弁天山から十万劫山。寄り道・藪道付き。

1月9日(祝)
久しぶりに福島の山へ行ってきました。
福島市の弁天山から桜で有名な花見山を経由して十万劫山への周回&ピストン山行です。メンバーはマロ7さん、maronnさん、SONEさん、マスさん、taku-oさんと私の6人。

朝日を浴びて輝く蔵王連峰や吾妻小富士、安達太良の山々を見ながら東北自動車道を走り、狭い道を迷いながら着いた弁天山公園中央駐車場から出発です。
e0137200_20402814.jpg

まずは西側の展望台行くといきなりの大展望。福島市街の向こうに安達太良山です。
e0137200_20411419.jpg

遊歩道を歩いて行くとまた展望台がありました。
こちらからは市街地の奥に栗子方面の山々や半田山などの素晴らしい景色が見られます。
みんなで「ここは好いところだねー。」と景色に見入ります。
e0137200_20423475.jpg

さらに安寿と厨子王のいわれが書いてある立派な石碑や、花が咲けば見事だろうなと思わせる枝ぶりの桜、そして変わった形の的場石を見て歩いて行くと、所々で視界が開けて良い景色が見られます。
市街地と信夫山、半田山。
e0137200_2044571.jpg

良く手入れをされた雪交じりの遊歩道を歩きます。
e0137200_2045522.jpg

鞍部には民家があり、このお宅の敷地内の道を歩かせてもらい一般道を渡ります。
久しぶりのカーブミラー記念撮影。
e0137200_20472114.jpg

少し歩くと花見山への分岐。
ここから花見山へ下って行きます。
e0137200_20482427.jpg

花見山公園へ着くと真っ赤なナンテンの実がお出迎え。
そしてモクレンのつぼみが産毛をキラキラと光らせていました。
e0137200_2049311.jpg

驚いたことに道路の脇には小さな桜が咲いていました。十月桜と言うそうです。
e0137200_2050942.jpg

マクロレンズを持って行かなかったので標準ズーム(18~125)で目いっぱい寄りました。やっぱり厳しいですねー。
ここで少し休憩。
イチジク、どら焼き、そしてマスさんお手製のマカロンとチョコレートタップリのケーキ。
e0137200_2051666.jpg

1月が誕生日の人がいたのでみんなでハッピーバースデー!おっと、それは私です。(笑)みなさんありがとうございました。
e0137200_2052384.jpg

花見山公園の入り口まで降りて、車道から西北西の尾根へ上がります。
ここからは道のない藪尾根歩きになります。
e0137200_2053627.jpg

急斜面をトラバース気味に尾根へ上がると薄藪になりますが、当然のことながら道ではないので歩きにくいですね。(笑)
e0137200_205441.jpg

ぐるぐるメガネの太い蔓(?)をSONEさんが見つけました。
e0137200_20545391.jpg

こんな尾根をずっと登って、
e0137200_20555037.jpg

最後の藪を越すと、
e0137200_20565236.jpg

十万劫山山頂到着です。
e0137200_20575179.jpg

みんなでシェー!
e0137200_20585193.jpg

山頂からの展望も素晴らしいです。
吾妻小富士と一切経山にかかっていた雲が少し取れました。一切経山の噴煙がはっきり見えます。
e0137200_20594550.jpg

当たり前ですが下りは全部歩きやすい道。
e0137200_2103035.jpg

途中も開けていて良い景色が楽しめます。
しかし開けいるのは伐採したからなのですね。うーん、複雑。
e0137200_2112546.jpg

マスさん、朴葉で仮面です。怪傑ゾロ?ファンタスティック!
e0137200_2122436.jpg

なんてワイワイと遊びながら駐車場へ到着しました。みなさんお疲れ様でした。
e0137200_2143084.jpg

e0137200_215865.jpg

コースタイム
9:00弁天山公園中央駐車場-10:20鞍部・一般道分岐-10:45花見山分岐11:05花見山公園12:00-12:10尾根取付き-13:00十万劫山13:10-13:40花見山分岐-14:30弁天山公園中央駐車場
e0137200_2111139.jpg

地形図だけだと楽そうなコースでしたが、思った以上に距離があり、道の無い尾根歩きもあったせいか少しハードな山行となりました。その分とっても楽しかったですけどね。
こうした面白いコースを考えてくれたSONEさん、そして同行のみなさん、ありがとうございました。

そして帰路に人気の「支那そば 石川屋」で支那そばを。
e0137200_21173850.jpg

お昼を我慢したので大盛りでした。あっさり味の美味いラーメンです。
Commented by マロ7 at 2012-01-11 06:30 x
起きてみたら降雪ですなぁ~。
このコースは単調だと思ったら、花見山にも行けたし新春藪漕ぎもできたし楽しかったですなぁ~。花期の時は花見山を上から眺めるのもこれ又またいいでしょうネ。
お世話様でした。
Commented by morino at 2012-01-11 12:36 x
マロ7さん お世話様でした。
遊歩道の山だと軽く見てはいけませんね。景色も良いし楽しい山でした。
お花見時期は最高でしょうね。行ってみますか?
Commented by s at 2012-01-11 13:39 x
標高は400m台の里山ですが、登った距離と標高差は泉ヶ岳を軽く越えていましたね。お疲れ様でした。
久しぶりにいい汗かかせてもらいました。
桜の時期に茶屋沼に車を止めて、十万劫山~花見山と周回すると、花花花の山旅が楽しめますよ。
Commented by SONE at 2012-01-11 13:41 x
↑のコメント、SONEでしたぁ(苦笑)
Commented by morino at 2012-01-11 20:01 x
SONEさん お世話様でした。
予想以上に汗をかいて、その分面白かった山行となりましたね。
山は歩いてみないと分からないものだということが再確認できました。
花の季節には「絶景!」の連呼でしょうね。(笑)
Commented by tom at 2012-01-11 23:11 x
花の季節に再訪しましょう。その時もこのコースなら面白いかも(^^:
Commented by yossy1904 at 2012-01-12 00:20
吾妻小富士や一切経、家形山の眺めが素晴らしい!!
新幹線から見る景色とは迫力が違いますね。
Commented by morino at 2012-01-12 08:47 x
tomさん おはようございます。
花の時期は見事でしょうね。
問題は駐車場かな。
Commented by morino at 2012-01-12 08:52 x
yossyさん おはようございます。
山は見る位置で様々な姿を見せてくれますね。
同じように、一つの山が登るたびにそれまでと違った表情で迎えてくれますが、これが山の魅力なのだと思います。
Commented by maronn at 2012-01-12 11:02 x
行く前の昼頃には下山だろうと言う思惑は・・なまった体に藪漕ぎは辛かった。頂上だよ~との声に安堵でした。(^_^;)
コツコツ花サカ爺さんが作った見事な花見山、3度目は花の中を歩きたいなぁ・・・今年は福島詣で・・・かな?
Commented by morino at 2012-01-12 20:20 x
maronnさん お疲れ様でした。
意外とハードで、その分楽しかったですね。
花イッパイの春には是非再訪しましょう。
今年は福島の山が一つのテーマになりますね。
Commented by ナカシィ at 2012-01-13 00:46 x
morinoさん、お誕生日おめでとうございます!
(何日でしょう? ^_^)
一切経山の写真キレイですねー。
何倍で撮られたのですか?
山へ行く時、ズームレンズを持って行くか悩みます。
Commented by morino at 2012-01-13 12:55 x
ナカシィさん ありがとうございます。
この日は18-125mmの1本勝負でした。
遠くの山が期待できる時は望遠ズームを、花の時は60mmマクロを持って行くのですが、適度なレンジ感で重宝しています。
とは言え、新しい18-200mmが出たのでそれもいいかなと思っていたりもしますけど。(笑)
Commented by とーます at 2012-01-16 09:11 x
花見山はこんな時期でも花があるんですね。
さすが。
蔓のめがねと朴の葉?のお面楽しいです。
Commented by morino1200tb at 2012-01-16 22:36
とーますさん 今晩は。
花見山はこれからレンギョウやら何やら(あまり知りませんけど)たくさん咲いてくるようです。
最盛期は大混雑で交通規制もありますので、尾根伝いに行くのがベストだと思います。
by morino1200tb | 2012-01-10 21:21 | 12年登山 | Comments(15)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb