南蔵王に花を求めて&初めて縦走。

6月26日(土)
先週予定していた南蔵王ですが、悪天候の予報のためにこの日になりました。
ご一緒したのはマロ7さんと(優しい)おっ家内さん。
私の車を硯石に置いて、マロ7さんの車で蔵王観光道路・聖山平登山口へ。
さあ、南蔵王縦走登山のスタートです。ワクワク!
e0137200_22464370.jpg

一旦下って小沢を渡って少し歩くと旧ルートと新ルートの分岐。ロープが張ってあります。
e0137200_22531299.jpg

澄川を渡渉するのがこのルートの面白いところでしょう、ということで左へ進みます。(良い子は真似をしないようにね。)
ここが渡渉点。オイオイ、途中橋が無いぞ。
e0137200_22544623.jpg

水が少ないので平気でしたが、写真の左は滝になっていて水量の多い時は危険です。
ここに鮮やかな黄色の花、オオバミゾホオズキが咲いていました。(露出オーバーですいません)
e0137200_22592824.jpg

渡渉後少し歩くとゴゼンタチバナが沢山咲いています。
e0137200_2345761.jpg

マイヅルソウの花は今年初めて見ます。
e0137200_2354023.jpg

見晴台から船形方面。
e0137200_2383854.jpg

おや、ツマトリソウも咲いていましたよ。
e0137200_23401366.jpg

股窪へ着いて、マロ7さんが落ちていた三菱ミシンの看板を道標に載せました。
この看板はスキー場の看板ですが、聖山平のスキーリフトが動いていたのはいつ頃だったのでしょう。
e0137200_23443634.jpg

ろうずめ平への途中に蔵王山岳会の山小屋があります。良く手入れをされいている立派な小屋です。
でも中には入れません。
e0137200_2348942.jpg

ろうずめ平でソロの男性が休んでいました。山形の方で、刈田峠からの周回コースです。
少し休んで、後烏帽子へは行かずに屏風の稜線へ向かいます。
オオバキスミレや
e0137200_2354588.jpg

シラネアオイを見ながら、
e0137200_235458100.jpg

急坂を登って行くと山形からの28人のグループ(某国営放送カルチャースクール)とスライド。
待っていてくれる人も急坂なので辛そうでした。(ありがとうございました。(^_^;))
もうすぐ稜線というところで待望のチングルマと逢えました。
e0137200_03425.jpg

イワイチョウ
e0137200_061559.jpg

コバイケイソウ
e0137200_064934.jpg

を見て歩いて行くと、芝草平とその奥に朝日連峰が見えてきました。
e0137200_084330.jpg

飯豊連峰も見え、マロ7さんと飯豊の話をしながら縦走路分岐へ到着です。
e0137200_0112194.jpg

着いたとたんにたくさんの人が歩いています。さすがに人気の縦走(ピストン)コース。
砕石の敷いている道を屏風へむかって歩きますが、砕石は歩きにくく足にも負担がかかる感じです。
屏風へ着きました。
e0137200_0283382.jpg

まばらになったシャクナゲを見ながら南屏風へ向かいます。
水引入道と水引平。
e0137200_038503.jpg

この後目指す不忘山。
e0137200_0404867.jpg

南屏風へ着きました。
e0137200_020466.jpg

きょうのごちそうはおっ家内さんのスペアリブほかいろいろ。美味い!
e0137200_0303142.jpg

マロ7さん「眠いよー」。無理もありません。夜中に緊急勤務の上にスタートから4時間あまりほぼ休まず来ましたからね。
ここから期待の花街道。花はあるのかな。
e0137200_0435155.jpg

ハクサンイチゲが咲いています。
e0137200_0464043.jpg

チングルマも咲いています。
e0137200_0473210.jpg

チングルマと蜂。
e0137200_048116.jpg

不忘山へは凄く急な感じですがそうでもありません。
e0137200_0492262.jpg

まだ健在なお花畑や、稜線上一部にだけ咲いているミヤマオダマキを見て、
e0137200_0515219.jpg

不忘山山頂です。
e0137200_0524818.jpg

不忘の碑から硯石へ下ります。
こんなガレ場を下って、
e0137200_055599.jpg

樹林帯を歩き、
e0137200_0555492.jpg

タカネバラ、
e0137200_0563330.jpg

ギンランや
e0137200_05843.jpg

ヤマオダマキを見て、
e0137200_059047.jpg

杉の樹林帯を過ぎると硯石へ到着です。チョット変則ですが、南蔵王縦走完了。バンザーイです。
e0137200_10479.jpg

コースタイム
8:40聖山平登山口-9:15見晴台-9:35股窪-10:15ろうずめ平-11:30南蔵王縦走路分岐-11:55北屏風-12:35南屏風13:15-14:00不忘山-16:10硯石
e0137200_1212533.jpg

花街道の絶頂期を1週間ほど遅れての山歩きではありましたが、何の何の、沢山の花があって楽しめました。
また、一般のコースとは違うものの初めての南蔵王縦走が出来て、とても嬉しく思っています。
マロ7さん、おっ家内さんありがとうございました。
来週は天気がよければクロユリ・キヌガサソウ鑑賞&尻滑り登山。悪ければ〇〇亭ディナーですね。
また、よろしくお願いします。
Commented by マロ7 at 2010-06-28 05:59 x
花期は過ぎましたけど、展望最高の中、花街道を楽しみました。2台あっての縦走コースはいろんなパターンが組めますね。時間があれば後烏帽子もと欲張ったものの私は限界でしたよ。それにしても眠気眼ながらもイガッタなぁ~。〇〇亭ディナーは大勢でいらっしゃい。
Commented by morino at 2010-06-28 12:36 x
マロ7さん お世話様でした。
後烏帽子はこの次のお楽しみですね。
あきらめていた花にも会えて、新しいルートで縦走もできて満足の山行でした。
車2台の縦走(周回)にはまりそうですね。
Commented by あおば at 2010-06-28 14:48 x
マロ7さんのところにもお邪魔しました。みなさん、花の写真うまいですね。山好きは歩くだけではないんですね。白石スキー場よりは距離は遠いんでしょうか。今週の日曜日に孫とトライして見たいと思います。
Commented by maronn at 2010-06-28 18:37 x
不忘~硯石、聖山平~屏風は未踏だよ~悪い子ちゃんコーススリリングだね・・
花種が豊富で尾根歩きも!良い所ですよね。
山が笑ってる時期にお休みは残念です!
が又かもの恐怖は・・・・
いい写真いっぱい撮って送ってください。
Commented by k4 at 2010-06-28 19:53 x
アルミ梯子途中でなくなってる!流されたんですかね。去年はちゃんとありましたよ。
ナスとキュウリとオクラは漬物?スペアリブは漬けておいて炙ったものと見ましたが…morinoさんは、もうマロさん一家と離れられないですね^^
今週末はあそこの山ですか~ 最近長時間山にいますよね。二人で「人生の発掘」をなさっているのかなあ。いいコンビですよ^^
Commented by morino1200tb at 2010-06-28 22:35
あおばさん 今晩は。
私の写真は下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる方ですので。(笑)
GPSを見ると今回のコースは距離11.9km、総上昇量は863mでしたので、スキー場からの往復よりは長いですね。
去年の秋不忘山で会った親子は刈田-白石スキー場の縦走を楽しそうにしていましたよ。どなたかドライバーの協力があると楽しめますね。
Commented by morino1200tb at 2010-06-28 22:40
maronnさん 今晩は。
悪い子ちゃんコースはあそこだけ。ちゃんと良い子ちゃんコースもあるので、難しいときは戻ればOKです。
蔵王はガイドブックのコースだけではなく、いろいろあるので結構楽しめますね。秋は北蔵王縦走か周回ですよー。(^^)
Commented by morino1200tb at 2010-06-28 22:46
K4さん 今晩は。
マロ7さんとご一緒すると、お昼に美味しいものがドンドン出てきます。
チョット前までのソロ山行のストイックさはどこへ行ってしまったのだろう…なんてね(^^)
いろいろ山の話をしながら歩くのは楽しいものです。
そのうち久しぶりにご一緒しましょうね。
Commented by SONE at 2010-06-28 23:39 x
これは随分と変則的なコース取りをされましたね(笑)
ろうづめ平から北屏風まで藪酷くなかったですか?
不忘の花ロード、ハクサンイチゲの部は終盤でしたか。
これから盛夏の花々に模様替えですかね。
Commented by yossy1904 at 2010-06-29 00:22
橋が壊れてましたか・・。
ここで流され、亡くなった方がいるそうですね。
釣りで澄川に入ったとき、渡渉点のすぐ上の淵で流されたことがあります(;゜Д゜)。
Commented by morino at 2010-06-29 08:58 x
SONEさん おはようございます。
初めてのコースを楽しみたかったので少し変則的になりました。
ろうずめ平からはやや藪漕ぎ状態でした。あまり歩かないようですね。急坂はそれほど長く続かず、稜線へ向かう道はほぼフラットでいい景色でした。
今度は後烏帽子の周回を計画してみます。
Commented by とーます at 2010-06-29 11:10 x
うわー花いっぱい!
うらやましー!
ここのとこ仕事の都合とか天候に阻まれてまったく山にいけてないので、禁断症状が・・・。
(^^;
Commented by morino at 2010-06-29 12:52 x
yossyさん こんにちは
ここに限らず流されないようにしたいものです。(^^;)
この日小沢を渡るときに小さな魚影を見ました。イワナなんでしょうが、たくましいものですね。
Commented by morino at 2010-06-29 12:56 x
とーますさん こんにちは
屏風の稜線で会った人から「花はないよ」と言われ、半ばあきらめていましたが、思った以上に咲いていました。
花を求めての南蔵王は満足の山歩きができました。
とーますさんの和賀岳楽しみに待ってますよ。
Commented by マス at 2010-06-29 21:01 x
川は、つるつるしてるから高い所を歩くより怖いです。でも、ロープがはってあるから、まだいいかなぁ?
この前に、不忘に行った時は、天気が悪かったのでまた今度は、天気のいい時に行ってみたいです。
Commented by morino at 2010-06-29 22:08 x
マスさん 今晩は
今回は滑りませんでしたが渡渉はいつも神経を使いますね。
天気が悪い時は山が「もう一度おいで。今度は素晴らしい景色を見せてあげるよ。」と言っているのだなぁと思っています。
山は一回行って満足してはダメですよね。
by morino1200tb | 2010-06-28 01:31 | 10年登山 | Comments(16)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb