新城山から深山 亘理地塁山地縦走

2月26日(土)
刈田の樹氷が終わりそうだということで向かったら、マロ7さんから澄川スキー場は強風と視界不良に降雪(それって吹雪?)と入電。
たまご舎東のコンビニで合流し、亘理地塁山地の七峰縦走路北側の五山を縦走することに決定。
深山神社(深山山麓少年の森)に私の車をデポして小斎峠へ向かいます。
小斎峠手前の空き地に駐車。
マロ7さん、おっ家内さん、maronnさんと私の4名でオジ山オバ山道中スタートです。
e0137200_20372184.jpg

まさに峠となっている三叉路から登りますが、いきなりの急登から始まりました。
e0137200_2046376.jpg

maronnさんがこの日はコンパスを持ってきて地図読みの勉強です。
e0137200_20465193.jpg

おっ家内さんがツクバネソウを見つけましたよ。
e0137200_20471925.jpg

新城山へ着きました。
e0137200_2048165.jpg

20分ほどでお休み所のプレートのある所へ来ました。特にベンチなど有りませんけど休みましょう。
e0137200_20483521.jpg

さらに歩いて行くと地図に無い林道に出ました。
林道沿いに進むとに登山道になり、すぐに影倉山へ到着。
ここからは太平洋と
e0137200_20493555.jpg

角田方面の両方向が楽しめます。
e0137200_20501630.jpg

みんなでシェー!
e0137200_2051729.jpg

先ほどから黒く焦げた木が目立ちます。
2年前の山火事の跡です。新城山から高瀬峠を過ぎたあたりまでの大規模な山火事でした。
e0137200_20514236.jpg

一度高瀬峠へ降りて、また登り。
里山でも強い風が吹いていて、「こりゃ高い山は大変だろうな。」と思いながら風を避け、陽だまりで昼食休憩です。
山火事にならないようにバーナーを使って、
マロ家の「トマト味雑炊」
e0137200_20525775.jpg

maronnさんの「じゃが豚」
e0137200_2053311.jpg

美味しくてお腹もいっぱいです。ご馳走様でしたー。

すぐに螺吹山。
e0137200_20541357.jpg

そして疣石山。
e0137200_20544162.jpg

一旦馬船峠へ降ります。
e0137200_20552192.jpg

ここからお腹いっぱいの体にこたえる急登。
e0137200_2056074.jpg

太平洋の展望が得られる283mピークに来ました。
e0137200_20565431.jpg

ついでに記念撮影。
e0137200_20573662.jpg

山名板が無いので鷹討山を通り過ぎてしまいました。
深山の案内図を見て「さっきの何でもないところが鷹討山なんだ。」とビックリ。
e0137200_20582084.jpg

ほんの少し歩いて深山。これで五山縦走です。
e0137200_205954.jpg

ここでお茶休憩。
山元町の景色が広がっています。
e0137200_20593144.jpg

展望の無い展望台へ寄ったら、四方山から登って周回するという空身の男性がやってきました。
途中まで一緒に下山しましたが、いろいろと歩いているベテランさんでした。
そして駒がえしコースを通って深山神社へ到着です。
e0137200_2104343.jpg

コースタイム
10:00小斎峠-10:45新城山-11:05お休み所-11:40影倉山-12:15高瀬峠-12:40昼食13:20-13:40疣石山-14:00馬船峠-14:30 283mピーク-14:45鷹討山-14:50深山15:15-15:20展望台-16:00深山神社駐車場

e0137200_21123669.jpg

*この地図は国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用しています。
トラックログが途中消えているのは何かの拍子に電源OFFになったものです。小ピークで気付いて再度ON。

悪天候を避けて刈田岳から変更しての亘理地塁山地は上空でゴーゴーと強風が吹いていたり、少し藪っぽいところがあったりしましたが、整備されたなかなか楽しい縦走路でした。
2年前の11月にこの4人とマロちゃんで七峰縦走をして以来の亘理地塁山地歩きとなりました。
この山地は深山展望台から北の七峰山までが残りましたが、どこまで連続で歩けるものか楽しみです。
Commented by maro4070 at 2011-02-27 22:04
アップしましたね。
今冬のモンスターとは会えないだろうから来年に期待します。何も見えなくとも藪だけ見ていると落ち着く心境は何だろうね。残した北はいつたどれるか楽しみになりました。(^o^)
Commented by morino1200tb at 2011-02-27 22:48
マロ7さん お世話様でした。
転進は大正解です。無理して高い山へ行っていたら大変でした。
こんな時に阿武隈山地があるとは、何て恵まれているのでしょうね。この地に住んでいる幸せをしみじみ感じます。
Commented by k4 at 2011-02-27 23:30 x
七峰の続編でしたね。こっちは展望あって道迷いなしみたいですね。いつかまとめて歩いてみたいが・・・「藪さえ見ていると心落ち着く」という心境に至るにはまだ経験不足かも^^
山頂ポーズ、いろいろでてきましたね。蔵王あと一週間後が本当の最後かな。
Commented by とーます at 2011-02-28 09:05 x
ツクバネソウの実?ってほんとに羽根つきの羽根みたいで面白いですね。
里山縦走、なかなか歩きごたえがありそうです。
Commented by SONE at 2011-02-28 13:56 x
私は『困った時の阿武隈山地』と常に言っているのですよ。特に脊梁山脈が荒天の時でも山を楽しめる有難い山域ですよね。この山々は個別で歩いていますが、その内一気に縦走してみたいです。
Commented by タッシー at 2011-02-28 18:04 x
おおっ、行きたかったなあ!
心の中で縦走計画はあるものの、踏み切れない軟弱者。
今年はチャレンジしてみようかな。
Commented by morino1200tb at 2011-02-28 20:10
k4さん 今晩は。
私も藪では心落ち着きませんが、高度感のある場所よりは落ち着くかもしれませんね。(^^;)
Commented by morino1200tb at 2011-02-28 20:14
とーますさん 今晩は。
ツクバネソウはクルクルと風に舞って地面に落ちました。自然の驚異ですね。
里山縦走はなかなか侮れません。最近は南の七峰縦走に人気が出ているようですよ。
Commented by morino1200tb at 2011-02-28 20:19
SONEさん 今晩は。
ホント、低くても面白い山が沢山ある阿武隈山地はいいところですね。
SONEさんなら深山から鹿狼山まで行けそうですよ。(^.^)
Commented by morino1200tb at 2011-02-28 20:22
タッシーさん 今晩は。
七峰よりも道は判りやすいですよ。是非チャレンジしてください。
意外と距離があるのでサクラはどうでしょうね。
Commented by maronn at 2011-02-28 22:12 x
山火事後は本当に木々が可哀想でしたね。
でも春先の恵みはどれだけあるのか・・凄いことになりそうです!
マロさんに作ってもらった杖は、真っ直ぐで使いやすかった。私には不似合いな真っ直ぐさであった。ありがとう!今回は忘れずに帰れました。
Commented by tom at 2011-02-28 22:43 x
こま切れで阿武隈山地は歩いているんですが、morinoさんたちのように通しで歩くと面白そうですね。しかし早池峰クラブの人って里山好きみたいですね。なんせめもり山にまで山名板ありましたから(笑)
Commented by morino at 2011-02-28 23:07 x
maronnさん お疲れ様でした。
「じゃが豚」不思議な食感で美味しかったですよ。ご馳走様でした。
春の恵みは凄そうですね。注意しないとイテテ!になりますけどね。
Commented by morino at 2011-02-28 23:19 x
tomさん 今晩は。
里山縦走は満足感があっていいですよ。
早池峰クラブの山名版はどこにでもあってすごいですね。この縦走路も早池峰クラブが刈り払いしたとか。 感謝です。
Commented by yossy1904 at 2011-02-28 23:39
土曜は船形方面も吹雪模様、靴を履き替える前に敗退となりました。
ところでウチの同居人も山道具をそろえましたので、里山に行く機会が増えそう・・
いつかまたご一緒できたら嬉しいです。
Commented by morino at 2011-03-01 08:48 x
yossyさん おはようございます。
高い山が悪天候の時は里山に限りますね。
もうすぐ花の季節が来ますので奥様も楽しまれることと思います。
そのうちご一緒いたしましょう。
by morino1200tb | 2011-02-27 21:17 | 11年登山 | Comments(16)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb