和賀岳、奥深い魅力的な山。

7月19日(海の日)
K4さんが和賀岳へ行くと言うのでichicoさんと一緒に同行させてもらいました。こんなチャンスが無いと中々行けない遠くて深い山です。
駐車スペースからほんの少し戻って高下登山口からスタートです。
オット、その前にK4さんが登山届けを記入。
e0137200_239141.jpg

すぐに急坂です。樹間から注ぐ日差しとあいまって汗がポタポタと落ちてきます。
小さなツルアリドオシに慰められながら、ひたすら登って高下岳分岐へ。GPSを見ると分岐の位置が地図とずれています。
e0137200_23172417.jpg

ここから和賀川の渡渉点までどんどん降りていきますが、暑さと帰路の登り返しを思うとちょっとゲンナリ。
石伝いに渡れないかと思っていたのですが、スライドした人の言うとおりで水は膝まであります。ビーチサンダルを履いて渡渉です。
気持ちいい冷たいヒェー痺れるー(泣)
e0137200_2334888.jpg

冷たい水で顔を洗ってクールダウン。この川の水も美味しかったですよ。
そして又辛い急登です。おまけに虫も出てきました。
太いブナのある気持ちよい樹林帯もあります。
e0137200_2340990.jpg

上空ではすごい風の音が聞こえます。時おり吹き込む風は気持ちよいのですが、山頂はいったいどうなのやら。
ソロの女性とスライド。「上は寒いよ。」
ウーン、行けるとこまで行きましょう。
そしてようやくコケ平へ着いたら、やっぱりガスと強風!寒い!
ichicoさん飛ばされそう (な振りをしています)。
e0137200_2346645.jpg

雨具を着て山頂目指します。
e0137200_2348555.jpg

周りにはトウゲブキやハクサンフウロ、ニッコウキスゲなどが咲いていて、山頂に近づくにつれて増えていく感じです。
もうすぐ山頂。
e0137200_2352124.jpg

そして山頂へ着きました。
e0137200_018367.jpg

寒いので風を避けられるところまで下って昼食にします。
山頂がお花畑なんて初めて。晴れてたらなー・・・。愚痴は言うまい。
e0137200_042494.jpg

とりあえず少しだけ花の写真です。強風で花どころか体まで揺れますので難しいですね。
トウゲブキ。
e0137200_072587.jpg

ハクサンフウロ。
e0137200_075115.jpg

クルマユリ。
e0137200_082074.jpg

結局、和賀川渡渉点まで降りてしまいました。
ここで昼食。
今日のデザートです。キウイ、スイカ、パイナップルを凍らせて持ってきました。美味い。ビールは無いけどおつまみもね。
e0137200_0101969.jpg

実はここで古い熊さんの落し物を発見。そりゃあいますよね。
又ビーチサンダルを履いて渡渉です。
e0137200_0152393.jpg

やっぱりここからの登りは急。その上ポツリポツリと雨が降ってきました。
幸い濡れることも無く登山口へ到着です。
e0137200_022155.jpg

コースタイム
7:45登山口-8:40高下岳分岐-9:15和賀川徒渉点-11:05こけ平-11:50和賀岳山頂12:00-12:20こけ平-13:25和賀川徒渉点(昼食)13:50-15:10登山口
e0137200_0434583.jpg

下山後、沢内銀河高原ホテルへ行って、
e0137200_0541023.jpg

立派なお風呂(露天風呂)で汗を落として、
e0137200_0553238.jpg

無事帰宅しました。

初めての和賀岳はガスと強風でしたが、コケ平からのお花畑にビックリです。
これは又行かなくちゃと思うものの、あの急坂がねー。
今度は秋田県側からチャレンジですね。 たぶん。
Commented by k4 at 2010-07-22 10:26 x
Morinoさん、ichicoさん、お疲れ様でした。そして暑中お見舞い申し上げます^^
ちょっと不完全燃焼ではありますが(笑)登れてよかったです。本当にお世話になりました。まあ山ってこんなもんですね。去年の岩手山では9合目でもっとひどい目にあっているので、和賀の稜線の風はOKでしたよ。でも大展望と大草原と…やっぱりもう一度行きますわん^^; こんどは銀河高原ホテルに泊まってしっかり寝てからいきたいかな~
徒渉後の急登600mですが、ジグらないで直登する道が丸見えってところが(笑)さすがのmorinoさんも「上見ないで行きましょう」っておっしゃいましたね。それにしてもichicoさんのパワーにはびっくり。後ろからもあおられましたよ。二人とも山慣れておられるので安心して歩けました。機会がありましたらまたご一緒させてくださいね。
Commented by maronn at 2010-07-22 11:49 x
桃源郷登頂おめでとうございます!!良かったね~~
真木渓谷コースの林道通過もスリリングですよ。
一面のお花畑でしたか?
私もk4さんに連れて行って欲しかったなぁ(残念)
羨ましいです。断念していた山なので・・
黄色で染まってる頂上立ちたいなぁ~
霧の中も又幻想的でいいですよ~
ichicoさん今度は小屋泊まり体験ですね。
朝日、飯豊のレポート待ってま~す。
私はブログで山体験してますね(^O^)/
Commented by マロ7 at 2010-07-22 20:29 x
直登600mですかぁ~。
丸見えとは滑り台かなぁ~なんて。
ガスでしたがそれなりに和賀を楽しんだのでは…。
ワッワーワー和賀みっつ…。
Commented by SONE at 2010-07-22 20:59 x
私も初めての和賀岳はガスと強風の山頂でした。
下山してから鼠捕りに捕まり散々な山の記憶でしたが、二回目は快晴で桃源郷の様な荒れていない山頂でのんびりしてきました。
今回は秘境和賀山塊の断片に触れるだけになってしまいましたが、また快晴の時に再チャレンジしてみてくださいね。
Commented by k4 at 2010-07-22 21:36 x
morinoさんが帰宅する前に…maronnさんへ!(笑)
私でよければいつでもお供しますので、カムバックされたらお知らせくださいね。今回もお会いするのを楽しみにしていたので…あと、断念するほどの山じゃないですからね。いざとなったら、ツエルトも常備しておりますし、いいテン場もあるんですよ~徒渉点の真上でお風呂に入れるほど水取り放題です^^
Commented by morino1200tb at 2010-07-23 00:07
K4さん ご一緒させていただいてありがとうございました。
おかげさまで和賀岳の素晴しさ実感できました。
でもガスと強風のおまけ付きでしたので再チャレンジですね。
またよろしくお願いします。
Commented by morino1200tb at 2010-07-23 00:09
maronnさん 今晩は。
秋か来年にK4さんと行きましょう。
和賀岳は逃げませんよ。爆発もしないと思います。たぶん(^^)
Commented by morino1200tb at 2010-07-23 00:12
マロ7さん 今晩は。
マロ7さんも行くと和賀よっつ、おっ家内さんも参加だと和賀いつつ。maronnさん参加で和賀むっつ・・・ですね。(笑)
Commented by Clearwater0606 at 2010-07-23 00:12
和賀川の上流部の水質は凄いですねえ。ちょっと最近見たことない程の透明度ですね。びっくりしました。
Commented by morino1200tb at 2010-07-23 00:14
SONEさん 今晩は。
やはり桃源郷でしたか。
また行きますよ。
一緒に行く人この指とまれ(なんちゃって)。
Commented by morino1200tb at 2010-07-23 00:19
Clearwaterさん 今晩は。
魚影は見られませんでしたが、やわらかくて美味しい水でした。
この渡渉点の上がテン場になっています。この日は前日にテン泊した2組とスライドしましたよ。
Commented by あおば at 2010-07-23 08:00 x
マロンさん、和賀岳お疲れ様でした。やはり花の山でしたか。行ってみたいですね。年寄りには遠いかな。川渡りは帰りは気持ちよいでしょうが、行きはちょっと辛いかな。
Commented by morino at 2010-07-23 12:52 x
あおばさん こんにちは。
山頂まで花があ素晴らしい山ですが、今年は花が少ないとのことで、来年がすごい量の花になるようです。
来年ぜひチャレンジしてください。
渡渉は行きも帰りもやっぱり痺れる保どの冷たさでしたよ。
Commented by maronn at 2010-07-23 23:12 x
k4さんへ
ありがとうございます。だいぶ体調が戻ってきつつあります。秋口には復帰したいなぁ・・と思ってます。
桃源郷はやっぱりキスゲで満開がいいので、来年のお楽しみにしてます。その時はよろしくお願いしますね~
意外な接点が・・・お会いした時の心だぁ~~
Commented by とーます at 2010-07-26 11:21 x
和賀川の渡渉面白いですよね。
気持ち良いから痺れるー(泣)ってわかるなあ。
渡渉前後の急降下と急上昇があるからこその喜びでしょうか?
Commented by morino at 2010-07-26 12:45 x
とーますさん こんにちわ。
あれぐらいの渡渉なら楽しいのですが、もっと深かったり、幅があったりするとちょっとつらいですね。
しかし、とーますさんの言われる通り、絶妙のところにあるもんですね。
by morino1200tb | 2010-07-22 01:05 | 10年登山 | Comments(16)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb