小山田新道、藪もまた楽し。

11月14日(日)
2回続いた観光地登山から離れて今回はめったなことでは歩けない超マニアックなところへ行ってきました。
みいらさんSONEさんのお誘いで小山田新道です。
ご一緒するのは先週に引き続きあかねずみさんマロ7さん、おっ家内さん、そして久しぶりのebiyanさんと初めてのひろさんです。
小山田新道は明治時代に出来た東根市猪野沢-仙台市新川を結ぶ道路ですが、現在は利用されていません。2年前に山形新聞社の企画で歩かれたことがあります。詳しくはみいらさんとSONEさんのブログをご覧になってください。

さて、猪野沢の岩崎地区へ車を停めて出発準備。ハードな山行になりそうなのでご馳走はなし。ザックが幾分軽いです。写真右の左折道路から行きます。
e0137200_2258144.jpg

少し歩いて、舗装道路右手の藪道が小山田新道です。
e0137200_2352935.jpg

みいらさん、SONEさんを先頭に進みますがすぐに蜜藪に。
e0137200_2372255.jpg

藪の無い歩きやすい道もあるのですが、しばらくするともっとひどい蜜藪になります。
e0137200_23171293.jpg

ノコギリと鉈で切り開いて進んで行くと、突然刈り払いされた歩きやすい道になりました。杉の植林地帯の作業用に刈り払いされたようです。
新しい熊の落し物発見。「何を食べているのかなー?」
e0137200_23245733.jpg

歩きやすい道がしばらく続きます。馬車も通ったという昔日に思いを馳せながら歩いて行きます。
e0137200_1325080.jpg

しかし、崩落したこんなところもありますので気は抜けません。
e0137200_23334364.jpg

樹間から見えていた面白山がはっきり見えるようになりました。
e0137200_23352389.jpg

良い景色のご褒美の後にはお仕置きが(笑)。またまた藪です。
e0137200_23373241.jpg

藪を抜けると道形がはっきりしなくなりました。
南西側の道から北東側へ行くはずなのですが、猛烈な藪でルートが見えません。
一度作業道らしき道を辿ってみますが、GPSで確認すると道から離れて行きます。
(*2万5千分の1地図には破線で小山田新道のルートがあります。私のGPSは2万5千分の1地図が入っています。ただし地図のルートと現実では若干のずれがあることは何度か経験していますので、地図やGPSを鵜呑みにしないことが必要です。)
SONEさんの藪漕ぎで尾根へ上がって東へ下ると道形が見つかりました。当然藪藪です。
苦労の後にはご褒美がありましたよ。尾根でクリタケ発見です!
e0137200_23524775.jpg

古い赤テープが所々に着いた藪道を歩いて行くと、柴倉山を中心に黒伏・船形方面が目に飛び込んできます。
e0137200_012038.jpg

崩落した沢筋に来ました。段差もあり慎重にトラバースします。
e0137200_2359517.jpg

沢に石組みがあります。ようやく水分(みずわけ)に到着です。
e0137200_083183.jpg

e0137200_0113514.jpg

この水分の争奪地形についてはSONEさんのレポートをご覧下さい。
第一目的の水分へ到達した後は、次の目的の県境尾根を目指します。
藪道を辿って行き、二股になっている道を右に上がった尾根が県境です。
視界の無い笹薮の中でしたが、みんなでバンザーイ!そして記念写真。
e0137200_032129.jpg

水分へ戻って昼食休憩。経験豊富な皆さんの楽しい話に穏やかな天気も相俟って長い休憩となりました。

再度藪漕ぎをしながら刈り払いされたところまで戻り、猪野沢川に沿っている林道を目指して急斜面を下って行きます。
e0137200_0414821.jpg

かすかな踏み跡を見つけて林道に出てワイワイと話をしながら出発地点の岩崎地区へ向かいます。
長い林道歩きの途中でみんなそろっての記念写真。オヤ、指の先は?
e0137200_0474917.jpg

橋の向こうに車が停まっていて、橋の下を覗くと6×7判のカメラで撮影中の方がいました。
二つの川が滝となって落ち、一つの流れになる双間滝と言う珍しい滝でした。
e0137200_0551453.jpg

ここからもまだ長い林道を歩いてもうすぐ岩崎集落です。
e0137200_0574872.jpg

岩崎へ着いたらなにやら看板が。こんな小さな平和なところにもトラブルの種が落ちているのだろうか?
とはいえ、ニーズが広告を作るのではなく、広告がニーズを作るということもあるのですよ。疑心暗鬼にならないように注意しましょう。
というよりも、この二人を傍から見たら何と思うのでしょう。(笑)
e0137200_141939.jpg

そして、ようやく出発地点へ到着しました。
e0137200_174357.jpg

距離14.1キロ、総上昇量は816m、約8時間の「小山田新道、県境までの一端を歩く」の無事終了です。
e0137200_1105049.jpg

この後、SONEさんお勧めの無想庵へ行って美味しい板蕎麦を食べて満腹満足の一日でした。
e0137200_1172481.jpg

古道に思いを馳せ、藪漕ぎに山歩きの原点を見、同行者との会話に山へのモチベーションを高めての楽しい山歩きができました。ご一緒していただいた皆様ありがとうございました。特に先頭に立って藪漕ぎをしていただいた、みいらさんとSONEさんに感謝です。
にぎやか藪漕ぎ隊、次回はどこで藪漕ぎでしょうか。楽しみです。
Commented by みいら at 2010-11-16 09:22 x
お世話様でした。充実の藪漕ぎでしたね。(爆
この道を馬車に揺られて通ってみたいという気持に駆られました。

しかし何ですな。広告がニーズを作るということもあるからこそ、こんな長閑な集落に貼らなくともと余計な心配をしたりします。

また宜しくお願いします。
Commented by ちびM at 2010-11-16 11:00 x
道なき道〜薮漕ぎで探検ですね!
宝物もたくさんあって、双間滝はみごと!!
ミステリーツアー!!
県境に着いたときは感動でしたね(^^)
Commented by あおば at 2010-11-16 11:32 x
古道探索お疲れ様でした。新川からの探索も興味ありますね。こうしてみると機械もなかった時代に先人たちは苦労されて作ったのですね。
Commented by SONE at 2010-11-16 14:26 x
お疲れ様でした。
玄人向けの面白い山でしたね。
沢の石積みと、水分の争奪地形を見られたのが最高でした。
関山峠~面白山の踏破も含めて、課題が多くなった白地の山域でしたね。
Commented by マロ7 at 2010-11-16 18:07 x
ぎっしりの藪山に行かなくては年が越せない…。みいらさんが呟いていましたね。ルートを外せなければ安心ですが今回は藪山達人におぶさりましたねぇ。
宝物がいっぱいある白地の山域ね。(~0~)
Commented by ebiyan at 2010-11-16 18:28 x
昔の人たちと山がいかに近い関係にあったかが感じられた小山田新道でした。
みなさんが見つけたきのこ全部一人占めしてしまいました。
久しぶりにみんなと歩いて楽しい一日になりました。
Commented by morino1200tb at 2010-11-16 19:32
みいらさん 今晩は。
おかげさまで古道歩きを楽しむことができました。
道の成立とその後の歴史を見ると、単純にロマンの一言ではいえないかもしれませんが、その一端に触れることは単純なピークハントとは違う山の魅力を知ることになりますね。
先週に引き続き、フィジカルな歓びと共に知的興奮も味わえた山行となりました。ご案内ありがとうございました。
Commented by morino1200tb at 2010-11-16 19:36
ちびMさん 今晩は。
皆さんのおかげで楽しい藪山を堪能できましたよ。
金華山でルートを外れた歩きを楽しめたようなので、ちびMさんも今回のような歩き方好きになるかもしれませんね。(^^)
Commented by morino1200tb at 2010-11-16 19:38
あおばさん 今晩は。
どうやら、みいらさんとSONEさんは新川までのルートを検討中のようですよ。残雪期の歩きでしょうかねー。
Commented by morino1200tb at 2010-11-16 19:42
SONEさん お世話様でした。
水分には感動しました。
このあたりは今回の小山田新道あり、駒新道あり、旧関山街道ありで魅力タップリですね。
例の岩峰もありますしね。(^^)
Commented by morino1200tb at 2010-11-16 19:45
マロ7さん お疲れ様でした。
藪山達人のお2人のおかげで古道を楽しむことができましたね。
さて、積雪期・残雪期はどんな計画が出てくることやら…。楽しみです。(^^;)
Commented by morino1200tb at 2010-11-16 19:50
ebiyanさん お疲れ様でした。
皆さんのおかげで楽しい藪漕ぎ山行が出来ました。
アレだけ賑やかならさすがに熊さんは出てこないでしょうから安心ですね。
おっ、キノコ独り占めでしたか。羨ましい。
またどこかご一緒しましょう。
Commented by k4 at 2010-11-16 20:57 x
morinoさん、こんばんは。お仕事ひと段落でしょうか、毎週歩けるようになってよかったですね。おじ山道中、藪山山行、古道探索など新たな趣向がいろいろ加わってバラエティ豊か。初冬の山も迷わずに済みそうですね。
Commented by ひろ at 2010-11-16 21:17 x
お世話になりました。
おかげさまで、とても楽しい時間を過ごせました。
同じ目的で歩いていても、みなさんそれぞれに違ったものに目が向いていて、興味が尽きません。
今回のような、ワイワイという山行も楽しいものですね。
また、よろしくお願いいたします。
Commented by morino1200tb at 2010-11-16 21:55
K4さん 今晩は。
おじ山道中のバリエーションが増えて嬉しい悲鳴です。計画が一杯で体がいくつあっても足りませんよ。(笑)
雪が落ち着くまでは三陸か阿武隈ですかねー。
Commented by morino1200tb at 2010-11-16 22:00
ひろさん お疲れ様でした。
たまには賑やか山行もいいものですよ。
えっ、お前はいつもだろうって。そんなことはありませんよ。たぶんね。(^^;)
Commented by akanezumi1984 at 2010-11-16 22:08
新雪ラッセルにもお越しください。まもなくシーズンインです。
Commented by yossy1904 at 2010-11-16 22:24
先週、私も古道探索してきたばかりなので(八十里越)、興味津々です。山の中に遺構など見つけたら、興奮しますよねー。
ここも、ぜひ行ってみたいです。
Commented by morino1200tb at 2010-11-16 22:38
あかねずみさん お疲れ様でした。
楽しい藪漕ぎ道中ありがとうございました。
もうすぐ深雪ラッセルですか?さすが月山ですね。
今週タイヤ交換予定ですので、来週からOKですよ。
深雪情報お知らせ下さい。スノーシュー、ワカン車に入れて待ってます。(^^)
Commented by morino1200tb at 2010-11-16 22:51
yossyさん 今晩は。
あのワイルドな山遊びの時でしたか?
おっしゃるとおり遺構があると、時空を飛び越えて想像してしまいますよね。
山登りのバリエーションとしての古道歩きは嵌まりそうです。(^^;)
by morino1200tb | 2010-11-16 01:40 | 10年登山 | Comments(20)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb