山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
17年登山
16年登山
15年登山
14年登山
13年登山
12年登山
11年登山
10年登山
09年登山
08年登山
07年登山
山関係
音楽関連
あれこれ
震災
特別版

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

フォロー中のブログ

お山遊び
点描2
ebiyanの南東北 山...
ソロで生きる
バリ太郎とゴロゴロ
マロのページⅡ
Estrellas y ...
Mountain Rose
船形山からブナの便り(ブ...

リンク

最新のコメント

やまぼうしさん 今晩は。..
by morino1200tb at 20:34
男体山のてっぺんに立った..
by やまぼうし at 01:35
SONEさん お世話様で..
by morino1200tb at 22:23
アカヤシオは新田川付近が..
by SONE at 19:52
ナカシィさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 20:43
恐縮です~m(_ _)m
by nakacy at 22:06
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 22:40
立ち読みでしたが、私もガ..
by SONE at 13:59
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:31
ツアーメンバーが変わると..
by SONE at 22:59

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧

検索

ファン

最新のトラックバック

石跳川から月山周回(平成..
from HITOIKI Blog

黒鼻山。袖泉のおまけ付き。

2月11日(金)
3連休は天気が悪いと思っていたら、朝になったら何とかなりそう。
スノーシューデビューを待っていたmaronnさんと黒鼻山へ行ってきました。
泉ヶ岳スキー駐車場はスキー・スノボの車でいっぱい。
水神登山口。
e0137200_14212412.jpg

水神コース登山口から少し歩いた関口の手前からヒザ川を渡って取り付きます。
ゆっくり来たので1人か2人位歩いている人がいるかと思ったら誰もいません。
それでもわずかに前日のものらしいトレース跡があるので参考にしながら登ります。
トラバース気味に一つ北側の尾根を行くといくらか楽なのでしょうが、面倒なのでトレース跡に沿って直登することに。
あれー、結構な急坂の連続です。
e0137200_14225377.jpg

750mのコンターを越すあたりから緩やかになります。
e0137200_14235765.jpg

主稜線に向かって行くと、昔馬の放牧場だった頃の土塁の跡らしきもの(?)が見られました。
e0137200_14245911.jpg

さらに歩いて行くと、どこから登ってきたのか新しいスキーのトレース跡が。
そして主稜線に出るとスノーシューのトレース跡がありました。
黒鼻山へ歩いて行くと3人のスキーヤーが来ました。黒鼻山から戻ってきたと思ったら黒鼻山がわからないとのこと。GPSを見せて現在地を教え我々と一緒に行くことに。
途中展望が開けている840mの小ピークへ立ち寄ります。
e0137200_14255382.jpg

そして黒鼻山山頂到着。
e0137200_1426398.jpg

スノーシューの足跡の人は三叉路から来て関口へ下りて行ったようです。
黒鼻のテラスのスキーヤーさんたち。このうちお2人は某山岳会の方々で、芳の平から登ってきたという話でしたが、私にはどんなコースなのか皆目想像できません。
e0137200_1427359.jpg

少し休憩して次は三叉路目指します。
この主稜線歩きは疎林帯の中の単調な歩きであまり面白いところではありません。
そうは言っても、ここから見える泉ヶ岳は普段と違った角度のせいもあって新鮮でした。
泉ヶ岳と袖泉。
e0137200_14314134.jpg

撮影中のmaronnさん。
e0137200_14322221.jpg

ウグイス坂あたりで登山道と合わさり、急坂越えて三叉路へ到着。
e0137200_14395949.jpg

クマザサ平までの下りは楽チンですが登り返しが辛いです。
袖泉分岐手前から北泉ヶ岳。ここから見ると堂々とした山容がなかなかいいですね。
e0137200_14403774.jpg

藪漕ぎ気味に袖泉に出ました。誰も歩いた跡がありません。
こんないい景色が広がっています。
e0137200_14412928.jpg

パノラマを見てmaronnさんバンザイです。
e0137200_1442685.jpg

急坂の下りには苦労しましたが、南東に歩いて行くと自然に水神コースと合わさります。
ここからはツボ足で駐車場へ向かいます。
着いたらほとんどの車がいませんでした。時間も時間なので当然ですけどね。
e0137200_1442509.jpg

コースタイム
10:45泉ヶ岳スキー場駐車場-11:00関口-11:50 緩斜面(750mコンターライン過ぎ)-12:10主稜線-12:30黒鼻山山頂12:50-14:00北泉コース(ウグイス坂上部)-14:25三叉路-14:50袖泉-15:25水神-15:50駐車場
e0137200_14465669.jpg

*この地図は国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用しています。

帰りに周囲で評判になっている和風ラーメンを食べようと思ったら閉まっていたので、とん汁ラーメンのノボリがはためいていた「お好み焼き桂」へ。
人気ナンバーワンだという「ごぼうネギ味噌ラーメン」790円を。うまーい!
e0137200_1445532.jpg

遅いスタートのため急ぎ足でしたが、ピークは黒鼻山だけでその後は袖泉を下りるという変則的な面白い山行でした。
スノーシューデビューのmaronnさんも黒鼻山主稜線から見る泉ヶ岳や北蔵王、船形連峰、そして袖泉からの景色に満足そうでした。
by morino1200tb | 2011-02-12 14:54 | 11年登山 | Comments(12)
Commented by k4 at 2011-02-12 17:29 x
展望ありましたね~黒鼻からの後白髪こんな感じでしたか。黒鼻もプチ旬なのでしょうか。maronnさん、スノーシューデビューにふさわしい山行でしたね。
このごぼうラーメンとお好み焼き1個ずつ頼んで山分けした記憶が。どっちもおいしかったなあ。
Commented by マロ7 at 2011-02-12 18:16 x
黒鼻も段々とメジャーコースに上がりそうですね。
maronnさん、スノーシューデビューってことは冬山解禁すね(~o~)。
今度は和風ラーメンをいただいてください。(^_^)v
Commented by SONE at 2011-02-12 21:32 x
この日は全く反対側の山から黒鼻山を眺めていましたよ。穏やかな雪山日和の中でmaronnさんがスノーシューデビューできて良かったですね。
黒鼻山は10年以上前に初めて登りましたが、その頃はマーキングも一切ない寂峰でしたよ。本当に有名山になりましたね。
Commented by morino at 2011-02-12 21:48 x
k4さん 今晩は。
スノーシューデビューには辛い山になったようでしたが、これぐらいこなさないと飯豊に行けませんよと言っておきました。(笑)
あの店はお好み焼きも美味しそうでしたね。泉ヶ岳は近所なのですぐに帰宅しましたが、これからは美味しいものを楽しむようにします。
Commented by morino at 2011-02-12 21:50 x
マロ7さん 今晩は。
和風ラーメン楽しみにしていましたが時間切れのようでした。
今度は和風ラーメン行きますよ。
Commented by morino at 2011-02-12 21:59 x
SONEさん 今晩は。
黒鼻山はSONEさんもお持ちの伊澤信平さんの本を読んでから興味を持ちました。
あそこが放牧場で、山頂に小屋があったとはねー。
山頂のテラスで往時を思ってしまいましたよ。
Commented by tom at 2011-02-12 23:19 x
こんばんは
1/3に黒鼻行った時はまだ雪が少なく土塁がこんもりでした。直登コースは結構しぼられそうですね。私も金曜は泉が岳の北のお山でした。
Commented by morino at 2011-02-13 21:01 x
tomさん 今晩は。
昔はどのルートで馬を連れて行ったのか考えながら登りましたが判りません。次回の課題ですね。
北のお山は種沢の頭でしたでしょうか。
Commented by maronn at 2011-02-14 13:21 x
スパ長から久々の登山靴とスノーシューで囚人(クサリ付き重り)のような苦しみでした(ーー;)
でも風もなく絵になる景色やスリリングな急斜面の下りは面白かったです。
尻滑り、横一回転、急斜面でのシューの使い方・・いろいろ体験できた講習会でした。
遅いスタートで時間が気がかりだったでしょうが、4時着は楽勝だったでしょう\(^o^)/
それにしても体力のなさ痛感。1.5日寝込みました~
初体験ツアーありがとうございました。
Commented by morino at 2011-02-15 08:58 x
maronnさん おはようございます。
初めてのスノーシュー歩き、それも急坂ありのロングで大変だったと思いますが、もうどこでも大丈夫でしょう。後は楽勝ですよ。
今度はどこでスノーシュー歩きしましょうかね。
Commented by yossy1904 at 2011-02-15 23:23
袖泉は泉ヶ岳で唯一スキーに良さそうなコースですね。
切り開きは下まで続くのでしょうか?
Commented by morino at 2011-02-16 12:43 x
yossyさん こんにちは。
袖泉は灌木と雪庇に挟まれた狭い尾根です。突端からは急斜面で樹林帯へ落ち込みますので、スキーにはどうでしょう。
もっとも、以前スキーで歩いている人がいましたので、ひょっとすると楽しいコースなのかも知れませんね。