山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
17年登山
16年登山
15年登山
14年登山
13年登山
12年登山
11年登山
10年登山
09年登山
08年登山
07年登山
山関係
音楽関連
あれこれ
震災
特別版

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

フォロー中のブログ

お山遊び
点描2
ebiyanの南東北 山...
ソロで生きる
バリ太郎とゴロゴロ
マロのページⅡ
Estrellas y ...
Mountain Rose
船形山からブナの便り(ブ...

リンク

最新のコメント

やまぼうしさん 今晩は。..
by morino1200tb at 20:34
男体山のてっぺんに立った..
by やまぼうし at 01:35
SONEさん お世話様で..
by morino1200tb at 22:23
アカヤシオは新田川付近が..
by SONE at 19:52
ナカシィさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 20:43
恐縮です~m(_ _)m
by nakacy at 22:06
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 22:40
立ち読みでしたが、私もガ..
by SONE at 13:59
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:31
ツアーメンバーが変わると..
by SONE at 22:59

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧

検索

ファン

最新のトラックバック

石跳川から月山周回(平成..
from HITOIKI Blog

クラシックルートでオボコンベ

11月25日(日)
昔歩かれていた沢コース(現在の沢コースとは違います。トラックログ参照)でオボコンベへ行ってきました。
最初は寺の沢山へ行こうと思っていたのですが、曇りで山頂からの展望が期待できないためオボコンベへ行くことに。
メンバーはSONEさん、マスさん、マロ7さん、maronnさんとmaronnさんのお知り合いのshihoちゃんです。
オボコンベ沢コースの登山口に行くと3名が出発準備中。そのうちのお一人は何とマロ7さんのお知り合いで、SONEさん、マロ7さん、maronnさんと私も昨年2月に伺い美味しい料理を楽しんだ、りゃん亭のご主人ではないですか。
また、お連れのお二人はマロ7さんと今年沢を歩かれた方々で、さらに何とmaronnさんが今年槍ヶ岳へ行った時にご一緒していたのでした。こりゃビックリ!
出発前にみんなでパチリ。3人は下見をしてから別の山へ行くとのことでした。
e0137200_2242121.jpg

尾根コースから入ってすぐに沢を歩くようになり、
e0137200_2247084.jpg

渇水期のため歩き易い美しい滑沢を進みます。
e0137200_22423619.jpg

楽しい沢歩きも時々倒木に邪魔されます。
e0137200_22425193.jpg

しばらく歩くとF1です。軽い傾斜ですがshihoちゃんが登山靴なので念のためロープを出して登ります。
e0137200_2243341.jpg

おっ、マロ7さんがナメコ発見!当然ゲット。
e0137200_22431428.jpg

F2に来ました。
e0137200_22432676.jpg

滑りやすく脆い石質のためロープを出して左岸側から。
e0137200_22434569.jpg

そしてF3。
e0137200_22441344.jpg

ここは高巻きながら藪漕ぎで尾根を目指します。
e0137200_22473127.jpg

尾根へ出るとオボコンベを見ながら薄藪を歩いて行きますが、右側が切れ落ちているので高所恐怖症のオンツァン(私ですけど)はブルブルなのです。
e0137200_22475518.jpg

三森山分岐から少し行くと木の根や枝を掴んで体を持ち上げる急坂(崖という人もいます)になり、
e0137200_2248928.jpg

尾根コースと合わさるとすぐにオボコンベ山頂です。shihoちゃん、やったね。
e0137200_22482848.jpg

山頂には山形からきたグループがいて、沢コースは倒木で大変だったとのこと。
山頂から神室方面と桐ノ目山。神室は少し雲に隠されています。
e0137200_22484175.jpg

景色を楽しんで記念撮影。
e0137200_22485158.jpg

眼下にマンモス岩をみて、
e0137200_2249531.jpg

急斜面を下ります。
e0137200_2249533.jpg

マンモス岩からは今までと違って歩き易い道となりますが、すぐにキツイ坂の連続に。
e0137200_22501126.jpg

ようやく桐ノ目山山頂。
e0137200_22502279.jpg

風を避けて昼食休憩。
マスさん、マロ7さん、maronnさんから美味しいものがどっさり。もう満腹です。
e0137200_22503320.jpg

ノンビリしたらまずは送電線鉄塔目指して下山です。
e0137200_22505745.jpg

少し下ると雲が取れた大東岳-面白山がはっきり見えるところに出ました。
e0137200_22511287.jpg

そして送電線鉄塔到着。鉄塔越しに亀ヶ沢山。
e0137200_22513094.jpg

ここから広い巡視路を歩いて、
e0137200_22514355.jpg

落ち葉で滑る急斜面を下り、
e0137200_22515680.jpg

名残の黄葉を楽しむと、
e0137200_22523076.jpg

沢沿いに歩いて行きます。
e0137200_2253491.jpg

本砂金川にかかっていた橋が壊れていますが何とか渡って、
e0137200_22531725.jpg

桐ノ目山登山口へ下山しました。
e0137200_22533273.jpg

林道をのんびり歩いて沢コース登山口を過ぎ、尾根コース登山口の駐車地点へ到着。
お疲れ様でした。
e0137200_2253449.jpg

コースタイム
8:45尾根コース登山口-9:40 F1-10:15 F2-10:25 F3-10:40三森山分岐-11:00オボコンベ-12:10桐ノ目山13:00-13:30送電線鉄塔-14:15桐ノ目山登山口-14:40尾根コース登山口
e0137200_9541086.jpg

SONEさんから聞かされていた昔の沢ルートは、狭いながらも美しい滑の楽しいところでした。地籍調査以外あまり歩かれていないルートのようです。ご案内いただいたSONEさんに感謝です。
ここは倒木あり、落石注意のゴルジュありで、水量が多いと厳しいルート。ルーファイのできるベテラン以外は入らない方がよろしいようです。トラックログはGPS受信誤差がありますのであまりあてにしないでください。
そして初めて同行したshihoちゃんは何と今回が2度目の登山でした。沢歩き、藪漕ぎ、急坂、鎖場、巡視路歩きに林道歩き…何でもアリ(無いのは快適な普通の登山道)の山行となってしまいました。
ここをこなしたんだから、もうどこでも歩けますよ。って、悪いオンツァン達だねー。
by morino1200tb | 2012-11-25 20:37 | 12年登山 | Comments(20)
Commented by とーます at 2012-11-26 09:27 x
山に行きたいなあと思わせる良い写真ですねぇ。
(^ー^* )
レポートお待ちしてます。
Commented by utinopetika2 at 2012-11-26 21:14
この時期はおぼこんべに向かうのが主流なのですね。
レポートお待ちしています。
Commented by morino1200tb at 2012-11-26 22:58
とーますさん 今晩は。
素敵な滑沢でしたよ。
Commented by morino1200tb at 2012-11-26 23:00
utinopetika2さん 今晩は。
途中で遇ったのは山形からのグループ、ご夫婦、4人組でしたが、下山時にも車が何台かありました。
人気がありますね。
Commented by ranger3yuji at 2012-11-26 23:45
尾根コースの取り付きではなくて、沢を登って三森山近くに上がったのですね。なるほど。
昨年は登らなかったオボコンベに行きたくなりました。
Commented by lc4adv at 2012-11-27 05:07
こんなルートがあるんですね。参考にさせて頂きます。でも一人じゃ無理そうだな。
Commented by ナカシィ at 2012-11-27 19:19 x
空が青いですね!(^_^)
オボコンベの駐車スペースへ行く途中、
車に枝がすれてキズだらけになるって聞いたことがあります。
そうでもないですか?
Commented by tk18412004 at 2012-11-27 19:44 x
オボコンペは2度行っているけれど、こういうルートだったかなあ。。。???
尖ったかわいらしい山ですが、厳しい登り下りですよね。
晩秋の山、とても楽しそうです。
Commented by maro4070 at 2012-11-27 19:56
なかなかの味わいのあるコースでしたね。
今度は滝倉沢を遡上して三森山へ…なんて。(^o^)
地図上で不明瞭な地点が存在するそうですよ。
ナメコがあってイガッタ(^O^)
Commented by morino1200tb at 2012-11-27 21:13
yujiさん 今晩は。
尾根コースに入ってすぐに滝倉沢を歩くようになります。
楽しい滑沢でしたよ。
オボコンベは山の魅力が凝縮されたところですね。
Commented by morino1200tb at 2012-11-27 21:16
lc4advさん 今晩は。
SONEさんから面白いところだと聞かされていましたが、全くその通りでした。
でも私一人では歩けない厳しいルートですね。
Commented by morino1200tb at 2012-11-27 21:18
ナカシィさん 今晩は。
>車に枝がすれてキズだらけになるって・・・
今はそんなことありませんよ。
オボコンベは結構歩かれていますよ。
Commented by morino1200tb at 2012-11-27 21:22
tkさん 今晩は。
今回歩いたコース、特にオボコンベまでの往路は一般コースではありません。
ご案内いただいたSONEさんのような山の達人がいなければ歩けませんでした。
オボコンベの急峻な山容を歩くと、キツイけれど楽しくて満足感が得られますね。
Commented by morino1200tb at 2012-11-27 21:31
マロ7さん お世話様でした。
噂通りの素晴らしいルートでしたね。
このあたりの地形を把握すると沢から藪漕ぎで楽しく歩けそうですが、急峻な地形ですので、高所恐怖症のオンツァンには厳しいかな。(^^;)
Commented by SONE at 2012-11-27 22:34 x
寺の沢山から転進して正解でしたね。
皆さん楽しんでくれて何よりでした。
しかしshihoちゃん、登山2回目で超マニアックなルートを案内してしまいましたね(-_-メ)
Commented by morino at 2012-11-28 12:47 x
SONEさん お世話様でした。
楽しいルートのご案内ありがとうございました。
この近辺の里山は結構楽しいですね。
SONEさんが嵌ったのが頷けますよ。
又よろしくお願いします。
Commented by maronn at 2012-11-29 11:57 x
いやぁ~実に楽しかった。
私は良かったけど、オボコンベにしようと聞いた途端・・・・ありゃ~と思ったよ。何せ体力がないと言ってたんで・・
でも無事下山でき、楽しかったと言ってくれたので、ホッとしました。
皆さんのフォローありがとうございました。
Commented by morino at 2012-11-29 21:05 x
maronnさん お世話様でした。
ホント、山の楽しさがギッシリと詰まった楽しいコースでしたね。
shihoちゃんはしっかり歩けて、どこでも大丈夫ですよ(^^)
Commented by yossy1904 at 2012-11-30 00:34
この前日、山の帰りに近くを通りましたがその時の会話。
「こんどオボコンベ行こうよ」
「でもヒルが出るからな~」
 ↑↑
今の季節はチャンスなのかも知れませんね。
Commented by morino at 2012-11-30 12:57 x
yossyさん こんにちは。
今の時期なら大丈夫でしょう。
三方倉にもいるそうですよ。
ナラ枯れ、ウエツキブナハムシ・・・嫌なものが勢力拡大ですね。