トムラウシ山遭難事故調査報告書

用事やら仕事やらがあり、今週は山はお休み。
トムラウシ山遭難事故調査特別委員会から調査報告書がPDFファイルで出されていました。
e0137200_16564497.jpg

約1年前の大きな事故。どういう事故だったのか、なぜ起きたのか、なにを学ぶか等が丁寧に書かれています。
営業の登山ツアーに参加したことはありませんが、ここで浮き彫りになったのは、登山者の意識、ガイドの能力、企業姿勢、そして決して侮ってはならない自然の力(人間の弱さ)でしょうか。
同日に同じ行程で(幸いにも)無事だった伊豆ハイキングクラブの動向との対比もあり、大変興味深く読みました。
団体であれ、単独であれ、的確な判断を下すために様々な知識の蓄積と山行予習を欠かさないようにしたいものです。
毎日猛暑が続いていますが、熱中症と低体温症に注意して、楽しい山歩きをいたしましょう。
Commented by とーます at 2010-08-09 08:38 x
私はほぼ100%単独行なので、こういう資料は参考になります。
昨年、この遭難があった直後の山行では、強い風雨にこの件が頭をよぎって早々に撤退したことがありました。
Commented by k4 at 2010-08-09 08:48 x
ヤマレコでも継続的にとりあげられています。私も全部じゃないですが読みました。熱中症や低体温症だけでなく、様々な怪我、急病など全てに備えることはできませんが、山の中では他人を頼れないので自分で判断し、戻る、休む、小屋に避難するなど自立的判断が必要だと感じました。ツアーだとそれを丸投げしちゃってるんじゃないかな~^^; ただ船形の時も思いましたが、悪天候の経験も積まないといくら年季を重ねても遭難しちゃうんだな~とも。
トムラウシの日、私も岩手山9合目で撤退しました。帰りの車で速報を聞き、いろいろと考えてしました。忘れられない事件です…
Commented by maro4070 at 2010-08-09 21:14
これだけ中高年登山ブームだと、数的にも確立でゼロではないこともあるねぇ。不忘山から白石スキー場のコースは荒れ放題ですね。この日、関東からの団体さんが刈田峠から縦走でした。雨上がりはストックでつつかれて無残に…。
お山はそれぞれ個人が限界に挑んでいるのですから余裕がないんだよね。トムラウシも隣で見ててどうしようもなかったのでしょうね。要は、観光気分でお山に行くっていう精神を洗いなおさないとね。
Commented by morino at 2010-08-10 19:49 x
とーますさん、K4さん、マロ7さん 今晩は。
遅くなってすみません。コメントありがとうございます。
危険は経験と知識と想像力で回避するしかないですね。
でも、どこにでも危険は潜んでいますからねー。注意一秒怪我一生といったところでしょうか。
Commented by マス at 2010-08-11 10:37 x
ガイドつければ、ガイドが何とかしてくれると思ってしまうものなんだと思いました。
いつも思うんですが、山では何があっても自分一人なんですよね。
Commented by morino at 2010-08-11 21:54 x
マスさん 今晩は。
ガイド付けたって、躓いて転ぶのは自分の責任。そこまでケアすることなんか無理です。山の難度に自分が対応できるかどうかしかありませんね。
山は無事に自宅に戻ってはじめて完結。プシュー、アー旨い!(缶ビールですけど)を目標にせっせと登りましょう。
by morino1200tb | 2010-08-08 17:20 | 山関係 | Comments(6)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb