泣面山。藪漕ぎの後は良い景色。

11月27日(土)
天気予報を見ると太平洋側は晴れ。さて、どこへ行こうかなと思っていたら、マロ7さんから川崎の泣面山へのお誘いが。
というわけで行ってきました泣面山。
セントメリースキー場手前の古関集落の北側にある751mの山ですが、ほとんど登られていない山のようです。
宮城里山文庫の掲示板に、"びんびんころりさん"の1週間前に登った投稿があり、判りにくい所にテープをつけてきたということでしたので、藪漕ぎありとは言え多少は安心です。
ご一緒するのはマロ7さん、おっ家内さん、maronnさんというお馴染みの方々。

送電線巡視路入り口そばの少し広い所へ車を停めて出発です。
e0137200_1046198.jpg

イノシシ避け電気柵を巡らしている畑脇の巡視路を進んで山へ向かいます。
e0137200_10542782.jpg

すぐに杉の植林帯に入り、小さな橋を2度渡ります。
e0137200_1124926.jpg

少し急な杉林を登り、送電線鉄塔で振り返ると少し雪をまとった蔵王の山並が見えました。
雁戸山です。
e0137200_1184824.jpg

林道と交差した巡視路をまっすぐ進み西北西へ伸びる尾根に出ると、送電線鉄塔のある巡視路から別れて尾根沿いに広葉樹林帯を登っていきます。
するとやっぱりありました。熊棚。
e0137200_11212452.jpg

途中踏み跡が不明瞭になりますが尾根に沿って進めば問題ありません。
e0137200_11285433.jpg

藪が増えてきてまっすぐ歩きにくくなってくると熊棚が多くなってきました。下にも沢山の枝が落ちています。
e0137200_11335685.jpg

ノコギリで少し枝を払いながら進んで行き、少し下った鞍部からは笹の急斜面になります。
e0137200_1143146.jpg

古いテープや"びんびんころりさん"がつけたテープがあって助かります。
でも急です。笹をつかみながらの登りです。泣面山の由来はこの急斜面で泣くからかもしれません。(そんなアホな)
e0137200_11444575.jpg

平坦な山頂へ着いたら北側が開けてなかなか良い景色です。
少し進んで藪の中の三角点へ。
e0137200_11565346.jpg

そして記念撮影。
黄色いテープは"びんびんころりさん"がつけた山名票です。
e0137200_11574330.jpg

大東岳から仙台市街まで見られる見晴らしのよい所へ戻って休憩。
船形方面。桐ノ目山と三森山の間にオボコンベ山が見えます。。
e0137200_1155777.jpg

オボコンベ山のアップ。
e0137200_121213.jpg

maronnさん「オボコンベへ行きたい行きたい」と言っていましたので、近々行きそうです。
小半時ほど休んで下山です。
e0137200_1311286.jpg

送電線鉄塔から熊野岳。
e0137200_12124668.jpg

最後の鉄塔です。ここを過ぎればもうすぐ登山口。
e0137200_12145883.jpg

着きました。藪漕ぎお疲れ様。
e0137200_1216474.jpg

コースタイム
8:00巡視路入り口-8:45西北西尾根-9:25山頂前鞍部(594m)-10:00山頂10:35-11:15送電線鉄塔-11:35巡視路入り口
e0137200_12271794.jpg

この地図は国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用しています。

川崎の山へ登ったら当然ドライブインみしまへ寄ります。ちょうどお昼だしね。
人気のダールラーメン(マロ7さん)とお姫様たちのミニ・ダールラーメン。
e0137200_12315563.jpg

私はみそ辛ラーメン。美味ーい。
e0137200_12355343.jpg

あまり人の行かない里山で、少し藪漕ぎもありましたが山頂から見えた景色はなかなかのものでした。特にオボコンベ山が素晴しく、おいでおいでをしているようでしたよ。
累積標高差583m、距離4.9kmの泣面山は熊さんの跡が沢山あり、とても1人では行けない山でしたが皆さんのおかげで楽しむことができました。
また、1週間前に行かれた"びんびんころりさん"にも感謝です。ありがとうございました。
さて、来週は遠くの山か、雪山か、この日見たオボコンベ山か、どこでも晴れてくれればOKですね。
Commented by SONE at 2010-11-28 18:39 x
以前登った時にはもう一本北側の尾根を登りました。
大分前ですが当時は顕著な作業道が三角点手前まで付いていましたよ。
この日はストレス解消で泣面山の西側にある山を藪漕ぎしてきました。お互い近くにいたのですね。
Commented by マロ7 at 2010-11-28 20:17 x

morinoさん
あの快晴なら奥山だったのですが、私のわがままですみません。でも、あまり行けないお山ですから、私は満足すますたよ。山頂からもう少し西側の展望を期待したのですが。
SONE さん
西側にある山の藪漕ぎって、笹谷から登る…あそこかな。
Commented by morino at 2010-11-28 20:56 x
SONEさん 今晩は。
あらら、近くで藪漕ぎでしたか、どこでしょう?レポート楽しみです。
北側の尾根は残雪期には行けそうだと思っていましたが、伐採の作業道がありましたか。
しかし、SONEさんの登っていない山ってあるんでしょうかね?
Commented by morino at 2010-11-28 21:08 x
マロ7さん お疲れ様でした。
このような1人ではなかなか行けない山へ誘っていただいてありがたいです。
有名な山、高い山はもちろん魅力十分ですが、里山ならではの楽しさと怖さを堪能できました。
オボコンベへ登った人は沢山いますが、この角度から見た人は何人いるのでしょう。こんな楽しみを味わえるのが藪漕ぎ里山の醍醐味かもしれませんね。
忘年会の前にあと何山登れますかね?(笑)
Commented by とーます at 2010-11-28 21:26 x
泣面山・・・本当は何でこの名前がついたんでしょう?
面白い山ですね。
雁戸山といい、熊野岳といい、蔵王見の名所ですね。
Commented by k4 at 2010-11-28 21:29 x
オボコンベ、なるほどこうなっていたんですね~
蔵王も丸見えで、本当にいい天気でしたね。いつか藪山歩けるようになれるかな~^^のこぎりと鉈と剪定バサミとか担いでいかないと前に進めないような。
Commented by morino at 2010-11-28 22:53 x
とーますさん 今晩は。
以前は有名な山や高い山を志向していたのですが、最近は里山の面白さに目覚めました。
意外と急だったり、景色が良かったりと楽しめますし、残雪期に登ると二度美味しい山がありそうです。
Commented by morino at 2010-11-28 22:59 x
K4さん 今晩は。
今回の藪はわりと楽でした。
小さい鉈も使いましたが、藪はノコギリと鋏が有効ですね。
藪は高価なウエアは避けて、昔使っていた服を引っ張り出すのがいいですね。(笑)
Commented by あおば at 2010-11-29 10:36 x
精力的な山歩きですね。やはりただの山歩きではないんですね。恐れ入りました。
Commented by maronn at 2010-11-29 19:04 x
道路脇に見えるお山とはいえ、なかなか変化に富み景色も良く面白かったです。
藪漕ぎで小枝に右頬パチンなら左もどうぞ!(なんて言ってないのに)とバシッ!その上ササを掴みながらの急登、まさに泣きっ面でしょう!!
名前の由来がダラダラこぼすからって・・そのまんまじゃん(^_^;)ミニサイズがジャストでした。
うわさのラーメンも堪能でき、快晴の中充実タイムでした。ありがとう~~

Commented by yossy1904 at 2010-11-29 21:52
藪こぎの山、楽しそうですね。
まぁ、この季節だから言えるのですが。
ところでワタシ、ダールラーメン苦手です。
Commented by morino at 2010-11-29 22:03 x
あおばさん 今晩は。
いえいえ、ただの山歩きですよ。(^.^)
Commented by morino at 2010-11-29 22:06 x
maronnさん お疲れ様でした。
って、そんなに疲れませんでしたね。
藪漕ぎの後のいい景色、たまりませんね。特にこの山はオボコンベを見下ろす絶好のポイントでしたね。
今度はオボコンベへ行きましょう。
Commented by morino at 2010-11-29 22:13 x
yossyさん こんばんは。
藪漕ぎは秋~冬がいいですね。
ダールラーメンは餡が濃すぎるところが好き嫌いのポイントですかね。(^.^)
今日、山は雪でしたね。そろそろyossyさんのシーズン突入でしょうか。レポート楽しみに待ってますよ。
Commented by マス at 2010-12-01 20:55 x
意外と藪が濃いんですね。
面白い角度でオボコンベが見えて、楽しい写真でした。ありがとうございます。
Commented by morino at 2010-12-01 22:23 x
マスさん 今晩は。
藪はこの前の小山田新道に比べれば大したことはありませんでしたよ。
オボコンベをあんなふうに見えるのはここだけかも知れませんね。
Commented by ちびM at 2010-12-02 21:12 x
里山の薮漕ぎは楽しそうですね〜
みなさんおそろいでスパイク長靴でどんな道でも
大丈夫そうですね〜
オボコンベの山、この角度の山容もかっこいいですね!
ダールラーメンのミニあるならば、女性も安心ですね♪
Commented by morino at 2010-12-02 23:34 x
ちびMさん 今晩は。
オボコンベに行きましょうね。桐ノ山もセットだよ。
帰りはダールラーメンのミニがお約束かな。(笑)
by morino1200tb | 2010-11-28 13:26 | 10年登山 | Comments(18)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb