。
e0137200_21253292.jpg

随所に着いている赤テープに導かれて登って行くと、
e0137200_21254474.jpg

景色を遮っていた木々の切れたところで黒森山が姿を見せました。
e0137200_21255518.jpg

顕著な尾根道から雑木林へ。相変わらずの急登が続きます。
e0137200_2126682.jpg

赤松が見え始まると、中にはこんな変わった形のものが散見されるようになります。
e0137200_21262369.jpg

e0137200_2126343.jpg

少し緩やかになって、
e0137200_21265060.jpg

山頂へ向かうと大勢の人たちがいます。
話を聞くと燕沢・利府街道沿いのアウトドアショップ「ゆうゆう館」のツアーで、石投山から硯上山、味噌作への縦走ツアーとのこと。なかなかの渋いコース設定。さすがゆうゆう館ですね。
e0137200_2127837.jpg

ツアーの方に撮っていただきました。
e0137200_21272257.jpg

山頂は刈り払われてはいるものの、残念ながら展望は取れません。
ここから周回コースで下山かと思ったら、2時間予定のところが1時間ほどで来てしまったため、いくらなんでもつまらないでしょうと黒森山まで周回することに。
頼りはSONEさんが以前歩いた時の記憶と25,000の地図とGPS。

ということで、ツアーの方々と同じ尾根道を行きます。でもすぐに追いついてしまい、パスさせていただきます。
e0137200_21281530.jpg

でも、お尾根間違いでちょっとロスして追いかける羽目に(^^;)
しかし、薄藪を自由に歩いてショートカットしてまた、先行します(^^)
e0137200_21283053.jpg

鹿の食痕がありました。皮を剥いで食べています。
e0137200_21284492.jpg

風が無く、日当たりの良い電線のところで昼食休憩。奥にうっすらと黒森山。
ツアーの方々も少し離れたところで昼食です。
e0137200_2129667.jpg

作業道(巡視路)を進み、
e0137200_2129187.jpg

雄勝峠から林道に出ると
e0137200_21294163.jpg

変わった形のマイクロ波反射板がありました。
e0137200_21301675.jpg

上品山が見えました。
e0137200_21302861.jpg

整備された石巻ハイキングロードへ入ります。
2012年1月に水沼山から京ヶ森への縦走時に歩いた道です。
e0137200_21304343.jpg

鹿が角を研いた痕がありました。凄い破壊力。
e0137200_21305580.jpg

林道を横切り、歩いて行くと小萩山の三角点到着です。
周りは木々が生い茂っていて展望はありません。林の中の山頂です。
e0137200_213175.jpg

密薮を突いて林道へ。
e0137200_21312623.jpg

ここからは尾根上の広い防火帯で、陽だまりを楽しみながら歩いて行きます。
e0137200_21322443.jpg

こりゃ楽勝、と思ったら途中で防火帯は終わり、
e0137200_21331366.jpg

いよいよ藪へ突入です。
e0137200_21332521.jpg

藪が少し途切れたところから石投山と左奥に硯上山。
e0137200_21333987.jpg

でもまだ薮。茨もあって進むのに時間がかかります。
e0137200_2133579.jpg

山頂近くで女川漁港とうっすら江の島。
e0137200_21341811.jpg

そしてようやく黒森山です。
これは三角点ではなく境界杭のようです。
e0137200_21343314.jpg

南側は赤テープが付いた歩き易そうな尾根が続いていますが、かなりの遠回りになるため、SONEさんが昔歩いた東尾根へ向かうことに。
藪を避けて植林帯を下ります。
e0137200_2135188.jpg

しかし、笹薮に阻まれてしまいます。
e0137200_21351444.jpg

微かに残っている道形を探しながら笹薮をかき分けて作業道跡へ。
さらに藪を漕ぎ続けます。
e0137200_21353067.jpg

土石流で崩れたところを過ごして沢筋の作業道へ出て一安心。
少し下ると沢が流れていて休むのに最適な場所へ出ました。
ここでようやく「おやつタイム」です。
暖かい紅茶とマスさん手作りのケーキで人心地付きます。
e0137200_21354330.jpg

すぐに林道へ出て、
e0137200_21355642.jpg

さらに下ると車の行き交う舗装道路へ。
e0137200_2136783.jpg

のんびり歩いて駐車スペース到着です。お疲れ様でした。
e0137200_213620100.jpg

コースタイム
9:50駐車スペース-10:55石投山11:05-12:05昼食12:20-13:20小萩山-14:15黒森山-15:20林道-15:35舗装道路-15:55駐車スペース
e0137200_2136565.jpg

荒天の主脈を避けて石投山の陽だまり山歩が黒森山まで行くことになり、ノンビリ歩きが一転、藪漕ぎ有りの累積上昇量1,345m、距離14kmというハードな山になってしまいました。
でも、これはこれで大変面白い山歩きでした。たまにこれぐらいしないとね(^^)
被災地復興でなかなか手が回らないのかもしれませんが、石投山山頂の展望を取れるようにしたり、黒森山のルートを整備したりすれば人気の山になりそうですね。
Commented by utinopetika2 at 2015-01-18 20:55
だいぶ歩かれたようですね。
お疲れ様でした。
Commented by とーます at 2015-01-19 14:18 x
女川町最高峰ですか~。
初耳です。
累積標高差1345mとは、かなり大変ですね。
詳細レポお待ちしてます。
Commented by morino1200tb at 2015-01-20 22:21
utinopetika2さん 今晩は。
当初予定から考えられないほど歩いてしまいましたが、とても面白かったですよ。
Commented by morino1200tb at 2015-01-20 22:24
とーますさん 今晩は。
最高峰でも455.6mなんですけどね。
里山は魅力いっぱいですね。
Commented by SONE at 2015-01-20 23:21 x
ほとんど休憩をとらないで歩きまくった一日になりましたね(笑)
こんなルート採りをする人って他にはいないでしょうね。
黒森山は以前は楽々歩けた山でしたが、伐採後に木々や笹が伸びて近づけない山になって残念でした。
でも黒森山からやっと展望がとれたので、その点では周回して良かったと思います。
Commented by maro7 at 2015-01-21 07:42 x
女川町最高峰は石投山ですが。最高地点は別な場所のようです。
尾根間違いから昼食場所までの間のようですが軌跡でわかればいいですね。(^u^)
Commented by morino1200tb at 2015-01-21 12:35
SONEさん お世話様でした。
久々の激藪漕ぎ、堪能しました(笑)
黒森山山頂近くからの展望は素晴らしいですよね。
コース整備が待ち遠しいものです。
Commented by morino1200tb at 2015-01-21 12:50
マロ7さん こんにちは。
最高地点は倒木のため迂回と書いた文字の上部の470.7mピークだと思います。
でもピークと意識出来ずに通り過ぎてしまいました。
雄勝峠が通れるようになったら、マロ子ちゃんと一緒に硯上山-石投山に行きましょう(^^)
by morino1200tb | 2015-01-18 19:40 | 15年登山 | Comments(8)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb