丁岳周回

10月6日(日)
遠く感じてなかなか行けなかった丁岳でしたが、山形の山仲間“みいらさん”のお誘いがあり、ようやく歩くことができました。
みいらさんと宮城チームのmaronnさん、ナカシィさんと私。合計4名です。

待ち合わせ場所の「道の駅むらやま」を目指して車を走らせますが、天気は思わしくありません。
ひょっとして雨?などと思いながら関山トンネルを抜けると、青空こそありませんが、髙曇りの明るく良い雰囲気。これなら大丈夫と宮城チームは一安心。

みいらさんの先導で登山口へ。キノコ採りとおぼしき車が3台ほど停まっていた駐車スペースから出発です。
e0137200_21544533.jpg

林道から古い作業道を登り、
e0137200_21555484.jpg

杉の植林地帯を過ぎると、いよいよ観音森へ向かう登山道です。
e0137200_21572112.jpg

暫く登って振り返ると鳥海山が大きく姿を現しました。
e0137200_2158122.jpg

よく整備された道を行くと、
e0137200_21582548.jpg

丁岳が見えてきました。岩肌が目立つ迫力のある山容です。
e0137200_21592166.jpg

しかし、ここから急登。それも延々続きます。
e0137200_21593268.jpg

ようやく観音森が見えてきました。
e0137200_21594476.jpg

そして急坂は続きます。
その上、熊の臭いが漂ってきました。
e0137200_220380.jpg

まだまだ急坂が続いて、熊の臭いも続いて…。
e0137200_2201649.jpg

観音森へ到着。
e0137200_2202731.jpg

今度は急降下して庄屋森へ向かいます。
観音森の下は紅葉していました。
e0137200_221145.jpg

1064mピークあたりから見る神室(?)方面。
e0137200_2213247.jpg

前方の庄屋森と萱森。
e0137200_2214618.jpg

強烈な下り。
e0137200_2215914.jpg

また登って、庄屋森到着。
e0137200_2221390.jpg

ここは素晴らしい展望が得られます。
雲海と月山。左に葉山。
e0137200_2222960.jpg

手前から萱森、丁岳、鳥海山。
e0137200_223282.jpg

そして秀麗な鳥海山。
e0137200_2231462.jpg

次に立ち向かう萱森。ロープ1本も見えません。手強そう。
e0137200_223353.jpg

萱森を見上げて。
e0137200_2234963.jpg

本当に急!。草と根を掴みながらの登りです。
e0137200_224387.jpg

山頂に着いて、ホッ!
e0137200_2241438.jpg

萱森から丁岳と鳥海山。
e0137200_2243359.jpg

振り返って庄屋森。ガスが湧いてきました。
e0137200_2245131.jpg

五階の滝分岐へ降りて来ました。
ここで足が不調になったみいらさんと一旦お別れです。ここまでご案内ありがとうございました。
e0137200_2252161.jpg

丁岳への尾根を進むと熊の臭いも無くなってきたので昼食休憩。
ブナの樹林帯を進んで行くと丁岳がだいぶ近くに見えるようになりました。
e0137200_2253688.jpg

開けたところで周囲の景色を堪能します。
e0137200_2255142.jpg

そして丁岳山頂到着。
e0137200_226722.jpg

残念ながら灌木に囲まれていて展望は取れません。
しばらく休んで下山開始。
e0137200_2262418.jpg

お花畑はパスして行くと急坂に階段登場。
e0137200_2263859.jpg

登り返しもあります。
e0137200_2265247.jpg

大きなクロベの木を見たり、樹間から庄屋森と萱森を見たりして、
e0137200_227898.jpg

尾根を下って、沢音が大きくなってきたら、
e0137200_2272274.jpg

橋を渡って林道へ。一足先に降りていた “みいらさん” が待っていてくれましたよ。
e0137200_2273564.jpg

そして駐車スペースへ到着です。皆さんお疲れ様でした。
e0137200_2274937.jpg

コースタイム
7:10駐車スペース-10:05観音森-10:50庄屋森11:05-11:30萱森11:40-11:45五階の滝分岐-12:00昼食12:20-13:35丁岳13:50-15:15駐車スペース
e0137200_228359.jpg

長い間行きたいと思っていた丁岳へようやく行くことができました。
想像以上に大きく見える鳥海山や気持ち良いブナの樹林、急登の連続は確実に記憶に残る素晴らしいコースです。唯一、登山道に沿って続いていた熊の臭いには辟易しましたけどね。
一番印象的だったのは萱森の圧倒的な急坂です。正に攀じ登るという表現が当てはまるほどですが、意外と楽しく登れるところでした。
心配していた雨にも合わず、むしろ後半は青空さえ見える中で楽しい丁岳周回ができました。これも…、
みなさんのおかげです。(^^)
Commented by みいら at 2013-10-09 03:39 x
いやはや、大変失礼しました。
お陰様で、なかなか歩けないルートを歩くことができましたってか。;^_^A
気温が高かったから、なかなかキツかったですね。
刈り払いはしっかりされているけど、標識など殆どない、地元の人の山って感がします。
お疲れ様でした。
Commented by マロ7 at 2013-10-09 07:18 x
なかなかの味のあるお山でしたね。
累積標高差はいかほどだったのでしょう。
欠席してすみませんでした。(_ _)
鳥海山の残雪と紅葉がいいです。
Commented by tk18412004 at 2013-10-09 18:41 x
すごい! 大変そう・・・。
ここ、歩いたことありません。
これだけ山奥深い、誰でも入れるところじゃないところは、やっぱり熊さんが一番心配ですね。
10月も末になると、紅葉が素晴らしそうな山ですね。
Commented by SONE at 2013-10-09 19:31 x
葉山のお花畑からチラッと丁山地が見えていましたよ。
今まで3回丁岳に登って一度も鳥海山の姿を見ていません。
日頃の行いでしょうかね(笑)
しかし熊の悪臭に包まれながら歩きたくないですね。
以前ここの登山口で熊に会っておりました。
Commented by utinopetika2 at 2013-10-09 22:46
登ったり下ったり、きつそうですね。
ピークを踏むたび様々な景色が楽しめそうです。
Commented by ナカシィ at 2013-10-10 19:02 x
登りましたね~!下りましたね~!(^_^)
一人では行けない山です。
良い機会でした。
ありがとうございました~。
Commented by morino1200tb at 2013-10-10 22:27
みいらさん お世話様でした。
熊の臭いは嫌でしたが、メリハリのある(ありすぎ)楽しいコースでしたね。
お蔭様で誰とも会わない静かな山旅を堪能できました。
次回は例のところね。
Commented by morino1200tb at 2013-10-10 22:28
マロ7さん 今晩は。
なかなか楽しいコースでしたよ。
要所要所で鳥海山と出会えるのがうれしいですね。
そのうちどうぞ。
Commented by morino1200tb at 2013-10-10 22:37
tkさん 今晩は。
急坂のアップダウンの連続ですが、景色が見えるたびに歓声を上げるほどの素晴らしさです。
会のみなさんと一緒なら熊も逃げ出すと思いますよ。
是非どうぞ!
Commented by morino1200tb at 2013-10-10 22:40
SONEさん 今晩は。
エッ、3回行って鳥海を見ていないとは・・・。
4回目に期待ですね。(^^)
ここらは奥深いところなので熊はたくさんいそうです。
臭いが強くなってからは3人(みいらさん以外)は鈴を鳴らして、たまにホイッスルを鳴らして歩きましたよ。(^^;)
Commented by morino1200tb at 2013-10-10 22:45
utinopetika2さん 今晩は。
想像以上に急登を強いられました。
でも歩きやすい道(一部倒木のため髙巻きと、藪っぽいところあり)と素敵な景色を楽しめるところです。
ここは萱森は外せませんね。
Commented by morino1200tb at 2013-10-10 22:51
ナカシィさん お世話様でした。
ホント、一人じゃなかなか行けませんね。
でも行けてよかった。これもみなさんのおかげです。
またどこかご一緒しましょうね。
Commented by maronn at 2013-10-12 19:52 x
とても楽しいコースでした。
変化に富み、名だたる山々が一望できラッキーでしたね。
長時間運転ありがとうございました。
Commented by あかねずみ at 2013-10-12 21:36 x
登山口まで行けるようになったのですね。
以前知人から周回はきついと聞いていましたが、地図を見ると本当に長いは、アップダウン激しいはですねぇ。
丁に三回登っていますが、周回コースはまだです。三回とも真室川ルートの刈り払いの助手バイトだったので、最短ルートでしか登っていなくて・・・
来年は周回コース歩いてみたいですが、一人だときつく感じるかな。また行く予定があったらお声掛けください。
Commented by morino1200tb at 2013-10-12 23:15
maronnさん お世話様でした。
あのアップダウンにはヒェーでしたが、素晴らしい展望で満足ですよね。
でもあの臭いは・・・(^^;)
Commented by morino1200tb at 2013-10-12 23:20
あかねずみさん 今晩は。
おや、周回はまだでしたか?
てっきり周回での刈り払い+真室川ルートだと思っていました。
アップダウンでヒーヒーだったので真室川ルートの分岐と裏丁見過ごしてしまいました。(^^;)
来年はご一緒しましょう。
Commented by あかねずみ at 2013-10-13 19:02 x
刈り払いは秋田側は秋田の人がやるのですよ。
真室川町では真室川ルートしか刈りません。完全に分業です。予算も別ですから。
刈るのが真室川ルートでも、長いから最短の秋田直登コースで山頂に行き、山頂から刈り始めるのでしたー。
真室川ルートへの分岐は目立たなかったように思いますね。山頂からすぐのところにこそっとあります(笑)
Commented by morino1200tb at 2013-10-13 22:30
あかねずみさん 今晩は。
なるほど別々なのですね。
真室川ルートは厳しそうですよね。
懸垂下降の準備して来年こそ行きましょう。
林道次第ですけど(^^;)
Commented by akanezumi1984 at 2013-10-13 22:37
懸垂下降なんかないですよ。一か所つかまりどころのない岩場のトラバースが怖いだけで、あとはただやせ尾根とブナ林の道でした。ただ、ブナ林から崩壊した林道に出たあたりから暗くなってしまい、よくわかりません。豪雨の後でどうなったことやら?
そのへんは管理している真室川町に確認するしかないでしょうね。刈り払いを実施していればわかるはずです。
そういえば、この夏の豪雨があったのに、よく林道が通れましたねぇ。
Commented by morino1200tb at 2013-10-14 21:35
あかねずみさん 今晩は。
>つかまりどころのない岩場のトラバース
これは怖い。
今日は厳しかったけれど何とか草と枝を掴んで歩けました。
丁の林道は問題ありませんでしたよ。
Commented by bphiro at 2013-11-15 21:03
morinoさん

こんばんわ。
初めてのコメントが最新の記事でなくてすみません。

また、当blogへ訪問&コメントありがとうございます。

フォレスターの記事でコメント頂いてたので、写真が少し写ってるこちらに書かせてもらいました!
2010年11月まではレガシーに乗ってたんですね(^_^)/~

最初から覗かせてもらいましたが、雪山と植物の写真が凄く綺麗です。
僕は雪山が大好きですが、やはりこちらの地方の雪山は良いですね!
蔵王山麓ホルモン焼のパックめちゃくちゃ旨そうでした(^_^)

東尾根からアタックする北泉ケ岳、ここ歩いてみたいコースです!

又、覗きに来させてもらいます!
Commented by morino1200tb at 2013-11-15 23:10
bphiroさん いらっしゃませ。
>最初から覗かせてもらいましたが
あらら、恥ずかしい。(^^;)
機会がありましたら東北へも是非どうぞ。(^^)
by morino1200tb | 2013-10-06 20:59 | 13年登山 | Comments(22)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb