仙人大滝から仙台神室

8月13日(土)
お盆休みスタートでどこへ行こうかと迷っていたら、マロ7さんから私が未踏の仙人大滝へ連れて行ってやるよと連絡があり、ありがたく連れて行ってもらうことにしました。
笹谷峠で待ち合わせ、マロ7さんの車で仙人大滝登山口へ行くと1台停まっていました。
e0137200_2121429.jpg

樹林帯のため日差しが遮られ、また沢沿いに歩くので暑さを感じずに歩けます。
釣り人発見。登山口の車は釣り人のものでした。
沢を渡ります。
e0137200_21261867.jpg

しばらく沢沿いに歩いて仙人大滝への分岐へ到着。
ザックを分岐に置いて滝へ向かいます。
e0137200_2128612.jpg

沢を歩いて行くと正面に仙人大滝が現れました。
オーバーハングした覆いかぶさるような岩から流れ落ちています。この日の水量はいつもより少ないそうですが見ごたえがあります。
e0137200_21302896.jpg

分岐から九十九折の急坂を登ると気持ちの良い檜の尾根へ出ます。
e0137200_2134099.jpg

少し行くと崖を右へ迂回する道となります。
直進は旧道とのこと。
どんなところか行ってみると、岩が行く手を阻んでいました。
e0137200_21395537.jpg

岩の突起を手がかりに右側を少し進みましたが、ほぼ垂直で手がかりが無くなり進むのは断念。戻るのも一苦労でした。
巻き道を進んで行くと目指す神室岳が見えました。先ほどの徒労を忘れさせてくれます。
e0137200_21491497.jpg

とはいっても汗が滴り落ちる急坂の連続。
e0137200_21505764.jpg

樹間からうっすらとオボコンベ山がみえました。右は三森山。左は桐ノ目山。桐ノ目山が随分と穏やかな山容に見えますね。
e0137200_2152481.jpg

ようやく仙人沢源頭部の小沢へ。冷たく美味しい水が火照った体をクールダウンしてくれます。
e0137200_21553258.jpg

ここから藪っぽい涸れ沢を歩いてダンゴ平へ到着。
e0137200_21582832.jpg

少し先の座りやすいところでパンを齧って小休止。
神室岳への急登を一気にのつもりでしたが、暑さでヘロヘロになりながらご夫婦1組とスライドしてようやく山頂へ到着です。
e0137200_223848.jpg

何はともあれカンパーイ!
e0137200_2235815.jpg

山頂には沢山のトンボがいました。
e0137200_22554.jpg

山頂から山形神室、トンガリ山、ハマグリ山。奥の龍山は未登です。秋に温泉と蕎麦のセットで登りましょう。
e0137200_2255323.jpg

山形神室へ向かう途中の花。何でしょう?
e0137200_2210426.jpg

リョウブの花。
e0137200_2210382.jpg

山形神室手前の三叉路から刈り払いがされていて歩きやすい道になります。刈ったばかりのような草の匂いが漂っていました。
山形神室で一休み。マロ7さんからシャーベットをいただきました。冷たくて旨い。でも冷たすぎて頭がイタタタタ・・・。
e0137200_22123177.jpg

山形神室から美しい稜線。
e0137200_22163390.jpg

ヤマハハコ
e0137200_2217474.jpg

オヤマボクチ
e0137200_22174771.jpg

カワラナデシコ
e0137200_22182848.jpg

ハマグリ山から歩いてきた山々を振り返ります。
e0137200_22193895.jpg

ハクサンフウロ
e0137200_2220840.jpg

コバギボウシ
e0137200_2221947.jpg

この黄色は?
e0137200_22214883.jpg

などを見て笹谷峠駐車場到着です。
e0137200_22225685.jpg

コースタイム
7:30仙人大滝登山口-8:15仙人大滝-8:45旧道分岐-大岩-9:00旧道分岐-10:10源頭部小沢-10:30ダンゴ平-11:10仙台神室12:00-13:00山形神室13:25-13:50トンガリ山-14:15ハマグリ山-15:10笹谷峠駐車場
e0137200_22371513.jpg

*この地図は国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用しています。

初めての仙人大滝コースは沢沿いの楽しいコースでした。
暑くてタップリと汗を絞られましたが、山で流す汗はいつも最高の汗(この日は冷や汗も)です。
この日会ったのは仙台神室の急登で2人と下山中に3人。皆さん遠くの山へ行ったのでしょうか、いつもに比べれば少ない人数です。そのおかげで静かな山を楽しめました。
ご案内いただいたマロ7さんありがとうございました。
Commented by yossy1904 at 2011-08-14 23:32
崖に至る道は旧道ですか!
巻き道ができる前はどうやって登ったんだろう??
細かいホールドスタンスがたくさんあって登れそうな気もしますが、左右ともに切れ落ちた様子を見ればとてもチャレンジする勇気は出てきません。
Commented by マロ7 at 2011-08-15 09:31 x
今頃はコウホネにお会いできたかな。
旧道からは仙人大滝が俯瞰できるようですが、見えませんでしたね。旧道のチャレンジは他の方も同じように引き返しています。やはり左巻きでいくしかないでしょうね。落ちたらお終いだから確保ロープは欲しいところ。(^^)
Commented by k4 at 2011-08-15 14:48 x
いい天気でしたね〜大汗のあとの泡タイム最高ですね。
クルマユリの後ろのマロさん、小キジかと思った(笑)
ハマグリから振り返った稜線は素晴らしいですね。
今雷雨なり〜今日のお山は大丈夫だったかな^^;
黄色いのはコキンレイカ?
Commented by SONE at 2011-08-15 19:16 x
あの岩場は5mほどですがとても登る勇気はありませんね。
角礫凝灰岩の岩質なので脆いと思います。
シャーベットのカップにトンボが2匹止まっているのは、とてもほのぼのとなりましたよ。
Commented by tom at 2011-08-15 23:37 x
10月頭に一人で同じ様に周回し、大東岳の紅葉を眺めた事を思い出しました。でも峠から仙人沢入口まで戻るのがえらいかったるかったです。峠に自転車デポで行くべきでした。

シンクロナイズド・シェー 見事です(笑)
Commented by morino1200tb at 2011-08-16 21:28
yossyさん 今晩は。
旧道は崩落したのかもしれませんね。
両側切れ落ちているので無理だと思います。
通れれば魅力的なコースですけど、ロープで確保出来るところも無いのであきらめましょう。
Commented by morino1200tb at 2011-08-16 21:31
マロ7さん お世話様でした。
おかげさまで魅力的なコースを堪能できましたよ。
下から行くとロープで確保できるようなところが無いみたいですね。岩ももろそう。
おんつぁんたちは巻いて行きましょう。
Commented by morino1200tb at 2011-08-16 21:35
k4さん 今晩は。
ありがとうございます。コキンレイカみたいですね。
暑い日に急坂だったので2人とも1本じゃ足りないって。(コラコラ)
昨日雷様はいませんでしたよ。(^^)
Commented by morino1200tb at 2011-08-16 21:37
SONEさん 今晩は。
朝子は昔から迂回路なんですか?
上がってしまえば楽なコースのようで、行けそうで行けない悔しいコースですね。
Commented by morino1200tb at 2011-08-16 21:40
tomさん 今晩は。
峠道を歩いて下ったのですか。あのコースをこなした後歩くとは有る意味超人ですよ。
周回(プチ縦走)コースに自転車は必要ですね。
by morino1200tb | 2011-08-14 22:55 | 11年登山 | Comments(10)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb