ドッヒャーな表妙義縦走

10月19日(土)
「日本一難しい一般縦走路」と名高い表妙義縦走へ行ってきました。
メンバーは山仲間のSONEさん、マスさん、maronnさん、マロ7さん、初めてお目にかかるSONEさんの山友のsakaさんと私。そして今回ガイドをお願いしたサウスリッジ・ガイドサービスの川口晃さんの7名です。

登山口のある妙義神社の参道を進みますが奥の白雲山はガスに覆われて見えません。
神社(本殿ではありませんが)に山行の無事を祈念して登山口へ。
e0137200_2032580.jpg

簡単な鎖場を登って大の字へ。残念ながらガスで展望はありませんが、白雲山がうっすらと見えます。
e0137200_20322359.jpg

大の字の下りで懸垂下降の確認をします。
そして奥の院へ。
ここから本格的な鎖場の連続となります。
登って、へつって、
e0137200_2032457.jpg

また登って、
e0137200_20331623.jpg

こんな狭いところを通って(本当は右側の岩の上が正解)、
e0137200_20334616.jpg

いよいよ高度感のある岩場へやってきました。
e0137200_2034539.jpg

ビビリ岩です。ここからが怖い岩のスタート。
e0137200_20342490.jpg




ここまで来たら大丈夫。
e0137200_20351231.jpg

また登って、
e0137200_20352824.jpg

下って、
e0137200_20354214.jpg

登って、
e0137200_20355425.jpg

大のぞきに来ました。ガスで見えないので下は覗きません。本当は怖いからですけど(^^;)
e0137200_2036983.jpg

マスさん手製のお菓子で一休み。
e0137200_2036217.jpg

今度は凄い下りになります。
滑り台状鎖場下りその1(10m)
e0137200_2036361.jpg

滑り台状鎖場下りその2(10m)
e0137200_20372739.jpg

滑り台状鎖場下りその3(30m)
e0137200_2037394.jpg

せっかく下ったのに、今度は攀じ登って、
e0137200_20383428.jpg

天狗岩へ到着。
e0137200_20384645.jpg

滑りやすいので注意しながら下って、
e0137200_20385897.jpg

タルワキ沢のコルに到着。
e0137200_20391142.jpg

こんな注意書きが要所にあります。
e0137200_20393118.jpg

そして相馬岳へ到着。
前列左からマロ7さん、マスさん、morino、maronnさん、後列左からSONEさん、sakaさん、川口さん。
e0137200_20394848.jpg

ここから下ってバラ尾根へ向かいますが、滑りやすいので根っ子を掴んでの下りです。
e0137200_2040211.jpg

国民宿舎分岐に到着。
e0137200_20401841.jpg

またまた注意です。
e0137200_20403131.jpg

根っ子でsakaさん、
e0137200_2041328.jpg

鎖でmaronnさん、
e0137200_20412161.jpg

マロ7さんも下ります。
e0137200_2041321.jpg

へつって
e0137200_20422243.jpg

登って
e0137200_20423575.jpg

バラ尾根ピークから岩峰が見えます。ひょっとしてあそこを登るのかな?
e0137200_20424549.jpg

堀切へ到着。
e0137200_2043116.jpg

へつって、
e0137200_20433646.jpg

手足総動員で登って、
e0137200_20442325.jpg

おわん内壁2連鎖のトラバースをこなすと
e0137200_20444167.jpg

女坂分岐です。
e0137200_20445245.jpg

左注意(切れてます)の痩せ尾根を登ると
e0137200_204576.jpg

鷹戻しの頭が見えてきました。えー、どこ登るの?
e0137200_20452412.jpg

いよいよ今日の核心部(ッて、全部核心部みたいだったんですけどー ^^;)鷹戻しへ突入です。
e0137200_20455039.jpg

梯子を過ぎるといよいよ高度感が増してきます。高所恐怖症のオンツァンはブルブルなのです。
e0137200_20461825.jpg

そしてここからが恐怖の岩稜登り。
川口さんが後続の面倒を見ているうちに、maronnさんと私が先行して登ります。
最初有ったスタンスも次第に見つからずに必死で登ります。
e0137200_20472596.jpg

無我夢中で攀じってトラバースして何とか鷹戻しの頭へ到着。
なので、途中で写真を撮る余裕なんてありません。
実は2人共ここが鷹戻しと分からずに登っていたのでした。分かっていれば・・・!

高戻しの頭から相馬岳とバラ尾根。
e0137200_20475037.jpg

登れば下りがあるのは山の常ですが、強烈な下りです。
e0137200_20481243.jpg

チムニー状二段25mの鎖は懸垂下降で。
maronnさんが行きます。
e0137200_20483199.jpg

sakaさんが降りて来ます。
e0137200_204846100.jpg

二段目をマスさんがきれいな形で降りて来ます。
e0137200_2054503.jpg

マロ7さんはさすがにスムーズ。
e0137200_2055658.jpg

鷹戻しを振り返ります。よくもあんなところを登って降りてきたものです。
e0137200_20551851.jpg

痩せ尾根を通って少し登れば東岳到着。
e0137200_20564623.jpg

東岳から西岳方面。
e0137200_2057610.jpg

浅間山。
e0137200_20571732.jpg

裏妙義。
e0137200_2057365.jpg

鷹戻しと白雲山。
e0137200_20575269.jpg

スライドした人がチムニーの鎖場を登っています。
e0137200_20581124.jpg

少し歩いて祠のある中の岳。
e0137200_20593680.jpg

陽射しが出てきて岩場から景色を楽しみます。
e0137200_20595068.jpg

ここも懸垂下降。
マスさん。
e0137200_2101259.jpg

マロ7さん。
e0137200_21036100.jpg

余裕のSONEさん。
e0137200_210532.jpg

ゆるゆるトラロープでトラバース。
e0137200_2111585.jpg

振り返って降りてきた岩壁です。
e0137200_2113155.jpg

西岳(登山禁止)分岐から最後の鎖場を通って中間道へ。
e0137200_2114581.jpg

第四石門へ来て、
e0137200_2121558.jpg

みんなで記念撮影。
e0137200_2122729.jpg

県道へ降りて縦走完了です。みなさんお疲れ様でした。そしてありがとうございました。
e0137200_2125726.jpg

コースタイム
6:10道の駅みょうぎ登山者用駐車場-6:25妙義神社登山口-7:40奥の院-8:55大のぞき-9:35天狗岩-10:05タルワキ沢のコル-10:20相馬岳-10:45国民宿舎分岐-11:50堀切(ホッキリ)-12:55鷹戻し-14:50東岳-15:05中の岳-15:50西岳分岐-16:15第四石門-16:35車道-16:50中之嶽神社駐車場
e0137200_17321839.jpg

鎖場、アップダウンの連続。それも厳しいところばかり。目の前の難所をこなすので精一杯でした。
なので、記憶違いの記述があるかもしれませんがご勘弁を。それと、本当に厳しいところは写真を撮る余裕がありませんでした。このルートを歩いて無事帰還できただけで幸せです。
これも同行のみなさんと、何度も下見をしていただいたガイドの川口さんのおかげです。
いつまでも記憶に残る山となるでしょう。ありがとうございました。
Commented by とーます at 2013-10-21 10:07 x
おお!一般登山道中最難関の呼び声も高い表妙義に行ってこられたのですね。
まずは無事のご帰還お疲れさまでした。
レポートお待ちしてます。
Commented by tk18412004 at 2013-10-21 14:09 x
いいなあ。ここは今の私が一番行ってみたかった山。
紅葉はいかがでしたか?
レポート次第ではすぐにでも行ってきます。(笑)
報告が楽しみだなあ。
Commented by morino1200tb at 2013-10-21 23:23
とーますさん 今晩は。
中間道に出てようやく「生きて帰れた」と思ってしまいました。
ちょっと忙しいのでしばらくお待ちください。
Commented by morino1200tb at 2013-10-21 23:26
tkさん 今晩は。
えー、ここ行くの?
紅葉はこれからですので楽しめると思いますけど…(怖)
Commented by SONE at 2013-10-23 22:07 x
お疲れ様でした。
翌日は雨でダメでしたが、この日の縦走でお腹が一杯という感じでしたね。
最後の方は高度感に慣れてスムーズに動いていましたよ。
この縦走をできたなら怖いものなしですよ。
Commented by ナカシィ at 2013-10-24 08:06 x
おかえりなさーい。
全部の登り下りが垂直に見えますね!
Commented by maronn at 2013-10-24 08:28 x
いやぁ~凄かったね~
スタートがガスってて良かったね。慣れてきた頃に視界明けてGOODでした。
鷹戻しの頭とは分からず登っていました~
無事下山できホッ!とし大満足の山行でした。
これもガイドさんはじめSONEさんしんがりでしっかり補助して頂いたお陰さまでした。
そして皆さんと楽しく登れ感謝でいっぱいです。ありがとうございました。
Commented by maro4070 at 2013-10-24 20:29
鎖、ロープと戯れて楽しさを味わったでしょう。
これで高所何とかは吹っ切れたよね。
はじめガスのお山に神様に願ったのはmaronnさんかな。
Commented by utinopetika2 at 2013-10-24 22:25
またしても刺激的な山に登られたのですね。
写真もすばらしいです。
記憶に残る山旅になったのでしょう。
Commented by みいら at 2013-10-24 22:26 x
おおっ!楽しそうだなあ。皆さんの歓声が聞こえそうです。^ ^
Commented by morino1200tb at 2013-10-24 22:28
SONEさん お世話様でした。
歩くたびにドッヒャーな局面ばかりでした。
それでもいつも通り笑いながら歩けたのは皆さんのおかげです。
しかし、ここが泉ヶ岳より低いとは・・・。
次は裏妙義ですか?ワクワク、ドキドキですね。(^^)
Commented by morino1200tb at 2013-10-24 22:31
ナカシィさん 何とか無事に帰ってきましたよ。
垂直どころかオーバーハングしているのでは・・・(ウソウソ)
来年りの裏妙義はご一緒しましょう。
Commented by morino1200tb at 2013-10-24 22:34
maronnさん お疲れ様でした。
聞きしに勝る岩峰の連続でしたね。
気の休まることのない縦走でしたが先を行くmaronn姐さんのおかげて歩けました。(^^;)
新しい靴も良かったですね。これから活躍しそう。(^^)
Commented by morino1200tb at 2013-10-24 22:38
マロ7さん お疲れ様でした。
ロープの懸垂下降はともかく、鎖とは格闘でしたよ。
ムードメーカーのマロ7さんのおかげで楽しく登れました。
高所恐怖症はねー・・・(^^;)
あっ、お賽銭はいつものように私でしたよ。(^^)
Commented by morino1200tb at 2013-10-24 22:44
utinopetika2さん 今晩は。
今年の山行はこの日のためにあったような感じがします。
アップダウンと危険なところの連続なのでザックは軽く、と言うことなので一眼レフは持って行きませんでした。天気もイマイチなので、持って行っても撮るところはなかったでしょうね。
記憶に残るどころかトラウマになりそう(嘘ですよ)。
Commented by morino1200tb at 2013-10-24 22:46
みいらさん 今晩は。
楽しくて膝がガクカ゜クでした。
と言うのは冗談ですが、緊張の連続の中でも、気心知れた仲間のおかげで楽しく歩くことができましたよ。
Commented by lc4adv at 2013-10-25 05:44
写真を撮る余裕が凄いです。
筋肉痛になりそうですね。凄いアングルばかりです。
Commented by morino1200tb at 2013-10-25 21:15
lc4advさん 今晩は。
写真は一息付けるところばかりです。
厳しいところは撮る暇なく歩いたり、登ったり、下ったりしていました。(^^;)
前週、前々週と急登の山へ行っていたので、筋肉痛は上腕三頭筋だけでした。鎖の登りですね。
by morino1200tb | 2013-10-20 20:38 | 13年登山 | Comments(18)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb