山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
17年登山
16年登山
15年登山
14年登山
13年登山
12年登山
11年登山
10年登山
09年登山
08年登山
07年登山
山関係
音楽関連
あれこれ
震災
特別版

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

お気に入りブログ

お山遊び
点描2
ebiyanの南東北 山...
ソロで生きる
バリ太郎とゴロゴロ
マロのページⅡ
Estrellas y ...
Mountain Rose
船形山からブナの便り(ブ...

リンク

最新のコメント

宣伝じゃないですが、やは..
by SONE at 22:56
lc4advさん 今晩は..
by morino1200tb at 22:13
腰は微妙ですからね~。注..
by lc4adv at 19:50
utinopetika2..
by morino1200tb at 21:47
休みですと、安息日でもジ..
by utinopetika2 at 20:33
シゲちゃん お疲れ様でし..
by morino1200tb at 19:15
雪山ブナ回廊天気良くて ..
by sige at 08:22
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:48
とーますさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:40
天気の良い三連休は写真展..
by SONE at 18:47

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧

検索

ファン

最新のトラックバック

石跳川から月山周回(平成..
from HITOIKI Blog

ボズ・スキャッグスと山の本

今週末は大雪で各地大変でしたね。
私は自宅に籠って安静に務めていました。
で、最近入手したボズ・スキャッグスのLive At THe Fillmore West 30th June 1971(右下) を聴いたら他のものも聴きたくなって、ボズ・スキャッグス三昧でした。
このアルバムはブートっぽいですが、熱気溢れるなかなかの演奏です。Loan Me A Dime のギターソロはエルビン・ビショップのようです。
e0137200_2114345.jpg





やっぱり良いですねー、R&Bとブルースをベースにした彼の音楽は最高です。
LPで聴いていた、Boz Scaggs & Band 、Moments 、My TimeもCDで欲しくなってきました。(震災後処分)

こんなCDを聴きながら服部文祥の本を読んで、
e0137200_2143362.jpg

インスパイアーされて遅まきながら読んでいます。ウェストンの「日本アルプスの登山と探検」
e0137200_21435532.jpg

感想はそのうちね。
by morino1200tb | 2014-02-16 21:47 | あれこれ | Comments(6)
Commented by とーます at 2014-02-17 10:48 x
ウェストンの本はずっと読みたいと思ってたのです。
感想お待ちしてます。
Commented by tk18412004 at 2014-02-17 13:41 x
安静も、外が暴風雪だと、あきらめもつきますよね。
少しは痛みが楽になったことでしょうか・・・・。
Commented by SONE at 2014-02-17 19:33 x
ボズ・スキャッグスはAOR全盛時代に本当に聞き込みましたよ。
写真のアルバムの内、5枚も手元にあります。
服部文祥は個人的に嫌いな登山家なので、彼の著作は買ったことがないです。
Commented by morino1200tb at 2014-02-17 21:23
とーますさん 今晩は。
まだ少ししか読んでいませんが、1891年~当時の山里の様子が垣間見られて興味深いですよ。
Commented by morino1200tb at 2014-02-17 21:28
tkさん 今晩は。
お蔭様で痛みは和らいできています。
くしゃみをしても響かなくなりましたが、抑えるとまだ痛いので寝返りが打てませんし、右肩もまだまだ強い痛みがあります。
少しずつ良くなることと思います。
Commented by morino1200tb at 2014-02-18 09:42
SONEさん おはようございます。
スペル間違っていたので修正しました。
初期の3枚を買うかどうか迷っています。
スタンダードのBut Beautiful はチョットなーだったのでSpeak Low は見送りです。
「100年前の山を旅するは」当初思っていたものとズレていました。探究心は良いけれど、自信家の自己満足冒険譚(思い入れたっぷり)のようにも思えました。
でも、おかげでウェストンの本を読む気になったので良しとしましょう。(笑)