山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
17年登山
16年登山
15年登山
14年登山
13年登山
12年登山
11年登山
10年登山
09年登山
08年登山
07年登山
山関係
音楽関連
あれこれ
震災
特別版

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

フォロー中のブログ

お山遊び
点描2
ebiyanの南東北 山...
ソロで生きる
バリ太郎とゴロゴロ
マロのページⅡ
Estrellas y ...
Mountain Rose
船形山からブナの便り(ブ...

リンク

最新のコメント

やまぼうしさん 今晩は。..
by morino1200tb at 20:34
男体山のてっぺんに立った..
by やまぼうし at 01:35
SONEさん お世話様で..
by morino1200tb at 22:23
アカヤシオは新田川付近が..
by SONE at 19:52
ナカシィさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 20:43
恐縮です~m(_ _)m
by nakacy at 22:06
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 22:40
立ち読みでしたが、私もガ..
by SONE at 13:59
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:31
ツアーメンバーが変わると..
by SONE at 22:59

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧

検索

ファン

最新のトラックバック

石跳川から月山周回(平成..
from HITOIKI Blog

オボコンベ。カモシカ君にも遇えました。

12月12日(日)
歳の離れた高校の後輩、taku-O君とike君の2人とオボコンベへ行ってきました。
お2人とは今年の1月の刈田岳以来の山行です。

曇りベースの天気の中、西側の沢コース駐車スペースへ車を走らせ、もうすぐというところで3人の登山グループとスライド。我々が下山するコースから登るようです。
10台ぐらいは停められる駐車スペース。
e0137200_18141081.jpg

ここからすぐに本砂金川を渡り支沢へ入って行きます。
e0137200_18182631.jpg

今回は私はスパ長、ike君は長靴、taku-O君は登山靴。
沢は写真のようなナメ沢です。
e0137200_18205561.jpg

ガイドブックなどにはこのナメ沢を詰めて行くように書いていますが、沢に沿って道がついていて、何度か渡渉を繰り返す形になりました。
そして流木群と出会い、
e0137200_18313798.jpg

乗り越えると尾根のキツイ急坂です。
ヒーコラ言いながら登っていたら、離れたところに何やら白いものが…。
カモシカ君です。(ピンボケですみません)
e0137200_18291026.jpg

少し目を合わせた後「うるさい人間達だなー」と谷へ下りていきました。

再び急坂を登り桐ノ目山分岐へ到着。
分岐から見上げると随分と急斜面を登ることになりそうですが、せっかく来たので桐ノ目山へGO!
e0137200_1844843.jpg

途中細かい霰が降る中登りましたがやっぱり急!でした。
残念ながら山頂は木立のため、あまり展望が取れません。
山頂から尾根沿いに道が伸びていましたが途中から踏み跡が薄くなり、どこまで続いているかは不明です。
e0137200_1839273.jpg

写真を撮ったらさっさと分岐へ戻ります。
分岐からしばらく歩くと見えてきましたマンモス岩。左がオボコンベです。
e0137200_18472085.jpg

やはりこの角度がマンモスでしょうか。
e0137200_18482180.jpg

南西側がスッパリと切れ落ちていて、すごい高度感。
覗くとお尻がモゾモゾとなってしまいます。高所恐怖症2名の感想です(笑)
痩せた岩場を少し登ってオボコンベ山頂へ到着。
e0137200_18592599.jpg

朝にスライドした3名(女性2名と男性1名)が食事中でした。我々と同じ仙台からとのこと。
高い山は雲が被さる生憎の天候でしたが、周囲の景色を楽しみながら我々も軽く昼食休憩です。
2週前に行った泣面山方面。
e0137200_1858265.jpg

山頂からの下りはかなりの急斜面。ロープ・鎖がついています。
ここは慎重にね。
e0137200_1912560.jpg

e0137200_1921514.jpg

急坂を過ぎると落ち葉でフカフカの尾根道です。
e0137200_1933169.jpg

途中から広い林道跡のような道になり、しばらく下りていくと本砂金川に出会います。
e0137200_1955567.jpg

ここを渡渉してすぐに林道となり、少し歩いて駐車スペースへ到着です。

コースタイム
8:40登山口-9:15流木群歩-9:40桐ノ目山分岐-10:10桐ノ目山-11:05オボコンベ山11:40-12:35林道-12:45登山口
e0137200_19141941.jpg

この地図は国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用しています。

行けそうで行けなかったオボコンベへようやく行けました。
低い山とは言いながら、沢あり、急坂あり、高度感抜群の岩場ありのとても楽しい山でした。
お付き合いいただいた後輩のお二人に感謝です。ike君運転ありがとうございました。
今度はどの山にご一緒できるか楽しみにしてますよ。
by morino1200tb | 2010-12-12 19:29 | 10年登山 | Comments(18)
Commented by maro4070 at 2010-12-12 20:24
あれぇ、オボコンベは初めてでしたか。
ここは里山ながら凝縮されたいいお山ですね。
いつもは、オボコンベから桐ノ目山から西側に下り周回してます。淀みには岩魚が見えませんでしたか。
カモシカさんは見たことがなかったねぇ。
春にはイワウチワの街道ですよ。
Commented by morino at 2010-12-12 21:28 x
マロ7さん 今晩は。
そう、はじめてだったのですよ
里山に目覚めたのが最近だったのでね。(^^;)
登山道脇にはショウジョウバカマが少しとイワウチワの葉が沢山ありましたね。春先も楽しい山のようです。
Commented by k4 at 2010-12-12 21:59 x
morinoさんが前に行かれた泣面山から見たオボコンベの新鮮な画像思い出していました。昨年は桐の目は回らなかったので、こんどは是非訪れたいですね。ところで、川崎のクマ騒動、ちょこっと気になりませんでしたか?170キロ、でかすぎですよね・・・
Commented by とーます at 2010-12-13 08:53 x
このカモシカかわいいですねぇ。
カモシカも立派なツノがあるやつだと結構怖いです。
Commented by SONE at 2010-12-13 18:45 x
morinoさんはオボコンベはとっくの昔に登っていらっしゃると思っていましたよ。
今回が初めてなら、低山の面白さを凝縮した様なオボコンベの魅力に取り子になってしまったでしょうね。
私の取って置きのルートがあるので、今度皆さんをお誘いしますよ。
Commented by tom at 2010-12-13 22:14 x
こんばんは 初めまして
私も12/5に桐ノ目山、オボコンベ周回しました。下山口の渡渉は水が多くて裸足で渡りましたが、痺れました(笑)
桐ノ目の踏み跡、どこにつながっているか私も知りたいです。それにSONEさんのとっておきのルート、非常に気になります。
Commented by morino at 2010-12-13 23:38 x
K4さん 今晩は。
実は阿武隈の山も候補だったのですが、後輩達の希望でオボコンベへ行くことになりました。
泣面山から見た特異な山容は近づくとその急峻さに驚かされますね。
最近、熊は町にいて山にはいないだろうと思っています。(^^;)というのは冗談ですが、ここは熊の気配はありませんでしたね。
Commented by morino at 2010-12-13 23:42 x
とーますさん 今晩は。
大分離れていましたが、カモシカは熊や猿とは違ってそれほど怖いとは思われません。むしろ遇えて嬉しいというところです。
でも、近いと怖いかもしれませんね。
Commented by morino at 2010-12-13 23:44 x
SONEさん 今晩は。
面白いところでした。特に往路はワクワクしながら登りましたよ。
取って置きのルート楽しみです。いつでも声をかけてくださいね。(^.^)
Commented by morino at 2010-12-13 23:50 x
tomさん はじめまして。
1週前は水量があったのですか?登りの支沢は平気でしたか?やはり里山は長靴が重宝しますね。
桐ノ目からのルートはマロ7さん。取って置きのルートはSONEさん。この山は奥が深そうです。
Commented by TAKU-O at 2010-12-14 16:47 x
釣りシーズンが終わって、久しぶりの山でした。
ご案内いただいて、ありがとうございました。
マンモス岩の高度感はなかなかでしたね。
お尻がモゾモゾするのになぜか覗いてしまいます。
Commented by あおば at 2010-12-14 19:49 x
オボコンベ山お疲れ様でした。近くに住んでいながらまだ行ったことないんですよ。やはり長靴がベストでしょうか。3時間ちょっとかかるんですね。どちらかというと下山路を逆に登ったほうが楽なんでしょうか。
Commented by morino at 2010-12-14 22:52 x
TAKU-O君 お疲れ様でした。
低い割にはなかなか面白い山でしたね。
急坂の途中での甘い香りはカツラの木の香りでした。花が終わった冬枯れた山でも、あんな香りがあると嬉しくなってしまいますね。
そろそろ雪の季節ですね。雪が落ち着いたらスノーシューで遊びましょう。
Commented by morino at 2010-12-14 22:56 x
あおばさん 今晩は。
私も近くても行っていない山は沢山ありますよ。
この山はスパイク長靴がベストの山ですね。
初めて行かれるなら私達の取ったコース(ガイドブックのコース)が楽しめると思いますよ。
Commented by ちびM at 2010-12-15 09:50 x
オボコンベはやっぱり面白い山ですね
沢も急登もあって登りがいがありますね〜
カモシカが普通に座っているのにびっくりですね(^^)
Commented by morino at 2010-12-15 10:06 x
ちびМさん おはようございます。
ここは低くてもいろいろ楽しめる山です。
特にマンモス岩あたりの高度感は抜群。ちびМさんにぴったりの山です。
SONEさんが取って置きのコースを案内してくれる時にご一緒しましょう。
Commented by マス at 2010-12-15 23:57 x
カモシカに会えてよかったですね。可愛い。
オボコンベには、あたしも行ったことないので。ずっと沢を歩くんだとばっかり思ってましたが、そんなことないんですね。morinoさんのブログで初めてしりました。
Commented by morino at 2010-12-16 12:41 x
マスさん こんにちは。
久しぶりのカモシカでした。(^^)
私も沢を行くと思っていたら、意外に登山道がありました。
でもスパ長で沢を詰めて行った方が面白いかもしれませんね。
SONEさんが取って置きのコースを案内してくれそうなので、一緒に行きましょう。