憧れの鋭鋒 祝瓶山

9月26日(日)
祝瓶山へ行ってきました。
朝日連峰の南に位置する祝瓶山は、同じ朝日連峰の障子ヶ岳にも比するピラミダルな山容をもつ鋭鋒で、まさに東北のマッターホルン。
昨年、大朝日岳から雲海に浮かぶ飯豊の手前にある鋭い山頂の祝瓶山を見て以来、行きたい山ナンバーワンになっていましたが、念願かなってようやく行くことが出来ました。
同行していただいたのは、おなじみマロ7さんとmaronnさんです。

木地山ダムの林道を走っていると、目の前に祝瓶山が現れました。
e0137200_2344146.jpg

天気も上々、みんなのモチベーションが一気にアップです。

数台の車とテント1張りのある祝瓶山荘のある駐車場へ着きました。
e0137200_2310565.jpg

目の前に聳え立っている祝瓶山に元気付けられて出発です。
e0137200_23191419.jpg

杉林を歩いて行くとカナクラ橋。
思った以上に長い橋で、次第に腰が引けてくる高所恐怖症の私です。でも2人は元気に渡りましたよ。
e0137200_23262243.jpg

出発する時は肌寒くてソフトシェルを着ていましたが暑くなって脱いでしまいます。
程なく桑住平に着き、小沢を2,3越え、ヌルミ尾根の樹林帯を歩いて行くと次第に斜度が増し、祝瓶山の切り立った姿が見えると急坂の連続になります。
e0137200_23435189.jpg

痩せ尾根、急登で休むポイントがない、辛い上りが続きます。
e0137200_23474254.jpg

3人の男性とスライド。テン泊の方々でした。昨晩は釣ったイワナで宴会だったそうです。
高度が上がって朝日連峰の山々が見えてきました。これこれ、これですよ。
e0137200_23503948.jpg

露岩帯の急坂をガシガシと登っていくと、ロープのある山頂手前の岩場に出ます。これがまた急なのですが、意外と手がかりがあるのでロープは使わなくても登れます。下りはロープが必要ですね。
e0137200_23591917.jpg

そして、山頂到着です。
e0137200_002033.jpg

山頂には我々の前に出発した山形の女性3人組と鈴振尾根からきたソロ男性が休んでいました。
山頂から大朝日方面。
e0137200_073864.jpg

カナクラ尾根の先に大朝日岳。その左に中岳、西朝日岳、袖朝日岳、以東岳が続いて見えます。右は平岩山から御影森へ続く稜線です。
目を転じればうっすらと日本海。そして磐梯山や吾妻連峰、蔵王連峰が遠望できる360度の大パノラマ。
登れてよかったねーと3人そろって大喜び。
e0137200_0163137.jpg

そしてお昼はマロ7さん特製の秋刀魚のツミレ汁ほかいろいろ。お腹イッパイです。
e0137200_0281438.jpg

山頂にはご夫婦やソロなど到着で賑やかになってきました。
美味しいものを食べて、山座同定やらなにやらであっという間に1時間が過ぎてしまいました。
名残惜しい山頂を後に下山です。
下りはカナクラ尾根を通って周回コースを取ります。
こちらもやっぱり急な道です。鞍部まで400メートル下りて100メートル登って大朝日・桑住平分岐へ。
結構ヘロヘロになってます。
e0137200_03739.jpg

この分岐からヌルミ尾根からとは違う祝瓶山の姿が見られます。
e0137200_0435219.jpg

そして、ここからの赤鼻尾根もまた急な下りで、ロープ場、クサリ場の連続です。
e0137200_0465392.jpg

e0137200_0471846.jpg

ガイドブックにはこちらがビギナー向きコースとありますが、どっちも大変だと3人意見が一致。
桑住平に出て、吊橋を渡り、
e0137200_0534830.jpg

途中で山ガール、山ボーイのカップルやキノコ採りの方々を見ながら駐車場へ到着です。
e0137200_0565112.jpg

コースタイム
8:10祝瓶山荘登山口-8:55桑住平-11:15祝瓶山山頂12:20-13:30大朝日分岐歩-14:15桑住平-15:00祝瓶山荘登山口
e0137200_21155936.jpg

帰路に長井あやめ温泉・桜湯へ寄ったら、
e0137200_125460.jpg

山頂で遇った米沢のKさんとバッタリ。お風呂に入りながらアレコレ山談義です。
そして348号線にあるレトロなラーメン屋さん「ごま蔵狸森店」で
e0137200_111361.jpg

ゲソ天ラーメンを食べて
e0137200_1114447.jpg

無事帰宅しました。

あこがれ続けていた祝瓶山へようやく登れましたが、この山はやっぱり素晴らしい山です。
大満足の山行となりました。
長時間運転していただいたマロ7さんに感謝です。ありがとうございました。

翌日起きたら、大腿四頭筋が悲鳴を上げていました。鍛えなくては・・・
Commented by あおば at 2010-09-28 08:06 x
祝瓶山お疲れ様でした。3回登っています。登りは急登の連続ですね。帰りはあまりの長さに飽きてしまいます。山の格好はいいですね。「桜湯」は素朴でいい湯ですね。長井葉山の帰りはいつも利用しています。今回の山ランチはご馳走でしたね。いつもこれを楽しみにしていますよ。
Commented by SONE at 2010-09-28 09:07 x
皆さんとっくの昔に登られている山とばかり思っていましたが、初めての祝瓶山は天気に恵まれて良かったですね。
久しぶりの登山でやはり筋肉痛がでましたか(笑)
涼しくなって何処に登ろうか、選択に頭を痛める季節になってきましたね。
Commented by マス at 2010-09-28 17:32 x
楽しそうですね。思ってたより険しい山なんだと、ブログを拝見してやっと気がつきました。朝日好き仲間としては、今年中に行きたいと思ってるんですが、いけるかなぁ…。
Commented by k4 at 2010-09-28 19:07 x
morinoさん、こんばんは
やっぱり筋肉痛でしたね^^ 栗駒以来だから一か月ぶりだとそうなりますね。お疲れさまでした。是非秋に行きたいと思って読んでいました。急斜面は実際どうなんですか?それほど危険ではないですか?鈴振とどっちにしようか迷っています。あー登れるかな^^;
Commented by naronn at 2010-09-28 19:30 x
毎度登りは嫌いな私、急登、急登にタップリと汗を絞られ、山頂での至福の時間に全て解消、「しあわせ~」を感じた1日でした。岩登りも経験でき、これで剱に登れるかも・・・(なぁ~んてね)
でも体中悲鳴上げてましたが・・maroさんは違和感程度
とは羨ましい。まだまだ未熟もんです。
このコースリベンジできお二人さんに感謝です。
Commented by maro4070 at 2010-09-28 20:41
朝日連峰の南端にようやくたどり着いた五十路後半…最高でした。道路も、ルートも覚えたし、天気が良いときは今から行くかと混ピュー田ーに入りましたど。
3週間の山空きを見事に解消してくれましたよ。
今週末も晴れさせておくれ。(^^;)
Commented by morino1200tb at 2010-09-28 20:47
あおばさん 今晩は。
3回も行かれているとはすごいですね。
桜湯はいいお風呂ですね。気に入りましたよ。これに露天があればもっといいんでしょうけど、それは贅沢というものですね。
Commented by morino1200tb at 2010-09-28 20:50
SONEさん 今晩は。
私もマロ7さんも初めてでした。maronnさんだけが登頂していました。
はじめての山で、天気も良く、メンバーも良く、最高の山でした。
なんて、ゴルフの優勝スピーチみたいですが、その通りなんですよね。(笑)
Commented by morino1200tb at 2010-09-28 20:53
マスさん今晩は。
やっぱり朝日の山はいいですねー。
山頂から見えた朝日の山々、「早くおいで」って呼んでいましたよ。
行きたいなー、今年行けるかなー。
Commented by ちびM at 2010-09-28 20:55 x
祝瓶山!!東北のマッターホルン!!!
山容がかっこいいですね(^^)
急登、岩登り、うらやましい〜。登りがいがありましたね!
筋肉痛になるくらいの登山最近していないです〜(><)
マラソン終わったら、キツい登山したいなぁ
祝瓶山、女性組でも登れているならば、
いつの日が挑戦したいですね〜
問題は、長距離運転ですね・・・
運転手はわたし〜♪・・・なので・・(・。・;
Commented by morino1200tb at 2010-09-28 20:57
K4さん 今晩は。
1ヶ月ぶりじゃなくても筋肉痛になる山ですよ。(泣)
登りはしっかり手がかりかあるので気になりません。
途中仰ぎ見る祝瓶山の素晴しさ、山頂からの朝日の山々の素晴しさ…、最高ですよ。
Commented by morino1200tb at 2010-09-28 21:03
maronnさん お疲れ様でした。
いやー、いい山でしたねー。
天候と眺望に恵まれて、筋肉痛と共に記憶に残る山になること間違いありませんね。
剱は高度感の問題でしょうね、高度恐怖症の私には辛い山かもしれません(T.T)
Commented by morino1200tb at 2010-09-28 21:07
マロ7さん 長距離運転ありがとうございました。
それにしても素晴らしい山でしたね。登山口が近かったらいつでも行きたい山かも知れません。
機会があればここから朝日縦走などしたいものです。
Commented by morino1200tb at 2010-09-28 21:13
ちびMさん 今晩は。
カッコいい山でしょう。長い間憧れていた山だったんですよ。ようやく行けて満足です。
きつい山へ行きたいとはスゴイですね。来年は小屋泊まりの山へチャレンジしてください。
おっと、その前に今年みんなでご一緒しましょうね。
Commented by ちびM at 2010-09-28 21:38 x
ぜひ〜ご一緒させてくださいな〜(^^)/
楽しみです♪
ただ、うちらはまだまだですので、
足をひっぱってしまうかもしれないのですが・・・(^。^;
小屋泊まり!!憧れます〜満点の星空・・☆☆☆
急登は楽しいです♪岩登りが好きみたいです(^^)
Commented by morino at 2010-09-28 23:21 x
ちびMさん 
マロ7さんへ連絡入れてね。
スケジュール調整してみんなで行きましょう。(^^)
Commented by とーます at 2010-09-29 09:32 x
祝瓶山には登ったことがないのですが、良さそうですね。
今度天気が良い日に行ってみたいと思います。
吊橋が私にとっては最難所かな?
f^_^;...
Commented by yossy1904 at 2010-09-29 21:44
この日、大朝日の山頂から祝瓶山を眺めてましたよ。
形の良い山で、仲間たちと「次はあそこだね!」と話しました。
Commented by morino at 2010-09-29 22:48 x
とーますさん 今晩は。
途中で見える山容と、山頂からの360度の展望を楽しめる素晴らしい山ですよ。
吊橋はしっかりしているので大丈夫です。
近いうちにぜひどうぞ。
Commented by morino at 2010-09-29 22:50 x
yossyさん 今晩は。
おや、お向かいの大朝日でしたか。
この日は好い天気で大朝日からの展望も素晴しかったでしょうね。
泊まり?日帰り?
レポート楽しみに待ってます。
by morino1200tb | 2010-09-28 01:23 | 10年登山 | Comments(20)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb